ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

地目が「畑」の場合は売買できない?売買を行う方法とは?

2019.3.25

近年では、農業を行う人が減りつつあり「農地を相続したが売ってしまいたい」という方もいらっしゃることでしょう。

また逆に、「農業をやってみたい」という方もいらっしゃるかもしれません。

当記事では、地目が「畑」になっている土地を売買したいときには、どうしたらいいのかについてご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

登記上の地目が墓地である土地を売買することはできるのか?

墓地というと、都会では霊園などの一区画にお墓を建てるのが一般的でしょう。 しかし、田舎では村落の...

自然災害から家を守るには地目に注目!「畑」の地盤は弱い?

いつどこで起こるか分からない自然災害。 家を地震などの自然災害から守るには、家の重要な部分でも...

地目変更登記とは一体何?どんな流れで行うのが一般的?

「地目変更登記」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 土地は、利用する上でその利用目的を決...

土地境界のブロック塀で境界トラブルに!その事例と解決法

みなさんは自分の土地の境界を正しく把握していますか? 近年では、ブロック塀の設置後に隣地所有者...

住所が違う!?正式住所を検索で知ろう!検索のコツって?

インターネットやSNSの利用が増えて、個人情報の漏洩に対して、以前より神経質になるのも無理のない流...

地目が山林の土地に住宅を建てるには?地目変更方法や注意点

自然に囲まれて生活したいなどの理由から、山林に住宅を建てようと考える方が増えてきました。 しか...

地目が原野の土地とは?読み方などを知り新築に活かそう

土地ひとつひとつに地目があることをご存知でしょうか。 地目は20種類以上あり、その中のひとつに...

地目が「山林」や「田」の土地に建物を建築することは可能?

家やアパートを建築しようと土地を探しているとき、その土地の地目が「山林」や「田」である場合があり...

境界立会いの拒否トラブルはなぜ起こる?立会いのメリットは

境界確定測量に伴う境界確定では、隣地所有者の立会いがなければ成立しないため、隣地所有者の協力が必...

九州の面積の約2倍!広大な北海道の人々の生活実態を学ぶ

日本の最北端に位置する北海道は、九州の約2倍の面積を誇る、日本一大きな都道府県です。 よく、「北海...

地番・住所(住居表示)の違いとそれぞれの調べ方について

日本で使われているのは基本的に住所(住居表示)であり、登記上で使用される地番は使わない人にとって...

地目が原野の土地に建築したい!気になる注意ポイント

私たちが目にする多くの土地には、それぞれに地目があります。 中でも原野は、その位置づけを詳しく...

九州7県の面積や人口などの比較から九州について学ぼう

皆さんは、九州についてどのようなことをご存知でしょうか。 九州は、北海道と比較すると約半分程度の面...

住民票通りに!住所の正式な書き方は番地を省略しないこと

社会人になると、学生時代では考えられないくらい、住所を書く機会が増えます。 例を挙げると、履歴...

隣家との境界ブロック塀の基準は?高さはどれくらいがいい?

新しく土地を買って家を建てようとするとき、すでに隣家との境界ブロック塀があったらどうしますか。 ...

スポンサーリンク

そもそも「地目」とは何?

土地の登記簿に「地目」というものが記載されているのはご存知でしょうか。

この地目が一体何を表したものなのか、よくわからないという方も多いことでしょう。

地目とは、「土地がどのように使われているのか」を種類ごとに分けたものです。

また、その数は多く、20種類以上になります。

では、その一部をご紹介しましょう。

【宅地】

・建物の敷地や、建物を建てるための土地

【田】

・農耕地で、用水を使って耕作を行う土地

【畑】

・農耕地で、用水は使わずに耕作を行う土地

【牧場】

・家畜を放牧している土地

・この中にある、放牧のための建物やその敷地など、牧場地域内のものすべての土地

【公園】

・公衆の遊楽のための土地

【学校用地】

・校舎や、その付属施設の敷地や運動場の土地

このように、地目にはたくさんの種類があります。

地目に変更があった場合には、変更があった日から1か月以内に「土地地目変更登記」を行う必要があります。

これは、のちに農地の売買を行う際に重要になってきます。

地目が「畑」の場合は売買ができないの?

日本全国を見ても長い間使われなくなってしまった田畑は、増加の一途をたどっています。

その中には、所有者の分からなくなってしまっている田畑も数多く存在します。

その原因として、このように使われなくなった田畑の売買が「農地法」によって制限されていることがあげられます。

この「農地法」は、日本国内の農地を守るための法律です。

主に規制しているのは「農地から農地以外のものに(宅地など)すること」、「第三者に土地の権利を移動させること」になります。

農地は売買を行う際には、農業委員会に許可をもらわなければなりません。

また、所有権が第三者になる場合には、都道府県知事の許可が必要になります。

このことは、農地法第3条(農地の権利移動の制限)・農地法第4条(農地転用の制限)・農地法第5条(農地転用のための権利移動の制限)に記載がしてあります。

つまりは、「勝手に農地を売買してはいけない」ということなのです。

加えて、地目が「畑」または「田」になっている土地を農地転用ができた場合でも、住宅需要がないと売買をすることは難しいでしょう。

地目が畑になっている農地の売買には許可が必要!

先ほどもご説明しましたが、農地を守るための農地法では、農地の売買や権利を移動させる場合には、許可が必要になってきます。

ただし、相続や遺産の分割を行う際には、農業委員会の許可は必要ではありません。

また、農地の売買で、都道府県知事の許可が得られていない場合には、その売買は無効になります。

しかし、「地目は畑のままだけど今の現状が宅地や道路になっている」という場合もあるでしょう。

実は、このようなことはよくあることなのです。

これは、畑だった土地を、宅地や道路にする許可を得て転用は行ったものの、地目変更登記を行っていなかった可能性があります。

このような場合には、農業委員会で「農地転用届出受理書」もしくは「非農地証明」を交付してもらい、「宅地」に地目変更を行いましょう。

地目変更を行う際には、現状の土地の状態が最も重視されます。

もし、その土地の売買を考えているようでしたら、土地家屋調査士か不動産会社に土地の現状を見てもらい、判断してもらうことをおすすめします。

ちなみに、土地家屋調査士に調査の依頼を行った場合には、地目変更登記にかかる金額は4~5万円ほどでしょう。

畑などの農地の売買を行なうには

ここまでご説明してきた通り、農地は簡単には売買を行うことができません。

食料を作るための土地ですから、簡単に売買ができては困ってしまうのです。

しかし、使われない農地の売買ができないというのもまた困りものです。

では、農地の売買を行うためにはどうしたらいいのでしょうか。

方法としては2つあります。

①農地(地目が畑や田のままの状態)で売る

②農地の地目を他の地目(宅地など)に変えて売る

農地のまま売る場合は、価格が宅地などに比べて安価なのにも関わらず、買い手がなかなか見つからないことがあります。

これは、農地法に基づくルールのためでもあります。

では、それぞれの場合でどのようなルールが伴うのでしょうか。

次項で順番にご説明していきます。

畑などの農地の売買のルールとは

農地の売買を行う方法には2つあります。

まず、地目を変更せずに売買する方法です。

この場合、基本的に「その農地を売った後も農地として使わなければならない」というルールがあります。

そのため、土地の買い手は農業に従事した人でなければなりません。

また、それに加え耕作面積など一定条件を満たしている必要があるのです。

次に、地目を「畑」や「田」のような農地から他の地目に変更して売る場合についてです。

これは、その土地が「農地」に当てはまらないため、買い手には条件はありません。

そのため、地目を変更しない場合よりも買い手が付きやすいでしょう。

しかし、農地転用をするためには2つ条件があります。

それは「立地基準」と「一般基準」の2つをクリアしなければならないのです。

それぞれが、どのようなものなのか以下でご説明していきます。

【立地基準】

農地を区分したものになります。

転用が可能なのは「第2種農地」「第3種農地」のみで、それ以外は原則不許可となります。

転用を考えている方は、市町村でどの区分に該当するのかが確認できますので、確認してみましょう。

【一般基準】

これは、転用を行った後に土地がちゃんと使えるかを判断するためのものです。

例えば、「必要な資力及び信用があるか」「申請目的実現の確実性」などが判断されます。

農地の売買に必要な手続きとは

では、「農地を売却しよう」、「畑をやりたいから農地を買おう」ということになった場合には、どういった手続きが必要になるのでしょうか。

最後に、農地の売買の手続きについてご説明していきます。

まずは、売却する場合です。

先ほどもご説明した通り、農地の売却には「農地のまま売る場合」と「地目を転用して売る場合」の2通りがあります。

【農地のまま売る場合】

農業委員会に売却の許可申請を行いましょう。

それが受理されたら、審査が行われ許可指令書の交付がされて、売却をできるようになります。

このようになったら、不動産会社などといった仲介業者に依頼を行い、売却をします。

【地目を転用して売る場合】

農業委員会に転用許可申請を行います。

許可指令書が交付されたら、仲介業者に依頼して売却します。

また、農地を買う場合ですが、先述の通り農地は農家しか買うことができません。

具体的にはどのような人かというと、以下のようなことが当てはまる人になります。

・農地が50アール以上ある(北海道の場合は2ヘクタール)

・農業の経営を常時できる環境にある人

そして買うための手段としては、農業委員会に許可をもらうことになります。

この許可をもらうことができれば、農地を買うことができます。

農地の売買は許可をもらおう

ここまで、農地の売買についてご説明してきました。

「畑がやりたいから農地を買おう」、「持て余しているから売ってしまおう」といっても、そう簡単にはいかないということがお分かりいただけたかと思います。

農地を売買するにあたって地目を変更するにしても、しないにしても農業委員会に許可をもらうことが必要になります。

また、このように売買を行う際には、お金が大きく動いたり法律が深く関わってきます。

そのため、行政や公的機関に相談して進めると良いでしょう。

 - 土地, 地目