ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

地目の手続きはどう行う?墓地に関わる地目変更を徹底解説

2019.3.24

墓地・霊園を新設する際には、「地目変更」も欠かせない手続きの1つです。

「地目変更」とは、土地の登記を変更する手続きで、住宅の土地や畑などはもちろん、お墓の土地にも関わってきます。

墓地経営を検討する方にとって、地目変更は非常に重要な手続きなので、必ず知っておきたいところです。

この記事では、墓地・霊園に必要な地目変更などの手続きについて、詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

地番・住所(住居表示)の違いとそれぞれの調べ方について

日本で使われているのは基本的に住所(住居表示)であり、登記上で使用される地番は使わない人にとって...

農地転用の手続きは難しい?費用や調整区域について知ろう!

憧れのマイホームを建てる際に、土地を購入して建てるケースも多いですよね。 しかし、農地だった場...

新築したら境界に壁を設置!高さ制限や注意点が知りたい!

新築したら、隣家の土地と自分の土地を区別するため、壁を設置したいとお考えの方は多くいらっしゃるで...

地番と住所の違いってなに!?なぜ同じ時もあるの?

私たちが生活していく中で必要になる、家や土地などの不動産を表示するものには、「住所」と「地番」とい...

駐車場に無断駐車されている!レッカーで運んでもいいの?

マンションに住んでいて、車を所有している方は、駐車場も契約しているという方がほとんどですよね。 駐...

農地転用をする場合注意すべきことは?開発許可の順序とは?

自分が持っている田んぼや畑に、家を建てたり、駐車場として利用したい場合、どのような順序で手続きを...

盛土の施工は締固めが肝?盛土の目的について知識を深めよう

盛土は建設において、とても重要な施工です。 盛土を行う際は手順を踏まえて施工することになります...

住所の正式名称を検索する方法や書き方をご紹介!

日常で自分の住所を書いたり答えたりする場面はあまりありません。 おそらく、店などで簡単なア...

家族の命を守る「擁壁」コンクリート擁壁の耐用年数は?

住宅を購入するときに気を付けたいのは、「擁壁(ようへき)」を作らなくてはならない場合です。 「...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。 し...

住所は教えたくないが荷物を受け取りたい場合の方法

荷物は受け取りたいけれど、送り主に住所は教えたくないという場合がありますね。 喧嘩した友人や別れ...

九州7県の面積や人口などの比較から九州について学ぼう

皆さんは、九州についてどのようなことをご存知でしょうか。 九州は、北海道と比較すると約半分程度の面...

地目が宅地の土地の使い道!駐車場は宅地に当てはまるの?

土地にはそれぞれ地目があります。 牛などの家畜を放牧していれば「牧場」、耕作をしている土地であ...

九州の面積の約2倍!広大な北海道の人々の生活実態を学ぶ

日本の最北端に位置する北海道は、九州の約2倍の面積を誇る、日本一大きな都道府県です。 よく、「北海...

50坪の土地活用!駐車場にするメリットデメリットは?

50坪ほどの土地を持っているけど活用の仕方が分からない、と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。 ...

スポンサーリンク

墓地新設に欠かせない地目変更とは?

そもそも地目変更について、その言葉さえ初耳な方もいるのではないでしょうか。

地目変更は、墓地や霊園を建設する上では必ず知っておきたい手続きなので、これを機にしっかりと理解しておきましょう。

まず、地目とは、不動産登記法で定められている土地の種類のことです。

全ての土地は宅地や田、畑など23種類の地目に分けられており、墓地もその1つに含まれます。

また、冒頭でもお伝えしたように、地目変更とは「地目を変更する登記」を指します。

例えば、売却した土地の登記地目が畑であっても、土地の現況が宅地と認められれば、地目を宅地に変更する必要があります。

ちなみに、土地の地目認定は、不動産登記法を下に土地全体の用途や現況から判断され、決定されます。

墓地を新設したい!手続きの流れ

墓地・霊園の新設には、「墓地・埋葬に関する法律」によって細かい規則が定められているため、それに則った手続きを踏まなければなりません。

基本的には、役所での事前協議から墓地経営許可の申請を行う必要があります。

では、さらに地目変更について踏まえながら、それらの必要な手続きの流れを大まかにご説明していきましょう。

①事前協議(市民福祉課)

まず、墓地・霊園の設置を検討する場合、役所と事前協議をしなければなりません。

と言うのも、墓地の経営許可は、法律で定められた設置条件に沿って判断されます。

また、自治体によっては、設置条件に墓地の周辺住民の同意が必須である場合があります。

これについては、事前協議の設置条件に明記されている場合があるので、必ず確認しておきましょう。

②分筆登記(法務局)

分筆登記とは、1つの土地を複数の土地に分割するもので、後々地目変更を行う上で重要な手続きです。

墓地・霊園の新設には、お墓を設置する土地以外にも、通路や休憩所などの共用施設が必要なため、地目が「墓地」だけでは収まりません。

そのため、1つの土地の中で、土地の地目を用途に合わせて分割する分筆登記が必要になります。

③墓地経営許可申請提出、許可書発行(市民福祉課)

事前協議にて設置環境が整えば、改めて墓地経営許可申請を行います。

許可が通れば墓地経営許可書が発行されます。

④工事着工・完了

⑤墓地への地目変更(法務局)

以上の順に沿って、墓地新設の申請を行っていきます。

地域によっては順序が異なる場合があるので、それぞれの役所や法務局に確認してみましょう。

墓地新設には「農地法」の手続きも

前項では、墓地・霊園の新設に関わる手続きの流れについてご説明してきました。

さらに、墓地を新設する上では、「農地法」の手続きが同時に必要な場合があります。

それは、建設する土地が元々は「農地」であった場合です。

「農地」から「墓地」に地目変更する場合、「農地法」においては、通常の土地の地目変更に加え、農地転用届申請手続きも求められます。

この農地転用申請の手続きは、一般的に墓地経営許可申請を提出する際に同時に行うもので、これは農業委員会へ提出します。

この両者の申請が確認されれば、晴れて許可書が発行されます。

このような手続きも、地目変更を行う地域によって変わってくる場合があるので、あらかじめよく確認しておくことが必要です。

地目変更はどのように手続きをする?

実際に墓地の地目変更を行う際には、法務局に対して以下の3つの書類を提出する必要があります。

それぞれご説明していきましょう。

①登記申請書

登記申請書には、主に以下のような記載が求められます。

・土地の所在地

・地番

・変更前後の地目

・変更前後の地積

・申請人の詳細

・登記の目的

ちなみに、申請書は法務局のサイトからダウンロードすることができます。

不動産登記法に即した記入が求められるため、あらかじめよく調べた上で記入漏れのないようにしてください。

②土地の案内図

土地の案内図は、法務局の職員が円滑に現地調査を行えるように、分かりやすく作成します。

③土地の公図の写し

土地の公図とは、登記簿に記載されいるその土地の地図を指します。

各地の法務局などで直接取得することはもちろん、サイトからダウンロードすることも可能です。

以上の3点は必ず不備がないように準備し、法務局へ提出してください。

墓地の廃止はどのような手続きが必要?

では、もし墓地・霊園の経営が困難になり、やむなく廃止しなければならなくなった場合、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。

墓地廃止に関わる手続きは、以下の通りになります。

・墓地使用者の承諾

墓地廃止となった場合、現時点でお墓を建てている利用者は、他の土地にお墓の引っ越し(改葬)をしなければなりません。

そのため、まずはその墓地・霊園の使用者に対して詳細を説明し、承諾を得る必要があります。

・墓地廃止許可申請書の提出

墓地・霊園の新設と同じく、墓地廃止の場合も法律に沿った規定の下に手続きを行います。

そのため、行政に対して許可を申請する必要があるため、墓地廃止許可申請書を提出してください。

墓地利用者の承諾を得ていれば、ほとんどの場合、許可申請は受理されます。

・墓石の撤去

墓地の撤去は、一般的に石材店に依頼します。

ただし撤去前には、お墓の引っ越しのための改葬許可の申請や、墓じまいなどをしなければなりません。

また、上記の手続き以外にも、墓地新設と同様に地目変更が必要になってきます。

次項で詳しく見ていきましょう。

墓地廃止にも地目変更が必要

前項では、墓地・霊園廃止のために行う手続きについてご説明してきました。

では、墓地廃止に関わる地目変更についても見ていきましょう。

墓地・霊園が廃止となった場合、その土地の地目も「墓地」から変更しなくてはなりません。

この場合も新設のときと同様に、行政の許可が必要になります。

土地の地目変更は、今後のその土地の用途によって手続きが変わってきますが、提出する書類は新設の地目変更時と同じ、「登記申請書」「公図の写し」「土地の案内図」の3点の用意が必要です。

また、地目変更の費用は、墓地・霊園の新設、廃止問わずいずれもかかってきます。

一般的に、登記簿に記載されている土地1つ分に対し、およそ5万円前後が相場となっています。

ただ、墓地の場合、複数の地目変更を行う必要があるので、さらにコストがかかります。

また、地目変更の登記には、土地家屋調査士への依頼が推奨されているので、それを考慮した費用を準備しておく必要があります。

地目変更で悩んだらまずは役所に相談しよう

これまでに、墓地・霊園に関わる手続きや、地目変更についてご説明してきました。

墓地新設はもちろん、廃止の際にも必ず行う手続きなので、墓地経営を検討している場合は必ず覚えておく必要があります。

また、地目変更だけでなく、法律に則ったプロセスを踏んだ様々な手続きも行うため、今回の記事を参考に、まずは役所によく相談するのがベストと言えますね。

 - 土地, 地目