窓の防音シートは室外の騒音を防ぐ!ニトリの防音商品も必見

私たちの生活を快適にするには、室外の騒音を防ぐこともポイントの一つです。

それには、窓の防音シートが有用であるといわれています。

また、それに加えご近所などのご迷惑にならないよう、室内の防音も重要でしょう。

ちなみに、良質な家具や生活商品が販売れているニトリでも、防音商品も多く販売されていますよね。

ここでは、室内外の防音に焦点をあててみていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓用フィルムで窓の悩みを解決!100均でそろえてコスト削減

賃貸のお部屋でも一戸建て住宅でも、各部屋にはたいてい窓がありますよね。この窓ですが、何もしな...

窓の外から虫が入ってくる!もしかして隙間が開いているの?

窓を開けて部屋に風を取り込むと気持ちいいですよね。しかし、窓を開けるといつの間にか虫が部屋に...

ldkの雰囲気や住み心地を決めるのは照明の色だった!

住宅においてメインの部屋であるldk(リビングダイニングキッチン)。ldkでは間取りも大切で...

納戸をさらに使いやすく!収納棚をDIYして取り付けよう!

「納戸の収納量をもっと増やしたいな」と考えている方はいらっしゃいませんか。一口に「納戸」と言っ...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。し...

賃貸物件でのバルサン使用時の注意点!ペットへの影響は!?

害虫から私達を守ってくれるバルサンは、テレビのCMでもお馴染みですよね。バルサンは、不快害虫...

瑕疵担保責任!売主の責任とは?個人と法人のちがいについて

不動産の取引では、瑕疵担保責任という言葉が必ず出てきます。それは、物件の瑕疵(外部から容易に発...

窓からの冷気をシャットアウト!防寒のためのDIYで断熱対策

冬場、窓からひんやりとした冷たい空気を感じたことはありませんか。窓はガラスでできているの...

流木をDIYするならアク抜きは必須!インテリア用に使える?

海や川へ行った際に、流木が落ちていることがありますよね。今はそれをインテリア用に使おうと...

賃貸物件退去時の「敷金の敷引き」「保証金の償却」って何?

家を借りる時、初めに必要な費用として、仲介手数料、賃料と共益費、それに加えて礼金・敷金・保証金等が...

JR東日本の福利厚生が気になる!社宅の家賃はどのくらい?

突然ですが、皆さんの会社の福利厚生にはどんなものがありますか?「社宅」がある会社の場合、そこ...

窓やキッチンに柵を設置しよう!大切な赤ちゃんを守るために

賃貸マンションでも、一戸建てであっても、赤ちゃんがいるご家庭では家の中に様々な対策をすることが重...

猛暑の夏、窓の日よけや遮熱対策を部屋の内側でできる方法

ここ数年は、夏の最高気温がどんどん更新されていっています。温暖化や異常気象とも言われています...

窓の網戸サッシが原因!?虫の侵入を防ぐ方法とは?

暑い夏、風が気持ちいい日には窓を開けたくなりますよね。ですが、網戸をしっかりと閉めて窓を開け...

給料が手取り12万円前後でもアパートで1人暮らしは可能?

1人暮らしを考えている方の中には、毎月の給料が12万円前後の方もいるでしょう。自立したいけれ...

スポンサーリンク

窓からの騒音には防音シートが有効!それには遮音も関わっている

室外の騒音を防ぎ、なおかつ室内の騒音を窓から排出するのを防ぎたい方には、窓の防音シートが有用となります。

この窓の防音シートは、貼ることで遮音に効果を発揮します。

遮音することは、防音においても重要です。

例として、吸音効果のあるものをわずかに窓に貼り付けたところで、音の響きを短くする程度の防音しか期待できないですよね。

すなわち、遮音は質量と比例する傾向があるため、重量のある遮音材を貼ることが大切ということになるでしょう。

そのためには、防音シートのなかでも厚みのあるものが有用であるということですね。

ちなみに、快適な生活に役立つ商品を多数販売しているニトリでは、どのような防音商品が販売されているのでしょうか。

後ほど、詳しくみていきましょう。

騒音の侵入は窓同様吸気口からも!

前項で述べた通り、窓の防音シートは窓から侵入する騒音を遮断するのに重要でしょう。

ですが、盲点として吸気口からも騒音が侵入することも忘れてはなりません。

一般的に、吸気口は窓付近に備えつけられていることが多く、窓に防音シートを貼り付けても吸気口から侵入する騒音には対策をしていない方が多いのです。

その際に有用となるのが、防音スリープでしょう。

これは、吸気口のパイプのなかに入れるもので、騒音の侵入を防ぐ効果があります。

また、この防音スリープは取り外しが可能なため、マンションなどの賃貸でも使いやすい点も特徴でしょう。

ですが、吸気口からの騒音を防ぐのに有用な防音スリープも、取り付けることにより換気にも影響を与えてしまうのです。

これは、パイプのなかを通る空気の面積が小さくなることによって起こります。

そのため、結果として換気の効率を下げることに繋がるのです。

これを防ぐには、窓を開けて小まめに換気することはもちろん、吸気口の外側に通気フィルターを取り付けることをおすすめします。

ちなみに、ニトリでもこの通気フィルターはインターネット限定で販売されていますのでおすすめです。

ニトリについて詳しく知ろう!

ニトリの防音商品をご紹介する前に、まずはニトリについて詳しくみていきましょう。

ニトリは、家具から防音商品まで、幅広い商品を扱う有名企業です。

本社である北海道を中心とし、全国展開しています。

ちなみに、台湾など、海外での店舗展開も有名ですよね。

一般的には、テレビCMでの「お値段以上。ニトリ」というキャッチフレーズを、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、以前は家具を主に販売する企業として知られていましたが、後に製造小売業のノウハウを手に入れたニトリは、それを元に他企業との差別化に成功しました。

そのノウハウとは、原料仕入れを初めとし、商品配送までを一貫してグループ企業で行うというものです。

それに加え、良質なものが販売されているといわれるニトリの家具のなかでも、学習机に関しては国内シェア1位という偉業も成し遂げているのです。

次項では、ニトリではどのような防音シートが販売されているのかをみていきましょう。

窓以外の場所で使う防音シートも販売されているため、必見ですね。

ニトリの防音商品は室内の防音に有用

ニトリの防音商品は、窓からの騒音を防ぐより、室内の騒音が外に漏れるのを防ぐことに優れている商品が多いでしょう。

ここでは、室内の騒音対策におすすめなニトリの防音商品ご紹介します。

また、先述した吸気口からの騒音を防ぐ防音スリープを取り付ける際に有用な、通気フィルターも合わせてご紹介しましょう。

【ニトリ 防音ノンスリップシート(HH防音)】

室内のマットなどの下に敷く商品で、優れた防音効果を発揮する防音シートです。

それに加え滑り止め付きのため、小さなお子様やお年寄りのいる室内にも安心して使えますね。

また、ハサミでお好きなサイズにカットでき、使い勝手もよいと評判です。

【ニトリ 吸着階段マット 15枚入り】

普段の生活のなかで、意外に気になる騒音の一つが階段の上り下りの際ものでしょう。

特に戸建てなどの場合、下の階にいる方にとっては、とても気になるものですよね。

この商品は、防音の高さはもちろん、吸着性の高さにより足を滑らせて怪我をしやすいとされる階段でも安心です。

【ニトリ 住宅丸型給気口用 空気洗浄エアフィルター】

この商品は、花粉の侵入も防いでくれる優れものです。

丸型吸気口用以外にも、角型吸気口用もあるため、住まいの吸気口のタイプに合わせて選べるのもうれしいですね。

室内外の防音を目指すなら!窓の防音シートもおすすめ

前項でご紹介したニトリの防音商品で室内の防音をすることにより、室内の騒音を室外へ排出することを防ぐことで、ご近所などへの配慮も可能になりますね。

それと同時に窓の防音シートを使うことで、窓からの騒音も防ぐことは先述した通りです。

つまり、快適な生活には室内外の防音が重要ということでしょう。

ここでは、その際に有用な窓の防音シートをご紹介します。

【TRUSCO(トラスコ) 窓用防音透明シート UVカットタイプ 920mmX2m 厚み2mm TSFP2ST】

先に述べた取り、防音シートのなかでも厚みのあるものが防音には有用ですよね。

この商品は、2.00mmの厚みが特徴で、重量の大きさも申し分ありませんね。

厚みがありますが色が透明のため、光の侵入を妨げるというデメリットはありません。

窓からの眺めを遮ることもないため、貼っている違和感がないという声も多くきかれます。

窓の防音シートは使い方次第で機能の効率を左右する

室内の防音に有用なニトリの防音シート同様、窓の防音シートも使い方によってその機能を効率よく発揮することができます。

反対に、使い方を誤ると効果を下げることにも繋がるということですね。

では、窓の防音シートで防音の機能をより高めるにはどのような使い方がよいのか、みていきましょう。

まず、意外な点として窓の防音シートは窓に貼り付けないようにするということです。

例として、もし窓に防音シートを貼り付けると、窓のガラス部分が熱割れを起こすといわれているのです。

そのため、ガラス部分を避けるように、サッシに貼り付けるのがよいでしょう。

また、貼り付ける前にはほこりなどを拭き取り、サッシをきれいにしておくことも大切です。

貼り付ける際には隙間を作らないことを心掛けましょう。

それにより、わずかな騒音が漏れるのを防ぐことが可能です。

窓の防音シートは正しい使い方で効率アップ!室内の防音にはニトリの商品が有用

窓の防音シートは、室外の騒音を防いでくれる有用な商品です。

ですが、その使い方を誤ると機能の効率を下げることにも繋がるため注意しましょう。

また、室内の防音を目指すなら、ニトリの商品がおすすめです。

価格の安さに加え、使いやすい商品が揃っていますので、私たちの生活を快適にするためにも有用といえるでしょう。