フローリングがアルコールで白くシミに!補修できる?

「フローリングに化粧品をこぼしたら、白くシミになってしまった」という経験をされたことのある方は少なくありません。

これは、化粧品に含まれるアルコールによって引き起こされたシミです。

しかし、アルコールの成分で、なぜフローリングは白くなるのでしょうか。

ここでは、シミになる原因と、補修方法、フローリングにシミを作らないために知っておきたい知識についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の正しい開け方とは?虫の侵入を防ごう!

暖かくなると気になるのが、いつのまにか部屋の中に侵入している虫の存在です。ドアや窓、換気扇とい...

私道の駐車違反は取り締まり対象?曖昧なケースはどうなる?

突然ですが、皆さんは、「自分が所有する私道に車を停めていたら、駐車違反を取られた」という経験はあ...

賃貸でのオシャレなインテリア!アイデアはブログから学ぼう

オシャレなインテリアに憧れてはいるものの、アパートやマンションなどの賃貸住宅は借りているものだか...

私道の道路では通行料を請求されることも!相場はいくら?

購入しようか検討している土地の中に、まれに私道を通らざる負えない土地もあります。その場合...

2階建て木造アパートの騒音が気になる!両隣・上下別対策法

2階建ての木造アパートはよく見かけます。2階建て木造アパートならではのメリットは多くあり、多...

窓が閉まらないのは家の歪みが原因?家の歪みを徹底追究!

窓の開閉時、「窓が開けにくい」「閉まりにくい」と感じたことがあるでしょうか?窓が開けにく...

アパートの窓にできる防音グッズ!プチプチシートは効果的?

アパートに住んでいると気になるのが、やはり音。窓から入ってくる様々な音に悩まされることもあり...

地絡と漏電の違いって何?火災保険で補償はされるの?

アパートなどは、貸主にとっては大事な資産ですよね。そんな大事な資産が、不運なことによって、火災に...

登記の補正に期限はある?補正方法と取り下げるときの方法

不動産の名義を変えたい場合には登記をしなければなりません。登記は法務局で審査が行われて受理され...

窓と扉の違いはどんなところにある?その種類について解説!

窓と扉の違いについて聞かれたとき、皆さんはどうお答えするでしょうか?基本的には、家の玄関が扉...

1人暮らしの家賃の目安はどのくらい?手取り18万円の場合

毎月の給料が手取り18万円ほどで、1人暮らしを計画している方もいるでしょう。20万円に届かな...

家賃の未払いを支払う連帯保証人は契約解除できる?

賃貸を借りる際に必要になるのが、連帯保証人ですね。連帯保証人は、借主に代わって家賃の未払いを...

必見!木造アパートでトラブルにならないための騒音対策

集合住宅において起こり得るトラブルの一つに、騒音トラブルがあります。中でも木造アパートは、音が...

納戸に窓を設置する住宅が急増中!?快適さも必要なポイント

納戸といえば、本来思いつくのが収納スペースとしての役割でしょう。しかし、現在の住宅では、納戸...

同居を解消したい!なぜ話し合いが必要なの?ローンは!?

長く不動産の仕事をしていると、同居を解消して家を売ったり、また別に家を建てたり、といったケースに出...

スポンサーリンク

フローリングにアルコールをこぼすと白くなるのはなぜ?

化粧品や洗剤など、アルコールの成分を含んだものをフローリングにこぼすと、白く変色し、シミになってしまいます。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

それにはアルコールの働きが大きく関係しています。

アルコールには、油を分解する働きがあります。

油落とし洗剤として、アルコールを含むものも販売されていますよね。

フローリングの表面には、ワックスが塗布されており、このワックスは油でできています。

そのため、アルコールをフローリングにこぼすと、フローリング表面のワックスをアルコールが分解してしまい、ワックスが溶けることによって白くなってしまうわけです。

また、水性ワックスや樹脂ワックスであっても、同様にアルコールによって表面の皮膜が溶かされ、白化してしまいます。

とはいっても、アルコールを含む薬品を使用することの多い病院などでは、アルコールに耐性があり白化しにくい、特殊なワックスを使用していることが多いです。

アルコールで白くなったフローリングの補修方法

うっかりアルコールをこぼして、白くなってしまったフローリングを元に戻すことはできるのでしょうか。

先にもお話したように、白くなってしまう原因は、アルコールによってフローリング表面のワックスが溶かされてしまったためです。

フローリング素材そのものに異常が起きてしまったためではないので、ワックスの補修を行うことで元に戻すことが可能です。

つまり、ワックスを塗り直せば良いわけです。

基本的には、白くなってしまった部分に残っているワックスを一度剥離し、その後で新たにワックスを塗り直す必要があります。

しかし、アルコールのこぼれた範囲が狭かったり、スプレー状のアルコールが少し飛んだ程度であれば、軽く表面のワックスを剥がすだけで改善する場合もあります。

フローリングの輝きが失われるようであれば、シートタイプの簡易的なワックスを活用するのがおすすめです。

また、「剥離剤を使ってワックスを剥がすのは面倒だ」という方には、メラミンスポンジを使って剥がす方法が良いでしょう。

白くなった部分をこするだけで、簡単に白い部分が取れます。

しかし、この場合もワックスを完全に剥離してしまっているので、ワックスシートなどを使ってワックスを塗り直す必要があります。

意外と多い!フローリングを白くするアルコールを含む製品

フローリングに白くシミを作ってしまうアルコールですが、アルコールはお酒やエタノールだけに含まれているわけではありません。

先にもお話したように、化粧品にもアルコールが含まれているものが多くあります。

うっかりアルコールを含んだ化粧水のボトルを倒してしまうと、フローリングに大きな白いシミを作る原因になります。

また、スプレータイプの化粧品も要注意です。

こぼしたつもりがなくても、周りに飛び散ってしまい、「気が付いたらフローリングに白い点が付いていた」ということになりかねません。

小さなお子さんがいるご家庭では、フローリングの床の除菌をしたいと考える保護者の方もいるでしょう。

しかし、市販されている除菌スプレーや除菌シートには、アルコール濃度の高い商品が多くあります。

そうしたものを使用すると、除菌すると同時に、フローリングのワックスを剥離してしまう恐れがあります。

除菌する際には、フローリング用とされるアルコールが含まれないものを使いましょう。

アルコール以外にもある!フローリングにシミを作る原因

そして、フローリングにできるシミは、アルコールによって白くなってしまうものだけではありません。

フローリングにできる黒ずみにお困りの方も、多いのではないでしょうか。

木材によって作られたフローリングは、水分に弱く、サッシの結露によりフローリングが水分を含んでしまうと、黒ずみの原因になってしまいます。

また、キッチンにおける黒ずみの原因は、料理の際に飛び散った油汚れによるものが多いです。

そして生活する上で逃れられない足の裏の皮脂汚れも、フローリングの黒ずみの原因の一つになっています。

様々な原因により、フローリングの黒ずみは引き起こされますが、実はワックスが黒ずみの原因になる場合もあります。

ワックスの効果が薄れる度にワックスを塗り重ねていくと、段々古いワックスが劣化していき、フローリングが黒ずんできてしまうのです。

こうしたワックスの劣化による黒ずみは、古いワックスを剥離することでしか改善することはできません。

フローリングに最適なお掃除方法とは

フローリングを長く綺麗に使うために、アルコールをこぼして白くしてしまったりすることのないよう気を付けるのはもちろんですが、日頃のお掃除方法も大切です。

間違った方法でお掃除を続けていれば、それが原因でフローリングにシミを作ってしまったり、劣化させてしまうことにもなりかねません。

先にもお話したように、フローリングに水分は大敵です。

そのため、一番最適なお掃除方法は、乾拭きをすることです。

ホウキや掃除機を使ってフローリングのホコリを取り除いた後、乾いた雑巾やモップで乾拭きを行なってください。

それでも落ちない汚れがある場合は、固く絞った雑巾で優しく拭きましょう。

また、フローリングが施されたワックスは、表面を守り、汚れが付きにくくなる効果があります。

ワックスが剥がれてしまえば、それだけ、落ちない汚れがフローリングに付着する可能性が高くなってしまいます。

数年に一回はワックスの重ね塗りをし、5年に一回はワックスの塗り直しを行うと、更にフローリングを長持ちさせることができます。

賃貸物件におけるフローリングの原状回復

フローリングのある賃貸物件を退去する際、気になるのは原状回復がどの程度求められるのかという点かと思います。

家具の設置によるフローリングの凹みや、構造的な欠陥によるフローリングの変色は、大家負担となり、補修費用を請求されることはありません。

しかし、フローリングにアルコールをこぼして白くシミにしてしまったり、飲みこぼしの始末がきちんとされすにできた黒ずみなど、借主の過失によるシミや汚れには、原状回復のための費用が請求されます。

フローリングにトラブルが起きたときには、その場その場できちんと対処をしておくことが大切です。

ただし、DIYで大がかりにワックスを剥離し、塗り直しを行なっていると、剥離が十分でないこともあります。

また、塗り直す際にムラができていれば、再度やり直さなければいけないため、補修費用を支払わなければいけない場合もあります。

賃貸物件でフローリングのトラブルを対処する場合は、市販のワックスシートやワックススプレーを使用する程度にし、あまり大がかりなことは行わないほうが賢明です。

フローリングのシミに慌てない!適切な対処で問題なし!

フローリングにアルコールをこぼして白くなってしまうと、慌ててしまいますよね。

賃貸物件に住んでいれば尚更です。

しかし、塗布されているワックスが変異しただけであり、対処すれば元に戻せることを知っていれば、何の問題もありません。

汚さないに越したことはありませんが、もしもの時には適切な対処で乗り切りましょう。