ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

金製品の「750」の刻印は純度を表す?これっていったい何?

2018.12.20

昔から、金は資産価値が高く、人々のあこがれの的ですよね。

そんな金ですが、実は「750」などの刻印がされていることはご存知でしょうか。

意外にも、このことは知らない方が多いのだと耳にします。

当記事では、金に刻まれている刻印の意味や種類についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

為替の終値はいつを指す?24時間取引なのに終値とは?

ネット証券の台頭もあり、株や為替は以前よりも身近なものとなってきました。 株をしていると、「終...

株の用語の1つ「per」って何?マイナスのときは割安なの?

株式投資をはじめるうえで知っておくべき用語の1つに、「per」があります。 投資についての知識があ...

くわしく知りたい!株式用語でよく耳にする引けや寄るとは?

「株式投資に興味があるけれど、難しそうで手が出せない…」 そうお考えの方は多くいらっしゃるので...

成功した株投資家のブログから様々な投資のヒントを学ぼう!

普通のサラリーマンや主婦、学生も株の投資を行う今の時代、自分に近い立場にいる方のブログからも、情報を...

株で成功する秘訣とは?エクセルで管理する方法をご紹介!

株式投資で成功している方の多くが、記録をきちんとつけていることを知っていましたか? 「株をはじめて...

MRFやMMFの金利って?マネックスなどのネット証券を比較!

近年のネット証券の台頭により、以前よりも少額で手軽に投資を始められるようになりました。 今回は...

株取引で損失が出たときは確定申告で税金を還付できるかも

株取引をするということは、給与所得以外の所得を得るということです。 損失が出る可能性もあります...

ETFの信託報酬はいつ・どのくらい引かれる?ETFの基礎知識!

ETFで投資をする上で、必ずかかってくる信託報酬は無視できない手数料です。 高い信託報酬が引か...

入居者が窓に防犯フィルムを貼ったまま退去!はがす方法は?

なにかと物騒な世の中ですから、防犯のために、自ら対策をしている入居者も多いのではないでしょうか。 ...

誰でもできる1000万円貯金して銀行預金以外で増やす方法とは

「貯金1000万円」というと、別世界のことのように感じている人が多いのではないでしょうか。 もちろ...

外国為替市場に取引所はない!では終値とはどう決まるのか?

近年、ネット証券やFX会社の台頭は著しく、為替は以前よりも身近で気軽に始められるものになってきて...

知っておきたい株用語「寄る」とはどんな状況のことか?

少額投資非課税制度のNISAが開始されてからしばらく経ち、株は以前と比べてより身近な存在になって...

中古物件で不動産投資!DIYで経費削減&経験値を上げよう!

不動産投資は、大きな資金がないとなかなか始められないものだと思いますよね。 しかし、中古の物件...

株取引で大損し、2017円が1217円に?信用取引には要注意!

「株で一儲けしたい!」「一発逆転したい!」「勝ったお金で旅行に行きたい!」と考えている株初心者もいる...

共働きで貯金は月々どれくらいが理想的?安定した貯金の方法

夫婦共働きが当たり前の現代、お金の使い道は貯金が主流になっています。 共働きをしていると、余裕があ...

スポンサーリンク

金に施されている750の刻印は何を示すの?

金の指輪やネックレスをお持ちの方はご存知かもしれませんが、金製品には「750」などといった刻印が施されています。

この刻印に何か意味があるのでしょうか。

これを知るには、まず金の性質を知ることが必要になります。

「金」と聞くと、金塊かジュエリーを連想する方が多いのではないでしょうか。

金塊のまま所持している分には問題はないのですが、これをジュエリーにするなると、「加工」が必要になります。

しかし、金は他の金属に比べてとても柔らかいという性質があります。

つまり、そのままの状態では加工がしにくいのです。

そのため、他の金属を加えることで耐久性を上げてから加工するというのが一般的です。

ここで、必要になってくるのが刻印になるのです。

「750」などの刻印が何を示しているのかというと「金の純度」になるのです。

次項から、詳しくご説明していきます。

750などの金の刻印の種類

金の純度を示す刻印ですが、「750」の他にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、金によく刻印されている刻印の種類について、ご紹介していきます。

日本では、一般的に金の純度は「カラット」で表します。

そのため、その頭文字である「K」の後ろに金とその他の金属の割合の数字を刻印しています。

日本以外では、このような表記はせずに1000分率で考えたときの割合の数字を刻印します。

では、具体的にはどのようなものが刻印されているのでしょうか。

・金100%(純金)の場合:K24

・金83.5%、その他の金属16.5%の場合:K20

・金75%、その他の金属25%の場合:K18

・金58.5%、その他の金属41.5%の場合:K14

この他にもK22・K12・K10・K9というものも存在します。

なお、24で100%なのは24分率になってるからです。

ちなみに、近年人気を集めているホワイトゴールドやピンクゴールドにも刻印はされています。

これらの場合、ホワイトゴールドには「K18WG」でピンクゴールドには「K18PG」といったようになります。

750とK18は同じもの!

前項でもご説明した通り、金とその他の金属の割合によって、刻印される数字には違いが出てきます。

先ほどは、「K」の後ろに24分率の割合を示した数字を刻印したものをご紹介しましたが、1000分率で示した時にはどのようになるのでしょうか。

・金100%(純金):K24または1000

・金83.5%:K20または835

・金75%:K18または750

・金58.5%:K14または585

このようになります。

つまり、750と刻印されているものは、K18と刻印されているものと、金の割合は同じなのです。

また、この金は世界的に見てももっとも標準的なものといえます。

なぜ標準なのかというと、金はやわらかく加工がしにくいために「他の金属を混ぜ合わせる」という加工方法だと先に述べました。

そしてこの割合が、ジュエリーに加工するにあたって丁度いい固さなのです。

価格も、他の金属が入っているために純金よりも抑えられています。

このようなことから、世界的にもっとも標準な金といえるのです。

金には数字以外の刻印もある

ここまで、金に刻印されている「750」などの数字の刻印についてご紹介してきましたが、世界には数字以外の刻印も存在しているのです。

たとえばフランスは、ジュエリーの歴史が古いことでも知られています。

そんなフランスはイギリスとほぼ同時期に、金に刻印を施す制度が制定されました。

フランスで金に刻印されるものは、国内用と輸出用とで多数の種類があります。

このようなアンティークジュエリーには、刻印されている種類は豊富に存在していました。

では、どのようなものが存在しているのでしょうか。

フランスのアンティークジュエリーによく使われているものをご紹介します。

【ワシの頭】

これは現在でいうK18(750)以上を示す刻印です。

フランスのアンティークジュエリーによく見られているもので、現在でも使用されています。

【ホタテ貝】

現在のK14(585)の刻印になります。

K18の刻印を始めフランスの刻印には、動物の頭を使うことが多く、劣化してくるとプロでも見分けがつかなくなってしまうことが多々あります。

しかし、これは他の刻印に比べ見分けやすいのです。

【シロツメクサ】

これはK9の金にの刻印になります。

K18の金が主だったために、その数は少ないですが、K9の金への刻印によく使われていました。

注意しよう!金を示さない刻印もある

ここまで、金に刻印される「750」といった数字などについてご紹介してきました。

刻印は、金が本物であることを示すものですが、その刻印に金でないものが紛れていることがあります。

【アトK】

これまでご説明してきましたが、「K24」や「K18」のように、本物の刻印は数字の前に「K」がきます。

しかし、販売されている金の中には「18K」などのように数字の後ろに「K」が来るものがあります。

これは、金が入っていないということはないのですが、正規のものよりも少ないことが多いです。

【純金のみ】

手の甲側のデザインが台のようになっている指輪に見られることがあります。

これは「純金」と刻印されているのにも関わらず、純金ではない「K22」であることがほとんどです。

【シナ金】

中国などで販売されている「純金」を謳ったジュエリーのことを指します。

見た目は一般的な金よりも黄色っぽい色味をしています。

これも、そのほとんどが「K22」くらいであることが多いです。

【WGのみ】

ホワイトゴールドの刻印は「K18WG」といったように刻印することは、ご説明しましたね。

一見すると、ホワイトゴールドのようにも思えますが、これには金はほとんど含まれていません。

ジュエリーとしては安い素材である銀やニッケルにロジウムメッキをかけたものの場合もあります。

【GPやGF】

刻印を確認したときに「K18GP」などのように押されているものもあるでしょう。

これは、「金メッキ」を表すものになります。

自分で本物の金か見分けるには

金のほとんどには「750」や「K18」のように刻印がされています。

しかし、中にはされていないものもあるでしょう。

このようなときに自分で、本物かどうかを見分ける方法はあるのでしょうか。

最後にそちらをご紹介していきます。

【磁石を使う】

「金属は磁石にくっつく」というイメージはありませんか。

実は、金は磁石にはつかないのです。

銀や錫もつかないので例外はありますが、自分で見分ける方法としてはもっとも簡単に試すことができます。

【色を見る】

先ほどご紹介した「シナ金」のように、本来の金の色とは違ったものも存在しています。

純度が低ければ低いほど黄色く、銅が多く含まれているものは暗い色になります。

【試金石を使う】

日本で古くから行われている鑑定方法です。

この「試金石」と呼ばれる石に擦り取ることで鑑定を行います。

金メッキの場合には、中がすぐに見えるので分かりやすいでしょう。

金の刻印は本物の証拠

金に刻印されている「750」を始めとする刻印は、本物であることを示すためのものだということがお分かりいただけたかと思います。

どうしても、見た目だけでは本物の金であることが見抜けないこともあるでしょう。

このようなときに、刻印を知っておくことで、偽物を購入するリスクを減らすことができます。

リスクを減らすためにも、刻印についての知識を持っておくとよいでしょう。

 - 投資