ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

二重窓をDIY!内窓とレールはプラスチック素材を用いて節約

2018.12.10

気温の低い日に窓の近くにいくと、冷気を感じることはありませんか?

このとき「窓は閉め切っているのになあ」と窓に疑いの目を向ける方が多いと思います。

もちろん原因は窓です。

窓から入る冷気の対策の一つには、二重窓が挙げられます。

そこでこの記事では、二重窓のDIY方法についてご説明していきます。

二重窓に必要な内窓とレールは、プラスチック素材を用いて節約につなげてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロフト部分が暑いときや下のフロアが寒いときなどの温度対策

限られた空間のなかで有効活用できるロフト。 その活用方法は実にさまざまです。 しかし、ロフト...

アパートのインターネットが繋がらない!原因と対処方法は?

アパートやマンションでインターネットをするとき、インターネットが突然つながらなくなるケースがたま...

窓ガラスフィルムを貼ろう!DIYで外から見えない窓に!

ホームセンターやインターネットでは、外から見えないものや、デザイン性の高いものなど、多くの種類の...

洗面台が臭い賃貸!原因から対策まで一挙ご紹介します

賃貸契約前にお部屋を内覧しに行ったときに臭かったり、生活していて、なんだか最近洗面台の排水が臭いなと...

礼金敷金は消費税がかかるの?契約内容を確認しよう

近年、日本政府は消費税を現状の8%から10%への増税を検討しています。 その時期は2018年6...

賃貸マンションのベランダでもガーデニングは楽しめるのか

賃貸マンションで広いベランダがあると、ガーデニングをしてみようと考える方はいませんか? 毎...

窓ガラスや家具にシールが!きれいな剥がし方が知りたい!

窓ガラスに貼ったシールは、剥がそうとしてもうまく取れないですよね。 無理に剥がしてベタベタした...

アパートの玄関をおしゃれにしたら入居率が上がるかも!?

玄関は、家に入って、最初に目に入る場所です。 いわば、「顔」と言っても良いですよね。 それは、アパ...

アパートの室内に洗濯機置き場がない!そんな時はどうする?

築年数が古いアパートや、土地が狭い都内では、ベランダや室内にさえ洗濯機置き場がない賃貸部屋があり...

アパートに洗濯機を置きたい!サイズを測るポイントとは?

住んでいるアパートに洗濯機を購入したり、新居に引っ越しをするために搬入しようとしている方もいらっ...

管理する賃貸アパートが雨漏り!大家さんはどうするべき?

賃貸アパートなどの不動産を管理している大家さんにとって、物件の修繕対応は大変ですよね。 雨漏りもそ...

一体何故?アパートの光回線が遅い理由とその解決方法

いまや自宅にインターネットは必須です。 PC以外でもスマホやゲーム機をWi-Fiで利用する事が...

アパートのリフォーム代を節約!diyでイメージアップしよう

古いアパートや、なんとなく空室が多い物件で、「リフォームしてみようか」とお考えの大家さんもいらっしゃ...

窓に隙間テープを貼るメリットは?防音効果がある?!

比較的安価で手に入り、ホームセンターや100円ショップなど、さまざまなところで隙間テープは販売され...

賃貸アパートの保証会社にはどれくらいの金額を支払うの?

アパートなどの賃貸物件を借りる際、保証会社の利用を義務付ける物件が増えてきました。 保証会社を利用...

スポンサーリンク

窓は冷気の出入りがしやすい!

寒い季節になれば、気温もどんどん低くなりますね。

そんなときに窓の近くに行くと、ひんやりした冷気を感じることはないでしょうか。

その冷気は、主に窓から入ってきています。

窓には断熱効果はあまりないため、冷気を外から室内に入るのを許してしまっているのです。

それに加え、窓はお部屋の暖かい空気を外に出してしまうので、室内を暖かく保ちたい場合は窓に断熱対策をしておくことが重要です。

その対策の一つには、二重窓が挙げられます。

窓を二重にすることで、断熱への効果は高まるといわれているのです。

この二重窓は自分でも作ることができ、アルミやプラスチック素材のレールに内窓を組み合わせればでき上がります。

このDIY方法については後述しますので、次の項では二重窓の効果についてみていきましょう。

二重窓にすることで得られる効果とは?

窓の冷気を防ぐには窓に断熱対策をすることが大切だとお伝えしましたね。

その一つには二重窓が挙げられますが、二重窓が発揮する効果は断熱だけではありません。

ここで、二重窓から得られる効果についてご説明しましょう。

まず一つ目は、断熱です。

二重窓にすることで、内窓と窓ガラスの間に空気の層ができます。

この空気の層が厚いほど断熱効果が高いともいわれていますので、二重窓にすることで断熱効果につながることがいえるのです。

二つ目は、防音効果です。

実際に二重窓にDIYした方でも「遮音性が高くなった」と感じています。

こちらも先ほど同様、空気の層によって効果が発揮されます。

三つ目は、結露防止です。

結露は室温と外気温の温度差によって起こるといわれており、断熱効果を得られることで、結露の抑制にも効果が期待できるのです。

これに関しては、多くの方が実感しています。

二重窓にすることで、以上のような効果が期待できます。

そんな二重窓は、先ほども少しお伝えしましたが、DIYすることが可能です。

プラスチック素材のレールなどを使うことで低コストで作り上げることができるので、試す価値有りといえます。

次項からは、二重窓をプラスチック素材でDIYすることについてお話をしていきます。

二重窓にするなら!プラスチック素材のものでDIYしよう

二重窓は、断熱だけでなくほかにも様々な効果が期待できるため、とてもおすすめです。

しかし、二重窓にするとなると、業者に依頼すれば高額な費用にもなることもあるので、この点で悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

そのような方におすすめしたいのが、自分で二重窓を作ってしまうことです。

工事費用がかからないのでそれだけでも節約になるのですが、使う材料によってはかなり費用を抑えることができます。

費用を抑えられる材料として挙げられるのが、プラスチック素材のものです。

「プラスチックダンボール」や「ポリカーボネイト」という、プラスチック製のものを内窓やレールに使うのです。

これを使って二重窓にDIYした方の中には、窓の大きさにもよりますが3,000~5,000円ほどでできたという方もいますので、比較的低コストで二重窓にすることができます。

プラスチック素材で断熱できるか疑問に思う人もいるかもしれませんが、ポリカーボネイトのように中空構造になっているものを使うことで、高い耐久性・耐水性・断熱性が期待できるのです。

さらに嬉しいこととしては、これらを使うことで、二重窓を想像以上に簡単に作り上げられるということです。

費用も安くできて、作り方も簡単であれば、試してみたいですよね。

次項からそのDIY方法についてお話をしていきます。

二重窓をDIY!内窓もレールもプラスチック素材を使おう①

それではここから、プラスチック製の二重窓を自分で作る方法についてお話をしていきます。

まずは、用意するものからご紹介します。

【用意するもの】

・ツインカーボ(ポリカーボネート製の中空構造の透明板)

ホームセンターなどで3,000円前後で売られています。

廉価版のものがあれば、もう少し安い場合もあります。

購入前に、窓のサイズを測っておくと、ホームセンターでカットしてもらえるのでおすすめです。

・ガラス戸上下レール

上レールと下レールでは、作りに違いがあるため、それぞれそろえておきましょう。

プラスチック製のものも取扱いがあり、上レールですと250円前後、下レール150円前後で売られています。

・「コ」の字レール

左右の窓枠に貼るためのもので、隙間風の対策に活躍が期待できます。

1本100円程度ですので、隙間風も気になる方は試してみてください。

・両面テープ
・カッター
・カッターマット
・鉄定規
・金のこ
・紙やすり
・ガムテープ

二重窓をDIY!内窓もレールもプラスチック素材を使おう②

用意するものをご紹介しましたので、作り方についてご説明していきましょう。

【作り方】

①ツインカーボ、ガラス戸上下レール、「コ」の字レールを窓枠のサイズに合わせます。

必要な場合は、カッターなどでカットして調整しましょう。

②ガラス戸上下レールを両面テープで窓枠に貼りつけます。

③「コ」の字レールも両面テープで左右の窓枠に貼りつけます。

④ツインカーボをレールにはめ込みます。

これで、プラスチック素材を用いた二重窓の完成です。

あまりDIYに慣れていない方も、ツインカーボなどをホームセンターでカットしてもらえば、あとは貼りつけてはめ込むだけですので、とても楽に作ることができます。

実際にプラスチック素材を用いてDIYした方も、断熱への効果を実感できたそうですので、試す価値ありの方法です。

費用もかなりおさえられますから、ぜひ挑戦してみてください。

賃貸でも可能!レールなしでプラスチック製二重窓をDIY

最後にご紹介する二重窓のDIY方法は、賃貸にお住みの方でも可能な方法です。

壁などを傷つけることなく簡単にできるのでおすすめです。

さらに、レールなしで二重窓ができてしまうので、より低コストでDIYできます。

ここでもプラスチック素材のものを用いたDIYの方法をご紹介します。

【用意するもの】

・プラスチックダンボール(300円程度)
・突っ張り棒(100均でも取扱い有り)
・カッター
・千枚通し
・取っ手×2(1つ200円程度)
・ビス×4(100円程度)

【作り方】

①プラスチックダンボールを窓枠の内寸に合わせてカットします。

プラスチックダンボールは、あまり硬くないのでカッターでもカットすることが可能です。

②プラスチックダンボールの両端に取り付ける取っ手の位置を決めます。

取っ手の位置が決まったら、千枚通しでビス穴を開けておきましょう。

③取っ手をビスで固定し、突っ張り棒を取っ手に通します。

あとはこれを窓にはめ込み、突っ張り棒で固定すれば、二重窓の完成です。

簡単にできて、尚且つ壁などを傷つけずにできるので、賃貸にお住みの方もできそうですよね。

また、低コストでできますので、こちらのDIY方法も試してみてください。

二重窓をDIYして冷気を阻止!

窓の冷気対策として、窓を二重窓にDIYすることをご紹介しました。

プラスチック素材のものを使うことで低コストで作ることができ、尚且つ簡単にできますので、DIY経験があまりない方にもおすすめです。

さらに、賃貸にお住みの方でもできる方法をご紹介しましたので、賃貸にお住みの方もぜひ二重窓のDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。

二重窓にして、冬の冷気を阻止できるようにしてみましょう。

 - アパート