窓のガラスフィルムの簡単できれいな剥がし方のポイントとは

窓のガラスフィルムの簡単できれいな剥がし方を知りたい、と思ったことはありませんか。

アパートやマンションの管理をしていると、本来であれば退去時には原状復帰として最初の状態にして戻してもらうものですが、中にはそれを忘れてしまう人もいますよね。

忘れられやすいのが、窓に貼られたガラスフィルムですが、簡単できれいな剥がし方についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃の自動引き落としの手数料はいくら?ufjやみずほを比較

最近では、家賃の支払いを銀行の自動引き落としにしたり、クレジットカードで支払いをする物件が増えて...

部屋に蜘蛛が!白い蜘蛛は有害?無害?

「部屋の掃除をしていたら白い蜘蛛を見つけて思わず駆除してしまった!」という人も少なくないでしょう。...

窓からの転落防止に自分で取り付けられるお勧めDIYグッズ!

小さい子どもがいると、窓からの転落事故は怖いですね。特に団地やアパート、マンションの上階...

窓用換気扇の取り付け方法と窓の隙間対策

一人暮らし用のワンルームでも一軒家でも、家のサイズにかかわらず部屋の定期的な換気は必ず必要です。...

快適エコ生活!窓の断熱をDIYでやってみよう!

「夏の室内がとにかく暑い」「冬に室内をいくら暖めてもなかなか暖かくならない」という住まいの悩みは良...

アパートの入居時の挨拶は必要?一般的にはどうしてる?

アパートに新しく入居する場合、挨拶はするでしょうか?「挨拶するのは当然!」と思う方がいる一方...

地味な窓枠をおしゃれに大変身!自分でできるDIYをご紹介!

最近では、モノを買わずに自分で作るDIYが流行り、テレビや雑誌の特集でも目にすることが多くなりま...

ニッチ玄関をディスプレイ!サイズに合った作り方をご紹介!

玄関のちょっとした隙間を使ってディスプレイする「ニッチ玄関」が注目されています。壁のちょっと...

アパートの照明切れは誰が負担する?led電球に交換できる?

アパートに住んでいると、突然照明が切れてしまうことありますよね。その場合、借り主が交換を自ら行...

窓の補助鍵は100均のものでも防犯対策に十分有効!

防犯意識の高い人であれば玄関などには色々な防犯対策をしていると思いますが、窓の防犯対策はされてい...

持ち家やアパートなどの地震保険の概要と保険料控除について

地震保険は、万が一持ち家やアパートなどの建物や家財が地震により損害を受けた場合、それを補償する保険...

部屋の空気をきれいに換気したい!窓用換気扇をDIYしよう!

キッチンや浴室、トイレなど、換気扇はさまざまな場所に設置されています。しかし、自宅の部屋や納...

窓の網戸を虫除けしたい!必見!さまざまな虫除け方法

夏が近づくと気温が上がるため、窓を開けて部屋に風を取り入れる人も多いのではないでしょうか。窓...

窓サッシレールやゴムパッキンにカビが!カビとり方法と対策

窓サッシのレールやゴムパッキンにカビが生えると、健康被害が出てしまう可能性があります。そのた...

部屋に出る蜘蛛の種類をご紹介!ほとんどの蜘蛛は益虫です

部屋に蜘蛛が出ると、驚いたり、怖がったりという方が多いかと思います。何も考えずに、蜘蛛を見つけ...

スポンサーリンク

窓のガラスフィルムの剥がし方を知らないとこんなに大変

窓のガラスフィルムを使うと、高いお金を出さなくても、高性能ガラスのような安全対策、省エネ、防犯や防虫など幅広い目的を果たせます。

そのような事情から、入居者が窓にガラスフィルムを貼る場合があります。

ただ、この窓のガラスフィルムには寿命もあって、だいたい10年から15年で剥がすことになります。

窓のガラスフィルムの正しい剥がし方を知らないと、接着剤が窓に残ってしまったり、無理に金属で剥がそうとすると窓に傷がついてしまったりすることだってあります。

正しい手順を知らないと、ガラス交換や窓周りの修繕などで余計なメンテナンス費が生じかねません。

正しい剥がし方を知らないだけで、窓ガラスの交換に高額を掛ける羽目になっては困りますよね。

物件によっては大きな窓ガラスを入れている場合もありますし、高性能な窓ガラスにしている場合もあります。

接着糊が、透明な窓ガラスにへばりついている状態を想像してみてください。

非常に見苦しく、借り手も付きにくくなってしまうかもしれません。

「シール剥がしのスプレーを使えばいいのではないか」という意見も聞きますが、数ある物件にシール剥がしのスプレーを購入していたら、費用もばかになりません。

窓のガラスフィルムの正しい剥がし方に必要なのは、費用を抑えてきれいな状態にするということです。

窓のガラスフィルムのきれいな剥がし方は道具の用意から

先ほどの内容で、窓のガラスフィルムを正しく剥がす重要性についてはお分かりいただけたことでしょう。

しかし、窓のガラスフィルムの正しい剥がし方をするには、事前に揃えておきたい道具があります。

【必要なもの】

・ドライヤー
・古新聞もしくは養生シート(ビニールシートでも可)
・養生テープ
・霧吹き(スプレータイプの容器でも可)
・中性洗剤
・水
・カッターナイフもしくは剃刀付きスクレーパー(窓を傷つけやすいので慎重に使用)

【あると便利なもの】

・マスク(窓に張り付いたカビの吸い込みが心配な場合)
・台所用ビニール手袋(手荒れが心配な場合)
・脚立(窓の高さによる)

どれも、自宅にあるものやホームセンターで手軽に買えるものばかりですね。

また、一回限りではなく何回も使えるものが多いので、市販のシール剥がしに比べて費用もかかりにくいです。

ただし、カッターナイフや剃刀付きのスクレーパーは使用方法を間違えると窓を傷つけることもありますから、十分に注意してくださいね。

窓のガラスフィルムの正しい剥がし方には準備が必要

窓のガラスフィルムを剥がす前には、床に洗剤などでシミを付けないために、床や窓の周辺の養生をします。

【準備】

窓のガラスフィルムのきれいで簡単な剥がし方を実践するには、下準備が必要です。

中性洗剤が床のフローリングや窓周辺の壁紙についてシミになるのを予防するために、まずは窓の下の床と窓周辺の壁紙の養生をします。

一見、汚れていないように見えても、窓についている汚れや窓のパッキン部分のカビが、洗剤の効果で一緒に垂れてきてしまうかもしれません。

そのため、窓の周りの壁には養生テープを使って養生シートや新聞紙を貼り、窓の下の床も同様にします。

ガラスフィルムをきれいに剥がせても、他の部分でメンテナンスの費用と手間が新たに生じることになったら大変ですから、面倒に感じるかもしれませんがメンテナンスの費用の節約のため、養生をしてください。

余計な手間をかけないためにも、下準備はしっかりとしておきたいところです。

窓のガラスフィルムを剥がす作業

では、窓のガラスフィルムを、正しい剥がし方できれいに剥がしてみましょう。

まずは、ドライヤーで窓全体を温めてください。

次に、濡らした新聞紙をガラスフィルムに貼り付けて1時間以上そのままにして、ガラスフィルムの接着糊をふやかしてください。

時間が経ったら、水で薄めた中性洗剤(水:中性洗剤=100~200:1)を吹き付けてください。

ガラスフィルムの角をカッターナイフやスクレーパーで引き起こして、指でつまんで下に向かって剥がしていきます。

ガラスフィルムを剥がした後に残ってしまった接着糊は、先ほどの霧吹きの残りを吹きかけてふやかしてから、新聞紙で拭き取ります。

それでも取れない場合には、霧吹きの残りを吹きかけながらスクレーパーでやさしく剥がしていってください。

もし、正しい手順で行ってもうまくガラスフィルムが剥がせないようでしたら、霧吹きの残りを多めにかけて、長めに時間を置いてみてください。

窓のガラスフィルムを剥がした後でやっておきたいこと

物件の内見に来た人に好印象を与えるためにも、窓はきれいにしておく必要があります。

しかし、ガラスフィルムを剥がした後の窓にはうっすらと接着糊が残っていたり、中性洗剤で接着糊と一緒に落とされた汚れが付いていたりします。

そのままにしてしまうと、窓のパッキンのカビの原因にもなりかねません。

窓のガラスフィルムを正しい剥がし方できれいに取り除いた後ですから、余計な汚れを残さないように新聞紙できれいに拭き取ってください。

雑巾などを使っても構わないのですが、布製品の場合にはどうしてもホコリが残ってしまうことがありますので、気を付けましょう。

重要なのは、できるだけ経費をかけずに、きれいにガラスフィルムを剥がすことです。

内見者を連れてきてくれる不動産業者にもできるだけ好印象を与えられるように、窓のガラスフィルムはきれいにしておきましょう。

窓のガラスフィルムの剥がし方の注意

また、窓のガラスフィルムを剥がす際には、いくつかの注意点があります。

窓に貼られたガラスフィルムを剥がすときに使用するカッターナイフや剃刀付きのスクレーパーは、使い方によっては窓ガラスに傷をつけてしまうことがあります。

特に、高性能なガラスの場合には傷がつきやすいため、万が一、交換することになってしまったら高額な費用が必要になります。

そのため、窓ガラスに傷をつけないように刃を寝かせるようにして使うなど、窓と刃物の位置が直角やそれに近い角度にならないように気を付けましょう。

また、中性洗剤を薄めた液体も、壁紙や床のフローリングに付いたままの状態で長時間放置してしまうと、シミが残ってしまったり、変色してしまったりすることがあります。

特に、紙クロスなどを使用している場合には、付いてしまった汚れやシミを落とすのが困難になることもありますし、自然素材の床板の場合にもシミが残ってしまうことがあります。

窓ガラスの傷や窓周りのシミは、慎重な作業をすればほぼ回避できるものです。

しかし、窓のガラスフィルムの剥がし方の中で、特に注意しておきたい部分ですので、くれぐれも窓に傷を付けないように、また、窓の周りに中性洗剤を残さないようにご注意ください。

窓のガラスフィルムは接着糊の落とし方がポイント

今回は、窓のガラスフィルムをいかに簡単できれいに落とすかという、剥がし方についてのお話でした。

ポイントは、接着糊を十分にふやかすことと、刃物の使用方法です。

慣れるまではガラスフィルムをうまく剥がせないかもしれませんが、物件のメンテナンス費用をちょっとした手間で抑えられるのは非常に魅力的ですよね。

メンテナンス費用に比べれば、必要な道具は非常に安く手に入ります。

今回の方法を、ぜひ試してみてください。