ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

マンションの窓にある三角のマーク!これは何を意味してる?

2018.11.10

高層マンションなどの窓に、三角のマークがついているのを見かけたことのある方もいるのではないでしょうか。

なぜこのマークが窓についているのか深く考えたことがない方もいるでしょうが、これはとても重要なマークなのです。

この記事で三角マークを窓につける意味についてお話をしますので、大家さんたちも、このマークが所有するマンションの窓についているか確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓やベランダの手すりに布団干しはNG!どう行えば良いの?

マンションの使用規則の中には、窓やベランダの手すりにお布団を干すことを禁止と定めていることが多く...

礼金は交渉次第で値下げができる!?新築でも交渉可能?

引っ越しには多くの費用がかかります。 その中でも比較的大きな割合を占めるのが「敷金・礼金」です...

理想の家作り!建ぺい率と容積率の計算方法を理解しよう!

不動産を購入する際によく目にする「建ぺい率」や「容積率」は、住宅を建築する上で大切な数値となってきま...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。 し...

床面積の計算に含めるバルコニーと含めないバルコニーの違い

部屋を借りるときなどに「床面積」という言葉が出てきます。 床面積が広ければ住生活のスペース...

敷金の精算と返還は退去したあといつごろ実施されるのか

賃貸のマンションやアパートあるいは事務所などを解約して退去すると、入居時に預けていた敷金が返還さ...

冷暖房効率を上げたい人必見!窓に正しい断熱対策をしよう!

どんな住宅にも窓はありますよね。 窓は室内に熱を取り入れたり、放出したりと、重要な役割を担って...

一石何鳥!?窓用プチプチを貼ったときの効果がすごい!

寒い冬が訪れると、窓から冷気が入ってきたり、反対に室内の暖かい空気を逃がしてしまうこともあるでし...

窓のすだれは夏に効果絶大!おしゃれに飾ってエコに過ごそう

夏が近づくにつれ、だんだんと気温が上がっていきます。 エアコンや扇風機を1日中つけて過ごす方も...

窓付けクーラーは掃除が手間?その常識を覆す方法とは!?

クーラーのなかでも近年人気の窓付けクーラーは、一方で掃除の際に手間がかかるという声も多いものです...

家賃滞納で裁判を起こされた場合に取り下げてもらう方法は?

賃貸の家賃関係で一番多いトラブルが、家賃滞納問題と言われています。 何度か交渉して入居者が応じな...

納戸の棚やデッドスペースを余さず有効に活用する収納術

家の間取りを考える上で、意外と重要なのが収納スペースではないでしょうか。 マンションなどでは、...

失業保険の手続き、結婚して転居した場合はどうしたらいい?

結婚が決まって、転居しなければならないため、今勤めている会社を退職せざるを得なくなったら、まず何か...

管理会社と契約を直接結ぶと仲介手数料は払わずに済む?

新しく賃貸アパートなどを借りるときは、家賃の他にも様々な費用がかかりますよね。 そのひとつであ...

幼稚園近くに住む人の家の駐車場で問題が多発?解決法は?

皆さんは、「幼稚園」あるいは「幼稚園の駐車場」と聞いて、どんなことを想像するでしょうか。 きっ...

スポンサーリンク

マンションの窓にある三角マーク!これにはどんな意味があるの?

普段何気なく見ているマンションやビルですが、窓に赤い逆三角形のマークがついているのを見たことはありませんか?

「そういえばついていたな…」と思い返す人もいるかもしれませんね。

しかし、このマークの意味についてはいかがでしょう。

中には知らない方もいるかと思います。

そこでまずはじめに、マンションなどにつけられた赤い逆三角形のマークの意味についてご説明していきましょう。

このマークの正式名称は、「消防隊進入口マーク」といいます。

「非常用進入口」とも呼ばれています。

このマークには、「火災などの非常事態が起きたときに、このマークがついている窓を破って救助にきてください」という意味がこめられているのです。

そのため、どちらかというと、消防士やレスキュー隊に向けたマークといえます。

ほかにも意味がある!窓周辺の決まり

マンションなどの窓についている赤い逆三角形マークには、消防士たちが救助する際の進入口としての意味がこめられていますが、室内にいる人に対しても意味がこめられています。

三角マークには表と裏があり、外からは裏面の赤一色のマークを見ているのです。

しかし室内にいる人は、三角マークの表面を見るわけですが、表面には「消防隊進入口」と書かれています。

そして下部には「この付近に物を置かないでください。」と小さく書かれているのです。

ではなぜ、このマークの周辺には物を置いてはいけないのでしょうか。

マンションに住むとなれば、窓の近くに配置したい家具もありますよね。

なぜ物を置かないようにしなくてはいけないかは、次の項でお話ししていきます。

意味と一緒にマークをつける目的を考えよう!

三角マークは「消防隊進入口マーク」のことを指し、非常事態の際に消防士たちが進入するための出入り口にもなります。

また、室内にいる人に対して「このマークのある窓周辺には、救助の障害となるような大きな家具などを置かないように」といった意味も、三角マークには含まれています。

なぜ、このマークの周辺には物をおいてはいけないかは、目的を考えれば察することができるでしょう。

もし、マンションで火災などが起きれば命に関わる重大な事態ですので、消防士たちは1秒たりとも無駄にはできません。

多くの命が助かるためにも、救助の妨げになるような行為は避けるのが賢明といえますよね。

そのため、三角マークのついた窓周辺には家具などの物を配置しないように、マークからも促しているわけです。

ところでこの三角マークですが、どこの窓にもつけられるというわけではありません。

三角マークの設置基準についても、みていきましょう。

どこにもつけられるわけではない!三角マークの設置基準

窓についている三角マークの意味についてお話をしてきましたが、どこの窓にもつけられるということではありません。

次のような設置基準が設けられているのです。

●3階以上の階層、もしくは地上から31m(おおよそ8階くらい)までの階層に設置すること

●建物の外壁に沿って40m以内の間隔で設置すること

●幅員(歩道や通路を含む)4m以上の通路や、道路に面する各階の外壁に設置すること

このような高さが定められたのは、高層階に救助する場合にはしご車を使うことが関係しています。

はしご車が届くことのできる範囲として、以上のように定められているのです。

また、通路の幅員も、消防車が迅速に進入できる通路の広さとして定められました。

そのため、どこの窓に設置できるというわけではなく、消防士たちがスムーズに救助できるように基準が設けられているのです。

そして先ほどもお伝えしたとおり、室内にはこのマークの周辺には物を置かないようにしなければなりません。

条例等で明記されているわけではありませんが、スムーズに人命を救助できるよう配慮が大切です。

万が一、マークの周辺に物を置いていて、救助の際に破損されても訴えることはできませんので注意しましょう。

窓やマークの大きさにも基準がある!?

定められているのは、設置するための基準だけではありません。

実は、窓と三角マークの大きさにも基準があるのです。

救助するための進入口ですから、小さい窓では室内に入ることは難しいですよね。

そのため、スムーズに進入できるように、三角マークを設置する窓の大きさは「高さが120cmで幅が75cm以上」とされています。

スムーズに進入するだけでなく、救助にあたって作業を行ったりしますので、ある程度の大きさが窓には必要であることは予測できますね。

三角マークに関しては、条例で「赤色反射塗料による、一辺が20cmの正三角形でなければならない」と定められています。

反射塗料であることで、夜間でもどこが進入口になるのかすぐに確認することが可能です。

このように窓や三角マークにも基準が定められているのは、何度もお伝えしているとおり消防士たちが迅速に救助に向かい、多くの命を助けるためです。

三角マークがついていることで、より安心・安全にもつながりますから、賃貸マンションを所有する大家さんたちはに三角マークをつける意味を理解し、所有するマンションの窓ついているか確認してみてください。

高層マンションでも窓に三角マークがないことも!

窓に三角マークをつける意味などについてお話をしてきましたが、なかには設置基準を満たしているのに、三角マークがついていないマンションなどもあります。

三角マークがついていないと、もしもの事態の際、消防士たちの進入口がわからないので、スムーズに救助ができなくなってしまいます。

また実は建築基準法という法律の中でも、高層マンションなどの窓に三角マークをつけなくてはいけないよう決められていますので、法律違反になりかねません。

ところが、三角マークをつけなくても問題ない場合もあるのです。

高層マンションやビルに、あるものが設置されている場合は、三角マークをつけなくても良いとされています。

そのあるものとは、「非常用エレベーター」です。

非常用エレベーターは、火災時などに消防士たちが消火や救助作業を行うために使用するものですから、たしかにこれが設置されていれば、三角マークがなくても問題ありませんね。

ちなみにこの非常用エレベーターも、建築基準法で「高さ31m以上の建築物に設置すること」が義務づけられています。

そのため、8階以上のマンションの場合は、三角マークではなく非常用エレベーターが設置されていることが多いでしょう。

以上のように、三角マークがついていなくても問題ない場合もあります。

所有するマンションに三角マークがなくても、非常用エレベーターがあればOKですので、どちらも設置されている場所の把握はしておくようにしましょう。

住人の安全を守るため!三角マークなどがついているか再確認しよう

マンションなどの窓についている三角マークについてお話をしてきました。

建築基準法でも定められていますから、高層マンションを所有する大家さんたちは、これらの設置をしなくてはいけません。

8階以上の場合は三角マークよりも非常用エレベーターの設置が義務付けられています。

これらが設置されているのかを今一度確認し、マンションに住むみなさんの安心・安全をより守れるようにしてくださいね。

 - マンション, 暮らし, 法令