受信料絶対払うの?BS契約対応マンションでの心得・相談窓口

BSチャンネルを見ていないのに、衛生契約の受信料を支払わなければいけないというのは、納得できないかもしれません。

そんな時は、お住いのアパートやマンションがBS対応だったのか、確認することが必要です。

BS対応マンションでの心得や、受信料をお得に払う方法、見られない場合の対処法などをまとめましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

BS室内アンテナが映らない場合に確認すべき3つのポイント

BS室内アンテナは、屋外アンテナに比べて手軽に設置できるという利点があり、特に一人暮らしの方に利用...

窓のクレセント錠を調整する方法!賃貸でも簡単にできる?

突然ですが、窓を閉めていてもなぜかすきま風が入ってきて寒かったり、クレセント錠が緩かったり固かっ...

田園調布に豪邸を建てて優雅に住みたい!狙い目は何丁目?

田園調布という地名を聞いて、どんなイメージがありますか?やはり、「豪邸」や「高級住宅街」というイ...

登記申請費用を節約!新築住宅の登記を自分で行う方法とは?

新築の際、建物や土地にかかる登記はしておかねばなりません。その場合、土地家屋調査士や司法書士...

賃貸でもおしゃれに!窓飾りシートとジェルシールの活用法

賃貸物件に住んでいると、退去時には原状復帰が基本となりますよね。そのため、部屋をおしゃれにし...

音の大きさと距離の関係や性質から生活騒音について考えよう

音の大きさと距離の関係というと、近くの音は大きく聞こえ、遠くの音は小さく聞こえるというのは、皆さ...

農地転用して宅地にしたい!かかる費用の相場はどれくらい?

土地には一つ一つ地目が決められており、所有する土地が「田」や「畑」のような農地とされている方もい...

アパートでの苦情は手紙で伝えることが適切なのか?!

アパートのような共同住宅で生活をしていると、上下左右に住む人の音や話し声、泣き声など気になることが...

義母との同居!生活費は請求する?しない?同居の悩みを解決

義母と同居することになったとき、「生活費をどうすればいいのか迷ってしまう」方が多いのではないでし...

窓にロールスクリーンを設置!寒い?メリットとデメリット

皆さんは、窓にカーテンを設置していますか?目隠しや日除け、遮熱や冷気の遮断の役目を果たす窓に設...

アパートやマンションの駐車場で2台目は借りられるのか

若者の自動車離れがメディアで取り上げられることもありますが、逆に複数台の自動車を保有している家族...

息子夫婦と母親の関係も良好!結婚生活を壊さない二世帯住宅

結婚してから相手の両親と同居となると、気になるのは生活のしやすさです。相手の父親や、最も気に...

六本木ヒルズへのアクセス便利!大江戸線沿線は住みやすい?

六本木ヒルズやその周辺にお勤めの方も多いことでしょう。また、ショッピングモールなどの商業施設もあ...

アパートの駐車場に無断で駐車されたら!?適切な対処法とは

アパートのような集合住宅は、トラブルが発生してしまうことも多いです。駐車場に、まったく知らない...

アパートのギター演奏は騒音になる!?手軽な対策法をご紹介

帰宅後や休日のプライベートな時間には、趣味などに勤しむという方もいますよね。音楽を好む方...

スポンサーリンク

BS対応アパートでの契約はどうする?

アパートやマンションの中で、共同設備としてBSに対応している物件も増えてきました。

BSチャンネルが好きで、もともと見る機会が多いのなら便利ですが、見もしないのに受信料を払わなくてはいけないなんて、嫌だと思う人もいることでしょう。

たいていの場合は、契約前に確認することができますし、物件情報にも記載されています。

よく説明されなかったり、「うちは見ないから払わなくてもいいだろう」と思っていた人もいるでしょう。

しかし、賃貸物件の共同設備として備え付けてあって、BSが視聴できるテレビがあるのなら、受信料を支払う義務は発生してしまいます。

支払っていないと、NHKの営業担当が訪問してくることが多いです。

ただ、アパートやマンションにBS受信設備があっても、衛星契約の受信料を支払わなくてもいいケースはあります。

BS対応マンションで受信料の契約をしなくてもいい場合

アパートやマンションにBS受信設備があっても、地上契約の受信料だけでいい場合に考えられることは、テレビを持っていない、もしくはBSが受信できないテレビを使っている、というケースです。

BSを見ることができないわけですから、当然、受信料は払わなくてもいいことになります。

インターネットさえあれば、テレビが無くても苦にならない人も増えていますよね。

特に若者の場合はテレビ離れが進んでいますから、テレビが必要ない場合も多いことでしょう。

また、BS受信ができないようなテレビも少ないですが、あることにはあります。

国内のメーカーの場合、小型テレビだけのようですが、一人暮らしで「テレビは見れればいい」、という場合は十分です。

ただ、ご家族が多いと小型テレビでは楽しめませんので、やはりBS受信料を支払うことになります。

さらに、テレビ自体に地デジチューナーが無くても、ブルーレイレコーダーなどがBSチューナー内蔵機器なら、衛星契約は避けられません。

BS契約で受信料をお得にする方法!どうせなら楽しんじゃう?

BS対応マンションなどで衛星契約しなければいけないからには、お得に支払っていきたいですよね。

2ヶ月払いよりも年払いの方が少し節約できたり、クレジットカード払いにするとポイントが溜まるかもしれませんので、一度見直してみましょう。

また、せっかく受信料を支払うのですから、BSチャンネルを録画したりして活用するのもおすすめです。

BSには、スポーツやライブなど長時間放送をしている場合が多いですから、録画して暇なときに見たりすると、DVDをレンタルしたりAmazonプライムに申し込む必要も無くなるかもしれません。

ドラマの再放送や、地デジでは放送されない海外ドラマ、アニメや旅番組など、見てみると意外と面白いものです。

スカパー無料開放デー(毎月第一日曜日)には、普段は見れない番組もタダで見ることができます。

気に入った番組が見つかれば、受信料を払うのも苦にならなくなるかもしれませんね。

BSには子供向け番組も充実していますので、お子さんがいる場合にも便利です。

BSが見れないのにマンションに営業が来る!?

もしBS対応だと言われていないアパートやマンションの場合でも、営業担当に衛星契約にするよういわれることもあるようです。

ただ、BS対応だと思って契約しなくても、屋上にBSアンテナが設置されている場合は営業担当が来ても仕方ないと言えるでしょう。

たとえ、ケーブルテレビ経由で地デジしか見ることができず、アンテナが機能していなくてBS入力にしても映らないような場合でも、信じてもらえないこともあります。

忙しい中に営業に来られた場合は、困ってしまいますよね。

セールスマンの勧誘などとは違って、断りにくく居留守を使いにくいのも困りものです。

こうした場合は、見ることができなくても、衛生契約をしなければならないのでしょうか。

BS契約の不安点やトラブル相談ができる窓口

見ることができないのに衛星契約をして高い受信料を払わなければいけないのは、できることなら避けたい事態です。

NHK受信料関係で困った場合は、相談窓口があるのでそこに相談してみましょう。

問い合わせられるのは、「NHKふれあいセンター」というところです。

電話番号は、0570-066-066で、このナビダイヤルにかけられない場合は、050-3786-5000に連絡してみるといいでしょう。

土日祝日も対応していて、受付時間は午前9時から午後10時までです。

ちなみに、メールや手紙、FAXでも問い合わせは可能です。

ここでは、契約の受付や受信料の疑問点などの問い合わせに対応しています。

ここに直接連絡し相談すれば、状況を分かってもらえるかもしれません。

本当に見られない状況だということが分かれば、営業にも連絡がいき、その後はしつこく訪問されたり電話が来たりしなくなります。

もし来た場合でも、「ふれあいセンターにこう言われた」と伝えれば納得してもらえることでしょう。

自分で連絡するのが不安だったり、本当にBS対応じゃないのか不安なら、管理会社や大家さんに相談するのもいいでしょう。

しつこい勧誘に参ってしまうような状況では、そのマンションに住み続けるのも嫌になってしまいます。

そうした、入居者の不安やストレスを解決するための相談窓口になるのも、貸主の役目かもしれません。

BS対応のマンションでBS番組を映す方法

最後に、BS対応のマンションで契約していても、今までBS視聴をしていなかった場合に、BSを見る方法をお伝えしておきます。

機械関係にうとい人でも、簡単に見ることができますよ。

まず、壁のアンテナから出ている同軸ケーブルを見てみましょう。

テレビの「地上デジタル」のところにつながっているケーブルです。

ブルーレイレコーダーにさしてある場合もあります。

それが把握できたら、同軸ケーブルをさしてあったところから抜き、テレビの「BS・110度CSアンテナ入力」に接続してみてください。

そして、リモコンでBSボタンを押して、切り替えます。

BS対応マンションで設備がしっかり機能していれば、これで映ると思います。

そして、より便利に地デジとBS放送両方を楽しみたいのなら、分波器やTV接続ケーブルを使うといいでしょう。

TV接続ケーブルは、DVDレコーダーやブルーレイレコーダーがある場合に役立ちます。

BSの録画も楽しみたい場合は必須アイテムになりますね。

ネット通販で意外と安く購入できますので、活用してみてください。

BS対応アパートで見られるテレビがあるなら受信料は払おう

NHK受診料を「うちはテレビが無いから」といって払わない人も多く、その理由を聞くと思わず納得してしまいそうですが、見ているのなら払いましょう。

多くの人がきちんと払っていますし、財産の差し押さえに至るケースもあるのです。

それがいやなら、BSに対応していない物件を選ぶか、BSを見ることができないテレビを購入したり、テレビ自体を置かないようにするしかないでしょう。