ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

受信料絶対払うの?BS契約対応マンションでの心得・相談窓口

2018.8.24

BSチャンネルを見ていないのに、衛生契約の受信料を支払わなければいけないというのは、納得できないかもしれません。

そんな時は、お住いのアパートやマンションがBS対応だったのか、確認することが必要です。

BS対応マンションでの心得や、受信料をお得に払う方法、見られない場合の対処法などをまとめましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの防音は壁の何が大事?

アパートの隣人の音は、気に障るものです。 アパートの壁の防音対策が大事だということはわかっていても...

トラブルを未然に防ぐ!アパートでの赤ちゃんの泣き声対策

アパートやマンションなどで生活しているご家族の方も多いですよね。 そのときに注意したいのが、赤...

分筆登記の費用はどのくらい?測量から分筆の相場を解説!

1つの土地を分割する「分筆」は、土地の相続や分譲地の整備など、様々な場面で行われています。 し...

セットバックはどんな土地で必要になるの?費用は誰が負担?

土地の購入や住宅の建て替えを検討されているのであれば、「セットバック」について知っておきましょう...

アパートでの子供の生活音が騒音に!?原因や対処法もご紹介

アパートには多くの世代が住んでいるものですが、その中には小さな子供も含まれます。 子供は無邪気...

窓にロールスクリーンを設置!寒い?メリットとデメリット

皆さんは、窓にカーテンを設置していますか? 目隠しや日除け、遮熱や冷気の遮断の役目を果たす窓に設...

アパートの隣人が怖い!アパート選びのコツやトラブル対処法

アパートに住んでいれば、気の合わない隣人や、なんとなく苦手な人と出くわすこともありますよね。 そ...

窓の暑さ対策は簡単に貼れる窓ガラスフィルムがおすすめ!

窓からの直射日光が当たると、お部屋が暑くなってしまいますし、紫外線も気になりますよね。 冬は部...

窓に付けている防犯ブザーが誤作動する!原因と対処法は?

家の防犯は、安心して暮らすためにとても重要なポイントです。 毎年、窓から家の中に侵入され、被害...

窓には電動シャッターが便利!?故障を感じたら行なうこと

新築する際などに、シャッターを窓に取り付けるかどうか悩む方もいるでしょう。 それには、シャッタ...

子どもの安全を守る「窓の転落防止柵」を手作りしてみよう!

小さな子供が、窓から誤って転落してしまう事故が後を絶ちません。 「うちは言い聞かせているから大...

どっちが得?アパートの給湯器の電源は切る派?切らない派?

蛇口からお湯を出すために、水をガスで温めてお湯に変える機械である給湯器。 アパートの台所やお風...

家賃の自動引き落としの手数料はいくら?ufjやみずほを比較

最近では、家賃の支払いを銀行の自動引き落としにしたり、クレジットカードで支払いをする物件が増えて...

窓のガタつきや隙間風は戸車が原因?それ自分で調整出来る!

窓のガタつきや隙間風が気になっていませんか。 その原因は、戸車かもしれません。 窓の下に付い...

アパートの壁に穴を開けてしまった!修理費は支払うの?

アパートなどの賃貸の壁に、うっかり大きな穴を開けてしまった経験をしたことがある人もいるでしょう。 ...

スポンサーリンク

BS対応アパートでの契約はどうする?

アパートやマンションの中で、共同設備としてBSに対応している物件も増えてきました。

BSチャンネルが好きで、もともと見る機会が多いのなら便利ですが、見もしないのに受信料を払わなくてはいけないなんて、嫌だと思う人もいることでしょう。

たいていの場合は、契約前に確認することができますし、物件情報にも記載されています。

よく説明されなかったり、「うちは見ないから払わなくてもいいだろう」と思っていた人もいるでしょう。

しかし、賃貸物件の共同設備として備え付けてあって、BSが視聴できるテレビがあるのなら、受信料を支払う義務は発生してしまいます。

支払っていないと、NHKの営業担当が訪問してくることが多いです。

ただ、アパートやマンションにBS受信設備があっても、衛星契約の受信料を支払わなくてもいいケースはあります。

BS対応マンションで受信料の契約をしなくてもいい場合

アパートやマンションにBS受信設備があっても、地上契約の受信料だけでいい場合に考えられることは、テレビを持っていない、もしくはBSが受信できないテレビを使っている、というケースです。

BSを見ることができないわけですから、当然、受信料は払わなくてもいいことになります。

インターネットさえあれば、テレビが無くても苦にならない人も増えていますよね。

特に若者の場合はテレビ離れが進んでいますから、テレビが必要ない場合も多いことでしょう。

また、BS受信ができないようなテレビも少ないですが、あることにはあります。

国内のメーカーの場合、小型テレビだけのようですが、一人暮らしで「テレビは見れればいい」、という場合は十分です。

ただ、ご家族が多いと小型テレビでは楽しめませんので、やはりBS受信料を支払うことになります。

さらに、テレビ自体に地デジチューナーが無くても、ブルーレイレコーダーなどがBSチューナー内蔵機器なら、衛星契約は避けられません。

BS契約で受信料をお得にする方法!どうせなら楽しんじゃう?

BS対応マンションなどで衛星契約しなければいけないからには、お得に支払っていきたいですよね。

2ヶ月払いよりも年払いの方が少し節約できたり、クレジットカード払いにするとポイントが溜まるかもしれませんので、一度見直してみましょう。

また、せっかく受信料を支払うのですから、BSチャンネルを録画したりして活用するのもおすすめです。

BSには、スポーツやライブなど長時間放送をしている場合が多いですから、録画して暇なときに見たりすると、DVDをレンタルしたりAmazonプライムに申し込む必要も無くなるかもしれません。

ドラマの再放送や、地デジでは放送されない海外ドラマ、アニメや旅番組など、見てみると意外と面白いものです。

スカパー無料開放デー(毎月第一日曜日)には、普段は見れない番組もタダで見ることができます。

気に入った番組が見つかれば、受信料を払うのも苦にならなくなるかもしれませんね。

BSには子供向け番組も充実していますので、お子さんがいる場合にも便利です。

BSが見れないのにマンションに営業が来る!?

もしBS対応だと言われていないアパートやマンションの場合でも、営業担当に衛星契約にするよういわれることもあるようです。

ただ、BS対応だと思って契約しなくても、屋上にBSアンテナが設置されている場合は営業担当が来ても仕方ないと言えるでしょう。

たとえ、ケーブルテレビ経由で地デジしか見ることができず、アンテナが機能していなくてBS入力にしても映らないような場合でも、信じてもらえないこともあります。

忙しい中に営業に来られた場合は、困ってしまいますよね。

セールスマンの勧誘などとは違って、断りにくく居留守を使いにくいのも困りものです。

こうした場合は、見ることができなくても、衛生契約をしなければならないのでしょうか。

BS契約の不安点やトラブル相談ができる窓口

見ることができないのに衛星契約をして高い受信料を払わなければいけないのは、できることなら避けたい事態です。

NHK受信料関係で困った場合は、相談窓口があるのでそこに相談してみましょう。

問い合わせられるのは、「NHKふれあいセンター」というところです。

電話番号は、0570-066-066で、このナビダイヤルにかけられない場合は、050-3786-5000に連絡してみるといいでしょう。

土日祝日も対応していて、受付時間は午前9時から午後10時までです。

ちなみに、メールや手紙、FAXでも問い合わせは可能です。

ここでは、契約の受付や受信料の疑問点などの問い合わせに対応しています。

ここに直接連絡し相談すれば、状況を分かってもらえるかもしれません。

本当に見られない状況だということが分かれば、営業にも連絡がいき、その後はしつこく訪問されたり電話が来たりしなくなります。

もし来た場合でも、「ふれあいセンターにこう言われた」と伝えれば納得してもらえることでしょう。

自分で連絡するのが不安だったり、本当にBS対応じゃないのか不安なら、管理会社や大家さんに相談するのもいいでしょう。

しつこい勧誘に参ってしまうような状況では、そのマンションに住み続けるのも嫌になってしまいます。

そうした、入居者の不安やストレスを解決するための相談窓口になるのも、貸主の役目かもしれません。

BS対応のマンションでBS番組を映す方法

最後に、BS対応のマンションで契約していても、今までBS視聴をしていなかった場合に、BSを見る方法をお伝えしておきます。

機械関係にうとい人でも、簡単に見ることができますよ。

まず、壁のアンテナから出ている同軸ケーブルを見てみましょう。

テレビの「地上デジタル」のところにつながっているケーブルです。

ブルーレイレコーダーにさしてある場合もあります。

それが把握できたら、同軸ケーブルをさしてあったところから抜き、テレビの「BS・110度CSアンテナ入力」に接続してみてください。

そして、リモコンでBSボタンを押して、切り替えます。

BS対応マンションで設備がしっかり機能していれば、これで映ると思います。

そして、より便利に地デジとBS放送両方を楽しみたいのなら、分波器やTV接続ケーブルを使うといいでしょう。

TV接続ケーブルは、DVDレコーダーやブルーレイレコーダーがある場合に役立ちます。

BSの録画も楽しみたい場合は必須アイテムになりますね。

ネット通販で意外と安く購入できますので、活用してみてください。

BS対応アパートで見られるテレビがあるなら受信料は払おう

NHK受診料を「うちはテレビが無いから」といって払わない人も多く、その理由を聞くと思わず納得してしまいそうですが、見ているのなら払いましょう。

多くの人がきちんと払っていますし、財産の差し押さえに至るケースもあるのです。

それがいやなら、BSに対応していない物件を選ぶか、BSを見ることができないテレビを購入したり、テレビ自体を置かないようにするしかないでしょう。

 - アパート, インフラ, 暮らし