株で成功する秘訣とは?エクセルで管理する方法をご紹介!

株式投資で成功している方の多くが、記録をきちんとつけていることを知っていましたか?

「株をはじめてみたけど成功しないな」と感じていれば、まずは記録をつけることからはじめてみませんか?

ここでは、株で成功するための秘訣と、エクセルでの株取引の管理のしかたについてお話をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スプレッドとは?始める前に知っておきたいFXの基本知識!

FXを始める上では、様々な用語やその意味を理解しておく必要があります。その中に「スプレッド」...

金750のネックレスに日本国旗がデザインされている理由は?

突然ですが皆さんは、金のネックレスをお持ちでしょうか?もし持っていたら、どんな刻印がされてい...

外国為替市場において終値とはいつの値段を言うのだろうか

外国為替市場でいうところの終値というのは、具体的にいつの値段を言うのでしょうか。株式市場には...

初めての株投資!株の投資家ブログを参考にしてみよう!

数十年前とは違う預金金利が低い現代、株投資を始めてみようかなと考える方も多いのではないでしょうか。...

世界の金の埋蔵量が、あとプール〇杯分というのは本当なの?

古代の遺跡から、光り輝く金の装飾品が見つかったことがありますね。何千年も輝きを失わない金属、それ...

株で稼ぐ投資家に興味を持つ女性が増加!長く続ける方法は?

最近は、株式投資に興味を持つ女性が増えています。それに伴って、「女性投資家」という言葉も、よく聞...

投資信託のリバランスを丸投げ!ロボアドバイザーツールとは

投資信託では、定期的なリバランスを行うことで、安定したポートフォリオの維持を図ることができます。...

FXで大損しないために!そのリスクと回避方法について知る!

FXは一般的に、危険でギャンブル的な印象が強く、実際に、大損をしている方が多いのも事実です。...

業者で変わる?スプレッドと取引手数料がもたらす利益の違い

FXでは、カタカナやアルファベットの聞きなれない用語が頻繁に出てきます。FXという言葉自体もそ...

その他資本剰余金からの配当!源泉徴収されないのはなぜか?

超低金利時代の今、銀行預金の代わりに株に投資している人も多いのではないでしょうか。売買益の他...

円安とは何?わかりやすく子供向けに解説!

よく「日本は不況」と言われていますが、何故不況が続いているのか一言で説明するのは難しいと思います...

株式投資を10万円から始めるには?経験者のブログで学ぼう!

以前より手軽に始められるようになった株式投資。興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。...

高額の宝くじが当たったら銀行?損をしないお金の使い方!

誰もが一度は見る夢。それは、宝くじの高額当選ではないでしょうか。もし、3億円当たった...

なぜfx初心者は儲からないといわれているのか

「fxで儲かった」という人がいます。しかし、「fxは儲からない」という人もいます。fxを...

歴史から知る為替取引き!24時間動く市場には休みはあるの?

投資にご興味のあるかたは、為替市場に休みがあるのか気になりますよね。いったい、いつが休みにな...

スポンサーリンク

株で成功する秘訣はあるの?

株で成功している方といったら、どのような人たちを想像しますか?

資産がたくさんあるお金持ちの方などを、想像する方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際はサラリーマンや専業主婦といった、ごく一般的な人たちも多く成功を収めているのです。

なぜ、ごく一般的なサラリーマンや専業主婦の方が、株で成功できたのでしょうか。

その理由は、自分の現状をきちんと把握しているからといえます。

株式投資を行うにあたって、以下の3つは把握しておくことが重要です。

・株式投資に使える資金の額
・仕事や家事にかかっている時間
・投資に費やすことができる時間

以上の3つを把握し、限りある資金や時間をうまく使える方が、株式投資でも成功することが可能になるのです。

ですから、株で成功する秘訣の1つは「自分の現状を把握すること」が挙げられますね。

他にも、株取引をエクセルなどを使って家計簿のように記録し管理することも、株で成功する秘訣の1つになるでしょう。

それでは、株取引を記録するにはどのようにすれば良いのでしょう。

株取引するときに記録すべきことは?

株で成功するには、現状把握することも大切ですが、株取引を記録し管理することも大切です。

それでは、どのように管理すれば良いのでしょうか。

ここではまず、株取引を管理するために、何を記録すべきかをお話ししていきます。

株取引でおさえておきたいポイントは5つありますので、この5つは記録しておくと良いでしょう。

①約定した日時

②その銘柄の株を選んだ理由

ポイントは、なぜその銘柄の株価が上昇(もしくは下降)すると思ったかを、具体的に書き残すことです。

「チャートの形状を読み、上昇(もしくは下降)すると予測した」などと、具体的に記録することで、ご自身の投資判断技術の向上にもつながってくるのです。

③ポジションを持った後のシナリオ

ここでの重要なポイントは、自分にとって良い方向へ動いた場合と、悪い方向へ動いた場合の両方のシナリオを考えておくことです。

良いシナリオと悪いシナリオの両方を考慮に入れておけば、予想と反した動きをしたときでも比較的冷静に対応することが可能になります。

④そのポイントで決済した理由

ポジション保有後のシナリオとそのときの裁量を踏まえて、そのポイントで決済した理由も具体的に書き残しておきます。

株は売りが1番難しいともいわれていますので、ここでも具体的に書き残すことで、今後の株取引の参考になり得ますよ。

⑤今回の取引が成功(もしくは失敗)した理由

今回の株取引が成功(もしくは失敗)した理由を記録しておきます。

もちろん、理由は後づけのようなものですが、できるだけ客観的に書いておくことが大切です。

これにより、過去の株取引を振り返ることもできるため、次の取引の参考になりますよね。

また、この記録は自分の財産にもなり得ます。

過去を振り返ることは、自分の変化や成長を計るうえで欠かせないものでしょう。

この記録によって、自分がより成長し、株で成功を勝ち取ることもできるのです。

この記録をつけるうえでオススメの媒体がエクセルです。

次の項で、エクセルがオススメな理由をお伝えします。

株を管理!エクセルがオススメな理由

株で成功するためには、記録し管理することが大切だということをお話ししてきました。

その株取引を記録するソフトとしてオススメなのは、エクセルです。

それではなぜ、株取引を記録するのにエクセルがオススメなのかをここでお話ししていきます。

エクセルで記録するメリットには、2つあります。

1つは「自分が行った株取引を冷静に見ることができること」、もう1つは「蓄積したデータを使って取引傾向を分析することが可能なこと」です。

エクセルの機能により、「平均有日数」「年間損益」「損益率分布」「銘柄別損益」などを、簡単に数式やグラフで作成することができますので、客観的に分析することが可能になるのです。

また、セルごとや行(もしくは列)ごとに色づけすることもできるので、保有している株など色分けによって管理しやすくなります。

現在どの銘柄の株を保有し、どの銘柄の株を売却したかもすぐに把握できるので、エクセルで管理することはとても便利なことなのです。

エクセルで管理を続けるには!

今まで株取引を管理したことがない方からしたら、管理し続けられるか不安に思うことでしょう。

ここでは、エクセルで管理を続けるコツについてお話をしていきましょう。

エクセルで管理を継続させるコツとしては、大ざっぱに記録することです。

先ほど、記録しておきたいポイントとして5つ挙げましたが、はじめて記録する方からしたら難しいことでしょう。

難しくなってしまうと、記録することが面倒になったり嫌になってしまいますよね。

しかし、株で成功するためには、株取引を記録し管理することは重要なことですので、できれば記録をつけたいものです。

ですから、記録をつける習慣を身につけることからはじめていきましょう。

習慣がつくまでは、細かく記録をつけるのではなく、単純に「買値」と「売値」、そして「約定日付」の3つだけを記録することからはじめてみてください。

エクセルであれば、前もって表を作っておけば、あとは数字を入力するだけで記録がつけられます。

このようにして、記録する習慣を身につけていきましょう。

習慣化されてきたら、記録する内容を徐々に増やしていくようにしてみてくださいね。

エクセルでの株取引の管理法!

それではここで、エクセルでどのように管理するのかをご説明していきます。

まずは、管理表を作ることからはじめます。

各セルの設定は以下のとおりです。

・A列「銘柄」:手入力します
・B列「コード」:手入力します
・C列「買付日」:手入力します
・D列「買い値」:手入力します
・E列「売却日」:手入力します
・F列「売り値」:手入力します

・G列「日数」:数式「=E2-C2+1」を入力しておきます
・H列「損益率」:数式「=(F2/D2)-1」を入力しておきます
・I列「損益額」:数式「=F2-D2」を入力しておきます

以上の項目をあらかじめ設定し表にしておけば、あとは株取引をするたびに、数字を手入力すれば記録をつけておくことができます。

数式も設定しておけば、例えば「日数」であれば、売却日と買付日の2つを入力したら、自動で「日数」が表示されます。

さらに、別のシートで記録すべきポイントの内容も書き残しておけば、あとで振り返ることも可能です。

シート見出しを日にちで設定すれば、1ヶ月分の株取引を1つのファイルで作ることもできますので、管理もしやすくなりますね。

ぜひ、エクセルで株取引の記録をつけてみてください。

エクセルが苦手な方はノートで代用!

先ほどまで、エクセルで株取引の管理のしかたをご説明しましたが、なかにはご自宅にパソコンがなかったりする方もいることでしょう。

また、エクセルを使ったことがない方からしたら、かなり難しいことと思います。

そのような方はエクセルではなく、ノートで記録することをはじめてみてはいかがでしょう。

ノートであっても、記録する内容は同じです。

「銘柄」「約定日」「買い値」「売り値」「買い理由」「売り理由」「なぜその銘柄を選んだか」などを、記録していきましょう。

さらに、株取引を行っているときに、気づいたことなどもメモしておくのも良いでしょう。

できれば、チャートなどの指標を印刷して貼りつけておくと、管理もしやすくなります。

株取引を記録し管理することが、株で利益を出し成功するためには重要なことですので、エクセルであってもノートであっても継続できるようにしてくださいね。

管理することは失敗のリスクからも助けてくれる!

株取引の世界では、何度も同じ失敗をする方がたくさんいます。

失敗してしまうとメンタルにもダメージを負いますが、そのようなときに過去の失敗を記録したもので振り返ることで、自らの気づきとなり、また同じ失敗をしないように導いてくれるのです。

つまり、過去の株での失敗が現在の自分を救ってくれることにつながります。

株取引を行うときは、成功するためでなく失敗のリスクから逃れるためにも、記録をつけておくことも忘れずに行ってくださいね。