人生最大の買い物で失敗したくない!大きな金額だから慎重に

人生最大の買い物といえば、もちろん「家」ですよね。

多くの人は、マイホームにあこがれを持っています。

大きな金額を支払うことになりますので、この買い物では失敗をしたくないと思うことでしょう。

今回の記事では、不動産や家の買い物で失敗しない方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築住宅契約後にオプション費用が上がった!その原因とは?

新築住宅を建てることを決め、ハウスメーカーなどと契約するという方もいらっしゃることでしょう。...

株取引で必ず知っておきたい追証!ブログから学ぶ基礎知識!

追証は、信用取引において必ず伴うシステムで、この追証によって退場せざるを得なくなった方が投資ブロ...

簡単に出来る!「NISA口座開設」その手続きと必要書類は?

株式投資や投資信託など、資金を上手に運用して少しでも資産を増やしたいと考えていても、なかなか最初...

アパートのガスコンロがつかない!試すべきことと対処方法

アパートにお住まいの方で、現在ガスコンロの調子が悪い方はいらっしゃいますか。料理をしようとキ...

アパートの給湯器に不具合が起きた場合の交換方法等について

アパート、マンションなどの賃貸物件に何年も住んでいると、大なり小なり設備の故障が起こります。持...

マイホームで後悔しないために!日当たりの良さも重視しよう

せっかく夢のマイホームを手に入れても、入居後に気付く失敗は意外とあるものです。そのような後悔...

賃貸アパートの「1階」と「2階」住むならどちらが良いの?

引っ越しのために賃貸アパートを探している方もいらっしゃることでしょう。部屋探しの際、アパ...

アパートの雨漏りはだれが負担する?保険は適用される?

賃貸アパートのトラブルの一つに、雨漏りがあります。このような雨漏りの修理は、入居者または大家どち...

アパートの給湯器から水漏れした時の修理費は誰の負担に?!

賃貸アパートに住んでいて、給湯器から水漏れが起きてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。修...

修繕積立金には値上げがある!払えないとどうなるの?

都市部では、一戸建てよりもマンションにお住いの方も多いですね。一戸建てよりも安く都心の住宅に...

投資未経験者必見!金ETFを始めるならNISAを活用しよう!

金は「安全資産」とも呼ばれ、貨幣同様に、もしくはそれ以上に「価値があるもの」といわれてきました。...

寮がある高校は関東にいくつある?

自宅のまわりに行きたい高校がどうしてもない場合、寮付きの高校を見つけたら、進学できる高校の選択肢...

不動産投資でのリスクを回避!あるいは軽減させるためには?

例えどんな場合であっても、リスクは回避したいものです。また、回避することができなかったとして...

隣地との境界の壁はどの位置に設置したら?気になる費用は?

新たに住宅を購入するときに、隣地との境界に壁と作ることもあるでしょう。実は、この境界の壁を作る...

NISA口座を複数持つことはできるの?NISA口座の開設ルール!

2014年に始まったNISAは、テレビや広告などを通して広く知れ渡るようになりました。しかし...

スポンサーリンク

不動産や家の買い物は生活の質を向上させるため

多くの人にとって、不動産は人生最大の買い物です。

大きな金額が動くことになりますので、失敗が許されないことがほとんどです。

不動産の買い物で失敗してしまうと、人生設計が大きく狂ってしまうことにもなります。

住宅ローンが支払えなくなってしまうと、せっかく買った住宅を売却しなければならないことになります。

住宅が売却できなければ、破産することもあります。

破産まで行かなくても、住まいを失いローンだけが残る、ということにもなりかねません。

そもそも、不動産や家を買うのは、生活の質を向上させるためです。

しかしそれが結果として、生活を破綻させてしまうのであれば、家を買う意味がありません。

家を買うことは、人生に大きな影響を及ぼします。

人生でいちばん大きな買い物で失敗しないために、どのようなことに気を付ければ良いのかを見ていきましょう。

まずは不動産の金額などを学ぶところから

不動産や家の買い物でまず大切なのは、不動産の相場を知ることです。

便利なツールであるインターネットが普及していますので、不動産売買のポータルサイトなどで土地や住宅の価格について調べましょう。

ポータルサイトでしたら、調べたい地域や希望条件などを簡単に検索することができます。

不動産の相場は、地域によってかなり金額が異なります。

まずはご希望の地域がどのような相場になっているのか調べましょう。

また、新築、中古物件によっても金額が変わってきます。

周辺の不動産売買がどのような相場で取引されているのか、調べておいて大まかな金額を知っておきましょう。

そうしておけば、希望の物件が現れたとき、その物件が高いのか安いのか、判断することができます。

相場を知っておくだけで、交渉にはかなり有利です。

これで、相場以上の高い金額を吹っ掛けられるという失敗を避けることができます。

もう一歩先に進んで、実際に見たい物件が現れると、不動産業者を訪問することになります。

足を運ぶのは面倒と思われるかもしれませんが、希望に合う物件を見つけるためには、いろいろな不動産業者を訪問することも大切です。

その目的は、多くの物件を見て回ることだけではありません。

いちばんの目的は、たくさんの営業担当者と出会うことです。

不動産の営業担当者は、表に出ていない情報にも精通しています。

敏腕の営業担当者であれば、持っている情報量も多いです。

情報が多いということは、希望の物件を紹介してもらえる確率も高いということです。

いろいろな営業担当者と出会い、いろいろな情報を仕入れることが、家を買う際に失敗しない近道なのです。

家の買い物は金額の決め方を失敗しやすい

家や土地の買い物で最も大きな問題は、払える金額を決めること、といえます。

この金額の決め方を失敗すると、幸せなはずのマイホームが、住宅ローン地獄へと変わってしまいます。

先ほどもお伝えしましたが、不動産の買い物で失敗すると、人生が変わってしまうのです。

大げさだと思われるかもしれませんが、金額の決め方を失敗している人は思っているよりも多いのです。

金額を決めることは、意外にも難しいものなのです。

どのような失敗があるのか、見てみましょう。

▽明確な予想図がない

家にこだわりがなく、明確な予想図を持たないと、予算オーバーになりがちです。

こだわりがないのであれば、安く家が出来るのではと思われるかもしれませんが、反対です。

こだわりがないので、営業がおすすめするオプションを、言われるままに付けてしまうケースが多くあります。

「ここにはお金をかける」というポイントがあると、お金をかけるポイントとかけないポイントを明確にしやすくなります。

家の買い物で失敗するパターンはほかにも

家の買い物の失敗パターンはまだあります。

▽諸経費の金額

家や土地の買い物は、ただ単純に家と土地の金額を払えばよいというわけではありません。

実際に、不動産購入にはほかにも諸費用がかかってしまうのです。

手続き料や保険料などです。

頭金を用意しておいても、これらの諸経費で飛んでしまうこともあるのです。

また、新居を買うということは、それに伴って引っ越しや家具の準備も必要になります。

これもある程度の金額かかってしまいます。

見落としがちですが、これらの諸経費は意外と大きな金額になります。

▽金額を落としすぎる

少ない予算に合わせて家を買ってしまうと、失敗につながるケースもあります。

「住宅ローンの金額を、今の家賃の範囲内にする」
「絶対○○万円以内におさめる」

と決めつけすぎるのも危険です。

購入金額や、住宅ローンには満足できるかもしれませんが、快適性が置き去りになってしまうことがあります。

実際に住んでみると、「住環境が悪い」「立地が悪い」などの周辺環境の問題や、「収納が足りない」「間取りが使いにくい」などの居住性の問題が出てくるかもしれません。

これらは、住む前は小さなことに思えるかもしれませんが、毎日のことですので結局は大きなストレスになってしまいます。

これでは、家を買って生活の質が向上したとはいえません。

こういった場合は、予定の金額を少し増やす努力をした方が、満足度の高い買い物ができたかもしれません。

家を買うときの金額を決めることは、簡単なことではありません。

買い物の前に、何のために家を買うのか、じっくり考える必要があります。

金額の決め方で注意するポイント

それでは、金額の決め方で失敗しないために、どのようなことに注意をすれば良いのでしょう。

注意点を3つにまとめました。

▽収入・支出の予定表を作る

不動産や家を購入する計画がある場合には、「収入・支出の予定表」を作りましょう。

ローン完済までの世帯の収入予測と、生活費や教育費、ローン返済額、預貯金の予想金額をひとつの表にしてみます。

これは「キャッシュフロー表」ともいいます。

時間がかかる作業ですが、これを作っておくと、これから支払う金額の目安が付けられるなど、多くのメリットがあります。

これを作ると、お金がかかっているのがどの部分なのか、これからどこにお金がかかるのか、を把握することができます。

また、どこであればお金を削ることができるのか、も見えてきます。

家は大きな買い物です。

なんとかなる、では済まされないこともあります。

「収入・支出の予定表」で、なんとなくしかわからなかった自分の財政状況を確認することができます。

これを使えば、今後の支払いの予定が立てやすくなります。

失敗しないためには準備が大切

続いて、金額の決め方の注意点についてお伝えします。

▽予算を増やす努力をする

支出・収入の予定表を作ったら、家を買うために出せる金額を割り出します。

このとき気を付けるのは、予算を増やす努力をすることです。

現状の支出の中で、どこか見直しできるところがないのか、を考えましょう。

今まで、なんとなく支払ってきたものはないでしょうか。

減らせるものがあるかもしれません。

または、やめてしまっても良いものもあるかもしれません。

特に、通信費、保険料、光熱費などの固定費を見直すと、毎月の支出が大きく減ることもあります。

▽優先順位

不動産や家の買い物は、高い理想を掲げてしまうとキリがありません。

しかし、金額優先で妥協して、満足度が低い家では意味がありません。

「譲れないポイント」を家族で話し合い、明確に決めておきましょう。

例えば「立地」であったり、「間取り」であったり、「広さ」であったり、譲れないポイントは人それぞれです。

「実家への距離」を優先する人もいます。

家族の中でこれらの意見がごちゃごちゃになってしまうと、家を買うときに混乱が生じてしまいます。

まずは、家族の中で何を優先するか、考えを統一しておきましょう。

不動産や家の買い物は、金額の決め方でそのあとの生活が変わってしまいます。

失敗しないためにも、上記でご紹介した方法をぜひ試してみてください。

幸せになるために家を買う

家は、幸せになるために買います。

それが、人を不幸にしてしまっては意味がありません。

人生に失敗はつきものですが、家の購入で失敗すると、大きな代償を払うことにもなりかねません。

慎重し過ぎるくらい、準備と計画を行うようにしましょう。