ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

知って得するマメ知識!動産と不動産との違いとは?

2018.6.8

法律や不動産に関わる仕事をしている人以外は、動産や不動産といった言葉について、詳しく知らない人がほとんどでしょう。

不動産は、よく見かける言葉ですが、動産という言葉もあることをご存知でしょうか。

今回は、動産と不動産とはいったい何なのか、その違いについてお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの契約書は持参がいいのか?それとも郵送がいいか?

アパートの契約書を入居予定者に郵送して、「届いていない」「個人情報の取扱いが不適切だ」と言われてし...

印紙税の納付ミスで過怠税が!これらは損金不算入になるの?

印紙税は基本的には、損金に算入することができる税金です。 しかし印紙税を納付するときには決まり...

簿記で使用する現金過不足勘定は精算表でどう処理するべきか

お店や会社では、日々現金が動いており、それを経理担当者などが管理しています。 しかし、何かの加減...

家賃や更新料の勘定科目は何?大家さんが多く使う科目を紹介

アパートなどの大家さんたちは、毎月仕訳を行います。 入居者から家賃や更新料をもらった際はもちろ...

アパートの騒音はどこまで?ドライヤーの音も苦情の原因に

アパートを所有していて、「ドライヤーの音がうるさくて眠気が覚めてしまう」なんて苦情が来ると、世知...

アパート経営のいろは!新米大家さんは挨拶も大切

「挨拶は大切。」と子供の頃に教わっても、大人になると忘れてしまったり、上手にできないことがありますよ...

アパート経営開始!買うべきは4階建てEVなし階段のみ物件?

アパート経営を始めようと、中古のアパートを購入すると、理不尽なこともたくさんあります。 経営するな...

少額訴訟の費用は相手負担にできる?弁護士に依頼する場合

賃貸経営で様々なトラブルに対処していくためには、法律の知識は必要です。 少額訴訟などで弁護士に依頼...

アパートのエアコンを修理する前に知っておきたい知識

一家に一台はエアコンがあって当たり前の今の時代。 賃貸アパートもエアコンが備え付けられている物...

借主の敷金の精算をしたい!知ってもらいたい仕訳の仕方

あなたがアパートやマンションの貸主の場合、借主が退去する際に、敷金の精算が必要になります。 返...

鉄骨造の柱には耐火被覆を!目的と工法について知ろう!

所有する土地にアパートを建てるときに、その構造次第で柱に施す工法に違いがあります。 もし、鉄骨...

家賃滞納で少額訴訟を起こすと費用はいくらで誰が負担する?

不動産経営では、家賃滞納は大きな問題のひとつです。 できるだけ家賃の滞納は減らしたいものですが、そ...

木造の耐用年数は何年?固定資産税の評価額に関係あるの?

建物や土地を所有していると、毎年固定資産税を納めることになりますね。 固定資産税の税額は、...

【アパート経営の知恵】騒音トラブルで引っ越し費用負担!?

サラリーマンの方でも、融資を受けるなどして、副業として挑戦されていることも多いアパート経営ですが...

経費算出にも必要!不動産の仲介手数料の勘定科目とは?

法人や個人事業主が不動産を購入、賃貸した場合、仲介手数料をはじめ、諸々の費用がかかります。 これら...

スポンサーリンク

不動産とはどういう意味?

資産運用や投資などを行うのであれば、動産と不動産という言葉について、知っておく必要があります。

不動産は、よく耳にしますよね。

町には、必ず不動産屋さんがあり、住宅やアパートの紹介などをしてくれます。

もうひとつ、動産という言葉があることを、知らなかったという人もいると思います。

今回のお話では、動産と不動産の違いについて、みていきましょう。

そもそも不動産とは、どういったものなのか、明確に説明するのは難しいですよね。

たいていの人が思い浮かべるのは、土地と家だと思います。

この不動産という言葉が、どのような定義であるのか、まず知っておきましょう。

不動産は、民法86条において「土地およびその定着物は、不動産とする。」と定義されています。

これがどういう意味なのかと言いますと、不動産とは、動かすことができない財産、ということになります。

そのため、土地や家はもちろん不動産ですし、土地に生えている立ち木も不動産になります。

動産とは?不動産との違い

不動産に対して、動産という言葉があります。

動産とは、つまり、動く財産のことを意味します。

先ほど、民法86条で「土地およびその定着物は、不動産とする。」と出てきましたね。

同じく民法86条で「不動産以外のものは、すべて動産とする。」とあります。

ということは、不動産以外の動かすことのできる財産は、すべて動産ということになります。

例えば、金・宝石・時計・電化製品・家具などは、すべて動産です。

銀行預金や郵便貯金は、動産とは違います。

証書や通帳自体は動産と言えますが、これを払い戻しする権利は、債権になります。

しかし、民法86条に「無記名債権は、動産とみなす。」とあります。

無記名再債権とは、映画のチケットや商品券、乗車券などを指します。

権利者の氏名が証券に書かれておらず、権利の成立・行使・存続が行われるものです。

これらは、ほとんど「もの」と変わりがないため、動産になるのです。

不動産に含まれる意外なもの

不動産と動産の違いは、お分かりいただけたでしょうか。

不動産に含まれているのは、土地や家などの建物だけではありません。

意外なものも、不動産に含まれています。

例えば、船舶です。

船舶は民法上では、土地とその定着物ではないので、動産と言えますよね。

しかし、船舶等については、財産的価値や物件の大きさが、土地や建物などの不動産に匹敵します。

そのため、通常の動産と同じ扱いでは、運用に不具合が生じてしまうことがあります。

こういったことから、20トン以上の船舶は、不動産として扱われているのです。

不動産ですので、土地や建物と同じように、登記しなければなりません。

同じように、航空機も不動産として扱われています。

航空機は、登記という言葉ではなく、登録という言葉が使われます。

これ以外にも、土地があるからこそ成り立っている、鉱業権・漁業権・採掘権・ダム使用権なども、不動産に準じた扱いになります。

そのため、漁業財団や道路交通事業財団、鉄道財団などの財団も、ひとつの不動産とみなされています。

不動産といっても、単純に土地や建物だけではなかったのです。

動産と不動産の法律的な違い

このように、動産と不動産は、その性質に大きな違いがあります。

その大きな違いのひとつが、法律的な取り扱いです。

動産は、基本的に占有によって、所有者となります。

動産の現物を持っている人が所有者、ということです。

しかし、不動産は違います。

不動産は、占有していても、所有することはできません。

登記をしなければ、所有者として認められないのです。

ですから、土地や建物を買ったときは、登記します。

そうしなければ、所有したと言えないからです。

不動産は、ほとんどのものが、簡単に手に入る値段ではありません。

きちんと登記して、所有者を明確にしておかなければ、大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

また、不動産に絡む賃貸借に関しても、細かい規定が定められています。

これは、賃貸物件に住む人の数が多いため、契約のトラブルを防ぐ目的があります。

動産と不動産の違いはあいまいな部分もある

動産と不動産について、なんとなくお分かりになりましたでしょうか。

しかし、先ほどから登場している民法86条ですが、この86条では対処できない事例もあります。

動産なのか不動産なのか、あいまいなケースも出てきます。

例を挙げますと、建物は間違いなく不動産になりますが、建設中の建物はどうでしょう。

どの段階から不動産になるのか、判例が複数あります。

また、通常設置してある機械などは動産ですが、基礎工事で土地に固着してある機械が、不動産になるという判例もあります。

一方で、基礎にボルトなどで固定されただけでは不動産にならない、という判例もあるのです。

さらに、土地についても、不動産に入らないものがあります。

土地に定着している木や石垣は、不動産です。

しかし、土地の中にある鉱物は、不動産には入らないのです。

不動産と動産の違いは、細かく突き詰めると、難しい部分もあります。

土地の売却や、購入をお考えであれば、なおさら慎重になりましょう。

売却が成立した後に、庭に植えてあるケヤキの木を、新しい住まいに持っていくことはできません。

ケヤキの木は、土地の一部としてみなされるからです。

このように、自分では動産と思っていても、不動産であることがあります。

不動産とみなされるようなものは、契約書できちんと定義しておくことが大切です。

動産と不動産、どちらでもある自動車

自動車の扱いについては、動産なのか不動産なのか、判断に迷うことがあると思います。

自動車は、民法86条で考えれば、動産になります。

しかし、実際は動産の扱いとは違います。

不動産に準じた扱いとされています。

自動車は、不動産と同じく登録制度があるためです。

通常、動産の権利の譲渡は、動産自体の引渡になります。

しかし、自動車の譲渡は、自動車自体を引き渡しても、権利の譲渡になりません。

登録原簿への登録をして、はじめて譲渡が成立します。

ほかにも、動産では認められていない、抵当権の設定が認められています。

そのため、不動産に準じた扱いということになるのです。

また、住宅であり車両であるトレーラーハウスは、住居として使えるので、不動産になるのではと思うでしょう。

しかし、これはタイヤが付いていれば、不動産にはなりません。

ですから、建築基準法が適用されず、固定資産税や不動産取得税も掛かりません。

トレーラーハウスは、土地に定置するものであり、定着するものではないからです。

いつでも移動できる状態で、設置し続けるものです。

給排水・ガス・電気を引き込むことができますが、取り外しのできる脱着式を採用する必要があります。

このように、動産であっても、不動産扱いされるものもありますし、不動産のように見えて動産であることもあります。

知っておくと役立つ知識

動産は、一般的に使う言葉ではないので、知らなかった人も多いと思います。

不動産に興味があるのであれば、知っておいて損はないと思いますよ。

不動産というと、土地や建物しか思いつきませんよね。

日常生活の中では、その認識で間違ってはいません。

しかし、庭の木なども不動産に含まれるということなどは、知っておくとトラブルを回避できるかもしれません。

 - ビジネス, 不動産業界, 経営