家をもうひとつ!住宅ローンを二重で組むことは可能なの?

1軒の家を購入することでさえ、人生では大きな決断になります。

家を手に入れる代わりに、長期間の住宅ローンの支払いをすることになるからです。

人生で一度の大きな買い物ですよね。

しかし、人によっては家をもうひとつ買うということもあります。

その場合、住宅ローンを二重で払うことになりますが、これは可能なのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住宅ローンの金利の計算式を知って、返済計画を把握しよう

住宅ローンを組んで新居の購入を考えている場合、毎月いくらの返済で何年かかるか、利息はどのくらいか知り...

所得税を支払う個人事業主は減価償却が強制!なぜ法人と違う

確定申告と言えば、事業をする上で最も大切なことの一つですね。確定申告は個人の事業主と、法...

サイディング選びは重要!ニチハとケイミューどちらを選ぶ?

新築やリフォームをするときに、一番迷うのがサイディングではないでしょうか。なぜなら、家の顔ともい...

いろいろあるオートロックの開け方「暗証番号」はもう古い?

今やマンションにとって、オートロックは標準的な設備となりました。エントランスに、管理者や入居者以...

口座開設のときの印鑑を忘れた!印鑑に関する困ったを解決

銀行で口座を開設するとき、不動産を売買するとき、大切な場面で必ず必要になるのが印鑑です。口座開設...

固定金利の繰り上げ返済をしたい!?違約金はなぜかかるの?

住宅ローンの繰り上げ返済をご検討されている方も多いのではないでしょうか。これは、有効な場合もありま...

修繕積立金には値上げがある!払えないとどうなるの?

都市部では、一戸建てよりもマンションにお住いの方も多いですね。一戸建てよりも安く都心の住宅に...

頭金なしで住宅ローン2500万円を借りたら月々返済はいくら?

住宅ローンを組む場合、頭金にと貯めていた貯金があったとしても、諸費用などであっという間になくなってし...

子供がベッドを足掛かりに転落!すぐに行うべき転落防止対策

幼い子供が高層マンションから転倒してしまう事故が絶えません。原因としては、室内に置かれているベッ...

中古物件を住宅ローンで購入!審査の流れを押さえておこう!

近年は、新築にこだわらずに中古物件を選ぶ人も増えています。中古物件の購入にも住宅ローンを使う...

初めての支払調書!その種類と不動産の支払調書の書き方

源泉徴収に関わる手続きは、必要事項を書くだけなのですが、後回しにしてギリギリになってしまうと大変です...

ビルの窓に付いている逆三角の赤いマークは何を意味するの?

ビルなどを見ていると、高い位置にある窓に「逆三角形の赤いマーク」が貼られていることがあります。...

確定申告で登記事項証明書が必要な時とは?申告期限はある?

毎年必ず訪れる確定申告の時期。この確定申告を行う際、「登記事項証明書」という書類が必要になる...

為替証書を郵便局で換金する方法!どんなことに注意が必要?

オークション後の取引きやキャンペーン当選の際には、郵便局(ゆうちょ銀行)の為替証書を使って金銭のやり...

為替とは何か本当の意味知ってる?子供にもわかりやすく解説

「為替」という言葉、どなたも聞いたことがあるでしょう。しかし、実際にどのような意味かご存知ですか...

スポンサーリンク

二重の住宅ローンは可能?

住宅の購入は、ほとんどの人にとって一生に一度のことです。

したがって、通常、住宅ローンを組むのも一生に一度のことです。

しかし、さまざまな事情で、もうひとつ家を持つこともあります。

もうひとつの家を購入するので、もうひとつ住宅ローンを組むことになります。

住宅ローンを二重に組むことを、ダブルローン(二重借り入れ)といいます。

ひとつの住宅ローンを組むことも大変なことですが、それを二重に組むことは可能なのでしょうか。

答えは、可能です。

条件はありますが、絶対に出来ないというわけではありません。

人生では、いろいろなことが起こります。

例えば、住宅ローンを組んで購入した住宅を売却して、新しい住宅を購入するという場合です。

売却する住宅が、ローンの残債よりも高い値段で売れれば問題はありませんが、ほとんどの場合そうは行きません。

ローンの残債があると、抵当権を消すことができないため、住宅を売却をすることができないのです。

そのようなときに、ダブルローンが必要になります。

ダブルローンは、残債のある住宅ローンをそのまま残し、新たなローンを組むということになります。

現在の家の売却が成立するまで、二重のローンになりますが、売却が成立すれば大きな負担になることはないでしょう。

住宅の売却と購入のタイミングを合わせる必要がなくなるため、気に入った物件を自分のペースで選ぶことができます。

セカンドハウスでも可能なの?

前項のようなケース以外にも、ダブルローンを組むケースがあります。

セカンドハウスです。

例えば、週末を過ごす郊外の家が欲しい、便利な都心にマンションを購入したい、というときです。

このような場合にも、すでに自宅の住宅ローンを組んでいる状態で、二重で住宅ローンを組む必要があります。

しかし、そもそも一般的な住宅ローンは、本人が居住する家を購入するためのローンです。

本人が住むためであることを前提として、金利が安く設定されています。

そのため、多くの金融機関では、ひと世帯にひとつのローンが原則となっています。

それではこのケースでも、住宅ローンを新たに組むことは可能なのでしょうか。

答えは、こちらも可能です。

セカンドハウスローンや親族居住用住宅ローンなどの商品を取り扱っている金融機関があります。

このようなケースでも、条件を満たせば、二重でローンを組むことは可能なのです。

次の項では、その条件に付いて具体的にお話します。

住宅ローンを二重で借りるための条件①

それでは、住宅ローンを二重で借りるために必要な条件についてお話します。

まずは、「返済能力があること」です。

これは、一般の住宅ローンと同様です。

すでに借り入れている住宅ローン+新たな住宅ローンになりますので、返済が可能かどうかは厳しく審査されます。

現在の住宅ローンの返済額が8万円だとします。

新たな住宅ローンの返済額が10万円とすると、月の返済額は18万円です。

返済額は年間で216万円です。

これが、年収の35%以下であれば、ダブルローンを組むことが可能です。

この審査は金融機関によって多少違いがありますので、確認が必要です。

例えばフラット35では、返済比率が、

・年収400万円未満は30%以下
・年収400万円以上は35%以下

という基準が設定されています。

年収が500万円であれば、年間の返済額の上限が175万円ということになります。

ただ、注意が必要なのは、この返済比率には住宅ローン以外の借り入れも含まれているということです。

自動車ローンなどがある場合は、借入可能額がその分低くなります。

住宅ローンを二重で借りるための条件②

続いて、二重に住宅ローンを組む条件は、「投資用ではないこと」です。

セカンドハウスローンや親族居住用住宅ローンは、本人やその親族が居住することが融資の条件です。

投資目的で購入する物件に利用することは不可能です。

例えば、賃貸にするために購入するマンションなどにはこの住宅ローンは使えません。

近年、投資として賃貸物件を所有する人が増えています。

しかし、不動産投資目的の場合、金利が高い不動産投資用のローンを組む必要があります。

不動産投資目的の人が、金利を抑えるためにこの住宅ローンでマンションを購入し、いったん住んだあと別の人に貸し出したとします。

そのようにすれば、バレないのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、そのことが発覚すると、金融機関に一括返済を求められることになります。

住宅ローンを組む際は、虚偽の報告をしないことが、ご自身のためといえます。

買い替え時の住宅ローンの注意点

住宅を買い替えする場合のダブルローンには、注意点があります。

二重のローンを組んで、新たな住宅を購入し、売却予定の住宅が売却できていない場合です。

このとき、二重の住宅ローンを支払う事になります。

単純に考えても、今まで支払っていたローンを2倍支払う事になります。

これは、住宅が売却できるまで支払い続けなければなりません。

これが困難になると、安くても早く売却したいという気持ちになってしまいます。

それによって、思わぬ安値で売却してしまうことにもなります。

となると計画が狂い、完済できると思っていた住宅ローンが残ってしまうという結果になります。

また、売却予定の住宅がマンションの場合、値引きを打診されることが多くあります。

マンションを希望額で売却できることは稀です。

値引きによって、住宅ローンを完済することが不可能になるといったことも考えられます

ダブルローンは、そのような事態になったことも考えて組む必要があります。

セカンドハウスはぜいたく品!控除は不可能!

セカンドハウスローンを組む場合にも、注意点があります。

それは、金利の設定が高くなっていることです。

先ほどもお話した通り、通常住宅ローンとは、本人が居住するための住宅のためのものです。

そのため、金利が低く設定されているのです。

しかし、セカンドハウスはそうではありません。

居住のための住宅でないため、ぜいたく品とみなされて金利が高く設定されているのです。

金利が気になるようでしたら、先ほども出てきた「フラット35」がおすすめです。

フラット35は、住宅ローンと同じ金利で借りることが可能です。

さらに、全期間固定金利のため、返済額が金利に左右されません。

フラット35の借入限度額は8000万円ですので、借入金額がこれ以下でしたら、セカンドハウスローンとしてフラット35を選択肢に入れても良いですね。

さらにもうひとつ、注意点があります。

住宅ローン控除です。

二重の住宅ローンの場合でも、住宅ローン控除を受けることは可能なのでしょうか。

これの答えは、不可能です。

住宅ローン控除は、簡単にいうと「本人が住んでいること」で毎年控除することが可能になります。

居住が目的でないセカンドハウスは対象外です。

ローンを二重に組む場合は慎重に

二重の住宅ローンには、それなりのリスクもあります。

特に、セカンドハウスローンを組む際は慎重に検討することが求められます。

返済の負担、目的や利用価値などさまざまなことを考慮し、絶対必要だと確信した場合にのみ購入すると良いでしょう。