ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

畳の上にフローリングマットは危険?カビ対策おすすめ5選!

2018.5.19

畳をフローリングに変えたいとは思うけど、工事を考えると、費用と時間が掛かりますよね。

そんなときは、フローリングマットが便利なうえに、安価なのでおすすめです。

畳の上にフローリングマットを敷くだけで、古びた室内が、一瞬で洋風へと変貌します。

ですが、カビやダニの危険性を十分に認識してから、設置することをおすすめします。

このカビ・ダニ対策を読んで、快適なフローリングライフを送りましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓の結露対策をしよう!結露防止に便利な100均グッズとは?

寒い時期になると、部屋の窓ガラスに結露がたくさんついてしまったという経験はありませんか。 結露...

エアコンの室外機の役割は?水が出る原因と対処法

暑い夏や寒い冬に大活躍してくれるエアコンは、私たちの生活に欠かせない家電製品の一つです。 エアコン...

いろいろあるオートロックの開け方「暗証番号」はもう古い?

今やマンションにとって、オートロックは標準的な設備となりました。 エントランスに、管理者や入居者以...

窓からの転落防止に自分で取り付けられるお勧めDIYグッズ!

小さい子どもがいると、窓からの転落事故は怖いですね。 特に団地やアパート、マンションの上階...

窓のクレセント錠が開かなくなった場合の開け方と防犯対策

皆さんのお宅の部屋の窓には、どのような鍵が付いているでしょうか。 恐らく、ほとんどのお宅にクレセ...

住所の正式な書き方は?マンションで住所を表す方法について

あなたは普段の生活の中で、「正式な住所」を意識したことはありますか。 中でも、マンションに住んでい...

マンションの火災報知器は点検しないといけない!?

管理会社目線で、今回は皆さんの周りに必ずある、火災報知器についてご紹介します。 マンションの火災報...

ベランダに洗濯機を置く場合の排水の方法をご紹介

ベランダに洗濯機を置いたことがある人は経験したこともあるかと思いますが、意外にトラブルが多いのは洗濯...

冷暖房効率を上げたい人必見!窓に正しい断熱対策をしよう!

どんな住宅にも窓はありますよね。 窓は室内に熱を取り入れたり、放出したりと、重要な役割を担って...

窓を開けて網戸にしているのに虫が!入ってくる原因は何?

風が気持ち良い日に、窓を開けて過ごすこともありますよね。 そんなとき、蚊などの虫が部屋に入りこ...

窓サッシレールやゴムパッキンにカビが!カビとり方法と対策

窓サッシのレールやゴムパッキンにカビが生えると、健康被害が出てしまう可能性があります。 そのた...

窓のアクセントにシールを貼ろう!人気はステンドグラス風!

殺風景に感じやすい窓。 シールを貼って、おしゃれな窓にしてみませんか? 人気があるのは「ステ...

窓にシャッターをつけると防音や防犯対策になる?

毎日生活していると、窓の外から聞こえてくる騒音が気になることがあるでしょう。 反対に、自分の家...

窓の汚れを一掃!油膜や網戸の汚れの取り方

窓掃除は暮れの大掃除などのタイミングでするという方が大多数でしょう。 しかし、始めてみるとガラス...

不快!窓を開閉する度に音がキーとなる原因とその対処法とは

窓を開閉する度に、キーと不快な音がすることがあります。 そうすると、その音を聞きたくないがため...

スポンサーリンク

フローリングマットを敷く前にまずは正しい知識を

まずは、フローリングマットを敷く前に、その使用方法を学ぶ必要があります。

と言っても、ただ畳の上に敷くだけですから、難しいことではありません。

本当に注意しなければならないのは、カビやダニです。

なぜ、フローリングマットを敷くだけなのに、カビやダニの話になるのでしょうか。
それは、畳の上という条件があるからです。

畳というのは、元々カビやダニの温床になりやすい構造をしています。

細かな目と厚みのある畳の奥深くには、カビとダニが隠れる場所が豊富ですから、一度発生してしまうと、駆除は難しいです。

強力な吸引力の掃除機でも、畳の奥深くに隠れているダニを吸い尽くすことは、極めて困難と言えます。

カビやダニが増殖する条件としては、高温多湿です。
わたし達が住むこの日本は、カビやダニにとっては、とても過ごしやすい場所ということになります。

さらに、ダニはアレルゲン物質でもあります。
小さな子供がいたり、喘息持ちの方には、悪い影響を与える可能性も考えられますので、注意したいところです。

ただ、注意ばかりではフローリングマットを敷くことができなくなってしまいますので、ここからは、その対策をお伝えします。

フローリングマットを設置するには時期がある

意気揚々とフローリングマットを購入して、何も考えずに敷くのは良くありません。

前述したとおり、カビ・ダニの脅威から、ご自身や家族守るためにも、しっかり対策をしていきましょう。

最初に考えるのは、時期です。

フローリングマットを畳の上に敷くだけなんだから、いつでもいいだろうと思われがちですが、カビ・ダニが好む環境を避けて設置すれば、安全性は増すことになります。

具体的には、温度が20~30℃、湿度が60~80%で、爆発的に繁殖するというデータがあります。
この条件に合う季節と言えば、梅雨ということになります。

梅雨は、じめじめとした高温多湿という言葉が、まさにぴったりの嫌な時期です。

それは同時に、カビ・ダニが活発になる時期とも言えますから、このタイミングに、わざわざフローリングマットを敷くのは好ましくないでしょう。

それでは、設置には、どの時期が良いのでしょうか。

気温も低く乾燥している冬は、カビ・ダニが嫌う条件を見事に備えています。

畳の上に敷くことによって、多少の防寒対策にもなりますから、おすすめではあります。

しかし、冬の時期は結露が発生しやすいので、そこだけは要注意です。

では、他の時期はどうでしょうか。

条件を考えると、お住いの地域によって違うと思いますが、10月~5月くらいまでが、接地時期としては良さそうです。

畳の上にフローリングマットを直接敷くのはNG

フローリングマットを、実際に敷くときの注意点を考えていきましょう。

気をつける点は、フローリングマットを直接、畳の上に敷いてはいけないということです。
畳は細かい繊維が折り重なっているので、空気が抜けるようになっています。

それをフローリングマットで蓋をするということは、空気の抜けを悪くする、つまり蒸れや湿気を発生させることになります。

これでは、すぐにでも、カビ・ダニの温床になることでしょう。

まずは、畳をタオルなどで、畳目に沿って乾拭きをします。

ほうきでの掃き掃除でも大丈夫ですが、畳を傷つけないように注意しましょう。

後はフローリングマットを敷くだけですが、その前にダニよけシートを畳の上に、吸湿シートを畳の下に敷きます。

それぞれ、カビ・ダニ対策としてはマストアイテムで、ホームセンターなどにも売ってますので、簡単に手に入ります。

フローリングマットのついでに、一緒に購入しておくと良いでしょう。

ここで注意したいのは、シートには使用期限ありますので、ときどき新しいものと交換する必要があります。

ここまでできたら、ようやくフローリングマットを敷きます。

フローリングマットは絨毯系のものよりも、ウッド系のものを強くおすすめします。

絨毯系はダニが発生しやすく、ウッド系はダニの発生が少ないためです。

せっかくカビ・ダニ対策をしても、マットでダニが発生してしまえば、全て台無しになってしまいますので、気をつけましょう。

畳にカビ・ダニの発生を未然に防ぐ方法

そもそも、畳にカビやダニが発生していなければ、ここまで難しい話にならないのでは?と思われるかもしれません。

高温多湿の日本では、カビ・ダニの発生を100%防ぐことは、ほぼ不可能と言われています。

ですが、爆発的な繁殖を未然に防いで、人体に影響を少なくするということは可能です。

その方法とは、掃除です。

カビ・ダニのエサとなるのはフケや垢、食べカスなども好んで食べます。

畳は目の細かい穴があいてますので、これらの物質が入り込みやすくできており、人間がカビ・ダニにエサを与えているような状況になってしまいます。

それを防ぐためにも、掃除が絶対不可欠なのです。

フローリングマットを敷いた後であれば、掃除機をかけるだけで効果はありますが、畳の掃除は少し手間が掛かります。

固く絞った雑巾で畳の目に沿って拭き掃除、お茶の葉を乾燥させたものを畳の上にばら撒いて、ほうきで掃き掃除と、現代人にはあまり馴染みのない掃除ですね。

さらに重要なのは、これをこまめに繰り返す必要があるということです。

掃除機でも可能ですが、畳の目に沿って傷つけないように掃除機を持って、力をかけずに行います。

お掃除ロボもできないことはないのですが、畳の目など一切気にしないので、畳が傷ついてしまうでしょうからおすすめしません。

どの方法でも、掃除は重要なカビ・ダニ対策なので、しっかり行いたいものです。

カビ・ダニ対策には畳のメンテナンスが重要!

掃除の他にも、もうひとつ重要なカビ・ダニ対策があります。

それは、畳のメンテナンスです。

畳のメンテナンスと言われても、いまいちピンとこないかもしれませんが、これをやるとやらないのでは、畳の保ちが違います。

掃除同様、しっかりやっていきましょう。

まずは、畳干しです。

畳干しとは、畳を起こして日陰干しすることを言います。

日光に直接当てると畳が日焼けしてしまうので、日陰干しをしてください。

風通しの良い外で畳を干すことによって、カビ・ダニ退治にも効果があります。

そのため、最低でも、1年に1回はやっておきたいですね。

特に、梅雨明けなどは必須と言えます。

畳を起こす際は、マイナスドライバーを隙間に挿して起こすと、簡単に起きます。

畳を傷つけないように、接地面の間に、タオルなどの柔らかいものを挟むと良いでしょう。

そして、同時に行いたいのが、換気です。

窓を空けて扇風機を回すと効果的ですし、除湿機を使うのも選択肢のひとつです。

フローリングマットを敷いてしまったからといって、これらのメンテナンスをサボると、そのマットの下は恐ろしいことになってしまいますので、忘れないようにしたいですね。

カビ・ダニがもし発生してしまったら?

ここまで、カビ・ダニ対策を5つほど考えてきましたが、それでも発生してしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

畳には薬品が使えませんので、シンプルに言えば、ものすごく丁寧に掃除をするくらいしか、対処方法がありません。

ダニは目に見えないので、カビが生えてしまった場合です。

まずは、畳目に沿って、掃除機でカビを吸い取ります。

そして、タオルで乾拭き、これを1セットにして、3~4回ほど繰り返します。

カビは人間の目には見えない胞子を飛ばしているので、これ以上繁殖しないように、できるだけ天気の良い日を選んで、外で作業を行うと良いでしょう。

どうしようもないくらい畳が、赤や青や黒のカビで埋め尽くされてしまった場合は、打つ手なしでお手上げになりますから、畳替えも視野に入れる必要があります。

畳によってはカビにくいものや、ダニが発生しにくいというものもありますので、それらを用意してから、新しい気持ちでフローリングマットを設置しましょう。

これ以上ない、清潔なフローリングライフをスタートさせることができるはずです。

フローリングマットも良いけどやっぱり畳が良い

フローリングマットは、確かに手軽で便利ですが、畳には畳の良さがあります。

カビやダニという問題は、面倒くさいかもしれません。
ですが、畳の柔らかさ、い草の香りは、無機質なマットでは味わうことができません。

古き良き文化が失われつつある現代だからこそ、畳の良さを見直してみてはいかがでしょうか。

 - マンション, 住まい, 掃除