ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

賃貸アパートを経営したい!建物を建てる費用はどのくらい?

2018.4.29

アパートなどの経営で家賃収入を望んでいるのであれば、まず建物自体が必要です。

土地は所有しているのか。
建物は新築で建てるのか、中古なのか。

新築でアパートを建てる費用は、どのくらい必要なのかなどをお話しします。

アパート経営をお考えの方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓からの冷気をシャットアウト!ダンボールで節約防寒対策!

寒い時期には窓を閉めていても、室内は冷気で満ちてしまいます。 その原因の多くが窓になりますので...

アパートの自分の駐車場に無断駐車をされた!正しい対応は?

毎月の家賃と一緒に、アパートの駐車場料金を支払い、使用している方は多いと思います。 そんな...

木造などの構造で変わる!?賃貸アパート等の壁の厚さの違い

賃貸物件を検討している場合、気になるポイントの一つには「防音性」もあるのではないでしょうか。 ...

会社の株主に関する情報の調べ方にはどのような方法があるか

新規の取引先と取引を開始するようなとき、その会社の信用調査などをするかと思います。 その際、経営...

空室が続いているのはアパートの駐車場が狭いことが原因?!

アパートなどの賃貸物件に入居を決めるポイントは、家賃や部屋の雰囲気だけではありません。 車を所有し...

雷が落ちたら家はどうなる?知っているようで知らない雷対策

ゴロゴロと轟音を轟かせる雷。 雷の音や光が苦手という人は、少なくありません。 しかし、本当に怖い...

家賃と管理費・共益費の違いとは?仕訳はどうなるか?

家賃については理解していても、管理費と共益費の違いについては知らない人もいるのではないでしょうか。...

窓をDIYしよう!簡単な窓枠の作り方とそのポイントとは?

賃貸住宅や一戸建てのお宅でも「窓の雰囲気を変えたいな」と思うことはありませんか。 ですが、なか...

アパートに郵便ポストを設置したい!どんなものがあるの?

アパートなどの集合住宅では、たくさんの郵便ポストが必要になります。 これから設置しようと考えている...

賃貸経営で必須!家賃収入の仕訳や管理費等の勘定科目を解説

アパートなどの家賃で収入を得ている大家さんたちも、2月になれば確定申告をしなくてはなりません。 ...

軽量鉄骨造は遮音性が低い?音対策するには何が有効か?

一般的な建物の構造と言えば、「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」が主な種類です。 木造と鉄...

印紙税の納付ミスで過怠税が!これらは損金不算入になるの?

印紙税は基本的には、損金に算入することができる税金です。 しかし印紙税を納付するときには決まり...

アパートの更新料が高い!賃貸物件に更新料はなぜ必要なの?

アパートに住んでいる方はご存知かと思いますが、賃貸住宅は2年に1度、更新手続きをとらなければなり...

窓の防犯対策は重要!夜開けたまま寝たいときはどうすれば?

夏が近づいてくると夜でも気温が高い日もありますね。 昼間はつけていても、寝るときまでエアコンを...

人生最大の買い物で失敗したくない!大きな金額だから慎重に

人生最大の買い物といえば、もちろん「家」ですよね。 多くの人は、マイホームにあこがれを持っています...

スポンサーリンク

アパートを建てる土地選び

まず、アパートの経営をするには、建物を建てる場所があるかどうかです。

ご自身が土地を所有していない場合は、土地物件を探し、購入することから始まります。

土地の費用は、地域や何坪かで大きく変わりますが、「どのくらいの敷地があれば、アパートが建てられるのか」疑問ですよね。

30坪ない小さな敷地やコの字型のような変形敷地でも、どのような敷地であっても、きちんとしたプランさえあれば、アパートを建てることは可能です。

ただし、建設において、建築基準法というルールがあります。

【接道義務】

都市計画が決定されていない区域を除き、建築物の敷地は、建築基準法上の道路に2m以上接する義務があります。

道路幅が4mを満たさないケースは、道路の中心から2m後退したところが敷地になります。
これを「セットバック」と言います。

●建ぺい率と容積率

建ぺい率とは、敷地面積に対して、建築面積はどのくらいの大きさなのかということです。

容積率とは、敷地面積に対して、建築の延床面積(階数の合計)で、建ぺい率と容積率は大きく影響してきます。

割合ですが、用途地域や接している道路の状況で変わり、建ぺい率は30~80%、容積率も50~1300%と、かなり開きが生じます。

アパート周辺の環境を調べてから建てる

建築基準法をクリアしても、アパート経営を成功させなくてはなりませんよね。

成功の近道になる、アパート経営のポイントがあります。

それは、ニーズがあるかどうかです。
現在、日本では、人口の減少が問題視されています。

土地が見つかりプラン通りのアパートを建てることができたとしても、入居者が集まらなければ、家賃収入は見込めず、経営は行き詰まっていくばかりです。

人口減少と言いましたが、大都市圏に目を向けてみると、まだまだ人口は増えています。

単身者向けにするのか、ファミリー向けにするのか、立地の環境をチェックして、プランを考えてみましょう。

学校は近いか、最寄の駅まで距離はどのくらいなのか、スーパー・コンビニ・大きな公園などは近所かを、事前に調査してみましょう。

立地環境から入居者のニーズを判断して計画を立てれば、アパート経営の安定化を図ることができます。

次では、アパートを建てるための費用について、お話します。

賃貸アパート建築費用に工事は含まれるのか

周辺環境やニーズを考えたうえで、土地が決まったら、アパートを建てます。

アパートを建てるために必要になる、費用を見てみましょう。

・建物本体
・外構などの付帯工事
・各種申請手続き費用
・各種税金

などです。

こうした費用は、敷地条件や建物の構造や工法、設備のグレードや規模、間取りのタイプによって変わってきます。

また、賃貸アパート建築費用については、定義が曖昧です。

どこまでが賃貸アパート建築費用に含まれるのかは、実際のところ、建設業者によって異なる場合があります。

そのため、見積書を提示してもらったら、どこまでの工事が料金に含まれるのかを確認しましょう。

いくつかの建設業者に見積もりを依頼して比較すると、同じプランでも、掛かってくる費用に差が出るかもしれません。

賃貸アパートなどの建築費用を表示する単位は、「坪単価」になります。

1坪あたりの建築費用を表示すると比較しやすいので、こうした単位が統一されています。

床面積が何坪になるのかは、設計段階で分かります。
その坪数を元に計算してみると、アパートを建てる全体像が見えてきます。

構造によって坪単価が変わるため掛かってくる費用も変わる

建物を建てる構造は、ひとつだけではありません。

木造・軽量鉄骨・RC造(鉄筋コンクリート)と、大きく分けて、この3パターンがあります。
そして、どの構造を選ぶかで、先ほどお話した「坪単価」の相場が変わってきます。

☆木造(2~3階建て) 50万円前後/坪

☆軽量鉄骨(2~4階建て) 50~70万円

☆RC造(主にマンション) 70~100万円

木造→軽量鉄骨→RC造の順番に強度が高くなるので、建築費用も高くなります。

一般的賃貸なアパートであれば、4~6戸規模の木造構造が多く、坪単価50万円前後で建設していることになります。

例えば、土地の広さが40坪程度、戸数が6戸、建ぺい率80%の2階建ての木造アパートを建てるとします。

計算方式は、次の通りです。

【敷地面積×建ぺい率×階数×坪単価=賃貸アパート建築費用】

この計算式を、坪単価を50万円として、当てはめて見てみましょう。

40(坪)×80(%)×2(階)×50(坪単価)=3200(万円)が、アパート建築費用の概算となります。

建物を建てる前に計算してみよう

先ほどお話した坪単価50万円、建ぺい率80%の木造アパートを例に、賃貸アパート建築費用を、坪別・階数別にまとめてみます。

【木造】
・50坪 2階建て 4000万円 3階建て 6000万円
・80坪 2階建て 6400万円 3階建て 9600万円
・100坪 2階建て 8000万円 3階建て 1億2000万円

坪単価60万円と仮定した、建ぺい率80%の鉄骨造の賃貸アパート建築費用も、坪別・階数別も見てみましょう。

【鉄骨造】
・50坪 2階建て 4800万円 3階建て 7200万円 5階建て 1億2000万円
・80坪 2階建て 7680万円 3階建て 1億1520万円 5階建て 1億9200万円
・100坪 2階建て 9600万円 3階建て 1億4400万円 5階建て 2億4000万円

一番強度のあるRC造は、主にマンション向けではありますが、アパート経営の他にマンション経営をお考えの方は、参考になさってみてください。

坪単価80万円、建ぺい率80%のRC造のマンション建築費用と仮定します。

【RC造】
・50坪 5階建て 1億6000万円 8階建て 2億5600万円
・80坪 5階建て 2億5600万円 8階建て 4億960万円
・100坪 5階建て 3億2000万円 8階建て 5億1200万円

これらの一覧は、仮定にすぎません。

【敷地面積×建ぺい率×階数×坪単価=賃貸アパート建築費用】の計算式を元に、どのくらいの費用が掛かるのかを、建物を建てる前に計算してみてください。

建設費用を抑えるポイント

マンション建設と比べると、アパート建設のほうが安いですが、千万円規模になります。

できることなら、少しでも費用を抑えたいとお考えになるのは、自然なことです。

最後に、アパート建築費用を、少しでも抑えるためのポイントを、お話します。

☆建築費用に中間マージンが含まれていないかどうか

アパートの建設工事は、どなたがやるのかを確認しましょう。

大手のハウスメーカーや、建設会社に依頼したとしても、実際に工事を行うのは、別の工務店の場合があります。

この場合、中間マージンが発生します。
中間マージンを抑えるために、工務店と直接やり取りをすれば、コスト削減ができます。

☆シンプルな形状

こだわって建てるのも、もちろん素敵です。

しかし、費用を抑える場合は真四角に近い形の建物のほうが、設計も工事も材料もシンプルになるので、費用を抑えられます。

また、建築業者によっては、構造やデザインを規格化して大量生産し、低コストで請け負うところもあります。

抑えられる費用を見直ししたり、確認することは大切なのですが、何でも低コストで建てることはおすすめしません。

なぜかというと、初期費用を抑えすぎた場合は時間の経過とともに、劣化が目立つようになります。

建築において費用をかけた分、長持ちであることも、視野に入れてみてください。

数十年も所有して経営し続け、老後の収入をお考えであれば、それ相応の費用を掛ける必要があります。

短期間で収入を得て売却するのか、長く経営するのかなども踏まえて、初期費用を考えてみましょう。

スタートが肝心

アパートの経営をお考えになったら、まずニーズのある土地選びから、はじめてみましょう。

坪単価は、地域によって違いがありますので、単価も視野に入れて決めましょう。

ベストな土地が見つかったら、建物の構造を決め、具体的にどのくらいの費用が掛かるのかを、数字にしてみるといいでしょう。

何事にも、はじめが肝心です。

ご自身の納得のいくアパートを建ててください。

 - アパート, 住宅, 経営