ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパート経営への道。一棟の建築費をどのように決めるか

2018.4.18

アパート経営は、資産運用のひとつとして、人気を集めています。

しかし、アパート経営するためには、建物が必要ですよね。

アパートを一棟建てるためには、建築費についてどのように考え、どのように決めれば良いのでしょうか。

アパートの建築費や、融資についてお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの住所の部屋番号が記載されて無くても荷物は届く?

携帯から誰でも簡単に、私物を売り買いできる時代になりました。 そうなると荷物を送る機会も、送っ...

アパートの照明切れは誰が負担する?led電球に交換できる?

アパートに住んでいると、突然照明が切れてしまうことありますよね。 その場合、借り主が交換を自ら行...

アパートの一階に女性が一人暮らしをするときの注意点とは?

これから一人暮らしを始めるために、アパートを探しているという女性もいるのではないでしょうか。 多...

窓のDIYはお洒落な防寒対策!賃貸にもOKなアイデアをご紹介

「冷気は窓から」なんていわれるように、寒い室内は窓が原因とされています。 アパートなどの賃貸物...

マンションの火災報知器は点検しないといけない!?

管理会社目線で、今回は皆さんの周りに必ずある、火災報知器についてご紹介します。 マンションの火災報...

リノベOK賃貸物件で内装を変えてみよう!天井の塗装方法は?

多くの賃貸物件では、勝手に部屋の内装をリノベーションすることはできません。 しかし、最近で...

アパートでの隣人トラブルはどうしたら避けられる?

アパートに住んでいると、思いもよらないことで隣人トラブルに巻き込まれることがあります。 こちら...

東京・町屋の特徴とマンションの賃貸情報

町屋は東京都荒川区に位置している町です。 東京のなかでも下町の雰囲気をもつ町屋ですが、その町屋...

社宅から引っ越しするときは退去理由次第で違約金がかかる?

会社の福利厚生に、借り上げ社宅というものがあります。 この制度を目的に、就職先を決めるかたもい...

アパートの給湯器から水漏れした時の修理費は誰の負担に?!

賃貸アパートに住んでいて、給湯器から水漏れが起きてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。 修...

なかなか厄介!アパートの契約更新時の保証人の取り扱い

近年、家賃滞納のリスクが多いことからアパート契約時の審査が厳しくなっています。 中でも最も厄介なの...

家賃滞納トラブルを解決!裁判上と裁判外の「和解」とは何?

家賃滞納を放っておくことは、貸主にとって大変な損失です。 しかし、借主から確実に滞納分を回収するこ...

アパートのポストが壊れた時の費用負担は?防犯も強化しよう

アパートに住んでいて、毎日何気なく使うものの1つにポストが挙げられます。 ポストがなくなったら...

新築と中古のメリット・デメリット!一戸建てのおすすめは?

一戸建てへの住宅に引っ越しを考えている方が最初に悩むことは、新築または中古、どちらの一戸建てを購...

アパートの郵便受けにはダイヤル式?鍵の開け方や注意点とは

アパートの郵便受けは様々な種類がありますよね。 そのなかでも、近年人気なのがダイヤル式郵便受け...

スポンサーリンク

アパート一棟の建築費はどれくらい?

資産運用として、不動産投資をお考えであれば、賃貸アパート経営は、現実的で魅力のある運用方法です。

人気も高まっており、サラリーマン大家と呼ばれる方も増えてきました。

すでに、土地の購入が済んでいたり、相続などで土地を持っているというのであれば、気になるのはアパートの建築費ですよね。

アパート一棟を建てるのに必要な建築費が、一体いくらなのか、いくら用意すれば良いのかをみてみましょう。

アパートの建築費というと、建物を建築するための費用ですよね。

アパートの建物本体と、その中に、生活に必要な住宅設備(キッチン・お風呂・トイレなど)を設置するまでの、すべての費用のことを指します。

しかし、建築費にどこまで含まれているのかは、建築業者によって違いがあります。

実際に見積もりを取って比較する際には、工事に何が含まれているのか、何が含まれていないのかを、しっかり確認する必要があります。

建物の建築費は、「坪単価」で評価されます。

1坪あたりの建築費を出すことで、比較しやすいように、単位が決められているのです。

建築するアパートが何坪になるかは、設計段階でも正確にわかります。

ですから、その坪数と1坪あたりの建築費がわかれば、アパート全体の建築費が、おおよそわかるということになります。

建築費はアパートの構造によっても変わる

アパートの建築費は坪数がわかれば、おおよそわかるとお話しました。

しかし、建築費は建物の構造によっても、大きく違いが出てきます。

建物の構造は、

・木造
・鉄骨
・鉄筋コンクリート

などが挙げられます。

木造→鉄骨→鉄筋コンクリートの順番で、強度が高い建物になります。
しかし、その分、建築費も高くなります。

目安として、それぞれの坪単価の相場をご紹介します。

・木造 約50万円
・鉄骨 50万円~70万円程度
・鉄筋コンクリート 70万円~100万円程度

鉄筋コンクリートは主にマンションに使われる、強度の高い構造です。

一般的な2階建てアパートであれば、木造が最も多く採用されています。

2階建てアパート一棟をお考えであれば、木造の坪単価、50万円程度を目安にしておきましょう。

これを踏まえ、実際にアパートを建築するといくらになるのか、簡単に建築費を計算してみましょう。

土地50坪・建ぺい率70%・木造2階建てアパート一棟・戸数6戸という例で、計算してみます。

50坪×70%×2階=70坪

になりますね。

坪単価50万円とすると、70坪×50万円=3,500万円

ということになります。

おおよそ、木造アパートの建築費が3500万円ということがわかりました。

他の構造でも計算してみます。

鉄骨にすると、70坪×70万円=4,900万円

鉄筋コンクリートにすると、70坪×100万円=7,000万円

となります。

構造によって、かなり値段の差が出ることがわかりますね。

アパート経営から建築費を考える

賃貸アパートは、建築したら終わりというわけではありません。

そのあと、経営して利益を出さなければ、資産運用として成り立ちません。

そのため、利回りという意味で、建築費は今後の経営に関わってきます。

建築費にいくら掛かったかで、賃貸アパート経営の収益構造が決まってくるのです。

前項で計算した木造アパート一棟で考えてみましょう。

戸数6戸で、1ヶ月の家賃が8万円と想定します。

8万円×6戸×12ヶ月=576万円

その結果、年間収入は、576万円になります。

576万円の利益を出すために、3,500万円使ったということになりますね。

576万円÷3,500万円×100=16.46%

という利回りになります。

利回りが15%を超えると、かなり高利回りな物件ということになります。

この利回りの計算式は、もし土地から購入して、新築アパートを建築したのであれば、

「年間収入」÷「アパートの建築費+土地購入費」×100になります。

しかし、いくら計算上、利回りが高かったとしても、実際の利益の割合と必ずイコールになるというわけではありません。

毎年、いくら利益が出るのかは、融資を何年で組むのか、空室率がどのくらいなのかで大きく変わってきます。

計算上の数字だけで、安心してはいけません。

アパートを一棟建てるためには自己資金が不可欠

アパート一棟の建築費が、おおよそいくらくらいになるのか、想像できたでしょうか。

次に考えなければならないのは、資金のことです。

全額自己資金でまかなえるという人は、ほとんどいないですよね。

ということは、金融機関から借り入れをすることになりますよね。

このとき、自己資金の目安は、建築費の5%~10%程度と考えておきましょう。

3,500万円のアパート一棟であれば、自己資金は175万円~350万円ということになります。

ローンの審査を通るためにも、この程度の自己資金を持っていることが必要条件です。

しかし、絶対に5%~10%の自己資金がなければ、ローンが組めないというわけでもありません。

ハウスメーカーや建築会社が提携しているローンがある場合は、これより自己資金が少なくても、融資を受けられることがあります。

必ず、見積もりを取る際に、ハウスメーカーや建築会社に確認しましょう。

有利な金利のアパートローンを見つける

さらに、金利も信頼度によって、大きく変わることがあります。

建築場所の見込み収益や、建築主の信頼度によって、低い金利で融資を受けられることがあるのです。

金利を低く抑えられれば、返済の負担も減ります。
であれば、自己資金は、さらに少なくても良いことになりますね。

金利は、アパートローンを組む際には、大切なポイントです。
返済を考えて、金利の安い時期に、アパート建築をしたほうが良いと考える方もいるでしょう。

しかし、金利が安くなると、個人でも金利が低いときに家を買おうという、持ち家意識が高まります。

そうなると、賃貸アパートの需要が減ってしまうこともあるのです。
金利が低いときは、メリットもありますが、こういった需要の増減に対応する必要も出てきます。

ただ、低金利のときに、先を見据えて条件の良いアパートを一棟建てるなど、投資しておくのもひとつの手段ではあります。

これらのことを踏まえても、アパート建築費における自己資金は5%~10%を目安にするということは、しっかり覚えておきましょう。

これは、投資の出資金としても妥当な金額です。

そして、アパートローンを組む際は、必ず複数の金融機関に相談することが大切です。

アパートローンは、長期にわたり、決して安くはない金額を返済することになります。

銀行だけでなく、信用金庫・農協・住宅金融支援機構など、できるだけ多くの金融機関に相談することをおすすめします。

最終的にアパート一棟をどうするか決めておく

不動産投資を始める際に、考えておいてほしいことがあります。

それは、投資をやめるタイミングです。

賃貸アパートを一棟建築した後、最終的に、その所有しているアパートをどうするのか、そこまで考えておくことが大切になります。

最後をどうするのか、そこまでうまく経営してはじめて、最終的な収支が確定するのです。

例えば、10年後には売却予定であるアパートと、25年以上所有して経営をするつもりであるアパートとでは、まったく賃貸アパート建築についての考え方が変わってきます。

10年後に売却するのであれば、新築から10年間、集客するための戦略を立てる必要があります。

一方、25年以上所有して利益を出したいのであれば、資産価値の高い賃貸アパートを建設する必要があります。

このように、まったく違う経営戦略になります。
これから建てる賃貸アパートを、どうしていきたいのか、それによっても建築費が変わってきます。

単純に、建築費を低く抑えれば、利回りが良くなるというわけではありません。

賃貸アパートを、どのように経営していきたいかも含めて、建築費を考えていきましょう。

アパート経営は運用が大切

アパート経営は、アパートを建築してからが大切です。

そこからの運用が、その先の収支に関わってくるのです。

今回の記事で、アパート経営について、現実的な数字を思い浮かべることができましたでしょうか。

不動産投資は、計画を持って始めれば、誰にでもできる資産運用です。

ぜひ、今回の記事を参考に、本格的な不動産投資を検討していただければと思います。

 - アパート, 住宅