ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

賃貸の名義変更の手続きが必要なケースとは?必要書類も必須

2019.7.26

大家さんや管理会社と賃貸の契約を結ぶ際、名義を誰にするかを決めることになります。

名義人は、何か起こった場合に多くの責任が問われる立場であるため、慎重に決める必要があります。

また、様々な理由で後に名義人変更の手続きが必要となるケースもあるでしょう。

それには、どのようなケースが挙げられるのでしょうか。

その際に必要な書類や、もし名義変更を怠った場合などについてもご説明していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

bsが映らない!急に映らなくなった原因と対処法をご紹介!

テレビなどでよく宣伝されているbs放送ですが、急に映らないといったトラブルが報告されています。 ...

家賃延滞に対し利息は請求できる?民法改正後はどうなる?

賃貸経営を行う中で大家さんが困る事案の一つが、家賃の延滞です。 家賃の延滞に対して利息は請求出...

賃貸物件を途中解約したら家賃は日割り返金ができるのか

賃貸物件に入居中、転勤などで急に引っ越しが必要になった場合は、月の途中で解約が必要になることがあ...

窓から入る蚊やハエ!虫を寄せ付けないためにできることは?

気温が上がってくると、家の窓を開け放ち、風を通すお宅が増えますよね。 そんな時、どうしても気に...

家賃滞納の裁判費用は?負担は誰に?

家賃滞納した借主の対応は、大家さんにとっては頭の痛い問題です。 基本的には、督促をし支払をして...

登記の補正に期限はある?補正方法と取り下げるときの方法

不動産の名義を変えたい場合には登記をしなければなりません。 登記は法務局で審査が行われて受理され...

賃料の値上げをしたい!値下げ要求への対処法【契約更新時】

賃貸経営をしていると、やむを得ず、賃料の値上げをしなければいけない場合があります。 契約更新の際に...

仲介手数料に消費税が加算!賃貸で課税対象となるものとは?

不動産会社を介して賃貸借契約を結ぶ際、前家賃と一緒に仲介手数料を支払うことが多いです。 そして...

窓には電動シャッターが便利!?故障を感じたら行なうこと

新築する際などに、シャッターを窓に取り付けるかどうか悩む方もいるでしょう。 それには、シャッタ...

家賃は日割りできる?日割り計算で出た際の端数の取扱いは?

社会人や大学生になり、初めてアパートを借りる人は、敷金や礼金、家賃と不安なことがたくさんあります。 ...

窓のガラスフィルムが劣化!きれいな剥がし方を知りたい

窓は採光や通風のため、建物に必ず設置されています。 しかし、採光を優先した大きな窓は、直射...

建築基準法での床面積の計算に吹き抜け部分はどうなるのか?

建築基準法の中で、重要な部分になるひとつに「床面積」があります。 建ぺい率や容積率などとい...

家賃の引き落とし日の変更は可能なの?滞納しないためには?

賃貸物件に住んでいる人達にとって、月々の支払いの中で大きな支出となるのが家賃ではないでしょうか。...

家賃4万で一人暮らしのコツ!収入と支出を把握し物件選びを

今まで実家などに住んでいた場合、一人暮らしにかかる費用は気になるでしょう。 家賃以外にも初期費...

猛暑の夏!窓の開け方で風通しを良くしエコで涼しい暮らしを

昨今は、少し前まで異常気象と言われていたものが、異常とは言えなくなってきています。 例えば、ゲリ...

スポンサーリンク

名義は賃貸契約書に記載される重要事項

賃貸入居前には、大家さんや管理会社などとの既契の際に賃貸契約書を取り交わします。

賃貸契約書は、家賃や設備など、契約する賃貸に関する重要な事柄が記載されており、そこには誰の名義であるかももちろん記載されています。

それゆえ、契約書を大家さんや管理会社と取り交わす際には、名義を誰にするのか慎重に考えることが大切です。

一人暮らしであれば悩むことはありませんが、同棲中のカップルなどは、将来を見越して決めることが望ましいでしょう。

しかし、一度決めた名義も、何らかの理由で名義変更の手続きを行わなければならないケースもあります。

では、名義変更の手続きが必要なケースとはどのようなものなのでしょうか。

賃貸の名義変更の手続きが必要なケース①苗字や名前の変更

名義変更の手続きが必要なケースとしてまず挙げられるのが、結婚による苗字の変更です。

同棲カップルが賃貸で生活していた後に結婚する場合なども、これに当てはまるでしょう。

場合によっては、夫婦であっても別性を名乗ることもありますが、普通は夫か妻どちらか一方の苗字を夫婦で名乗ることになります。

苗字の変更は、結婚してすぐ行う方がほとんどですので、それに合わせて賃貸の名義変更の手続きも行いましょう。

また、あまり多くはありませんが、名義人自身が名前を変更した場合にも、名義変更の手続きを行う必要があります。

親などがつけた名前が著しく個性的であったりする場合、長きに渡って使い続けてきた名前を変更する方もいるでしょう。

名前は仕事や人付き合いの場面など、私たちの生活と直結した重要な役割を担っています。

名前の読み方などは一般的であっても、難解な漢字や当て字を使った名前により、それらの生活に支障が出てしまう方もいるかもしれません。

名前の変更も多くの手続きが必要となり、それには労力がかかることが予想されますが、晴れて名前が変更された際にはそれだけで安心せずに、賃貸の名義変更の手続きも忘れずに行うようにしてください。

賃貸の名義変更の手続きが必要なケース②名義人の退去や死亡

前項とは間逆のケースとなりますが、もし賃貸で生活していた夫婦が離婚した場合にも、名義変更の手続きが必要となります。

例えば、賃貸の名義が夫であった場合、夫がその賃貸に住み続けるのであれば名義変更の手続きは必要ありません。

しかし、その賃貸を夫が出て、妻のみがそこで生活する場合は、妻の名義としなければなりません。

また、名義人が死亡した場合なども名義変更の手続きを行うことが必要になります。

例えば賃貸の名義が夫であり、その夫が死亡した場合にも、離婚のケース同様に妻が名義変更の手続きを行う必要があるのです。

このようなケースは、賃貸契約書を交わす際にはあまり考えたくないものですが、万が一を考え、トラブルなどに発展することを防ぐためにも知っておいた方が良いでしょう。

人気のルームシェアで名義人退去の際には名義変更の手続きを

昨今の新しい賃貸での暮らし方として、ルームシェアというものもあります。

ルームシェアは、共同生活を数人で行う暮らし方であり、若い方を中心に注目を集めていますよね。

これのメリットとしては、家賃を数人で分けて支払うことにより、家計の負担が軽減されることが挙げられます。

特に、家賃が比較的高い地域では、一人で家賃を払うとなると家計の大半を占めてしまうこともあります。

生活においては、家賃だけでなく、食費や光熱費、交際費など様々な費用がかかるものです。

また、料理や洗濯などの家事を数人で分担して行うなど、協力できるのも利点です。

それに加え、仕事で疲れて帰ってきた際に、誰かが居てくれることで話し相手になってもらえるなど、生活に潤いも生まれることでしょう。

しかし一方で、数人での共同生活ならではのデメリットもあります。

他の同居人と気が合わない、みんなで決めたルールが苦痛に感じるなど、様々な理由でルームシェアを解消し、賃貸を退去する方もいます。

もし、その方が賃貸の名義人の場合、残った同居人の誰かが名義変更の手続きを行わなければなりません。

ルームシェアは、述べた通りメリットの多い暮らし方ですが、解消した場合にどのようなことを行わなければならないのかを把握しておくことも大切です。

また、賃貸の中にはルームシェアができない物件もあります。

ルームシェアは、家族と違い、他人が共同生活をすることです。

それゆえ、トラブルが起こりやすいと考える大家さんや管理会社もあるようです。

もし賃貸でルームシェアを考えている方は、その賃貸がルームシェアが可能な物件かどうか、まず確認しましょう。

賃貸の名義変更の手続きに必要な書類

賃貸の名義変更の手続きを行う場合、変更する名義人が決まり次第、その方に関する書類を揃えなければなりません。

この際、必要な書類は大家さんや管理会社によっても違いがありますので、よく確認してください。

ここでは一般的に必要な書類をご紹介しましょう。

・身分証名書

保険証や運転免許証など、正確な情報が記載されているものが必要になります。

・在職証明書

在職証明書は、在職している会社に連絡して作成をお願いしてください。

2日~1週間ほどで手元に届くことが多いでしょう。

・所得証明書

所得証明書は、住んでいる地域によっても違いがありますが、一般的には市役所などで交付を受けることができます。

また、その交付の際にも、運転免許書などの身分を証明するものが必要になります。

なお、所得証明書は、交付の際に費用がかかかることが多く、一般に1通300円です。

賃貸の名義変更の手続きを怠る代償

賃貸の名義変更の手続きは、前項で述べたような書類を揃えた後、多くの場合が再審査を受けます。

その再審査が通れば、晴れて名義変更が行われることになります。

しかし、書類の準備など、仕事をしながら準備をする方などにとっては、手間と時間がかかるのが名義変更の手続きです。

そのため、よほどのことがない限り名義が誰であるか確認することもないと考え、名義変更が必要なのにも関わらず手続きを行わない方もいるようです。

しかし、もし何らかの理由で名義変更の手続きが行われていないことが発覚した場合、大家さんや管理会社などとトラブルになることもあるのです。

場合により、その賃貸を退去しなければならない事態も考えられます。

名義変更の手続きは、人によっては仕事を休んだり、勤務時間を短縮しないと書類を揃えられないこともあるでしょう。

しかし、名義変更の手続きを怠ることは、社会的な信用問題を問われることもあるということを覚えておくようにしましょう。

慌しくとも賃貸の名義変更の手続きは怠らずに!

賃貸の名義変更は、結婚や離婚、退去など、良くも悪くも生活に大きな変化が生まれる際に必要になるケースがほとんどです。

そのような出来事が起こった場合、慌しく、慣れない作業を行うことも求められるため、つい賃貸の名義変更の手続きまで頭が回らないということもあるでしょう。

しかし述べた通り、賃貸の名義は重要事項です。

もしそれを怠った場合の社会的な信用問題を考えると、棚上げはできません。

賃貸の名義の重要性を改めて理解し、スムーズに名義変更の手続きを行うよう心掛けてください。

 - 契約, 暮らし