中古物件を住宅ローンで購入!審査の流れを押さえておこう!

近年は、新築にこだわらずに中古物件を選ぶ人も増えています。

中古物件の購入にも住宅ローンを使うことができますが、審査の流れなどを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回は、住宅ローンを使って中古物件を購入する際の審査の流れや、住宅ローンを選ぶ際のポイントなどをお伝えします。

住宅ローンを使って中古物件を購入したいと考えている人は、ぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

独身時代の貯金は結婚後そのまま?それなら投資がおすすめ!

独身時代、しっかりと貯金をされていた方も多いのではないでしょうか。その貯金、結婚後はどうされてい...

所得税を支払う個人事業主は減価償却が強制!なぜ法人と違う

確定申告と言えば、事業をする上で最も大切なことの一つですね。確定申告は個人の事業主と、法...

アベノミクスは失敗か?私たち国民の生活は今後どうなるの?

2012年12月に安倍晋三氏が内閣総理大臣に返り咲いてから、「アベノミクス」と呼ばれる改革が始まり...

固定資産税の調査はいつ来るのか?

家や土地にかかると言われる税金には、固定資産税があります。しかし、その課税調査はいつ来るので...

戦前と戦後の違いは?不動産の概念はどのように変化したか

2018年で第二次世界大戦の終戦後73年となります。終戦時に焼け野原だった日本は73年経った今で...

固定資産税がいきなり値上がり?その理由には様々な背景が!

皆さんは、「固定資産税がなぜか値上がりした」という話を聞いたことはないでしょうか。多くの場合...

空き家の固定資産税が未納?その確認方法や対処方法は?

近年、空き家の増加が問題になっていますが、空き家の管理は相続人の悩みですよね。空き家であって...

世界の通貨発行権はロスチャイルドにある?その陰謀論とは?

「ロスチャイルド」と言えば、陰謀論などの類では、しばしば耳にすることが多く、実際、この名前だけな...

確定申告で慌てない!予定納税額がわからないときは?

年が明けてしばらくすると、確定申告が話題にのぼることも多いのではないでしょうか。会社員の方だ...

家屋調査での固定資産税対策ってあるの?税金を安く払う方法

新築の物件を建てたら、家屋調査への心構えが必要です。固定資産税を決めるために調査するのですが...

ビットコイン暴落の原因とは?最新の暴落から今後について!

最近、CMや書籍、ネット上でよく見るようになったビットコインは、2017年の後半に大きな盛り上が...

固定資産税の納付期限は時効が存在する!5年がキーワード?

固定資産を持っている方は、固定資産税の納税が義務ですよね。納付方法にも種類があり、好みで選べ...

GDPから経済成長率を知るには?計算方法をおさらいしよう!

ニュースや新聞では、「GDP」や「経済成長率」といった言葉が盛んに飛び交い、その国の成長率を知るため...

アベノミクスは失敗したのか?その責任は誰がどう取るべき?

2012年12月に発足した、第2次安倍内閣によるデフレ経済脱却のための政策を、安倍首相の名前に因ん...

外国為替市場に取引所はない!では終値とはどう決まるのか?

近年、ネット証券やFX会社の台頭は著しく、為替は以前よりも身近で気軽に始められるものになってきて...

スポンサーリンク

中古物件を選ぶメリット

今回は、住宅ローンを使って中古物件の購入を考えている人に向けて、住宅ローンの種類や審査の流れ、その選び方などをお伝えします。

ですが、まずはじめに、中古物件を購入するメリットを見ておきましょう。

新築ではないにしろ、中古物件には中古物件ならではのメリットがあります。

例えば、

・実際の生活をイメージしやすい

・手頃な価格で購入できる

などです。

また、最近では、すぐに入居できるようにあらかじめリフォームされてから売りに出される中古物件もあります。

中古物件というと、

・他人が住んでいた

・希望通りの間取りの物件になかなか出会えない

などデメリットに目が行きがちですが、中古物件には中古物件の良さがあります。

近年、中古物件を購入する人が増えているのは、そこに注目して家を選ぶ人が増えているということでもあるのです。

そして、中古物件であっても、住宅ローンを利用して購入することが可能です。

次の章では、中古物件を購入する際に利用できる住宅ローンについてお伝えしていきます。

中古物件購入時に使える住宅ローンの種類

中古物件の購入に使える住宅ローンには、「変動金利」と「固定金利」の2つの金利タイプがあります。

変動金利というのは、金利が半年ごとに変わっていくタイプの住宅ローンです。

対して、固定金利は、返済期間中の金利がずっと一定のタイプの住宅ローンです。

ただし、固定期間が長いと、その分、金利が高く設定される傾向にあります。

また、「公的なローン」か「民間のローン」かでも違ってきます。

公的なローンは、財形融資や自治体融資などです。

財形融資は、勤務先で財形貯蓄を1年以上していて、貯蓄の残高が50万円以上ある場合に限られますが、該当する人は確認してみると良いでしょう。

また、自治体融資は自治体が行なうものなので、金利が比較的安いです。

しかし、行なっていない地域もあるので、事前に確認しましょう。

一方、民間のローンには、

・金融機関(銀行や信用金庫など)のローン

・民間企業が行なっているローン(ハウスメーカーなど)

・住宅金融支援機構と金融機関が連携しているローン(フラット35)

があります。

金融機関では、様々なタイプのローンを扱っていますが、ハウスメーカーなどの民間企業が扱う中古物件用の住宅ローンでは、長期固定金利型ローンが多いです。

また、フラット35は、審査基準は厳しいですが、最長50年のローンが組めます。

中古物件購入時の住宅ローン審査の流れ

では、中古物件購入時、住宅ローン審査がどのような流れで行われるのかを見ていきましょう。

おおまかな流れは、以下の通りです。

①事前審査に申し込む
②審査について可否の連絡が来る
③条件の調整をする
④本審査に申し込む
⑤審査に通れば住宅ローン契約
⑥竣工検査
⑦融資開始

事前審査と本審査の2段階で行われるので、まずは事前審査に申し込みます。

申し込みにかかる時間は、数日~2週間です。

家の間取りプランと見積もりができてから、住宅ローンの申込書に必要事項を記入して提出して下さい。

その際、住民票や印鑑証明なども必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

そして、申し込んでから1週間ほどして審査可の連絡が来れば、条件の調整に入ります。

ここでは、数日間で金融機関の担当者を交えて借り入れ額やその内容を確認します。

その後、本審査の申し込みをします。

大体、審査に1~2ヶ月ほどかかりますが、審査に通れば、住宅ローンの契約ができます。

しかし、審査に通って、数日~1週間程度かけて契約を行なっても、まだ融資はされません。

なぜなら、家の竣工検査をして、クリアする必要があるからです。

家の竣工検査をクリアできて、ようやく金融機関からの融資が開始されます。

そして、そこからローンの返済も始まります。

中古物件購入時の住宅ローンの上手な選び方

先ほどもお伝えしたように、住宅ローンの審査にはかなりの時間がかかります。

それは、新築でも、中古物件の購入でも同じです。

また、「事前審査では通りそうな雰囲気だったのに、本審査では通らなかった」という人もいます。

そうなると、他の住宅ローンを当たることになりますね。

そのため、住宅ローンの利用を考えている人は、そうしたことも視野に入れて、余裕のある計画を立てるようにしましょう。

また、住宅ローンを上手に選ぶことも重要です。

住宅ローンの上手な選び方は、自分に合うローンを探すことです。

具体的には、

・金利やローンについて情報を集める

・返済額に無理がないかシミュレーションする

ことがポイントになるでしょう。

金利は、経済の情勢次第で変わるので、借りる時は、将来どうなるかは分かりません。

だからこそ、こまめに金利情報を確認するようにしましょう。

そして、色々な住宅ローンを見比べ、毎月の返済が可能かどうかをシミュレーションすることが大事です。

その場合は、借り入れ額を決めてからシミュレーションすることをおすすめします。

自分に合うローンは人によって違うので、誰かの正解=自分の正解ではありません。

自分と家族が何を求めるのか、どのくらいなら無理なく返済できるのかを考えて選びましょう。

現在は本当に様々な住宅ローンが出ているので、情報をよく集め、「自分に合うローン」はどれなのかをしっかり吟味して下さい。

住宅ローンを組んで中古物件を買う場合、何を審査される?

では、住宅ローンを組んで中古物件を買う場合、どんなことが審査されるのでしょうか。

具体的には、以下のような審査があります。

・収入額

・勤務先と勤続年数

・信用情報

・返済負担率

・団体信用生命保険に加入できるか

これらは、住宅ローンを使って新築住宅を購入する場合とほぼ同じです。

まず、収入額、勤務先、勤続年数ですが、これを見ることで、借り入れ額とのバランスが取れるかどうかや安定した収入があるかどうかが審査されます。

そして、自動車ローンやクレジットカードの借り入れの有無やその返済状況も、信用情報照会によって確認されます。

返済負担率は、「年収に対する年間の返済額」のことなので、大体20~30%であれば審査に通ると言われています。

また、団体信用生命保険への加入できるかについては、利用を希望しているローンによって対象になるかどうかが決まります。

例えば、

・購入者に何かあった時のために、団体信用生命保険への加入が必要なローン

などでは、この審査も受けることになります。

このように、中古物件を購入する場合も、概ね新築住宅と同じような流れで審査されることになるのですね。

中古物件では、「担保価値の審査」にも時間がかかる!

しかし、中古物件の購入に当たっては、一つ注意点があります。

それが、中古物件の「担保価値の審査」です。

担保価値とは、築年数や立地といった、物件そのものに対する審査で、新築住宅でも審査されます。

しかし、ローンを返済できるかどうかが重要視される新築と違い、中古物件ではこの審査にも時間がかります。

なぜなら、新築・中古物件共に、物件の住宅ローンを返済できなくなれば、その物件を売って残りのローンを完済することになるからです。

その場合、新築ならば買い手が付く可能性が高いですが、中古物件では、売却できる価値がなければ売れません。

融資した側(銀行や民間企業など)は、融資したお金が回収できないのでは困ります。

そのため、売却ができる物件かどうかを細かく審査する必要があるのです。

住宅ローンを使って中古物件を購入する場合には、「担保価値」も重要になってくるので、物件を選ぶ時から、そうした視点を持つことが重要と言えますね。

住宅ローンの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

自分に合った住宅ローンを選ぼう!

今回は、住宅ローンを組んで中古物件を購入する場合の審査の流れや、ローンの選び方についてお伝えしました。

中古物件の購入に使えるローンには、多くの種類があるので、選ぶ際にはきちんとシミュレーションすることが重要です。

また、中古物件の購入では、担保価値の審査にも時間がかかります。

住宅ローンの利用を考えている人は、自分に合うローンを組んで無理なく返済していきましょう。