家屋調査は何のため?新築物件の場合にはいつ来るの?

新築で住宅を購入すると、「家屋調査」というものが行われるのはご存知でしょうか。

一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

この家屋調査は、一体何のために行われるのでしょうか。

また、新築の住宅が引き渡されてから、いつごろに来るものなのでしょうか。

当記事では、これらのことについてご説明してしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートで洗濯機を使うマナーは?騒音対策をとることが重要

お住まいのアパートで、周りのお宅の生活音が聞こえてくることはありませんか。特に気になるのは「...

新築の玄関をおしゃれにしたい!こだわるべきポイントとは?

新築の住宅に限らず、住宅の玄関というのは「家の顔」と言われる場所です。来客があった際には、ま...

アパートの管理費とは?家賃や管理費に消費税はかかる?

賃貸アパートに入居するため物件を探していると、物件によっては家賃の他に支払う項目として管理費・共...

「Vector Works」を活用して住宅の平面図を作成してみよう!

住宅を建てることになれば、平面図という図面を作成することになります。住宅建築には数多くの図面...

賃貸アパートを契約期間の途中で退去するとどうなる?

賃貸アパートに住む際、貸主と借主は賃貸借契約を結びます。多くの賃貸借契約は契約期間を2年...

アパートの上の階は暑い?!二階が特に暑くなる理由と対策

「アパートは一階より二階が暑い」という声はよく聞かれます。特にこれから二階に住もうと考えている...

緊急事態はどう対応される?オートロックマンションで救急車

オートロックマンションのオートロックシステムは、住人がインターホンで来訪者を確認したうえで建物に...

マンションでのピアノ演奏が騒音に!?トラブルを防ぐ対策法

趣味や仕事などの関係で、マンションで楽器の演奏をする方もいます。その中には、私たちにとって身...

アパートの光回線速度が遅い!ネット環境を快適にする方法

インターネットを使う人は、老若男女問わず増えてきました。もう、生活の一部になってきていま...

アパートのエアコンを修理する前に知っておきたい知識

一家に一台はエアコンがあって当たり前の今の時代。賃貸アパートもエアコンが備え付けられている物...

魅力的なアパートの名前の付け方とは?和風もいかが?

全国には、たくさんのアパートが存在しています。そのアパートには、いろいろな名前が付けられています...

アパートの一階でも安心!防犯グッズで対策をしよう!

アパートの一階に入居する際に気になるのが、防犯面と言う方は多いのではないでしょうか。確かに、ど...

アパートでの水漏れが起こった場合の修理費や責任の所在は?

アパートに住んでいると、思いもよらないでき事に出くわすことがあります。アパートの1階に住んで...

高層マンションは窓が開かない?高層マンションの換気は?

高層マンションでの生活に憧れたことのある人は多いはず。街の景色を一望できる非日常的な生活は、...

アパート隣人の声が気になる時に!騒音対策や便利グッズ紹介

アパートで聞こえる隣人の声や音。どのくらいまで許容できるかは人それぞれですが、隣人にとっては「...

スポンサーリンク

新築物件ではいつやるの?「家屋調査」とは?

家屋調査がいつ来るのかお話しする前に、まずは「家屋調査」が一体何なのかについてご説明していきます。

新築住宅の引き渡しが済んでしばらく経つと、「家屋調査に伺いたい」などといった連絡がきます。

家屋調査は、固定資産税の計算を行うために必要な、「評価額」を決めるための調査です。

つまりは、支払う税金の金額を決めるための調査ということですね。

固定資産税を計算する上で必要になる「評価額」は、新築住宅で使われている資材・設備を見て決められます。

具体的な例を挙げると、以下のようなものを見るということです。

・躯体(木造・鉄骨造など、建物の構造部材)
・外壁の構造や材料
・屋根の構造や材料
・内壁の構造
・天井(クロス・ボード)
・床(フローリング、畳など)

この他にも、住宅に使われている設備や住宅の基礎、窓などの建具などを見てまわります。

新築住宅の引き渡し後に家屋調査はいつ来るの?

家屋調査がどのようなものなのかは、おわかりいただけたかと思います。

では、新築住宅の引き渡しが済んでから、いつごろこの調査が行われるのでしょうか。

実は、この家屋調査は「いつ来ます!」とは言い切れません。

というのも、この家屋調査は自治体ごとに行われており、新築住宅のある自治体によって行われる時期に違いがあるのです。

多くの場合では、引き渡しから1~2ヶ月ほどで、家屋調査を行う旨の連絡がきます。

自治体によっては、このような連絡がない場所もあれば、決められた月に家屋調査を行うというところもあります。

また、固定資産税には1月1日が「基準日」として設けられています。

これは、この基準日までに新築住宅が完成していると、この年から固定資産税を払うことになる、というものです。

そのため、基準日である1月1日に新築住宅の引き渡しが行われた場合には、1~2ヶ月の間に家屋調査が来る可能性が高いと言えます。

逆に、1月1日を過ぎてすぐに引き渡しが行われた場合には、その年には固定資産税はかからないため、家屋調査はすぐには来ない可能性があります。

いつ連絡が来るかわからない…家屋調査の拒否はできない?

新築住宅の引き渡しが済んでから、いつ頃家屋調査を来るのかわからないため、住宅の中に荷物を入れてしまうという方がほとんどなのではないでしょうか。

家屋調査では、先にご説明したように住宅に使われている資材や設備を見るために、部屋の中はもちろん、クローゼットなどの収納の中まで目を通します。

しかし、「クローゼットの中は見られたくない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような場合には、どうしたらいいのでしょうか。

家屋調査が行われる前に、「ここは見ないでください」と伝えておくことで調査員が配慮してくれる可能性があります。

また、荷物を入れてから「全部の部屋を見られたくない」という場合には、事前に家屋調査を依頼しておくという方法もあります。

「家の中は絶対に見られたくない!家屋調査自体拒否したい」という場合には、書類や聞き取りによって評価額が決められます。

しかし、この場合ですと、現地での調査よりも税金が高くなってしまう可能性があります。

新築住宅の家屋調査に必要なものは?

新築住宅の家屋調査に用意しておくべき、必要書類というものはあるのでしょうか。

家屋調査には主に以下の3つの書類が必要になります。

・建築確認できる書類、または住宅の間取り図(延べ床面積・建物の構造が確認できる書類)

・長期優良住宅証明書の写し(ない場合には不要)

・建物仕様書(設備についてわかる書類)

家屋調査を行う旨の連絡がいつ来ても対応できるように、これらの書類を揃えておきましょう。

評価額を決める際には、住宅の建物面積が必要になってきます。

そのため、これが記載してある書類は必ず必要になってきます。

ちなみに、木造住宅のほかに軽量鉄骨造の住宅も数多くありますが、これらのどちらが税金が安く済むかというと「木造住宅」になります。

また、設備により良品質なものが使われているほど税金が高くなってきます。

家屋調査でよく聞く噂①

新築住宅の家屋調査がいつ来るかは断定できませんが、「家屋調査」において「住宅がこんな風だと固定資産税が上がる」といったような噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ここからは、そんな噂についてご紹介していきます。

【外構が立派だと固定資産税が高くなる】

これに関しては、固定資産税が高くなるということはありません。

固定資産税はあくまでも新築住宅の「建物」についての税金ですので、外構は関係ないのです。

しかし、車庫・物置に関しては住宅とは別に固定資産税がかかってくる場合もあります。

その基準としては、車庫・物置が「土地に定着しているか」が焦点になります。

つまり、車庫・物置に建物と同様に基礎などがあり、容易に移動させることができないものに関しては、固定資産税がかかるのです。

【家電製品の有無で固定資産税が変わる】

先ほどもお伝えしましたが、家屋調査では住宅に使われている設備(キッチンやユニットバスなど)についても見ていきます。

このことから、「家電製品があると、固定資産税が高くなるかもしれない」と思われることがありますが、そのようなことはありません。

なお、「家電製品」の中には壁掛けエアコンも含まれていますが、住宅でビルトインタイプのエアコンの場合には固定資産税の対象になります。

家屋調査でよく聞く噂②

続いても、新築住宅の家屋調査でよく聞く噂についてご紹介していきます。

【蔵には固定資産税がかかる】

これは、固定資産税がかかってきます。

規定では「高さ150cm以下であれば面積として算入しない」とあります。

しかし、これは「面積として」算入しないだけであり、蔵を作るために使われている材料などは、課税対象になるのです。

【ソーラーパネルは固定資産税がかからない】

これは固定資産税がかかるものと、かからないものとに分けられます。

ソーラーパネルには2つの種類があります。

一つは「屋根置き型」でもう一つが「建材型」になります。

「屋根置き型」は、その名の通り屋根に置いて使うものです。

一方の「建材型」は屋根とソーラーパネルが一体型になっているものです。

どちらが固定資産税がかからないものになるかというと、「屋根置き型」になります。

「建材型」では、住宅の一部と考えられるため、固定資産税が高くなることがあります。

この他にも「部屋の中は散らかしておいた方が、固定資産税は安くなる」などといった噂もありますが、家屋調査は「建物」に関して見るものです。

そのため、部屋が散らかっていても安くなることはありません。

どちらかと言えば、いつ家屋調査を行う旨の連絡が来ても大丈夫なように、掃除をしておく方が良いのではないでしょうか。

家屋調査についての詳しいことは各自治体に

ここまで、新築住宅の家屋調査について、ご説明してきました。

「家屋調査」と聞いて思わず気構えてしまうものですが、税金の金額を決めるためのものですので、決して怖いものではありません。

とはいえ、ご説明してきたように、家の中の細部まで見ていくものになります。

見られたくない場所に関しては、調査前に伝えておくようにしましょう。

また、いつ来るのかそわそわしてしまう方は、各自治体に聞いてみるのも方法の1つです。

詳しいことを知りたい場合には、一度問い合わせてみてください。