ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートを新築する場合は玄関ドアの幅にも意識を向けよう!

2019.7.11

アパートを新築する時や、リフォームする場合に留意したいのは、アパートの第一印象です。

交通の便がよいとか、お得感のある家賃なども魅力ですが、思わず住みたくなるような見た目というのも大事です。

特に、室内に入るための玄関ドアが重要で、ドアの外見はもとより、防犯性や機能性を感じられる玄関ドアを選びたいものです。

そのためには、玄関ドアの幅にも意識を向けましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

持ち家やアパートなどの地震保険の概要と保険料控除について

地震保険は、万が一持ち家やアパートなどの建物や家財が地震により損害を受けた場合、それを補償する保険...

アパートを建てるためにはどのくらいの予算が必要なのか

投資のひとつとして、アパート経営が注目されています。 アパートを建てるために必要なのが予算ですが、...

賃貸アパートは世帯主と契約者が一致していないといけない?

賃貸アパートに住んでいる方の中には、何かの書類を提出する際に「世帯主」を問われることもあるでしょ...

アパートを契約期間内に退去したい!違約金などの心配は?

アパート契約に定められているものの1つに契約期間がありますが、それがどのような理由で定められてい...

木造メゾネットアパートは要注意!騒音トラブルになることも

賃貸アパートには、メゾネットタイプのアパートもあります。 アパートではあるのですが、一戸建ての...

賃貸の窓のゴムパッキンが劣化!交換費用は誰が負担するの?

日頃の掃除でも、年末の大掃除でも見落としがちなのが、窓のゴムパッキンではないでしょうか。 窓の...

マンションの騒音源はどこ?!驚きの音の伝わり方とは

マンションに住んでいて、騒音対策をしっかりとしているはずなのに苦情を言われた経験はありませんか。...

町家と長屋の魅力と違い!テラスハウスも長屋の一つだった?

現代風のモダンな建築様式も素敵ですが、近年、町家、長屋のような昔ながらの古民家の人気も高まってい...

アパートの水漏れ事故の賠償責任と万が一の対策とは

アパートやマンションに住んでいると、思いもよらない事故に遭遇する場合があります。 隣戸の火災の延焼...

アパートでバルサンを炊く前に!火災報知器に注意しよう!

アパートに住んでいると、特に夏のような暖かい時期に現れるのは、ゴキブリを始めとした虫です、 ...

賃貸を退去する時に知っておきたいこと!家賃は日割り可能?

賃貸物件を借りた場合、家賃は通常1ヶ月単位で金額が設定されています。 しかしながら、退去する際...

新築で理想の平屋を建てるために!失敗しない家づくりとは?

平屋といえば、昔ながらの古風な民家というイメージがありますが、最近ではスタイリッシュで現代的なデ...

「大変だ!アパートの賃貸契約書をなくした!」その対処法

アパートを借りる時に大切な「賃貸契約書」ですが、入居時に契約を交わしてからは、よほどのことがない限り...

家賃と管理費・共益費の違いとは?仕訳はどうなるか?

家賃については理解していても、管理費と共益費の違いについては知らない人もいるのではないでしょうか。...

新築一戸建てで後悔しない!ブログから学べることとは?

夢がたくさん詰まった新築住宅を建てようとお考えの方もいらっしゃることでしょう。 家は一生で一度...

スポンサーリンク

玄関ドアはアパートの顔!幅にも注意を

玄関ドアは、アパートの顔とも言える、大事な要素です。

部屋に住む人が毎日見るものですし、お客さんを呼びたくなるような、魅力のある玄関ドアを選びましょう。

また、見た目と共に大事なのが防火性や防犯性、機能性です。

防火性能に関しては、玄関ドアメーカー(アルミサッシメーカー)が基準に合致した製品を販売しています。

そのドアを購入すれば、防火の面では問題ありません。

防犯性は、ドアガードを付けたり、2重ロックにしたりすることで向上できます。

機能性の向上に関しては、レバーハンドル付きの玄関ドアにしたり、ポスト受け箱を使いやすいものにしたりする方法があります。

そして特に考慮したいのが、玄関ドアの幅を何cmにするのかということです。

建設費用や、リフォームの予算も絡んでくるでしょうが、幅の狭い玄関ドアはやはり使いづらいものです。

特に最近は幅の広い電化製品を、アパートに持ち込みたいという人が増えています。

ドラム式の洗濯機であったり、3ドア、4ドアの冷蔵庫であったりしますが、それらが玄関ドアから入らないのでは困ってしまいます。

窓から搬入するという方法もありますが、やはり玄関ドアには、余裕のある幅を持たせたいものです。

アパートの玄関ドアの標準的な幅とは

各アルミサッシメーカーが発行している、アパート向け玄関ドアカタログを見ると、幅78.5cmの製品が多く見られます。

玄関ドアの幅の種類としては、70cmから85cmまでの間にいろいろありますが、実際に選ばれるのはほとんど78.5cmの玄関ドアのようです。

高さに関しては、平均身長が伸びたことを受けて200cmぐらいのドアが一般的です。

アパートの玄関は、個人宅の玄関よりも狭いことが多いので、幅が広すぎるドアを設置することは稀です。

また、電化製品の幅の広いもので60cmほどになります。

70cmの幅の玄関ドアでは、両手で持って入るのに苦労しそうです。

そのうえ、ポスト受け箱が出っ張っているドアの場合に難儀します。

こういった点から、幅78.5cmの玄関ドアが選ばれているのは、必然だと言えるでしょう。

そのアパートに合った玄関ドアなら構いませんが、幅の狭すぎる玄関ドアは、避けた方がよいでしょう。

アパート向け玄関ドアの価格を比較できるサイトを見ると、一般的な78.5cm幅のドアの価格は、6万円から8万円の間となっています。

2重ロックのドアだったり、化粧モールが付いていたりすると10万円を超えてきます。

アパートの玄関ドアに必要なもの

前述のとおり、アパートの玄関ドアを選ぶなら、幅78.5cmのドアが無難です。

次に関心を向けたいのは、この幅のドアを基本として、そこに何を付けるのかという点です。

防犯面と、機能面にも配慮したドアを選びましょう。

アパートの玄関ドアに最低限必要なものは次の3つです。

・ポスト受け口と受け箱
・ドアロック
・ステンレス製丁番

ポスト受け口は、中をのぞかれないよう工夫されたドアを選びましょう。

ドアロックは、できれば2重ロックの製品を選びたいものです。

さらに防犯の機能を高めるなら、ドアアイがおすすめです。

特に女性向けの賃貸アパートならば、これは必需品だと言えるでしょう。

また、ドアガードやドアチェーンがあると、さらに防犯性能が向上します。

無人の場合には効果がありませんが、少なくとも室内にいる時には、侵入者を阻む大きな手助けとなります。

機能性の面で言えば、ドアクローザーも見逃せません。

ドアの開け閉め時の事故を、大幅に減らしてくれます。

ポスト受け箱も、機能性の点から見れば大事なポイントです。

ポスト受け口からのぞかれず、かつ取り出しやすい形状のポストが、借りる人には喜ばれます。

玄関ドアの幅に合わせた網戸を設置しよう!

手持ちの不動産の魅力を増し、他の物件との差別化を図るために、アパートの玄関に網戸を設置してみませんか?

玄関は空気の流れが悪く、臭いがこもりがちです。

網戸があれば、虫が侵入する心配も減り、存分に空気を入れ替えられます。

また、夏は玄関ドアを開放することで、室内の温度を下げることもできるでしょう。

こういったメリットがある玄関の網戸ですが、注意しなければならない点があります。

玄関を開放することは、防犯上とても危険です。

他に家族がいるのならまだ大丈夫ですが、女性が1人で住むとなると、昼でも玄関ドアを開放するわけにはいきません。

この問題を解消するため、カギが付いた網戸があります。

アパートで玄関に網戸を付けるなら、カギ付きの商品にしましょう。

もうひとつの注意点は、玄関ドアの開放が他の住民の邪魔になったり、防火上の問題になったりしかねないという点です。

もし新築のアパートに網戸を設置するなら、あらかじめ外廊下の幅を広めにすることが重要です。

こういった点にさえ注意すれば、玄関の網戸は大きなアピールポイントになる可能性があります。

アコーディオン式の網戸や、ルーバータイプの網戸など、機能性に富んだ網戸も多いのです。

既存のアパートの玄関ドアをリフォームするなら

アパートを新築するのではなく、古くなったアパートをリフォームすることもあるでしょう。

室内のリフォームはもちろん大事ですが、玄関ドアもリフォームしたいものです。

古くなった玄関ドアを新しいドアに変えるだけで、アパートの外見がよくなります。

特に最近は、アルミサッシメーカーが競うように、見た目がよくて機能的にも優れた製品を開発し、販売しています。

扱いやすく、防犯も考慮した新しい玄関ドアは、部屋に入る前からアパートの印象をアップしてくれるでしょう。

ドアクローザーだけを交換することもありますが、できればドアごと取り替えたいものです。

リフォーム会社では、玄関ドアの交換に要する費用を表示していることがあります。

アパートの玄関ドアを交換する場合、以前のドアと同じ幅のドアにするのなら、交換工事費はそれほど高額にはなりません。

どこまでリフォームをするのかによっても変わってきますが、玄関ドアの交換は、優先順位を高めにすることをおすすめします。

なんといってもアパートの顔ですし、防犯の面でも最新の製品は優れています。

魅力的な玄関ドアにリフォームをし、部屋を見学したいという人にアピールしましょう。

アパートの玄関をDIYで交換してみよう!

アパートを新築したり、リフォームしたりする予算がない場合は、玄関ドアだけでもDIYで変えてみましょう。

古くなった玄関ドアを新しいドアと交換するだけでも、アパートの印象が変わるものです。

特に木造のドアの場合は、長年の風雨で汚れが目立ってきます。

木造のドアをアルミのフラシュドアにするだけで、アパートの表情が一新します。

フラッシュドアはほとんどのアパートで使用されているため流通が多く、ドアクローザーを付けても比較的安く購入できるので、費用もそれほどかかりません。

しかも軽いのでDIYにも適しています。

枠をそのまま利用するので、交換するドアの幅は以前のドアより少し狭くします。

そのまま取り付けると、枠とドアとの間にスキマができるので、片側を木材でふさぎます。

木材はホームセンターで購入し、あらかじめ長さをカットして貰いましょう。

買ってきた木材を既存の枠にビスで止めます。

その木材に丁番をセットし、ドアを取り付けたら完成です。

新しいドアにすることで防犯性も向上します。

動画サイトやブログで、玄関ドアを交換する方法などを公開している人たちも多いので、参考にするとよいでしょう。

アパートの第一印象アップと機能性を求めて

アパートを見学しに来た人に、よい印象を持ってもらうための最初のステップは玄関ドアです。

玄関ドアが古かったり、幅が狭くて窮屈な印象を持たれたりすると、室内を見る前に評価が下がってしまいます。

アパートを新築、リフォームするなら、玄関ドアにはこだわりましょう。

多少費用が多くかかっても、部屋の借り手に対する大きなアピールポイントにつながりますよ。

 - アパート, 住宅