ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓を塞ぐためのリフォームがしたい!費用はどのくらい?

2019.6.18

中古住宅などで住み始めるときに「ここの窓がなければな…」と思ったことはありませんか。

窓がなければ、部屋のレイアウトに悩むことや、窓の外の視線が気になるということもなくなると思えますよね。

このようなときには、窓を塞ぐためのリフォームがおすすめです。

そこで、気になる費用などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

窓のサイズを図面で読み取る方法と読み取れない大切な情報

新しく家を借りたい、アパートを借りたいと思った時に見るのは、家賃や交通の便、間取りでしょう。 ...

やってみれば意外と難しくない!?庭・駐車場のdiy4選!

一軒家は庭あり、駐車場ありの、まさに夢のあるものですね。 しかし、年数が経つにつれ、経年劣化という...

セメント、コンクリート、アスファルトなどの値段の違いは?

賃貸経営の駐車場や、土地を有効活用するために、月極め駐車場の経営を始めようかと考えている方もいらっし...

木造のペット可アパートに住むと騒音問題に悩まされる?

犬や猫といったペットと暮らせる「ペット可」アパートやマンションが増えています。 しかし、ペット...

ウォシュレットから水漏れ?totoの場合の対処法をご紹介

totoのウォシュレットという言葉を、よくテレビのCMなどで見かけることや聞くことがあるでしょう。 ...

1間って何メートル?部屋の広さでもう迷わないために

お部屋探しで気になるポイントと言えば、お部屋の広さですよね。 しかし、お部屋探しの中で出てくる単...

窓が大きいと寒い!冷暖房効率をあげるにはどうしたらいい?

あなたのご自宅の窓はどのくらいの大きさですか? リビングの窓が大きいと家の見栄えがよく、光もた...

リノベーションのため中古戸建が欲しい!ブログは要チェック

中古で購入した戸建を、自分好みに変えてしまうリノベーション。 最近、とても話題になっていますよ...

軽量鉄骨のアパートは音が響きやすい?積水の賃貸で検証

積水の賃貸住宅のシャーメゾンには、軽量鉄骨造のアパートが数多くラインナップされています。 「軽...

外壁のサイディングで木目調を縦張りにする際の注意点とは

戸建を建てるときや外壁リフォームをする場合、昨今はサイディングを用いて仕上げる工法が主流になっていま...

ウォシュレットから水漏れ!ストレーナーやノズルなどを確認

「ウォシュレットから水漏れしてるみたい!」という連絡が入居者から入った場合は、業者に頼むのが一番...

軽量鉄骨の家と重量鉄骨の家はどう違う?遮音性や耐震性は?

賃貸物件を探していると、建物の構造も部屋を選ぶポイントとなるでしょう。 建築物は「木造」「軽量...

モルタルを使ったdiyでおしゃれな植木鉢を作ろう!

お部屋のインテリアに、植物を取り入れる方も多いのではないでしょうか。 植物を取り入れるために必...

ウレタン樹脂は他の樹脂より優秀?違いは何?!

建築の分野において、塗料や防水剤としてウレタン樹脂が用いられています。 ウレタンと聞くと、車のシ...

人気の窓メーカー!YKK・リクシル・三協アルミを比較しよう

新築を予定している人は、間取りや内装など、取り決めることがたくさんあります。 その一つが住...

スポンサーリンク

窓を塞ぐためのリフォームのメリットとは

窓の位置が悪いとインテリアの置き場所に困り、うまくレイアウトができないことがあります。

また、隣の家との距離が近い場合には、視線が気になることもありますよね。

このようなときには、「窓を塞ぐためのリフォーム」をすることがおすすめです。

では、このリフォームには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

【断熱性が上がる】

窓は、壁とは違い外気の影響を受けやすい部分と言えます。

そのため、使わない窓があると、部屋の中の気温に大きく影響してしまうのです。

部屋と外気との温度差が大きくなると、窓が結露してしまいカビの原因にもなりえます。

しかし、窓を塞ぐことによって断熱性が上がり、このようなことが起きにくくなるのです。

【防犯性が高くなる】

窓の位置によっては、外からの視線が気になることもあるでしょう。

そのような窓は、空き巣からも狙われやすいのです。

窓も塞ぐことによって、防犯対策になりますし、視線が気になることもなくなります。

【補強】

窓の中には、見てもわかるように、何も入っていません。

そのことで、家自体の耐震性も窓が多ければ多いほど低くなるのです。

そこで、使わない窓を塞ぐと壁の補強をすることになるので、耐震性が向上するのです。

窓を塞ぐリフォームのデメリットとは

メリットが多いことは、前項からお分かりいただけたかと思います。

しかし、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

これには、大きく2つあげられます。

【日光が届きづらくなる】

これは、当然のことながら、避けようのないデメリットです。

今までは窓があり、そこから外からの光を取り入れられていましたが、そこを壁にすることで、光を取り込めなくなります。

これがもし、生活に支障が出るのであれば、完全に塞ぐのではなく、小さな窓にリフォームするという方法も考える余地があります。

【簡単に再リフォーム出来ない】

これは完全に窓を塞ぐのではなく、小さな窓にリフォームしたときに当てはまります。

大きな窓から小さな窓にリフォームを行った際には、そう簡単にはリフォームをし直して、サイズ変更を行うのは難しいです。

窓を塞ぐリフォームの工事①内装工事

ここまで、窓を塞ぐためのリフォームのメリット・デメリットについてご説明してきました。

これが行われるとすると、実際にはどのような工事が行われるのでしょうか。

内装工事・外装工事それぞれの例を見ていきましょう。

まずは、内装工事からです。

工事内容は、「サッシ枠を取り外し、外壁を塞ぐ」といったものになります。

方法としては、以下のような工程で行われていきます。

①窓の開口部に下地を組む

②断熱材を入れる

③ベニヤ板や石膏ボードを貼り、開口部を塞ぐ

④壁紙を貼って完成

窓の大きさや工事を行う範囲によって金額に差がありますが、約5~10万円ほどで行うことができます。

この方法の注意点としては、壁紙を窓のあった部分のみに貼ってしまうと、見た目が良くないことや雨漏りのリスク・補修費用がかかるといったことがあげられます。

そのため、この方法の場合、壁一面もしくは部屋全体の壁紙交換をおこなうことをおすすめします。

窓を塞ぐリフォームの工事②外装工事

続いて、外装のリフォームについて、ご説明していきます。

外装に関しては「モルタル仕上げ」「サイディング仕上げ」と2通りの方法があります。

【モルタル仕上げ】

まずは、モルタル仕上げについてです。

この方法は、窓の上に庇がある場合に多くとられるものになります。

サッシ枠を取り外したのち、専用のボードを窓の開口部に取り付けて塞ぎます。

そして、その上からモルタルを塗って塗装をします。

この方法は約6~10万円ほどで行うことができます。

【サイディング仕上げ】

この方法は塗装をしないことが特徴です。

そのため、周囲の色とサイディングの色が近くなるように選びましょう。

まずは、開口部を塞ぐために構造用合板を使います。

そしてサイディングを貼り、コーキングを行います。

この方法は約5~8万円ほどで行うことができます。

リフォームの施工事例

実際にリフォームをした方は、どのような工事を行ったのでしょうか。

ここからは、施工事例をご紹介していきます。

【室内に柵を作る】

窓からの明かりが眩しいことから、窓を塞ぐことにしたという事例になります。

こちらは、窓ガラス・窓枠を取り外し、埋める工事を行いました。

その際、外装はきれいに塗装を行いましたが、内装の壁は埋めずに柵を取り付け、飾り棚としてリフォームをしました。

【FIXパネルを使う】

中古住宅での施工例になります。

浴槽の窓が原因で、寒さに悩まされていたことから、窓を塞ぐためのリフォームを行いました。

窓枠は取り外さずに「FIXパネル」と呼ばれる不透明なパネルに断熱材を挟み、はめ殺しにする方法で施工しました。

費用も抑えることができ、寒さや視線の対策になりました。

【季節で使い分けをする】

夏は日差しが暑いけれど、冬の日差しは貴重だということがありますよね。

そのようなときには、完全に窓を塞ぐのではなく、部屋側に開閉できるように扉をつける方法もあります。

この方法は、コストパフォーマンスの高いリフォームになるでしょう。

このような施工例の費用は、窓の大きさや位置などにもよって変動はありますが、10~30万円ほどが相場となっています。

施工を予定している窓が2階以上の場合は足場を組む必要があり、その分の費用も掛かりますので、頭に入れておくといいでしょう。

工事期間はおよそ1~2週間ほどになります。

リフォームを行うときには注意!

ここまで、窓を塞ぐときのリフォームについてご紹介してきましたが、1つ注意点があります。

それは「複数社から見積書を出してもらう」ということです。

ここまで、使わない窓・不要な窓を塞ぐことにはメリットがたくさんあることをご紹介してきました。

このようなリフォームを安全かつ費用をかけずに行うためには、複数社から見積書を出してもらうことが大切になってくるのです。

これは「費用の比較ができることはもちろん、信頼性も比較する」という意味でも必要になるのです。

「リフォーム会社」は、日本全国に多数存在します。

それらリフォーム会社の中には、法外な高い金額を請求してくるような業者も、残念ながら存在しているのです。

しっかりと比較せずに、このようなリフォーム会社に依頼をしてしまう可能性もあります。

事前にしっかりと比較をしましょう。

窓のリフォームを楽しもう!

窓のリフォームは壁へも影響を与え、壁一面を塗り替えることも部屋の雰囲気をガラリと変えます。

部屋全体の壁紙を変えるとなれば、さらに雰囲気は変わることでしょう。

また、しっかりと見積書を比較してからリフォームをして、後悔のない部屋づくりをしましょう。

複数社に見積書を依頼するときには、同じ条件で依頼することを忘れないでください。

 - リフォーム・リノベーション, 建物