ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

すぐに改善したい!木造一軒家の音漏れと防音の対策とは

2019.5.1

「木造一軒家は音漏れや騒音が気になってしまうのでは」と心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。

木造の建物は、鉄筋コンクリート造などと比較しても、その素材の関係で遮音性は決して高いとは言えないでしょう。

木造という構造自体はどうすることもできませんが、色々と対策はできるのではないでしょうか。

ここでは新築の木造一軒家でできる防音対策方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

モルタルは配合によって強度が変わる!?その基準配合は?

セメントと砂を配合し、水で練り上げて作るモルタルですが、その強度はどれくらいなのでしょうか? ...

木造の家やアパートで響くさまざまな音はどうすればいい?

木造の家に住むと不思議な音がして怖くなってしまったり、どこか壊れているのではないかと疑心暗鬼に駆...

窓用エアコンのデメリットである「隙間問題」解決策とは?

もはや現代人にはなくてはならないエアコンですが、よく見かける壁付けのエアコンが物件によっては取り...

w造やs造とはどんな構造?耐火性や耐震性はあるの?

物件を探しているとき、部屋の間取りももちろん大切ですが、その物件の構造も重要なポイントの一つとな...

新築と中古のメリット・デメリット!一戸建てのおすすめは?

一戸建てへの住宅に引っ越しを考えている方が最初に悩むことは、新築または中古、どちらの一戸建てを購...

窓の種類について解説!窓によって大きさの限度がある?

家や学校、オフィスなど普段私たちが利用する建物には窓が取り付けられています。 窓と一口に言って...

流木をDIYするならアク抜きは必須!インテリア用に使える?

海や川へ行った際に、流木が落ちていることがありますよね。 今はそれをインテリア用に使おうと...

窓用エアコンは静かなの?メリットや選び方などを見てみよう

近年、とても暑い夏、とても寒い冬と体に堪える気候ですよね。 そんな時に役立つ家電といえば「エアコ...

木造住宅の間仕切り壁の役割、厚さが影響するポイント

家を建てた方、建てる計画をした方であれば「間仕切り壁」という言葉をご存じだと思います。 木造住...

お洒落に窓を目隠し!インテリアとしても有効なアイテム紹介

窓の多い家は、太陽光がたくさん入り、風通しも良いことから、明るくて気持ちの良いものです。 しかし...

新築マンションを購入するならブログの情報を参考にしよう!

新築マンションの購入は、人生の一大事です。 本や雑誌で情報収集に時間をかける人も、おしゃれなモデル...

賃貸物件の庭や駐車場をオシャレに変身!枕木を活用しよう

庭や駐車場は、家の「顔」とも言えますね。 賃貸物件においても、庭や駐車場は入居希望者がまず目にする...

内装業者として独立したい!年収はアップできるのか?

内装業者として働いていて、独立を考えているけれど、その一歩が踏み出せず迷っている方もいるのではな...

窓用のエアコンで部屋が冷えないときの対処方法

夏場は部屋の窓際が特に暑くなります。 そのため、窓付近にエアコンを設置している家がほとんど...

賃貸物件の1Kとは居室の数とキッチンを示した部屋の間取り

不動産業界で言う1Kとは、部屋の間取りを表します。 1Kとは1つの居室とキッチンという意味です...

スポンサーリンク

木造一軒家の騒音はどのように感じるの?

新たに木造一軒家に住むにあたって、気になるのは「日常での生活音」ではないでしょうか。

アパートなどといった集合住宅でも、このような音は気になるものですが、一軒家も例外ではありません。

一般的に、生活するときには昼間は55デシベル以下、夜間は45デシベル以下が生活がしやすいとされています。
具体的にどのような生活音が、どれくらいの音なのでしょうか。

いくつか例をあげてみましょう。

・エアコン…約41~59デシベル

・風呂、給排水音…約57~75デシベル

・洗濯機…約64~72デシベル

・掃除機…約60~76デシベル

・テレビ…約57~72デシベル

・人の話し声…約50~60デシベル

・大声…約88~99デシベル

生活音の例としては、以上のようなものがあげられます。

とはいえ、「騒音」と感じる音の大きさは、人によって異なります。

例え大きな音であっても、短い時間であれば我慢ができたり、小さな音でも長い時間だと我慢ができないこともあるでしょう。

そのほかにも、「昼は気にならなくても、夜には気になる」ということもあります。

新築の木造一軒家でできる音対策とは?

では、新たに木造一軒家を建てるときにはどのような音対策をする必要があるのでしょうか。

まず、音対策ができる場所は大きく分けて3つあります。

・天井、壁、床

・窓

・出入口

これらに音対策をすることができます。

しかし、全てに防音対策を施してしまうと値段が高くなってしまうため、「必要かな」と思う部分に対策を行いましょう。

1つ目の「天井、壁、床」の防音対策ですが、ここは外からの音を防ぐだけでなく室内の音を漏らさないためにも必要になります。

2つ目の「窓」は最も音が漏れたり、聞こえてきたりするところと言えます。

その理由は、壁は厚みがあり音が通り抜けにくいのに対して、窓は壁に比べ大変薄いことから、音が通り抜けやすいためです。

3つ目の「出入口」は開け閉めをするため、音が入って来やすいのです。

新たに建てる木造一軒家の音対策①天井など

ここからは、先ほどご紹介した3つの対策をより、具体的にご説明していきます。

まずは「天井、壁、床」についてです。

これらは、音漏れをさせないためにも防音対策を行いたい場所になります。

新たに木造一軒家を建てるときには、意識したい場所にもなります。

では、どのような対策を行えばいいのでしょうか。

最も効果が期待できるのは「二重構造にする」ということです。

つまり、どういうことかというと、部屋の中にもう一つ部屋を作るということです。

材料が木材であるため、コンクリート造と比較すると音が伝わってしまいやすいので、このような構造にすることで、音漏れを軽減できるのです。

二重構造にするほかにも、2階の床に防音のための工事や1階の天井に吸音工事を行うことも方法としてあげることができます。

これらの工事を行うことで、防音性を上げることができます。

費用は、8畳ほどで約400~450万円ほどとなります。

新たに建てる木造一軒家の音対策②窓

先ほども触れたように、木造の一軒家のなかでも、窓は音が伝わりやすい場所と言えます。

よく使われている家の壁というのは、厚さがおよそ20cmほどと言われています。

それに対して窓は、およそ5mmほどです。

見た目でもわかりますが、窓の方が圧倒的に薄いのです。

そのため、防音対策をしておかないと、音が通り抜けてしまうのです。

では、窓にはどのような対策を取ることができるのでしょうか。

大きく分けて3つの方法があります。

まずは「窓の大きさ」です。

ここまでご説明してきたことで、なんとなく想像がつくかもしれませんが、窓は大きければ大きいほど音が通り抜けてしまいやすいです。

そのため、「防音性を高くしたい」と考えている部屋には、大きな窓は取り付けないことをおすすめします。

次に「位置」です。

窓の位置に関しては、一見すると音には関係がないようにも思えてしまいます。

しかし、窓同士の距離が近いと、音が伝わりやすくなってしまうのです。

隣の家との距離が近いところに一軒家を建てるときには、隣の家に近い場所に窓を配置しない方がいいでしょう。

最後に「二重窓や二重サッシ」です。

音は、空気を振動させて伝わります。

そのため、気密性を上げるために二重窓や二重サッシを取り入れることで、防音性を上げることができるのです。

新たに建てる木造一軒家の音対策③出入口

新築で、木造の一軒家を建てるときには、出入口の防音対策もしておくことをおすすめします。

とは言っても、出入り口の防音対策には、どのようなことをしたらいいのでしょうか。

実は、防音性の高い玄関扉というものが販売されています。

玄関扉の機能として、思い浮かべることが多いのは「防犯性」や「断熱性」ではないでしょうか。

しかし、意外にもわずかな隙間ができてしまうことの多い玄関扉は、「防音性」が低いものなのです。

そこで、気密性の高い玄関扉を採用することで、防音性を上げることができるのです。

また、このような玄関扉を採用するほかにも、防音性を上げる方法があります。

それは、隙間テープやフェルトボードを使うことです。

隙間テープは、隙間を埋めることで、防音性を上げることができます。

この方法には、音の対策になるだけではなく、隙間風の対策にもなりえます。

フェルトボードに関しては、その性質によりフェルトが吸音するため、防音性を上げます。

防音性を上げるとともに、断熱性も上げるので、冷暖房を効率よく使うことができ、省エネ対策にもなります。

家具の配置や工夫次第で防音対策!

ここまでご紹介してきた方法のほかにも、行うことができる防音対策はあります。

【間取り】

新築の木造一軒家を建てるときには、まずは間取りを決めますよね。

そんな間取りには、「音が響きやすい間取り」というものがあります。

具体的にはどのような間取りなのでしょうか。

・リビングや客間の上に子供部屋がある

少し、想像してみましょう。

2階の子供部屋で、部屋の主が元気に走り回りながら遊んでいます。

そうすると、子供部屋の真下に位置するリビングはどのようになるでしょう。

子供部屋の音が響いてうるさく感じてしまうのではないでしょうか。

このようにならないためにも、リビングの上には主寝室などを配置するのがおすすめです。

【インテリアの配置】

新築の木造一軒家が建った後、家具や家電の配置に悩んでしまいますよね。

このときに、闇雲に配置をするのではなく、防音対策をしながら配置することをおすすめします。

例えば、以下のような方法があります。

・壁に音の振動を伝えないために、大きめの書棚やタンスを配置する。

・音が伝わらないようにテレビやスピーカーを壁から離して配置する。

・防音機能のあるカーテンをつける

・厚手のカーペットを敷く。

このように、配置によっても対策が取れるのです。

防音対策をして快適に新生活を始めよう

木造一軒家での、防音対策は工夫次第で音を気にせず生活をすることができます。

工事を行うことで大きく改善できますが、高額な費用が掛かってしまいます。

そのため、工事を行うのであれば、必要な箇所のみにするといいでしょう。

自分で簡単に行うことのできる防音対策もありますので、そちらも試してみてください。

 - 一戸建て, 建物, 構造