ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートの音が響く理由~お部屋の構造について知ろう~

2018.10.27

アパートで暮らしている人には、音が響くということで悩みを持っている人が少なくありません。

なぜアパートは音が響きやすいのでしょうか?

その疑問を解消するために、賃貸物件の構造について詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

共同住宅の階段の寸法は?蹴上げと踏面次第で登りやすくなる

共同住宅の中でも、メゾネット物件が人気です。 メゾネットは1階から2階までを1住居としていて、中に...

アパートの契約書がもらえない!?賃貸借契約書の必要性とは?

引っ越しをするために見つけたアパートなどの賃貸物件。 大家さんと賃貸借契約書を交わしたのに...

アパート管理費の内容は?アパート内の掃除費用も含まれる?

アパートに住む契約をすると、入居者に毎月、住居費用として、家賃・管理費・共益費などを支払ってもらいま...

BS契約はアパートでも絶対しなくてはならないものなのか?

テレビが家にあるという方は、NHKの受信料を支払っていると思います。 ただし、NHKの受信...

敷金が返金される期限の決まりとは?

賃貸を借りるときに初期費用として発生する敷金。 退去の際に返金されるお金ですが、大家さんが返し...

賃貸の仲介手数料と消費税をしっかり理解し正しい契約を

賃貸契約をする際に支払う項目は、いろいろあります。 中でも仲介手数料は、不動産によって家賃の1...

アパートの1階で女性が暮らすのはダメ?知っておくべきこと

アパートでは、1階よりも階上の方が多くの人に人気があります。 そのため、気に入った物件はあった...

アパートの水漏れ事故の賠償責任と万が一の対策とは

アパートやマンションに住んでいると、思いもよらない事故に遭遇する場合があります。 隣戸の火災の延焼...

賃貸経営に必要!家賃と保証金の設定方法・償却とは?

貸主が賃貸経営を始めるにあたって、最初に悩むのが家賃の設定ですね。 また、保証金の設定もスムーズ...

アパートの上の階は暑い?!二階が特に暑くなる理由と対策

「アパートは一階より二階が暑い」という声はよく聞かれます。 特にこれから二階に住もうと考えている...

丸見えな窓にひと工夫!外から見えないようにする方法とは?

住宅密集地のため、窓を開けた目の前が隣家の窓というような場合、隣家からの視線が気になるものです。...

入退去時に覚えておきたい!家賃の日割り計算のルール

賃貸不動産を契約する際、不動産会社から出された見積もりを見ると、その中に『日割り家賃』という項目...

家賃と管理費・共益費の違いとは?仕訳はどうなるか?

家賃については理解していても、管理費と共益費の違いについては知らない人もいるのではないでしょうか。...

ロフトベッドは便利!賃貸でも置くことはできるの?

高いところに寝ると、なんだか落ち着きますよね。 ハンモックもそうですし、映画などで見る木の上の...

台所のシンク下から臭いにおいがする?!対処する方法とは

食べものを扱う台所は、毎日のように使う場所です。 ここから臭いにおいがしていたら、住んでいる人は困...

スポンサーリンク

マンションよりアパートの方が家賃が安いのはなぜ?

お部屋探しの際に、家賃の上限を決めてお部屋を探すという人は多いはずです。
家賃は安ければ安いほど、生活で使えるお金に余裕が出るので、家賃に注目することはとても大切なことです。

安い家賃で賃貸物件を探していると、マンションタイプよりも、アパートタイプの方が多いということが分かります。

その理由は、物件によっても違いますが、大きく挙げられるのは構造です。
後にご説明しますが、この構造によって音が響きやすかったり、反対に響きにくかったりするのです。

音が響きにくい構造であれば、建築費用もかかっているので、家賃も上がってしまいます。
その反対で、音が響く構造であれば、建築費用を抑えることができるので、家賃が安いことも多いです。

そして、マンションは駅の周辺など、交通の利便性が高い場所に建てられていることが多いですが、アパートは駅から離れた場所に建てられていることが多いです。

そういった立地も関係して、家賃に大きく差があります。

最後に挙げられる理由は、共同設備に費用がかかっているということです。

マンションタイプは、エレベーターやオートロックなどが共同施設として備わっていることが多く、そういった設備の管理費用が家賃とは別にかかっているのです。

最も音が響く?!~木造アパート~

アパートがマンションよりも安い理由が分かったところで、いよいよ本題の賃貸物件の構造についてご説明していきましょう。

▼木造

骨組みが木造で作られた建物です。
アパートに多い構造で、建設費用も安いので、その分家賃も安くなることが多いです。

木でできているため、燃えやすく、火災にとても弱いです。

また、地震についても気にする人が多いのですが、新耐震基準を満たしている物件であれば、そこまで気にすることはないでしょう。

そして、木造なので音が響きやすく、上の階に住んでいる住人の生活音が聞こえてしまうことも少なくありません。

構造の中でも、最も遮音性能が低いと言えるでしょう。
そのため、アパートの騒音トラブルが起こってしまうことも珍しくありません。

家賃が安いからといってその賃貸物件にしたとしても、騒音で眠れないとすぐに引っ越しをしてしまうことになってしまいます。

そうなると、結局費用が多くかかってしまうことになるので、音が響くのが嫌、静かに暮らしたいという人は、構造を確認したり、どんな住人が住んでいるのかを知る必要があるでしょう。

木造と同じくらい音が響く?!~鉄骨造アパート~

木造以外のアパートの構造についてご紹介します。

騒音トラブルの可能性が低い静かな部屋を探したいと思っている人は、木造は音が響くということだけでなく、他のタイプの構造についても知っておく必要があります。

▼鉄骨造(S)

骨組みが鉄骨造で作られた建物です。
そして、木造と同様に、「軽量鉄骨造」はアパートに多いタイプの構造です。

鉄骨造と聞くと遮音性能が高いように思ってしまう人もいるようですが、木造と変わらないくらい振動を伝えてしまうため、その遮音性能は低いです。

マンションにも鉄骨造の物件が多いのですが、マンションだからといって音が響きにくいというわけではありません。

つまり、構造が同じであればアパートと変わらないということです。

ちなみに、「重量鉄骨造」というものもありますが、こちらは鉄骨が太いだけで鉄骨造ということに変わりはありません。

賃貸物件の他の構造~鉄筋コンクリート造~

鉄骨造のアパートは、木造と変わらないくらい振動を伝えるため、音が響くことは避けられません。

それでは、他の構造ではどうでしょうか。

そこで、それ以外の賃貸物件の構造についてもご説明していきます。

▼鉄筋コンクリート造(RC)

柱・梁・床・壁が鉄筋コンクリート造で作られた建物です。
この構造は、アパートタイプよりもマンションタイプで見られることが多いでしょう。

耐震性や耐火性も優れているので、中高層のマンションなどによく用いられている構造です。

気になるのが遮音性能ですが、ドアの開け閉めや、歩く際の振動の問題はほとんどないと言えます。
さらに、壁がコンクリートですので、遮音性能は高いと言えるでしょう。

鉄筋コンクリート造(RC)は、お部屋探しの際に人気の条件ですが、重量が重いということや建築費用がかかっているので、その分家賃も高い傾向にあります。

賃貸物件の他の構造~鉄筋鉄骨コンクリート造~

ご説明したように、賃貸物件の構造は、さまざまあります。

遮音性が高いことに越したことはないのですが、そういった賃貸物件は建築費用がかかっているため、家賃が高く設定されていることがほとんどです。

しかし、他人の生活音を気にすることなく、静かに暮らすことができるということを考えると、その家賃も高いと感じることがないかもしれませんね。

そして、もう一つだけ構造についてご説明しましょう。

▼鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)

柱や鉄骨などの周りに、さらに鉄筋コンクリートを施工して作られた建物です。

高層マンションなどのように、大規模な建物を建造する場合は、この鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)で建てられることが多いです。

しかし、基本的な遮音性能は、鉄筋コンクリート造(RC)と変わりません。
この構造も建築費用がかかっているため、もちろん家賃は高くなります。

また、遮音性能が気になるという人は、鉄筋コンクリート造(RC)か鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)の物件で、且つ壁の厚さにこだわるのがおすすめです。

壁の厚さが2メートル以上であれば、音を気にすることなく、快適に暮らすことができるでしょう。
厚さは不動産会社に確認することが可能です。

次では、音が響く構造のアパートで暮らしているという人に役立つ情報をご紹介しましょう。

音が響く木造アパートの音漏れ対策方法

すでに音が響く木造アパートで暮らしている人は、自分の生活音が響いている心配や、反対に、他の住人の生活音で悩みを持っていることがあるかもしれません。

そういった場合、音漏れ対策として、壁に本棚やクローゼットなどの壁面収納を置くのがおすすめです。
角部屋の場合は、他の住人の部屋と接している側の壁に、壁面収納を置きましょう。

また、窓にはブラインドを設置するよりも、レースカーテンと厚めのドレープカーテンの二重掛けにする方が、音漏れ対策として効果があります。

そして、階上の部屋で暮らしている場合は、床には、カーペット・コルクマット・置き畳などを敷くのがおすすめです。

これだけでも、階下への足音の響きなどが軽減することが可能です。

さらに、チェアの脚には脚カバーをつけておくのも、椅子を引くときの音が軽減されるため、防音対策として効果的です。

アパートを探す時には構造にも注目しよう!

賃貸物件の構造について分かると、失敗しにくいお部屋探しができます。

音の響く木造アパートを選ぶのであれば、上階を選んだり、角部屋を選んだり、さらに、暮らしている住人についても知っておくと、より失敗しにくいお部屋探しができるはずです。

今回ご紹介した内容を基に、音が響かない部屋を探してみてはいかがでしょうか。

また、もし現在音漏れが気になるのであれば、今回の対策を行ってみてください。

 - アパート