賃貸保証会社とは何?緊急連絡先の人に支払い義務はあるの?

アパートを借りるときには、家賃を滞納した場合、それを代わりに支払う「連帯保証人」を立てるのが基本です。

しかし、核家族が増えたことや頼みにくいなどの事情で、連帯保証人が探せない人も増えています。

その場合は「賃貸保証会社」に頼むことになりますが、それには保証料を支払い、緊急連絡先を届けることが求められます。

今回は、賃貸保証会社や、緊急連絡先の人に家賃の支払い義務はあるのかを、学んでいきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの入居者が車庫証明を取得する際の手数料や注意点

車を購入する際には、車をどこに保管するのかを証明しなければいけません。自宅に駐車場を持っている...

アパートを契約更新!火災保険は更新しないといけない?

いま住んでいるアパートの契約期間が迫ってきたとき、契約更新の手続きをするかと思います。そのと...

内装をインダストリアル風に!レザーや木材でDIY!

ここ最近、部屋の内装を「インダストリアル風」に仕上げたいという方が多くなってきています。しか...

木造アパートの騒音トラブル!対策方法はあるのか!?

近年のアパートは、木造のものや鉄筋コンクリート造など実に様々です。アパートに住むうえで気になる...

必見!義父・義母との同居を円満に解消する方法

結婚生活がスタートし、義父・義母との同居で悩んでいる人は多いと思います。義理の両親と離れ...

隣人の騒音をどうにかしたい!警察には通報していいの?

複数の家庭が、ひとつ屋根の下で暮らす賃貸物件では、「騒音トラブル」が少なくありません。今現在...

今更聞けない!1kとは一体いくら?1kはお金だけじゃない?

最近、SNSやネットの掲示板でよく目にする「1k」という表記。「今日は株で30k回収成功!」...

家賃滞納で裁判!?そうなる前に分割で支払う意思を見せよう

賃貸物件に住んでいると、毎月、家賃の支払いがありますよね。この家賃、一日でも支払いが遅れると...

住所が違う!?正式住所を検索で知ろう!検索のコツって?

インターネットやSNSの利用が増えて、個人情報の漏洩に対して、以前より神経質になるのも無理のない流...

インテリアにとって重要な巾木!交換は簡単にdiyできる!?

壁を守り、壁と床の緩衝材になっている巾木(はばき)。衝撃を受けることが多いために、傷んだり、...

窓から入る冷気を防ぐには?窓の防寒対策について解説!

冬場になると、外の気温と同じく家の中の室温も下がります。冬に室温が下がる主な原因は、「窓から...

窓に断熱シートを貼りたい!その効果や透明度も気になる!

寒い冬や暑い夏の対策として、窓に断熱シートを貼ることを検討している方もいらっしゃることでしょう。...

bsが映らない?テレビ放送の仕組みとトラブル原因と対策

入居者から「bsが映らない」と言われ、マンションのオーナーが急いで現地に行ったら、入居者のテレビが...

丸見えな窓にひと工夫!外から見えないようにする方法とは?

住宅密集地のため、窓を開けた目の前が隣家の窓というような場合、隣家からの視線が気になるものです。...

不動産登記はオンライン申請が便利!?注意したい各時間帯

新築などの際、間取りや内装の決定などと同様に重要なのが各手続きです。その手続きの中でも不動産...

スポンサーリンク

賃貸保証会社とは?

賃貸契約を結ぶ際、不動産業者の仲介で契約を成立させるわけですが、その際の条件として、借り主が家賃の滞納をした場合に備え、一定の収入がある身内が連帯保証人になることを求められます。

しかし、核家族化や高齢化の影響で、ご両親が年金暮らしだったり兄弟がいないなど、連帯保証人を探せない人が増えています。

そこで最近は、賃貸保証会社を利用して、連帯保証人の代わりとなってもらい、契約することができるようになってきました。

賃貸保証会社は、借り主から前もって保証金を受け取ります。

そして、それを万が一のときの立て替え費用に充当していくわけですが、もし、立て替え払いが発生しなければ、会社の利益となります。

つまり、優良な借り主と契約し、多くの保証金を貰えれば利益が増えるので、その目的で行う保証会社もあるでしょう。

しかし、不景気で滞納者が増えた場合は支払いが利益を上回り、最終的に回収できない場合は倒産もありえます。

そう考えると、賃貸保証会社の業務は、非常にリスクが高いですよね。

そのため、賃貸保証会社は、常に借り主と連絡がつく状態を維持するために、契約時に、本人だけでなく、緊急連絡先として身内の方の連絡先をもらうことを条件としているのです。

緊急連絡先を設定しても賃貸保証会社の審査は必要

賃貸保証会社を利用することは、厄介な連帯保証人の手続きが不要なので、大変便利です。

また、緊急連絡先になった人も、連絡先なら、抵抗を示さず引き受けて下さる方がほとんどです。

しかし、それだけでは契約条件としては不十分で、賃貸保証会社は必ず事前審査を行います。

この審査に合格できなければ、連帯保証人がいないのと同じですから、賃貸契約は成立しません。

通常の審査では、借り主の職種や勤続年数、年収に対する物件の家賃の額、そして緊急連絡先が適切であるかを判断します。

会社が加盟している保証事業団体(全国保証業協会など)があれば、そこに保管されているデータに照会をかけ、訴訟、夜逃げ、クレジットカードの支払などの情報を確認し、マイナス要因がないことを確認します。

この団体は、信販会社の信用情報機関である「株式会社日本信用情報機構」のような性質を持っていますが、賃貸保証制度健全化のための独自の団体です。

賃貸保証会社の加盟団体と信販系の情報機関が同じ会社でない限り、個人信用情報は見れません。

そのため、よほどの原因がない限り、審査に落ちることはないと思います。

もし、同一会社であるか心配な方は、不動産屋に確認するか、契約時に記入する書類に社名が入っていないか、確認をしてみましょう。

滞納発生時における賃貸保証会社と緊急連絡先の対応

賃貸保証会社は、連帯保証人の立場であるため、審査や緊急連絡先の設定に厳しい基準が必要であることは理解できます。

しかし、実際に滞納してしまった時はどうなるのでしょうか。

滞納したときの主な流れは、次のとおりです。

通常、家賃の支払いは、翌月の賃貸料を前月に払う「前払い制度」になっているので、期日までに家賃の入金が確認できない場合、大家さんや賃貸保証会社から連絡が入ります。

そして、振込の場合は、再振込用紙が送付されるでしょう。

しかし、再請求をしたにも関わらず、家賃の支払い確認ができないと、賃貸保証会社は電話やメールで借り主に督促したり、緊急連絡先や職場にも連絡し、借り主を探します。

さらに連絡を無視していると、内容証明郵便や契約解除予告状が送られ、裁判所による強制退去の準備が進みます。

ここまでくると、ブラックリスト入りです。

強制退去の当日は、裁判所の命により執行官、運送会社がやってきて、無理やり部屋から出され住む場所を失う結果になります。

そして、ついに住所不定となって、次の住まいも探せなければ、転職したくても仕事にも就けないという悪循環に陥ります。

緊急連絡先の人は、賃貸保証会社との関係を理解しておくことが必要

ご自身が、賃貸保証会社の緊急連絡先になっていて、ある日突然、家賃滞納の連絡が入ったらどうしますか?

まずは、借り主本人を探し、支払いをするよう督促しますよね?

しかし、連絡がつかなかったり、ついたとしても「支払いの目処が立たない」と言われたら、どうしますか?

支払期限が迫っている場合は、「とりあえず今月分は立て替えておこう」と考える方もいると思います。

家族が借りているなら、なおさら裁判沙汰になられても困ります。

しかし、知っておいていただきたいのは、緊急連絡先の人に、滞納分の家賃を支払う義務はないということです。

本来、滞納された家賃の支払義務があるのは、賃貸保証会社であって、緊急連絡先の人は、本人と連絡を取るための人です。

そのため、滞納が発生しても、その事実についての連絡は入りますが、督促はされないはずなので、当然自ら支払うことを申し出る必要もありません。

緊急連絡先になられている方は、そのことを理解した上で、本人に代わって支払うのか、拒むのかを選択してください。

緊急連絡先をやめると言われたら

連帯保証人を立てられない借り主にとって、賃貸保証会社を利用することは大変助かります。

何としても、緊急連絡先になってもらえる人が必要ですよね。

そこで、何とかお願いして引き受けて貰えたものの、緊急連絡先の方から「やめたい」と言われたらどうしますか?

もし、ご自身が滞納ばかりしていたら、当たり前のことでしょう。

代わりに緊急連絡先となってくれる人(できれば身内の方)が見つかれば、問題ありません。

その場合は、賃貸保証会社に申し出て、緊急連絡先の変更手続きをすれば可能です。

しかし、代わりに引き受けてくれる方がいない場合は、賃貸契約を解約せざるを得ないことになります。

悪質な賃貸保証会社だと、解約に伴う手数料をかなり多く請求されるかもしれません。

しかし、最近では、緊急連絡先の代理会社も存在するので、そういった会社を利用する人もいます。

ただ、足元を見られているため、怪しい会社が沢山あります。

勝手に手続きを進めると、契約違反や虚偽記載になる恐れもあります。

もし不安に感じたら、自己解決はせず、法律の窓口や弁護士さんなどに相談してください。

賃貸保証会社や緊急連絡先の方に迷惑をかけないためにすべきこと

せっかくアパート暮らしを始めても、家賃の支払いに追われ、賃貸保証会社や緊急連絡先から頻繁に連絡が来るようでは、楽しめません。

また、収入が少ないのに高い家賃を払っていると、払い続けられるか不安になりますよね。
賃貸は、家賃だけでなく、管理費や更新料も取られるので、家賃だけを考えていたら、滞納や夜逃げという最悪の事態を招きかねません。

そうならないようにするために、あらかじめ次のような対策をしておくことをおすすめします。

・家賃と収入のバランスを考え、高い家賃、更新料、管理費の物件を選ばない(一般的には収入の3割)
・家賃の2ヶ月分を貯金をしておく(万が一退去する場合の費用に補填できる)
・病気や怪我に備え、所得補償保険に加入する

などです。

また、「今月だけ何とかしたい」という方には、

・消費者金融(簡単に滞納される方にはおすすめできません)
・貸し主に支払い期限を延長してもらうか、分割払いの交渉をする
・クレジットカードの利用で、翌月以降に延ばす

なども有効です。

これらができれば、賃貸保証会社や緊急連絡先に迷惑をかけずに乗り切れるので、しっかりとした計画を立てて、家賃の支払いを滞らせないようにしましょう。

賃貸保証会社を利用しても、家賃はきちんと支払おう!

高齢化や雇用の悪化が進めば、住宅ローンを組めない人が多くなり、年金暮らしでも賃貸生活を余儀なくされる時代になりつつあるため、賃貸保証会社は必要な存在です。

よって、賃貸保証会社同士の競争がさらに増えてくるでしょう。

緊急連絡先の人には滞納された家賃の支払い義務はありません。

家賃の支払いは、借り主の義務なので、きちんと生活設計を立てて家賃の滞納を防ぎましょう。