ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

なぜリーマンショックが円高に?金融危機の円買いの理由とは

2018.9.5

2008年、アメリカで起きたリーマンショックによって、世界経済は大打撃を受けることになりました。

その影響は日本経済にも及びましたが、日本企業が不況になった原因の一つに、「円高」があります。

リーマンショックなどの金融危機には、円が買われる「円高」になる傾向が強くあり、「有事の際は円買い」という方式も投資家の中では常識になっています。

そこで、この記事では、リーマンショックによる円高の理由について、詳しくご説明してきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

更地を賢く利用!固定資産税で損しないためには駐車場利用を

所有している土地が、何にも使用していない更地となっていることもあるでしょう。 更地であっても、...

投資で重要なインフレとデフレ!意味や覚え方を理解しよう!

株式投資を行ううえで、重要な判断材料ともなるインフレとデフレ。 学生時代に学んだことでもありま...

固定資産税は新築から3年間軽減される?平均はどれくらい?

土地や住宅などを購入すると、必ず付いてくるものが固定資産税です。 固定資産税は不動産の所有者で...

ネットの不動産ニュースランキングから気になる情報をご紹介

ネットの浸透によって、大小さまざまなニュースをすぐに知ることができるようになりました。 自分に...

円高になると輸出企業の業績が悪化するといわれるのはなぜ?

円高になると、経済にはネガティブな影響が出ると考えられています。 特に関係してくるのは、輸出企...

投資運用に関わるインフレ・デフレをわかりやすく解説!

投資を行う上では、経済や政治などの国内・世界情勢を、多角的な視点で読み取ることが大切です。 そ...

投資にどう関わる?インフレ・デフレ・スタグフレーション

株式投資をするうえで、今の景気がどのような状況かを知っておくことは重要です。 なぜなら、景気に...

世界の通貨発行権はロスチャイルドにある?その陰謀論とは?

「ロスチャイルド」と言えば、陰謀論などの類では、しばしば耳にすることが多く、実際、この名前だけな...

外資銀行で外貨預金!特徴や日本支店を出している銀行は?

超低金利時代の今、定期預金での利息はほぼ無いに等しい状態となっています。 そんなときに、外貨で...

親の土地を子供が貰った!税金としてお金を払うってホント?

世界では、だいたいの国に税金というものが設けられています。 日本も、さまざまな税があり、ひとつひと...

中古物件を住宅ローンで購入!審査の流れを押さえておこう!

近年は、新築にこだわらずに中古物件を選ぶ人も増えています。 中古物件の購入にも住宅ローンを使う...

今さら聞けない為替の計算の仕方!為替投資についても解説!

為替に関するニュースをよく耳にしますが、為替はどう計算するか、計算の仕方をご存知ですか? 人に...

住所の正式名称を検索する方法や書き方をご紹介!

日常で自分の住所を書いたり答えたりする場面はあまりありません。 おそらく、店などで簡単なア...

歴史から知る為替取引き!24時間動く市場には休みはあるの?

投資にご興味のあるかたは、為替市場に休みがあるのか気になりますよね。 いったい、いつが休みにな...

確定申告で登記事項証明書が必要な時とは?申告期限はある?

毎年必ず訪れる確定申告の時期。 この確定申告を行う際、「登記事項証明書」という書類が必要になる...

スポンサーリンク

そもそもリーマンショックとは?

リーマンショックによる円高の理由についてご説明する前に、まずは、リーマンショックについてご説明していきましょう。

リーマンショックとは、2008年にアメリカの大手投資銀行、「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻によって、世界規模の金融危機が起こったことを指します。

リーマン・ブラザーズの破綻は、アメリカ史上最大の倒産と言われ、その世界的な影響は「世界金融危機」とも呼ばれています。

なぜリーマン・ブラザーズが破綻したのかと言えば、その原因は「サブプライムローンの崩壊」にあります。

サブプライムローンとは、低所得者でも家が買えるように組まれたローンのことで、いわゆる「低所得者向けの住宅ローン」です。

その当時、アメリカの不動産業界は好景気だったため、リーマン・ブラザーズは2007年に大企業へと発展します。

しかし、住宅価格が徐々に下がっていき、金利が上昇したことによって、ローンの返済不能に陥るケースが続出しました。

さらに、証券会社によって、サブプライムローンの債務担保証券が、世界の金融機関などに売られていたため、最終的にはリーマンブラザーズは破綻しました。

この金融危機により、金融機関からの融資を受けられなくなった企業は、世界規模で倒産していく事態となったのです。

リーマンショック後の「ドル安政策」とその理由について

このような金融危機を脱するために、アメリカは「ドル安政策」を講じています。

その理由というのも、世界規模の大不況を回復させるには、世界経済の中心である「アメリカ経済」を回復させる必要があったからです。

「ドル安政策」は、ドルの価値を下げることで、他国の通貨価値を上昇させ、国内産業の発展に繋げるものです。

つまり、「ドル安」は「円高」を意味しますから、アメリカ国内では日本製品などの輸入品の消費が減るので、輸入品の需要が下がります。

このように、海外からの輸入が減ることは、自国の製品が売れることに繋がるので、この「ドル安政策」によって、自国の産業の活性化を図ったのです。

その結果、リーマンショックから2~3年後には、アメリカ経済は回復に至りました。

その一方で、日本はこの「円高」に対して政策を行っていません。

では、それについて、次項で詳しく見ていきましょう。

円安政策は行われなかった?リーマンショックで日本は超円高に

リーマンショック後に、「ドル安政策」を行ったアメリカに対し、日本は自国通貨安政策を行いませんでした。

その結果として、円がどんどん買われていき、極端な円高が続く事態になったのです。

米ドル為替相場によれば、2008年9月15日時点で「1ドル=104.8円」だったのに対し、3ヵ月後の12月17日には、「1ドル=87.1円」にまでなっています。

このたった3ヶ月の間に、17%も円高が進んでいることになりますから、当時の円高のすさまじさが分かります。

この超円高が続いたことによって、日本企業は勿論、特に日本の輸出企業は大ダメージを受け、大規模なリストラや派遣切りが行われることになったのです。

日本で「円安政策」が行われなかった理由としては、アメリカからの圧力があったとされていますが、真偽の程は定かではありません。

では、なぜ金融危機で円高が進んでしまったのでしょうか?

その理由について、次項で詳しくご説明していきましょう。

リーマンショックによる円高の理由!その①日本の低金利

リーマンショック当時、「安全資産として円が買われた」というフレーズが、多くのマスメディアによって報道されていました。

確かにリーマンショック以外の有事の際にも、円が買われて「円高」になる傾向があります。

「その国の通貨信用は、国の信用力を裏付ける」とも言われていますが、実際日本はどうでしょうか?

1000兆円を超える政府債務があり、経済成長率も横ばいを続けている日本の円が、なぜ「安全通貨」と言われているのか、疑問を持つところだと思います。

リーマンショックのような金融危機に、円高になる理由は、大きく分けて3つあります。

まず1つ目は、日本の金利が低水準であることが挙げられます。

日本の金利は、他の主要国と比べると極めて低いため、平時の場合、低金利の円は売られやすい傾向にあります。

つまり、低金利の円を調達することで、高金利の外貨を買う取引、いわゆる「円キャリー取引」「円借り取引」が行われやすいのです。

しかし、金融危機の場合はその逆となり、高金利通貨を売って円を買い戻すことで、投資家も企業もリスクを回避しようとするのです。

これが、リーマンショック後の円高を後押しした、1つ目の理由です。

リーマンショックによる円高の理由!その②巨額の対外純資産

リーマンショック後に円高が進んだ2つ目の理由は、日本の大規模な対外純資産にあります。

対外純資産とは、国が海外に保有している資産から負債を除いたものを指します。

日本の企業や投資家、政府などが、国外に保有している対外純資産は、2017年末には349兆円にも上り、つまりは、世界最大の債権国であることを意味します。

このような対外資産は、リーマンショックなどの金融危機が起きた場合、日本の投資家が大量に売ることで、資金を日本へ引き上げる傾向が強くあります。

つまり、海外に保有している外貨建ての資産を、日本の投資家が売却することで資金を引き上げる、いわゆる「リパトリエーション(本国回帰)」が起きやすくなるのです。

したがって、リーマンショック時の円高は、このリパトリエーションによる「円の買い戻し」による要因もあったとされています。

リーマンショックによる円高の理由!その③経常黒字大国

リーマンショックによる円高の、3つ目の理由は、日本が「経常黒字大国」であるということにあります。

経常黒字とは、簡単に言うと、輸入より輸出が大きく、支払いより受け取りの額が大きいということです。

例えば、日本車をアメリカで売った場合、その代金はドルで入ってくるので、ドルを売って円に換金する必要があります。

ただ、平時の場合、受け取ったドルは、そのままアメリカ国内の生産設備や販売網、広告費などに再投資するのがほとんどです。

また、他の国への進出資金としても、そのままドルが運用されています。

したがって、世界経済が好景気の場合は、受け取ったドルの多くは円に換金されないので、為替に大きく影響することはありません。

しかし、リーマンショックが起きた際、日本企業が赤字になったことで、一斉にドルを円に替える事態が起きました。

これが、円高を進めた理由の1つになったのです。

金融危機は円が買われる

リーマンショックによる円高は、日本の低金利、巨額の対外純資産、そして、経常黒字大国であることに理由がありました。

このような円高は、金融危機だけではなく、戦争の緊張が高まることでも「有事の円買い」は起こります。

したがって、今後もし金融危機が生じた場合は、リーマンショック時の二の舞にはならないように、超円高への対策が必要になってきますね。

 - 経済, 通貨