ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

アパートの騒音トラブル!その原因と防音・苦情対策について

2018.9.3

アパートに住んでいると、いろいろな音が気になることがあります。

また、あなたの出す音が気になる人から、苦情が出ることもあります。

しかし、アパートで他の住人からの苦情に感情的になっては、入居者同士のトラブルになる可能性もあります。

今回は、アパートの音に関する原因と、苦情への向き合い方について、入居者の目線で話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ローコストアパートを建てる。低い金額には理由があった

アパートを経営するにあたって、出来るだけ低い金額でアパートを建てたいと考えるオーナーもいます。 ...

木造アパートの新築工事!業者にできる騒音の対処法とは?

皆さんは、木造アパートの新築工事を、近所で見かけることはありませんか? 一時より落ち着いたとはいえ...

木造アパートの防音性が低い理由と防音性を高める方法

賃貸アパートは、木造や鉄筋コンクリートなどで造られたものがあり、それぞれにメリット、デメリットが...

賃貸アパートは世帯主と契約者が一致していないといけない?

賃貸アパートに住んでいる方の中には、何かの書類を提出する際に「世帯主」を問われることもあるでしょ...

アパートの窓にできる防音グッズ!プチプチシートは効果的?

アパートに住んでいると気になるのが、やはり音。 窓から入ってくる様々な音に悩まされることもあり...

賃貸物件のルールやマナーとは?道徳心をもって判断しよう

さまざまな人が住んでいる賃貸物件では、ルールやマナーが重要視されます。 お互いに気持ち良い環境...

アパートを新築する場合は玄関ドアの幅にも意識を向けよう!

アパートを新築する時や、リフォームする場合に留意したいのは、アパートの第一印象です。 交通の便...

アパートの鍵を紛失してしまった!こんなときどうしたら?

アパートの自室前で「あれ?鍵がない」と焦った経験はありませんか。 アパートの鍵の紛失は、一戸建て...

賃貸アパートの「1階」と「2階」住むならどちらが良いの?

引っ越しのために賃貸アパートを探している方もいらっしゃることでしょう。 部屋探しの際、アパ...

アパートの壁薄い物件を避ける!同棲を控えたカップルは必読

街中の仲睦まじいカップルを見ると、幸せオーラのおすそ分けを頂いた気分になります。 同棲生活...

アパートの一階に女性が一人暮らしをするときの注意点とは?

これから一人暮らしを始めるために、アパートを探しているという女性もいるのではないでしょうか。 多...

アパートのインテリアをシンプルにしたら家賃収入UP!?

アパートは、築年数が古くなるとどうしても入居者が減ってしまいます。 そのため、築浅の物件より家...

敷金が返金される期限の決まりとは?

賃貸を借りるときに初期費用として発生する敷金。 退去の際に返金されるお金ですが、大家さんが...

家屋調査は何のため?新築物件の場合にはいつ来るの?

新築で住宅を購入すると、「家屋調査」というものが行われるのはご存知でしょうか。 一度は耳にした...

アパートに住む人必見!洗濯機を回しても問題ない時間帯は?

アパートなどの共同住宅に住んでいると、近隣との騒音トラブルが起こることがあります。 特に、大き...

スポンサーリンク

アパートでの音に関する苦情の原因

アパートでは、騒音のトラブルは多いと言われています。

その原因の例を挙げると、

・隣の部屋で飲み会をしている音
・アパートの上階や下階から聞こえる足音
・ギターやピアノの演奏音
・洗濯機などの音
・子供の泣き声
・窓やドアの開け閉めの際に発生する音
・工事音

などが主となっています。

鉄筋コンクリートで造られたマンションならばまだしも、木造建てや軽量鉄骨などでできているアパートでは、近隣の住人に生活音が聞こえやすくなっています。

たまにならばともかく、毎日大きな音が隣から聞こえるようでは、アパートの住人にとってもストレスになってしまいます。

アパートの他の住人から苦情を言われないためにも、自分の出す音と上手に付き合っていく必要があります。

アパートの建物の構造は?

アパートは、どのような構造になっているのでしょうか。

マンションとは違い、木や軽量鉄骨で造られていると言われています。

アパートは音が通りやすく、音に関する苦情が出やすいようです。

また、マンションのように建物が高くないので、エレベーターはなく、階段のみの造りになっていることが多いです。

そして、アパートの場合は住戸数が少ないことも多いようです。

一方、マンションでは住戸数が多く、エレベーターで自分の階に行くまでしか、近隣の住人と会う機会はないようです。

アパートは、階も少なく移動も階段を使います。

他の住人と会う回数も、多くなる可能性が高いです。

マンションと比べると、比較的、他の住人との繋がりが強い傾向にあるようです。

アパートで音に関する苦情が出やすい時間

では、アパートで生活するときに、音を出してはいけない時間はあるのでしょうか。

日々生活をする中では、生活音はどうしても出るものです。

しかし、やはり「苦情を出されやすい時間」はあります。

深夜や早朝に音を出すと、アパートの住人から苦情が出るので、注意しましょう。

時間で言うと、夜20時から朝9時頃まではアパートの住人を気遣って、騒ぐことのないようにすると良いでしょう。

もちろん、「この時間は寝るからうるさくしないでほしい」、「家族との団欒の時間なので大きな音はやめてほしい」など、人によって静かにしてほしい時間は様々かと思われます。
すべての意見を反映することは難しいですが、できるだけ気遣うことは可能ですよね。

アパートの住人から苦情を言われにくくするためにも、常識で考えて、夜や早朝は静かに過ごすようにしましょう。

アパートの住民との付き合い方で、音の感じ方が変わる?

また、アパートは、マンションに比べると近隣の住人との繋がりがあると言われています。

部屋の数が少なく、近隣の住人と顔を合わせる機会も多いため、顔見知りになる可能性があります。

親密な関係というわけではありませんが、音に関する苦情の対策になるようです。

やり方は、常識的なことで良いようです。

まずは、会えば挨拶をし、愛想を良くしておくことです。

人当たりを良くして、悪く思う人は少ないでしょう。

挨拶に関しても、挨拶されて嫌だと思う人は少ないです。

面倒だと思っても、アパートでは、愛想を良くすることが苦情の対策になるのです。

ただし、馴れ馴れしくすることは嫌だと感じる方もいるので、程よい距離感を大事にすると良いかもしれません。

また、自分がどんな人間かわかってもらうことも、苦情の対策になります。

人は、相手がどんな人間か知れば知るほど、好意を持っていくようです。

わかってもらうといっても、こういう人間だということを主張するのではなく、「今日は良い天気ですね」と言われたら、「お昼頃は暖かくなるそうですね」と返す程度で良いのです。

「そうですね」だけでは、印象に残りません。

しかし、「お昼頃は暖かくなりそうですね」と受け答えれば、そういえば「昼頃には暖かくなると言っていたな」と思い出す可能性があります。

日常会話で少しだけ印象に残って、悪く思われなければ良いのです。

同じアパートに住む住人にとって、良い印象を持ってもらうことが大事です。

ある程度好感度が高くなれば、些細なことは気になりにくくなります。

あなたの部屋から出る音も、気にならなくなる可能性が出てくるのです。

アパートでできる防音・苦情対策

アパートで生活する中で、音はどうしても出ます。

しかし、工夫することで音を防ぐことはできます。

では、アパートでできる防音や苦情対策には、どのようなものがあるのでしょうか。

近所付き合いだけでなく、防音の対策にも様々なものがあります。

例えば、ギターやピアノなどの楽器を練習したいのであれば、音ができるだけ漏れないように、電子のものを使い、ヘッドフォンを着用するようにするようにしましょう。

音楽を聴くときやテレビを見るときも、同様です。

また、足跡などどうしても出てしまう音もあるかと思います。

足音に関しては、防音対策として、コルクマットや防音カーペットなどを敷くと良いかと思われます。

また、自分の出す生活音が、隣の住人にとってストレスにならないように、防音カーテンを使うと良いでしょう。

アパートで他の住人から苦情を言われないためには、自分の出す音を小さくする気遣いが大事になります。

アパートで騒音トラブルになったら

音の感じ方には、個人差というものがあります。

聞く人によって、何も感じない音も不快な音も違います。

好感を持っている相手であっても、許容できる音とできない音があります。

また、建物の構造上、防音が難しい音もあります。

子供が騒音の原因になるなど、騒音の問題は様々です。

アパートでの音に関する苦情は、出所が子供であった場合など一概にその部屋の住人が悪いと言いにくいこともあります。

音に関するアパートの住人とのトラブルは、当事者同士で全てを解決することは難しいです。

また、自分に苦情の原因があるのならば、改善することを考える必要性が出てきます。

もしも、隣の住人と騒音トラブルになってしまったならば、できるだけ客観的に考えることが大事になります。

誰しも、自分が有利になるように考えてしまうことがあります。

そのため、アパートの住人とのトラブルには、第三者の介入が必要になることが多いようです。

できるだけ冷静に落ち着いて考え、トラブルになった相手との話し合いの際には、アパートの管理会社や大家さんに間に入ってもらうようにすると良いでしょう。

アパートでは気遣いを大事に

アパートでは、騒音に対する苦情が多いです。

アパートで暮らす際には、隣の住人の立場で、何時頃は音を出さないようにするのが良いのかを考えるようにしましょう。

また、音を出すときはできるだけ外に漏れないように対策をするなど、相手を気遣う思いやりも大事です。

夜遅い時間や朝早い時間は、できるだけ静かにすることを心がけ、隣に住んでいる方とのトラブルを起こさないように過ごしましょう。

 - アパート, 住宅