ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

お金の「1k」は1000円ってこと?その意味を詳しく解説!

2018.8.23

「1k」はたくさんの意味がありますよね。

部屋の間取りを示していたり、金の純度を表していたり、もしくは宝石の大きさを表していることもあります。

これらはほとんどの方はご存知かと思いますが、1kはお金を示すこともあるのです。

帳簿をつける習慣のある方ですと、「1k」と聞けば「1000円」ということがすぐ分かるかと思います。

この記事では、1kが1000円となる意味などについてご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

住宅ローンの保証人・連帯保証人の違い!変更手続きの方法

住宅ローンを借りる際には保証人、または連帯保証人が必要であるケースが多いです。 どちらについても、...

スプレッド比較でFX会社を選ぶには?その注意点もチェック!

FXで取引をする上では、そのFX会社に対して、取引コストである「スプレッド」を支払わなければなり...

MRF金利がついに0%!野村證券でおすすめの商品とは?

低金利の時代も長く続いていますが、ついにMRF金利も0%になってしまいました。 金利0%のMR...

住宅ローンの事前審査は通過した!本審査で落ちた原因は?

住宅を購入する時に、一括で購入するという方は少ないですよね。 そこで利用するのが、住宅ローンで...

根抵当権を分かりやすく解説!極度額の増額・減額方法

不動産を扱う仕事をしていれば、「抵当」という言葉を耳にすると思います。 「家を抵当に入れた」なん...

通貨発行権とは何?ハンガリーが発行権を奪回した理由とは?

2011年以降、ハンガリーが通貨発行権を奪回しました。 ですが、この「通貨発行権」とは、一...

なぜ通貨偽造罪は重罪なのか?通貨の信用が国家を揺るがす

お金がたくさんあれば、と誰でも夢に見るものです。 宝くじが売れるのも、億万長者になれるかもしれない...

金についての予備知識。純金とは純度100%の金のこと?

「金」は、ただの金属ではなく、昔から資産として取り扱われてきました。 現代でも、資産として保有する...

今さら聞けないGDPとGNPの違い!わかりやすい覚え方はある?

突然ですが、GDPとGNPの違いをあなたはおわかりになりますか? みなさん、学生時代に学習したはず...

ハイリターンはハイリスク?FXで大金を溶かした人たちの話

投資を始めようと考えている人の中には、FXに興味がある方もいることでしょう。 FXは、外国通貨...

投資運用に関わるインフレ・デフレをわかりやすく解説!

投資を行う上では、経済や政治などの国内・世界情勢を、多角的な視点で読み取ることが大切です。 そ...

住宅ローンを検討中!ろうきんは審査が通りやすいって本当?

住宅ローンを検討されている方は、いろいろな金融機関に相談することになるかと思います。 今回のお話は...

高層マンションは窓が開かない?高層マンションの換気は?

高層マンションでの生活に憧れたことのある人は多いはず。 街の景色を一望できる非日常的な生活は、...

新築は固定資産税がお得?支払いはいつから始まるの?

新築を考えた際、賃貸ではかからない固定資産税などの支払いが生じます。 固定資産税に対する軽減措...

証券の種類は様々!株と債券の違いはどんな点なのか?

超低金利時代の昨今、もう銀行預金の利子はほとんど無いものとなってしまいました。 年金制度に対す...

スポンサーリンク

お金を示す1kはどういう意味?

帳簿などをつける習慣がある方は、1kと聞けばいくら示しているかをご存知のことでしょう。

また、株や為替取引を行う方のブログや掲示板の中には、「30k円損した」などといったことが書かれていることもあるかと思います。

このときの、「k」とはいったいどういう意味を持つのでしょうか。

もし、これから株取引などを行い帳簿をつけようと考えている方は、ぜひ「k」の意味を理解しておきましょう。

お金を表す「k」は「ケー」もしくは「キロ」と呼びます。

使い方は数字のうしろに付けて、「1k」「3k」というように表記します。

このときの意味は、1kは1000円、3kは3000円です。

ちなみに、10kとされていたら1万円を意味します。

株取引の帳簿を付ける場合は、「3k円」と書いてもいいのですが、「¥3k」と使う方が主流のようです。

それではなぜ、1kは1000円なのでしょうか。

次項でその意味を解説していきます。

なぜ?1kは1000円なの?

前の項で、1kが1000円だということをお話ししましたが、なぜ1000円という意味になるのでしょうか。

お金について表記される際の「k」は「ケー」もしくは「キロ」と呼ぶともお話ししましたね。

1kが1000円の意味になるのは、呼び方の一つの「キロ」が関係しています。

キロは、多くの単位にも使いますよね。

「1kg」「1km」「1kb」などが挙げられるでしょうか。

1kgが1000gを表しているように、kは「1000倍する」という意味があります。

そのため、1kmは1000m、1kbは1000b、そして1k円は1000円を指すのです。

しかし、帳簿に記入する場合はお金のことしか書きませんから、円を省略し「1k」と書かれることが多いですね。

1kが1000円になる意味についてお話ししたところで、なぜお金の単位に「k」が使われるようになったのかもお話ししておきましょう。

1000円を1kと表記するようになった由来は?

「1000円」や「3000円」といった表記ではなく、「1k」や「3k」を使うようになったきっかけは何だったのでしょうか。

深い意味があるようにも思えますが、実際はとても単純な理由です。

1kと表記するようになった由来は、文字数です。

「1000円と書くよりも、1kと書いた方が少なくて済む」といった理由で1kが使われるようになりました。

1kのはじまりはネットで、以前のネットの掲示板などでは文字数が制限されていることが多くありました。

特に不用品を売買する掲示板などで、文字数を少なくさせるために、kが使われるようになったともいわれています。

言い換えれば、文字数に制限を付けなければ、kなどの表記は生まれなかったのかもしれません。

kの表記ができたことで、エクセルで帳簿を付ける場合にも役立っています。

エクセルで帳簿を付ける方ですと想像つくかもしれませんが、セルの中で表示される文字数は限度がありますよね。

セルを拡大すれば問題ないかもしれませんが、数値が100万以上にもなってしまうと入力するのも大変ですよね。

0を1つ付け忘れただけでも帳簿の見方は大きく変わりますから、文字数の制限や入力ミスを防ぐためにも、お金を示すkはとても役立っているのです。

1000円以外も!数値を示すアルファベットがある!

株取引をしていくと、どんどん桁が大きくなることもありますね。

そうなれば、1000円を示す1kのアルファベット表記だけでは対応できなくなることもあるかと思います。

ここでは、kの他によく使われる「m」についてお話をしていきます。

株取引の帳簿の様子をブログにアップしている方の中にも、「5m損した」というような書き方をしていることもあります。

このときの「m」は何を示しているのでしょうか。

お金を示すmは「メガ」と呼ばれ、1000kと同じ意味を持ちます。

つまり、1m=1000k=1000000円(100万円)です。

「1000000円」という表記ですと、0が多く後ろから「一、十、百、千…」と数えないと、読み取れないこともありますよね。

これを分かりやすくするために、0を3つごとに呼び名を変えるようにしています。

コンマの位置ごとに呼び名が変わるといえば、わかりやすいでしょうか。

1円

10円

100円

1,000円=1k

10,000円=10k

100,000円=100k

1,000,000円==1,000k円=1m

もし、何百万円もの株取引をする場合、kやmを使わなければ0の数に気を付けながら帳簿を付けなくてはなりませんから、これらを知っておくだけでも帳簿をつけるのが楽になりますよね。

ぜひ、kだけでなくmも頭に入れて置くようにしましょう。

1kや1m以外のアルファベットもおさえよう!

株などの投資で成功したり大損したりすれば、mでも対応できなくなることもあるかもしれません。

さらに、高い数値を表すアルファベット表記も頭に入れておきましょう。

先ほど、コンマの位置ごとに呼び名が変わるとお話をしたとおり、m以上のアルファベット表記もあるのです。

1kが1000円で、1mが100万円ということはお話ししましたので、それ以降は以下のように表されます。

10,000,000円=10m

100,000,000円(1億円)=100m

1,000,000,000円=1,000m=1b(バイト)

10,000,000,000円=10b

100,000,000,000円=100b

1,000,000,000,000円(1兆円)=1,000b=1t(テラ)

さすがにt(テラ)まで使うことはないかと思いますが、1bあたりまででしたら使う方もいるかもしれません。

帳簿を付ける際はぜひ、これらのアルファベット表記を使用して、帳簿の管理をしやすくしてみてください。

お金以外の「k」も知っておこう!

ここまで、1kが1000円となる意味や、その他のアルファベットの意味をご説明してきました。

最後に、お金以外を示す「k」についてもお話しします。

まずは、アパートなどを借りる際によく見る「1k」ですが、このときのkは「キッチン」を指しますね。

ですから、1部屋とキッチンがある部屋のことを表しています。

また、金に表示されているkは「カラット」と読まれ、金の純度を示す単位です。

金の純度は合金の中の金の割合を示しており、k24を純金としています。

本物の金のときはkは数字の前に表記されます。

さらに、宝石の重さの単位も「カラット」と表記されており、1k=200mgとされています。

テレビ通販などで見かける3kのルビーは、重さが600mgのルビーことをいうのです。

雑学にはなりますが、仕事場などで使われるkについても頭に入れておきましょう。

「3k」ともいわれており、以前は「キツイ、汚い、危険」ともいわれていました。

最近では「臭い、気持ち悪い」などといった意味のkとしても使われます。

このように、お金だけでなく様々な意味のkがありますから、意味のすれ違いのないように、会話の内容を踏まえながら「k」を使うようにしましょう。

1kを帳簿に取り入れよう!

1kは、そのときの状況によって違う意味となる単位です。

今回は、株取引などで帳簿を付ける際に役立つ、お金の単位の1kについてお話をしてきました。

今まで、数字をひたすら入力もしくは記入していた方も、この記事をきっかけにkやmを使って帳簿を管理してみてください。

きっと、以前よりも楽に帳簿を付けることができるでしょう。

 - 投資, 経済, 通貨