株を塩漬けして何年?塩漬け株を作ってしまう原因と対策

株式投資をしていると、なかなか避けては通れないのが「損失」を出してしまうことです。

株で損失を出してしまうと、「いつか上がるかもしれない」と思ってそのまま何年も塩漬けにしてしまう方も多いのではないでしょうか。

そもそもなぜ塩漬け株を作ってしまうのか、その原因を検証していきましょう。

さらに、今ある塩漬け株を今後どうしたらいいか、その対策について併せて解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金製品の「750」の刻印は純度を表す?これっていったい何?

昔から、金は資産価値が高く、人々のあこがれの的ですよね。そんな金ですが、実は「750」などの...

投資信託の解約には消費税がかかる?かからない場合も?

投資信託は、投資家から資金を集めて、専門家がまとめて運用する金融商品です。少額から始められ、...

株式の世界で退場とはなりたくない!デイトレーダーの心得

株式の世界では、その戦略家としての力を発揮し活躍している、デイトレーダーの存在が大きいものです。...

夫婦の収入合わせて年収400万でマイホームを買えるのか?

この記事では、夫婦で年収400万円でも、マイホームを買うことができるのか。また、無理なく支払いをし...

FXの個人投資家になる前に!その心得について知っておこう!

FXは、短期的に大きな利益を上げることができ、「億り人」を生むチャンスもあることから、個人投資家...

スプレッドの意味とは?金融業界での「スプレッド」の使い方

「スプレッド(spread)」は、金融業界ではよく使われる用語です。しかし、その意味を明確に...

株の基本的な仕組みを知ろう!約定する順番はどう決まる?

ネット証券の普及により、手軽に株式投資を始められる時代になりました。また、NISAなどの制度...

成功した株投資家のブログから様々な投資のヒントを学ぼう!

普通のサラリーマンや主婦、学生も株の投資を行う今の時代、自分に近い立場にいる方のブログからも、情報を...

株の好材料で失敗!?投資で損する人が陥るパターンのまとめ

ある銘柄に好材料が発表されると、それに飛びついてその株をすぐ買ってしまう人。損切りするタイミ...

株式投資とはどんなもの?投資家という職業について知ろう!

皆さんは、「投資家」や「株式投資」という言葉に、どんなイメージを持っていますか?投資や株のこ...

お金の「1k」は1000円ってこと?その意味を詳しく解説!

「1k」はたくさんの意味がありますよね。部屋の間取りを示していたり、金の純度を表していたり、...

ジュエリーに使われる金が色落ちすると価値は下がる?

貴金属の中でも金は古来より価値のあるものとして大切にされてきました。現在でもさまざまな宝飾品に使...

今さら聞けない!リートは投資として得なの?投資ブログ心得

リートとは、投資家から集めた資金を使って不動産を購入し、その不動産から得られた家賃収入や売却益を...

おすすめの金融商品「ETF」!実績のある野村なら安心!

資産運用をしたいけれど、どんな金融商品を選んだら良いのか迷っている方におすすめしたいのが、野村の...

金に刻印されている「1000」や「750」は何を表している?

現在は様々な投資方法がありますが、金への投資は安定性のある投資として人気があります。金の取引...

スポンサーリンク

株を何年も塩漬けしてしまう原因①

長年株式投資をされている方の中には、何年も株を塩漬けしているという方は結構いらっしゃるでしょう。

上がると思って買った株が思ったよりも値上がりせず、むしろ予想に反して値下がりしてしまったら、「いつかは株価が上がるかもしれないから」と、そのまま保有し続ける心理はうなずけますよね。

「いつか上がるかもしれない」という気持ちのままにその株を売却するタイミングを失うと、もっと株価は下がり、さらに売れなくなってしまうという悪循環に陥ります。

これが、株を何年も塩漬けしてしまう原因なのです。

また、その「いつか上がるかもしれない」という心理は2パターンあります。

まず、「今は下がっているけど、業績もいいからこのまま売らずに持っていればいつかは株価は上がる」という考え方です。

この場合、その人には「株というものは長期的にみると全体的に上昇するものである」という深層心理があるのかもしれません。

戦後からバブルまでの間、途中株価が下落することはあっても、全体的には株相場全体が上昇しました。

そのため、「長期的に保有していればいつかは上がる」と考える人がいるのです。

いわば、「ポジティブ」に考えているパターンですね。

株を何年も塩漬けしてしまう原因②

株を何年も塩漬けにしてしまう心理の2つ目のパターンは、「買った時の株価より値下がりしてしまったけど、ここで売ってしまうと損失が確定してしまうから売るのはやめてこのまま持っておこう」という考え方です。

さきほどとは反対に「ネガティブ」なパターンです。

この場合は、損切りすることは大切だと理論上わかってはいても、実際に損失を出してしまうことを避けたいがために売ることができないという心理が働くためでしょう。

もちろん、株を長年塩漬けにしていて、そのうちに買った時の株価より上がることもあります。

しかし、含み損がある株すべてをそのまま保有し続けることは、結果として大きな損失を抱える可能性が大きいのです。

現代は、ひと昔前のように株が含み損を抱えても長期的に見れば結果として損失を取り戻せるといったような時代では決してありません。

例え長期的に株を保有するとしても、利益を出すこともあれば損失を出すこともあり得るのだとしっかりと認識することが重要です。

塩漬け株を作らないためにはどうしたらいい?

それでは、そもそも株を何年も塩漬けしてしまうといったことがないようにするには、いったいどうすればいいのでしょうか。

投資の方法を少し工夫することで、株を塩漬けにしてしまうといったことは避けられます。

では、2つの方法をご紹介しましょう。

【ナンピン買い】

ナンピン買いとは、買った時の株価より下落してしまった際に、当初買った株価よりさらに低い株価で買い増しして、1株あたりの取得価格の平均値を下げるというものです。

これをすることで含み損は当初より少なくなるという計算になり、そこで売却したとしても損失は当初より抑えることができるのです。

ただし、売却せずに持ち続けていたとしたら、さらに株価が下がるような場合は含み損もそれだけ大きくなります。

【ストップロス】

ストップロスとは、株を買う前に自分が被ってもいい損失額を想定しておいて、実際に株価がその想定していた損失額を超えたらすぐに売ってしまうという方法です。

つまり、あらかじめ設定していた金額になったら損切りしてしまうということですね。

ここで注意していただきたいことは、「この金額で売る」という自分で決めた設定額は必ず守るということです。

「設定した株価に値下がりしてしまったけど、もう少しだけ待っていたら上がりそうだな」と判断して当初設定した株価で売却しなければ、さらに含み損を抱えることにもなり得ます。

塩漬け株を作らないためには、自分で設定したルールはきちんと守るということが重要となるのです。

何年も塩漬けにしても大丈夫な株がある!?

株を何年も塩漬けにしてしまうことは、大きな損失を抱える原因になると解説しました。

それとは逆行する話になりますが、何年も塩漬けにして大丈夫な株もあるのです。

それではさっそくご説明していきましょう。

まずは、「配当金」についてです。

持っている株が含み損を抱えていたとしても、毎期安定的に配当金が出る銘柄もあります。

毎期安定的に配当金が出るということは、経営もその分安定しているともいえます。

また、配当金の受取金額が含み損を相殺する場合もあるのです。

このような銘柄の場合は、受け取り配当金額によってこのまま保有するのか損切りしてしまうのか判断できますね。

次に、「貸株」についてです。

もしかしたら、貸株自体初めて耳にする方も多いかもしれませんね。

貸株とは、証券会社に自分の持っている株式を貸すというものです。

株式を貸すことにより、証券会社から相応の金利を受け取ることができます。

この受け取れる金利は0.1%の銘柄が多いものの、5%の金利の銘柄もなかにはあります。

これを考えると、普通預金の金利とは比べ物にならないですよね。

何年も塩漬けにすることを考えるなら、貸株は非常に魅力のあるサービスともいえます。

ただし、貸株をすると配当金や株主優待を受け取れない場合もあります。

これらは証券会社によって対応はまちまちなので、事前によく確認するようにしてくださいね。

今ある塩漬け株はどうしたらいい?

今すでにある塩漬け株は、いったいどうしたらいいのでしょうか。

何年も株を塩漬けにしておくことは、正直ストレスでしょう。

すでに塩漬けにしてしまっている株をどうにかする方法は、実はそんなに多くはありません。

できる対策の1つとして、さきほどもご説明したナンピン買いを行うことが挙げられます。

ナンピン買いをして買付金額の平均価格を下げることによって、損失の幅を抑えることができますよね。

損失の幅が当初より抑えられたところで損切りしてしまうのです。

それはしたくないということであれば、他の銘柄や他の金融商品に投資して、塩漬け株の資産比率を下げることで少しはストレスが減るかもしれません。

いずれにせよ、塩漬け株を何年も持ち続けるということは、塩漬け株に投資した資金が凍結されているということです。

塩漬け株をどうにかしないと、他の銘柄や金融商品を買うこともできないのです。

さらに、塩漬け株をすでに持っているということは、これからも塩漬け株を作ってしまうという可能性を大いにはらんでいます。

今一度、株投資に対する考え方を見直してみましょう。

失敗しない投資家になるには?

上がると思って買った株が予想に反して値下がりしてしまい、そのまま何年も塩漬けにしてしまうと、「投資に失敗した」と言われても仕方ありません。

なぜなら、成功している投資家は塩漬け株をほとんど持っていないことが多いためです。

失敗しない投資家になるために、大切なことがいくつかあります。

その一部をご紹介しましょう。

まずは、「確固たる証拠がない話を信用しない」ということです。

例えば、「この株はこれから絶対上がりますよ」というたぐいのものです。

このような、人から聞いた証拠のない話はだいたい損することが多いです。

損失を出してしまうと、それが塩漬け株を作ってしまう原因ともなります。

投資をする際は、必ず自分で調べ、そして、自分自身でよく考えて投資をするようにしましょう。

次に、「損失が出ているのに見ないふりをしない」ということです。

含み損が出ると見ないふりをする方も多いですが、ここでそのまま通り過ぎてしまってもそこから状況がよくなることはあまりありません。

損失が出た際には、そこですぐ損切りをするなどの早急な対応が必要です。

ここで挙げた例はほんの一部です。

塩漬け株を作らないためにも、成功している投資家の投資方法を参考にしてみてくださいね。

塩漬け株は作らない!

何年も保有している塩漬け株があることで、その分の資金がそこで滞ってしまうことになります。

配当金や貸株が目的で塩漬けにしているのであれば話は別ですが、含み損が出てしまった場合は、「ストップロス」などをしてはやめに損切りすることが大切です。

投資をする際は自分でよく考え、なるべく塩漬け株を作らないようにしましょう。