ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

株・債券・投資信託!基本情報をひとまとめにご紹介!

2018.8.13

低金利の現代、預貯金に資産を預けておくだけではなく、さまざまな金融商品に投資をする人が増えてきました。

その金融商品の中でも基本的な「株」「債券」「投資信託」。

この三つの商品についてまとめてご紹介していきます。

これから何かに投資をしてみたいとお考えの方、必見です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

株式投資で資産が半分に!失敗しないためにはどう運用する?

不況が続いて、お給料は増えないのに税金は上がり、貯蓄もできず、将来が不安になりますよね。 近年では...

夫婦の収入合わせて年収400万でマイホームを買えるのか?

この記事では、夫婦で年収400万円でも、マイホームを買うことができるのか。 また、無理なく支払いをし...

本物の金には必ず刻印がある!750の意味と価値とは

金の価値を決めるのはその含有量にあります。 金でできたジュエリーなどには、K18、K24、750や...

FXでよく目にする追証とは?その仕組みと注意点を徹底紹介!

FXを始めようとしている方にとって、FXに関する多くの用語を覚えることは、最初のうちは難しいです...

スプレッド比較で取引会社を厳選!仮想通貨でより安く取引!

仮想通貨で利益を得るためには、より安く買い、高く売ることが重要です。 しかし、それ以外にも、売...

必見!株投資のノウハウは予想ブログから学べる!

株投資は今や、普通のサラリーマンや主婦、学生でも行っている時代です。 インターネット上には、一般の...

リストラで無職になり独身生活を送る50代、これからどうする

リストラは不意にやってきて、あなたの生活を変えてしまいます。 しかも再就職も厳しい50代で、年金ま...

布基礎・独立基礎・ベタ基礎の構造の違いと特徴とは?

不動産投資をするなら、「布基礎」「独立基礎」「ベタ基礎」などの建物の基礎について知っておく必要が...

税金で株に投資?生活保護を受けながら株式投資は出来る?

生活保護を受給している人は、平成27年をピークに徐々に減少傾向にありますが、現在日本では約214万...

NISA口座を作る!銀行・証券会社の特徴や手数料などを比較!

NISAは2014年に始まった、個人投資家向けの税制優遇制度です。 投資に興味が無い方でも一度...

金750のネックレスに日本国旗がデザインされている理由は?

突然ですが皆さんは、金のネックレスをお持ちでしょうか? もし持っていたら、どんな刻印がされてい...

金についての予備知識。純金とは純度100%の金のこと?

「金」は、ただの金属ではなく、昔から資産として取り扱われてきました。 現代でも、資産として保有する...

株を売る時間買う時間はいつ?株式売買の基礎知識を学ぼう

これから株式売買を始めようという方、基本的な株式の知識は習得しましたか? 株式売買を始める...

ハイリターンはハイリスク?FXで大金を溶かした人たちの話

投資を始めようと考えている人の中には、FXに興味がある方もいることでしょう。 FXは、外国通貨...

株や不動産などで資産運用!ブログに運用結果を残す理由とは

今や、多くの人が株や債券、はたまた不動産などで資産を運用することが多い時代となりました。 そし...

スポンサーリンク

株・債券・投資信託に投資する意味とは?

冒頭でもお話ししましたとおり、現代において預貯金はかなりの低金利です。

このまま銀行にお金を預けておくだけでは、ほとんど金利がつかないです。

また、年金をまじめに支払ってはいても、老後必ず安定した生活が送れるといった確証もありません。

これからの日本の経済状況がどう変化するかも、誰にもわからないですよね。

そうすると、ただ何もせずじっとしているのはいかがなものでしょうか。

このようなことを考えると、自分でリスク管理しておく必要があることがご理解いただけるかと思います。

預貯金ではなく、少し資産を増やせそうなモノと考えると「株」が一番最初に思い浮かぶかもしれませんね。

金融商品は株だけではなく他にもさまざまあります。

「債券」や「投資信託」などですね。

もちろん、他にもたくさんの金融商品が存在しますので、投資に慣れてきたら他にも目を向けてみるといいでしょう。

その、「株」「債券」「投資信託」の基本情報について、これからくわしくまとめていきます。

株の基本情報!ひとまとめにご紹介!

誰でも聞いたことがある「株」。

ですが、実際はどのようなものかご存知でしょうか。

それでは、株についてひとまとめにご紹介していきましょう。

株とは、企業が資金調達のために発行するもののことをいいます。

その株は、証券会社を通じて買うことができ、株を買った人のことを「株主」といいます。

株主はいわば、その企業にお金を出してあげている人ということですね。

株を買うにしても、最初はどの企業の株を買ったらいいか悩むことでしょう。

そのようなときは、自分の身近なモノに関連する企業を選んでみるというのも一つの方法ですよ。

例えば、テレビであれば電機会社、車であれば車会社、飛行機を頻繁に使っているということであれば航空会社でもいいかもしれません。

身近なモノの企業に投資することで、どこか縁遠いと思っていた株が身近なものに変わるきっかけになるかもしれません。

債券の基本情報をひとまとめ!

「債券」はあまり耳にしたことがないという方も多いかもしれませんね。

債券とは、国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行するもののことをいいます。

「それだと、株と同じでは?」と思われるでしょうが、大きく違う点があります。

それは、債券には満期があることと、当初から決められた利率が設定され、定期的に利息を受け取れるという点です。

つまり、満期までの間には定期的に利息を受け取り、満期日には全額投資した金額が返還されるということです。

株には満期日はなく、売却しなければいつまでも株を保有しているということになります。

債券の商品性を考えると、投資した資金は返ってくる、しかも、利息を決まったときに決まった額を受け取れるということなので、株よりなんだかいい気がしてきませんか?

しかし、債券はもちろん預貯金とは違いますので、投資をする際は発行元の信用度が大きく関わってきます。

極端な話を挙げると、今にもつぶれそうな企業が発行する債券は高金利がつきます。

ただし、満期日までにその企業が倒産でもしたら、投資した資金は全額戻ってこない可能性があるのです。

まとめると、安全性が高そうに感じる「債券」も、どこが発行しているかによって大きくリスク幅が異なるということなのです。

投資信託の基本情報!

「投資信託」も、株とは違ってあまり耳にしたことがないという方が多いかもしれませんね。

投資信託とは、たくさんの人から集めたお金をまとめて株や債券などに投資して、そこから出た利益を投資した人に分配するというものです。

投資信託を運用するのは、ファンドマネージャーという投資のプロが行います。

そのため、株や債券のように自分で投資先を具体的に決めなくてもいいという点が魅力ともいえます。

また、株や債券よりも少額で始められるため、初めて投資をされる方にとって実は一番買いやすい商品です。

しかも、個別の銘柄に投資をするわけではないので、リスク分散ができるのがメリットの一つでもあります。

ただし、投資信託にもデメリットといえる点はあります。

それは、株や債券と同様に元本保証がないということと、手数料が高いということです。

株や債券は投資した銘柄や債券発行元がもしも倒産した場合、投資した資金の元本は保証されません。

投資信託は株や債券を買って運用しているものなので、投資信託も元本の保証はないのです。

このように、金融商品にはいいところもあればよくないところもあります。

それをしっかり理解したうえで投資するようにしましょう。

株・債券・投資信託へ投資をするには何から始める?

株・債券・投資信託の基本情報を解説してきましたが、ここでは実際にどうしたらその三つの金融商品に投資できるかをまとめておきましょう。

まず、株についてです。

株を買うためには証券会社に口座を開設しなければなりません。

なぜなら、株式市場に上場している株は証券会社を通じてでなければ買うことができないからです。

証券会社に口座を開設するには、証券会社の窓口へ直接行くか、インターネットからでも簡単にできます。

証券会社には窓口がある大手証券会社から、手軽に始められるネット証券までいろいろな会社があります。

手数料やサービスなどは各社で異なりますので、よく違いをみて選ぶようにしましょう。

次に債券です。

債券は、国が発行する「国債」と企業が発行する「社債」に大きく分けられます。

「社債」は証券会社での取り扱いになりますが、「国債」は銀行でも買うことができます。

もしも、社債を買いたいということであれば、株と同様に証券会社に口座を開設する必要があります。

最後に、投資信託です。

投資信託は、国債と同様、証券会社のみならず銀行などでも買うこともできます。

そのため、新たに証券会社で口座開設しなくても馴染みの銀行で買うことができるので手軽かもしれませんね。

株・債券・投資信託へ投資をする際の注意点のまとめ

ここまで、株・債券・投資信託の基本情報についてお話をしてきました。

それでは最後に、その三つの金融商品に投資をする際の注意点についてまとめておきましょう。

まず、どの商品に関しても元本保証はないということです。

預貯金であれば1000万円まで保証してくれます。

しかし、株・債券・投資信託に限らず、預貯金以外の金融商品には元本の保証はありません。

まずは、その点をしっかり把握したうえで投資するようにしてくださいね。

ただし、債券の一つである「国債」は少し他の商品と異なります。

国債は、日本が元本を保証していることになるので、国がつぶれない限り元本は保証されるということになります。

つまり、国債だけは元本保証といっても過言ではないということですね。

そのかわり、債券としての信用度が高いということになりますから、利率は他のものと比較して低くなります。

次に、株・債券・投資信託のどれも、毎日同じ価格ではありません。

日々その価格は変動しますので、売却や途中解約の際の価格によっては元本割れすることも十分にあります。

その点もよく注意するようにしてくださいね。

株・債券・投資信託!資産運用してみよう

株・債券・投資信託の基本的なことについて解説してきましたがいかがでしたか?

これまで投資をしたことがない方にとって、一歩踏み出すにはどれも高い壁と思えていたかもしれません。

しかし、商品によっては少額から投資できるものもあります。

将来の資産形成のために、資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

 - 投資