鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数は実際どれくらい?

鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数は、実際には何年くらいなのでしょうか?

100年建築という言葉があるように、100年以上使用できるのでしょうか。
それとも、50年しかもたないのでしょうか。

実態調査の結果、50年以上あると認められるなど、鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数については、様々な数値が併存しています。

今回は、鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数に関して、色々みていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

軽量鉄骨構造の住宅の耐用年数はどのくらい?積水ハウスは?

近年、様々なハウスメーカーが手掛けるようになった軽量鉄骨造の住宅ですが、その耐用年数がどのくらいな...

根抵当権における元本確定の事由とは?破産の場合には?

「根抵当権」は、不動産関係の人や、法律に携わっている人にとってはおなじみのワードかもしれません。...

窓用エアコンは静かなの?メリットや選び方などを見てみよう

近年、とても暑い夏、とても寒い冬と体に堪える気候ですよね。そんな時に役立つ家電といえば「エアコ...

軽量鉄骨住宅の法定耐用年数は「19年」と「27年」どっち?

建物の構造にはさまざまな種類があります。そして、建物には法定耐用年数と呼ばれる使用可能な年数...

賃料の値上げをしたい!値下げ要求への対処法【契約更新時】

賃貸経営をしていると、やむを得ず、賃料の値上げをしなければいけない場合があります。契約更新の際に...

軽量鉄骨の家と重量鉄骨の家はどう違う?遮音性や耐震性は?

賃貸物件を探していると、建物の構造も部屋を選ぶポイントとなるでしょう。建築物は「木造」「軽量...

家の内装を自分でカスタム!DIYをやってみよう!

近頃よく「DIY」という言葉を耳にするようになってきました。DIYとは「Do It Yours...

木造住宅で重要な筋交い!正しい入れ方かを確認するには?

木造住宅を建てる際に気になるのが筋交いの入れ方です。地震の際、命や財産を守る要となるものなの...

サイディングには縦張り横張りがある!どちらが良いの?

建物を建築するとき、その外観は重要なものになります。特に、アパートなどは見た目の美しさが...

アパート経営のいろは!新米大家さんは挨拶も大切

「挨拶は大切。」と子供の頃に教わっても、大人になると忘れてしまったり、上手にできないことがありますよ...

安定副業の家賃収入!収入印紙の基礎から利益金額UP法まで

経済が長く停滞して給料があまり上がらない中で、何か収入を増やす方法はないかと考えているサラリーマン...

2階にキッチンを作る間取りプランのメリット、デメリット

家を建てるとき、キッチンやリビング、ダイニングなどは、以前は1階に作るのが当たり前でした。皆さんも...

駐車場経営をする場合のコンクリート舗装などの費用とは

土地の空いたスペースや、所有している土地を活用する方法はいくつかあります。駐車場経営もそのひとつ...

平面図の書き方を覚えて、手書きの図面で要望を伝えよう!

建物の購入は大きな買い物です。それだけに、なるべく失敗はしたくないものです。失敗する原因は...

中古物件をセルフリノベーションしよう!~DIY初心者向け~

近年は、築年数の古いマンションといった中古物件を購入する方も増えています。そして購入後、リノ...

スポンサーリンク

建物の法定耐用年数は実際は社会的な耐用年数である

鉄筋コンクリート造50年、鉄骨34年、木造22年、軽量鉄骨造19年。

これらは、税務上定められている、減価償却計算に使用される数値です。

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の「別表第一 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表」に記載され、何度かの改定を経て、現在は上記の数値になっています。

これらの耐用年数は、それぞれの物理的な特性を、科学的に検証して定められたものではありません。

しかし、経済活動上の利用価値が高いため、特に不動産業では広く使われている数値です。

鉄筋コンクリート造に関する耐用年数値は、1951年当時は75年、1966年に65年、1998年には50年(住宅47年)と次第に短縮されてきました。

これは、建物が実際に物理的寿命を迎える前でも、取り壊す事例が多いためです。

また、鉄筋コンクリート造建築物の場合、50年以上使用できるとしても、早めに解体してしまうことも多いのです。

徴税のための数値である、税法上の減価償却計算のための、耐用年数も短縮されます。

そのため、減価償却資産の耐用年数は、社会的な耐用年数と見ることができます。

鉄筋コンクリート造の実際の耐用年数は?

国交省住宅局資料(平成25年8月「期待耐用年数の導出及び内外装・設備の更新による価値向上について」)には、鉄筋コンクリート造建築物の寿命について、参考値ですが、以下の4つの値が提示されています。

1 部材の損傷程度実態調査結果としての50年
2 減耗度合いと、実際の使用年数との関係から推定された値としての117年
3 鉄筋を被覆する、コンクリートの中性化終了から推定した120年又は150年
4 固定資産台帳を基に推計された、年数としての68年(住宅)又は56年(事務所)

参考値とはいえ、これらの情報を見て気付くことは、第一に、非常にばらつきが大きいということです。

最小値が50年、最長値はなんと150年、最小値の3倍の耐用年数となっています。

このばらつきの大きさが、鉄筋コンクリート造建築物の、耐用年数に関する定説をはばんでいます。

また、社会的に常識とされる数値もないと言えるでしょう。

第二に、長い寿命は推定値ですから、いわば理論値ですが、50年は実態調査結果です。

このことから、一般的に鉄筋コンクリート造建築物の物理的な耐用年数は、少なくとも50年は下回らないであろうと、言うことができるでしょう。

鉄筋コンクリート造建築物を100年持たせる意義

第三に、鉄筋コンクリート造建築物が50年から150年も耐久性があるのであれば、その特性を十分に活用することには、大きな社会的意義があるでしょう。

一般に、建築物は莫大な資源を消費します。

理論値としてだけではなく、実際の耐用年数を長期化して、できるだけ長期間使い続けることは、限られた資源の有効活用という観点から極めて有意義なことです。

今後、生産労働人口が減少の一途を辿り、劇的な人口縮小が避けられない日本にとって、資源の有効活用は極めて重要な社会的なニーズです。

例えば、リサイクルとリユースを同時に実現する、中古住宅市場を拡大させることです。

再生産コストの縮減と資源の有効活用という点から、一石二鳥の素晴らしい方策と言えるでしょう。

一般木造や鉄骨造の中古住宅市場もありますが、中古住宅市場は今後、耐用年数の長い鉄筋コンクリート造住宅を中心にした市場へと、シフトしていくでしょう。

併せて、「江戸の華」をもたらした密集木造住宅群は、早急に解決すべき負の都市遺産です。

これは、住民の命と財産を守るためにも、積年の都市計画的課題となっています。

密集木造住宅群を、耐用年数が長く、耐火性能の優れた鉄筋コンクリート造住宅へと転換を図ることは、社会的な要請と言って良いでしょう。

実際の耐用年数を考慮してマンションを購入しよう

第四に、耐用年数に3倍もの開きがあることの意味を、考える必要があります。

それぞれの値に意味があるのであれば、そこには客観的で物理的な理由があるはずです。

なぜ、それほどの差異が生じてしまうのでしょうか?

コンクリートは、打設時の水セメント比や施工精度、打設直後のコンクリートの維持管理内容、表面仕上げ材の有無や種類等々により複雑な影響を受けます。

気候風土、年間を通して浴びる紫外線の積算強度によっても、コンクリートの中性化の進行が大きく左右されます。

埋め込まれた鉄筋の被覆度(コンクリートのかぶり厚さ)によって、鉄筋酸化の進行度合いが影響を受けます。

以上の複合的な要因の結果、実際の鉄筋コンクリートの耐久財としての質=強度がもたらされ、耐用年数が決まることになります。

ここで注目すべきことは、鉄筋コンクリート造建築物の耐用年数は、建設時にほぼ決まってしまうということです。

建築後のメンテナンス(漏水がないようにすること、外壁仕上げ材を適正に維持管理することなど々)や、気候風土によって、耐用年数に影響は出ます。

しかし、決定的な要因は、コンクリート打設や鉄筋を配筋等の新築時の「施工」に依存しています。

マンションは管理を買うだけではなく、施工を買う必要があるのです。

しかし、「施工を買うため」には、必要とする分かりやすい情報が、容易に取得できなければなりません。

しかし、この点は、かなり難しいのが実状です。

そのため、この点についての論考は、別の機会に譲ります。

鉄筋コンクリート造分譲マンションの老朽化

1960年中頃から急速に増えてきた、日本全国の分譲マンションは、平成28年末時点で630万戸を上回っています。

630万戸の内、築後30年以上経過しているマンションは、平成28年末の時点で約170万戸で27%を占めています。

10年後の平成38年末には、築後30年以上経過しているマンションは、その倍の約330万戸に増えると予想されています。

そして、これらの分譲マンションの圧倒的多数は、鉄筋コンクリート造です。

一方、建替工事完成済みの件数推移を見ると、平成16年2月末では87件でした。

しかし、同18年3月末には105件、同26年4月1日には202件、同29年4月1日には232件と増加してきました。
(以上の戸数や件数は全て国交省資料による。)

今後は、ますますマンション戸数が増え続けると共に、老朽化したマンションも増加するので、必然的に建替需要が高まってくると考えられます。

しかし、「ストックに対する建替件数割合は棟数にして0.23%に過ぎない。」との分析もあるくらい、実際の建替事例は存在する全体の棟数や戸数に比べると、極めて少ないのです。
このように、建替が進まない最大の理由は、建替に要する資金問題です。

分譲マンションの耐用年数を長期化するには

容積率にゆとりのある場合には、戸数増を図ることにより、外部からの資金流入が見込めるので、住民負担を少なくすることは可能です。

しかし、多くの分譲マンションは、容積率を目一杯に利用している場合が多いです。

修繕積立金会計から、建替費用を捻出することもままならない場合が多いので、建替費用を一時金等で別途徴収しなければなりません。

そして、建替需要が起こる頃には、そのマンション住民の高齢化が進行してしまいます。

そうなると、収入を年金だけに頼る世帯を増えるなど、一時金の支払いは非常に困難となってしまいます。

こうして、費用を賄えないから建替ができない、背に腹は替えられない、という深刻な状況になってしまうのです。

だからこそ、現実的な対策として建替を先送りし、物理的に使い続けられる限り使用していくこと(建築物の長寿命化)を、資源の有効活用という観点からも考えるべきです。

そのためには、鉄筋コンクリート造建築物の、実際の物理的な耐用年数をできるだけ長期間とするように、建造すべきなのです。

その場合、「スケルトン改修」(躯体だけを残して非構造間仕切り・仕上げ材・諸設備配管を一新する改修工事)を適切に実施することが、重要な施策となります。

しかし、これもまた別の問題ですので、別の機会に譲ることとします。

鉄筋コンクリート造建築物の長寿命化を図ろう

鉄筋コンクリート造建築物は、適切な施工・維持管理・随時の改良的修繕を行えば、100年でも利用し続けることが可能です。

少子・高齢化の進む人口減少社会において、鉄筋コンクリート造建築物の長寿命化を図り、貴重な資源の有効活用を推進することは、社会的に極めて重要な課題と言えるでしょう。