ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

株で資金を増やしたい!株主優待ブログが人気を集める理由

2018.5.17

みなさんは、投資に興味はありますか?

興味はあっても、どのように行うのか詳しくは分からない人も多いでしょう。

今回は、ブログの人気ジャンルでもある、株式投資についてお話します。

お得な株主優待制度についても、併せてご覧ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サービサーと交渉するためにはサービサーを知ることが大切

住宅を購入する際、多くの人が住宅ローンを利用していると思います。 しかし、さまざま事情で住宅ローン...

為替の終値はいつを指す?24時間取引なのに終値とは?

ネット証券の台頭もあり、株や為替は以前よりも身近なものとなってきました。 株をしていると、「終...

円高になると輸出企業の業績が悪化するといわれるのはなぜ?

円高になると、経済にはネガティブな影響が出ると考えられています。 特に関係してくるのは、輸出企...

FXの個人投資家になる前に!その心得について知っておこう!

FXは、短期的に大きな利益を上げることができ、「億り人」を生むチャンスもあることから、個人投資家...

その他資本剰余金からの配当!源泉徴収されないのはなぜか?

超低金利時代の今、銀行預金の代わりに株に投資している人も多いのではないでしょうか。 売買益の他...

金のアクセサリーなどにある刻印の750とは何を意味するのか

金は高価ですが、比較的ポピュラーな貴金属として、アクセサリーなどによく利用されていますね。 皆...

NISA口座で投資をはじめてみよう!おすすめの銘柄もご紹介!

年々開設する人が増加傾向にある、NISA口座。 メリットが多いことからNISA口座を開設し...

NISA口座を銀行から証券会社にしたい!その変更手順を解説!

2014年にスタートしたNISA。 2015年には新たな制度が設けられ、毎年今とは別の金融機関...

空売りが株価に与える影響とは?空売り規制についても解説!

株式投資をしている人の中には、株式売買のみならず空売りでも利益を出しているケースも多いことでしょ...

株のデイトレードに挑戦してみたい!それならブログを見よ!

超低金利な現代で注目を浴びている株式売買。 株式売買の方法の中でも、デイトレードは現代人にとっ...

FXは高校生でもできるの?知っておくべきこととその注意点!

近年では、FXを始め、仮想通貨や株取引も、簡単にスマートフォンなどで行えるようになりました。 ...

株式投資で資産が半分に!失敗しないためにはどう運用する?

不況が続いて、お給料は増えないのに税金は上がり、貯蓄もできず、将来が不安になりますよね。 近年では...

くわしく知りたい!株式用語でよく耳にする引けや寄るとは?

「株式投資に興味があるけれど、難しそうで手が出せない…」 そうお考えの方は多くいらっしゃるので...

初めての金投資!純金積立?金ETF?なにがおすすめ?

世界情勢や経済が不透明な昨今、世界中の多くの人は「金」に着目し始めています。 金は誰も買うこと...

今やMRFに金利がつかない時代!みずほ証券で何に投資する?

元本の保証がなくとも、安全性の高いMRFは銀行の預金より金利も高く、魅力的な商品と言われていまし...

スポンサーリンク

投資ブログでよく見る株主優待って何のこと?

インターネットが普及しているなか、ブログなどでさまざまな情報を得ることもできますね。

投資ジャンルでは、株主優待や高配当株を持っている人のブログが上位に上がっています。

この株主優待とはいったい何のことなのでしょうか。

はじめに、株式投資について、お話します。

株式投資とは、企業が発行する株を売買して、利益を得る投資方法です。

利益といっても、株価は毎日変動しています。

この株価が、買ったときよりも高い株価に売れば、その分が利益になるのです。

また、企業の利益の一部は株主に配当金として分配されます。

会社が大きければ大きいほど、配当金も大きい金額になる傾向にあります。

株主優待とは、この株式を長い期間持っている人に対して、配当金とは別にサービスや独自商品などの特典を受けることができる制度です。

ただし、この株主優待制度を導入している企業でなければ受けられないため、優待の制度があるのかどうかを確かめましょう。

優待内容は、持っている株数によっても異なるため、より充実したサービスを受けるためには、多くの株を保有したほうが良い企業もあります。

個人投資家ブログでも人気!はじめやすい株主優待とは

株というと、少々難しいイメージがありますよね。

株式投資の経験がない人にとっては、これから業績が上がる会社の株を見極めるのは、簡単ではありません。

ですが、正しい情報を得て、知識さえ持っていれば、初心者であっても運用することができます。

そうした初心者のなかでも人気なのは、食品やお米、テーマパークなどのパスポートやチケットの優待です。

株の取引きで得られるお得なサービスとして、個人投資家ブログでも人気を集めています。

では、この株主優待は、どのようにしてもらえるのでしょうか。

答えは、株主優待制度を導入している企業で株を買うと、自ずと株主優待を受けることができます。

ご自身で気になる企業の株を買いましょう。

インターネットで口座の開設申し込みを行えば、簡単に取引が可能です。

多額の投資でなくても、なかには少額からでも買える株もありますよ。

優待を貰うために口座を開設しよう

では、証券会社に口座を開設しましょう。

色々な証券会社がありますが、そこまで頻繁に取引をしないかたや、ご自身が欲しい優待がすでに決まっているかたは、手数料の安いネット証券がおすすめです。

まだどの証券会社が良いのかよくわからないという人は、利用しやすそうな口座を開設してみるのも良いですよ。

どこの証券会社も開設手数料はかかりません。

問題なく進めば、通常1週間ほどで口座を開設することができます。

次に、ご自身が欲しいと思う株主優待を探しましょう。

株主優待を綴っているブログなどでは、テーマパークのパスポートや割引券の優待が人気です。

欲しい銘柄が決まったら、開設した証券会社でその株を購入します。

条件として、権利付き最終日までに株を購入したものは、翌日まで保有している必要がありますので、気を付けてください。

似ている言葉で、株主優待の権利をもらえる権限が確定する日を「権利確定日」があります。

手続きの関係で、実際には確定となる3日前までに株を買わないと優待を貰える権利がありません。

はじめてで、よく分からないというかたは、「権利付き最終日」だけを覚えておきましょう。

優待の商品ですが、すぐに送られてくるのではなく、しばらく経った頃に送られてきます。

ブログでも話題に!銀行よりも株投資する理由

お金を銀行に預けているご家庭が多いなか、なぜ株投資を行っているのでしょうか。

簡単にお話すると、銀行の預金金利だけでは資産は増えません。

しかし、株主投資を行うと、株価の上昇によって、資金を増やすことも可能だからです。

また、銀行よりも配当金の利回りが良い傾向があります。

銀行預金と株式投資について、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

大きな違いは2つあります。

1つめは、元本保証がされるか否かです。

銀行預金の場合、万が一破綻したとしても、1,000万円までの元本とその利息を預金保険機構が保護してくれます。

しかし、株式投資の場合は、投資した企業が倒産しても、元本の保証がされません。

投資して金額全てを失うリスクがあります。

多くの人が投資に対して怖いイメージを持つのは、このリスクがあるからではないでしょうか。

ただ、投資した企業がうなぎ登りに成長すれば株価が上がり、資産が増えるメリットもあるのです。

そのため、リスクは承知のうえ、リターンが見込めることから、株投資ブログならぬ優待ブロガーが存在するのです。

ハイリスク株の特徴とは

2つめは、利回りによる違いです。

例えば銀行に100万円預けているとします。

銀行預金の定期預金金利が0.011%とすると、1年間で110円が金利としてもらえる計算になります。

100万円預けて110円は安いと思うか十分と思うかは、個人差がありますが、株主優待を金額に換算すると1%を超える配当金も存在します。

100万円の株価であれば、1万円以上の価値があるため、銀行に預けているよりもお得に感じますね。

配当金が10%、20%の株主優待もあります。

銀行預金よりもお得と感じる株主優待をチェックしてみましょう。

なかには、気を付けていただきたい銘柄もあります。

●100円を割り込んでいる銘柄

株式市場では、倒産のリスクがあると見て、株価の乱高下が予測されます。

極端ではありますが、明日には倒産しているかもしれない株といえるのです。

株式投資の場合は元本保証がないため、注意しましょう。

●社名を何度も変更している会社

会社の合併による変更などはありますが、事業の低迷を隠ぺいするための社名変更を行う企業も事例として数多くあります。

このような銘柄は特に注意が必要です。

投資経験のあるブログなどでも情報収集してみましょう。

株主優待は課税対象

ブログやサイトなどでは、株主優待は非課税と書かれていることもありますが、株主優待は課税対象になります。

しかし、法人に利益があるのかないのかは関係なく、株主優待は供与されているものが多いため、利益の分配である配当所得とは源泉が異なるのです。

給与以外に20万円を超える所得の場合は、確定申告の義務が生じますので、注意しましょう。

株主優待の区分については、以下を参考にしてください。

●配当所得

会社が利益処分をした場合は、利益の分配とみなされます。

よって、配当所得に区分され、会社は所得税相当の金額を控除してうえで優待を株主に交付します。

●雑所得

会社が利益処分をしていないものは、雑所得に区分されます。

こちらは、所得税相当額の金額を会社で控除しないため、株主優待はそのまま株主へと交付されます。

ほとんどの株主優待は利益処分していないため、雑所得となることが多いです。

リスクを考えて投資しよう

資金を増やすことはできないけれど、元本保証のある銀行に預けるのか、投資金を増やせるかもしれない投資を選ぶかは、あなた次第です。

投資を行う際は、大なり小なりリスクがあることをふまえて行いましょう。

また、株主優待は使わないともったいないです。

ご自身で使い切ることができる優待なのか見極めてから購入しましょう。

 - 投資,