ガスコンロを設置したい!都市ガス用とプロパン用で何が違う

長い期間、入居していない空室があると、毎月の収入が下がってしまいます。

大家さんは何か対策はないだろうかと、頭を悩ませますよね。

そこで、家電付きの物件が人気を集めているようです。

大きな家電は費用が掛かってしまいますが、調理に欠かせないガスコンロの設置はいかがでしょうか。

都市ガス用なのかプロパンなのか、間違うと危険なので、確認をしてから購入しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

近年話題の建築材料モルタル!外壁の強度を上げる手法も必見

独特の味わいを表現できると人気なのが、建築材料であるモルタルです。外壁はもちろん、モルタ...

軽量鉄骨のメリット・デメリットは?賃貸をお探しの方必見!

賃貸住宅をお探しの方は多くいらっしゃるでしょう。その時に、選ぶ基準の1つになるのがその建築方...

モルタル玄関はお洒落だが後悔しやすい?特徴を知っておこう

これから新築する方の中には、玄関の床をモルタルにしようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。灰...

s造とrc造のマンションの比較!スパンが欲しいならどっち?

投資の対象としてマンションを考えたとき、最初に悩むのが構造の違いでしょう。「s造とrc造では何...

モルタルを使ったdiyでおしゃれな植木鉢を作ろう!

お部屋のインテリアに、植物を取り入れる方も多いのではないでしょうか。植物を取り入れるために必...

窓が原因!?アパートでもできる隙間風や風切音への対処法

部屋の中でくつろいでいると、「ピューピュー」と隙間風を感じることはありませんか?ひどい場合は...

高層マンションは窓が開かない?高層マンションの換気は?

高層マンションでの生活に憧れたことのある人は多いはず。街の景色を一望できる非日常的な生活は、...

木造住宅の柱寸法を左右する要因とは?柱の基礎知識を知ろう

在来工法の木造住宅を建てる際、会社によって柱寸法が105mm角や120mm角など、寸法が違うことが...

木造メゾネット住宅で注意すべき騒音!子育て世帯は不向き?

賃貸物件の中に、「メゾネット」というタイプの住宅があります。メゾネット住宅はその多くが木造や...

中古物件を自分好みにリフォーム!ブログから学ぶポイントは

理想的な我が家を手に入れる手段は、なにも新築を購入することだけに限りません。中古物件の一戸建...

部屋の空気をきれいに換気したい!窓用換気扇をDIYしよう!

キッチンや浴室、トイレなど、換気扇はさまざまな場所に設置されています。しかし、自宅の部屋や納...

分譲マンションの騒音あるある、上の階の音が我慢できない!

分譲マンションは、一軒家と同じく一応の終の棲家として購入するものです。そんな新しい我が家に入居...

緊急事態はどう対応される?オートロックマンションで救急車

オートロックマンションのオートロックシステムは、住人がインターホンで来訪者を確認したうえで建物に...

住宅ローンの金利の計算式を知って、返済計画を把握しよう

住宅ローンを組んで新居の購入を考えている場合、毎月いくらの返済で何年かかるか、利息はどのくらいか知り...

後悔しないために!サイディングの縦張りの利点と欠点を知る

マイホームを建てると決まった時は、夢が叶って幸せいっぱいですね。しかしいざとなると、外壁に使...

スポンサーリンク

都市ガス用とプロパン用のガスコンロを間違えると危険

家庭用のガスとして、都市ガスとプロパンガスがあります。

どちらもガスなので、同じようですが、ガスコンロを使う際は注意が必要です。

確認をしないで、都市ガスなのにプロパンのガスコンロや、プロパンなのに都市ガス用のガスコンロを使用すると、火災や一酸化炭素中毒の原因になってしまうのです。

また、異常点火し、火傷してしまったり、機械の故障にも繋がります。

これでは、新たな入居者に迷惑が掛かってしまいます。

導入するときは、注意しましょう。

【ガスの種類を確認する】

経営している物件がひとつなら、契約しているガスが、都市ガスなのかプロパンなのか、すぐに分かるかもしれません。

しかし、確実に間違わないためにも、ガスの種類を確認しましょう。

何件もアパート経営している方は特に、注意しましょう。

直接ガス会社に問い合わせてみるのが確実ですが、ガスボンベの有無でも判断ができます。

ガスボンベがあれば、プロパンガスです。

都市ガスは、ガス管が地中に埋まっているので、ガスボンベはありません。

ガス警報器の位置でも、見分けられます。

都市ガスは天井など、上に溜まる性質のため、ガス警報器は天井に取り付けられています。

反対に、プロパンガスは下に溜まる性質のため、警報器も下に付いているのです。

ガス機器が都市ガスに対応か、プロパン対応なのかを確認

契約しているガス会社が分かったら、そのガスに合うガスコンロを購入しましょう。

ガスコンロなどのガス機器には、型番などが書かれたラベルが貼られています。

そのラベルに、都市ガス用などと、ガスの種類が記載されています。

ラベルが見つかれば、このようにすぐ分かるのですが、ネット通販などで購入するときなど、確かめられないこともあります。

そんなときは、ガスの別名で判断しましょう。

都市ガスは、「天然ガス」や「12A・13A」という別名があります。

プロパンガスは、「LP」や「LPG」と言われています。

ネット通販のほうが安く買えることもありますので、こうした別名で都市ガス用なのか、プロパンガス用なのかを判断してみてください。

ただ、大手の都市ガスの場合は「12A・13A」なのですが、これ以外のガス会社と契約している場合もあります。

その場合は、ガス会社に一度、問い合わせてみてから、ガスコンロを購入しましょう。

都市ガス用・プロパン用のガスコンロを購入するときに共通する選び方

ガスコンロの選び方のポイントをお伝えします。

都市ガス用でも、プロパン用でも共通しますので、参考にしてみてください。

まず、ガスコンロを購入する前に、設置する場所のサイズを測りましょう。

ガスコンロのサイズですが、コンパクト56cmタイプのサイズと、標準幅59cmタイプがあります。

設置する場所を採寸して、どのタイプなのか確認しましょう。

次に、意外と知られていない、バーナーの位置です。

2口のガスコンロには、標準バーナーと火力の強い強火力バーナーが、ひとつずつ付いています。

強火力バーナーは、右に付いているものと、左に付いているものがあります。

壁側に、強火力バーナーがこないように選びましょう。

ここまで、ガスコンロの導入を提案しましたが、全室にガスコンロを置くとなると、当然ながら費用が掛かります。

これから入居する方も、すでに入居している方も、「要らない」というかもしれません。

慎重に事前調査をしてから、検討してみましょう。

都市ガス用とプロパンで使うものが違う

ガスコンロが決まったら、ガスを通すゴムホースを選びます。

まず、ガス栓の形を見てみましょう。

【ガス栓の形状】

接続口になるガス栓には、「ホースエンド型」と「コンセント型」があります。

ホースエンド型は、ガス栓とゴムホースをバンドで固定しています。

コンセント型は、ゴムホースとバンドの他に、「ソケット」という部品が必要になります。

コンセント型のガス栓の場合は、忘れずにソケットを買いましょう。

そして、ゴムホースにソケットを取り付けてから、ガス栓と繋げていきます。

【ゴムホースの色】

次に、ゴムホースですが、契約しているガスによって、異なります。

都市ガス用(13A・12A)のガステーブルのゴムホースは、ベージュ(数年前までブルー)のゴムホース。

プロパン用は、オレンジのゴムホースです。

どちらのゴムホースについても、それぞれ性能や品質を規定する規格が違います。

供給ガス種に適合するゴム管を使いましょう。

【ゴムホースの長さと寿命】

必要以上に長いゴムホースや、折り曲げたり、ねじれたりしていない長さにしましょう。

また、短すぎて、ピンとゴムホースが張った状態もよくありません。

ゴムホースを取り換える目安ですが、プロパンガスで使用されているオレンジのゴムホース、または都市ガスで使用されているブルーのゴムホースで約3年。

都市ガスで使われているベージュの、ニューソフトゴムホースは約8年とされています。

取り換えの目安に限らず、ひび割れや固くなったゴムホースは、早めに新しいものと交換しましょう。

ガス栓とガスコンロの接続方法

ガスコンロを、ガス栓をゴムホースで接続していきましょう。

万が一を考えて、ガス警報器を設置後、使用開始してからの作業をおすすめします。

設置する際は窓を開けて換気をし、ガス栓がしっかりと閉まっているか、確認してから行います。

ガスが漏れたまま作業をすると、とても危険です。

火種さえあれば、一気に爆発してしまい、火災へと繋がります。

以上をふまえて、作業していきましょう。

都市ガス用はベージュで、プロパン用はオレンジのゴムホースですよ。

【ホースエンド型の接続方法】

先ほどお話したガス栓の形状が、ホースエンド型の場合の手順をご紹介します。

①ゴムホースにバンドを通し、赤いラインまで、しっかりとガス栓に差しこみます。

②バンドで固定しましょう。

③ガスコンロ側にも、赤いラインまでしっかりと差し込み、バンドで固定すれば完了です。

【コンセント型の接続方法】

ゴムホースとバンドの他に、ソケットが必要です。

①ゴムホースにバンドを通し、白い部分が隠れるまで、しっかりゴムホースにソケットを差します。

②バンドで固定しましょう。

③ガス栓に差しこみ、カチッと音がすればOKです。

④ガスコンロ側にも、赤いラインまでしっかりと差し込み、バンドで固定すれば完了です。

ガスコンロを設置したら最終確認

ガスコンロが設置できたら、最後にガス漏れをしていないか、確認しましょう。

都市ガス用のものでも、プロパンガス用のものでも、必ず確認してください。

きちんと、ゴムホースがガス栓の赤いラインまで差し込んであるかどうか。

ガスコンロ側の赤いラインも確認してください。

ガス栓から、ガスが漏れていないかどうか確かめる方法を見てみましょう。

おすすめは、泡状の洗剤を接続口に付けてみることです。

このとき、泡が膨らんだり動いている様子が見られれば、ガス漏れをしている可能性があります。

ガスは危険を察知しやすいように、においが付いていますが、人間の嗅覚だけで、においを判断することは良くありません。

ガス漏れの確認が終わったら、点火試験を行います。

青い炎が出れば、問題ありません。

ガスは目に見えないものなので、気が付かないうちに、危険な事故に繋がりかねないです。

少しでもおかしいと感じたり、ご自身での設置に自信がない場合は、迷わずガス会社に問い合わせましょう。

また、ガスコンロの設置までしてくれるサービスもあります。

意外と時間の掛かる作業なので、ガスコンロを設置する場合は、頼んだほうが大家さんの体力的には楽になるでしょう。

ガスコンロ設置はご自身で

いかがでしたでしょうか。

きちんと確認さえすれば、ご自身でもガスコンロの設置まで可能です。

ガスコンロ本体とホースなどの部品、設置手数料といった経費が掛かります。

少しでも安くしたい大家さんがいらっしゃいましたら、設置はご自身でやられてみてはいかがでしょうか。

その際は、ガス漏れなどに注意して行ってください。