ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

ガスコンロを設置したい!都市ガス用とプロパン用で何が違う

2018.5.4

長い期間、入居していない空室があると、毎月の収入が下がってしまいます。

大家さんは何か対策はないだろうかと、頭を悩ませますよね。

そこで、家電付きの物件が人気を集めているようです。

大きな家電は費用が掛かってしまいますが、調理に欠かせないガスコンロの設置はいかがでしょうか。

都市ガス用なのかプロパンなのか、間違うと危険なので、確認をしてから購入しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

住宅の駐車場に適したコンクリートの厚さはどれくらいか?

住宅を新築する際には、建物だけでなく、その外構の工事も大切な要素といえます。 塀やフェンスや植...

サイディング外壁が浮いてきた!ビスを使って水の侵入を防止

現代は、サイディング外壁が主流です。 新築はもちろん、モルタルからサイディング外壁にリフォ...

マンションの納戸に棚を設置しよう!釘不要の作り方をご紹介

賃貸マンションには、「納戸」のある物件もざらにありますね。 納戸があることで収納も便利になりま...

エコカラットをリビングに!ブログで評判をチェック!

新築を考えている人は、一度は「エコカラット」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 家族が...

軽量鉄骨の耐用年数は?ダイワハウスの軽量鉄骨住宅xevoとは

最近では、どの大手メーカーでも軽量鉄骨の住宅を取り扱っているので、「軽量鉄骨で新築したい」とお考...

窓が原因!?アパートでもできる隙間風や風切音への対処法

部屋の中でくつろいでいると、「ピューピュー」と隙間風を感じることはありませんか? ひどい場合は...

テーマのある男性の一人暮らしの部屋づくりとインテリア選び

女性と比べて男性は、好みがはっきりしていて、部屋のインテイリアひとつとっても、こだわりが強いのではな...

後から気付いた窓やインテリアの問題はDIYで対策可能

家を新築された方、近年賃貸に住み始めた方、同じ家に住んでずいぶん経つ方、どんな状況かに関わらず、おう...

オール電化?ガス併用?変更するならどちらがよりお得なの?

わが家はオール電化と言ったら、うらやましいという言葉を聞きますが、なぜでしょうか。 そこで、オール電...

新築マンションを購入するならブログの情報を参考にしよう!

新築マンションの購入は、人生の一大事です。 本や雑誌で情報収集に時間をかける人も、おしゃれなモデル...

賃貸物件の1Kとは居室の数とキッチンを示した部屋の間取り

不動産業界で言う1Kとは、部屋の間取りを表します。 1Kとは1つの居室とキッチンという意味です...

軽量鉄骨のアパート・戸建ての耐用年数はどのくらいなの?

現在、引っ越しや新築をお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。 新しく住む家は、耐久性があり、防...

納戸をさらに使いやすく!収納棚をDIYして取り付けよう!

「納戸の収納量をもっと増やしたいな」と考えている方はいらっしゃいませんか。 一口に「納戸」と言っ...

住まいでの窓とドアの違いは?それぞれの特徴についても考察

私たちの住まいにおいて、重要な役割を果たしているのがドアと窓でしょう。 それぞれがいくつか...

窓やキッチンに柵を設置しよう!大切な赤ちゃんを守るために

賃貸マンションでも、一戸建てであっても、赤ちゃんがいるご家庭では家の中に様々な対策をすることが重...

スポンサーリンク

都市ガス用とプロパン用のガスコンロを間違えると危険

家庭用のガスとして、都市ガスとプロパンガスがあります。

どちらもガスなので、同じようですが、ガスコンロを使う際は注意が必要です。

確認をしないで、都市ガスなのにプロパンのガスコンロや、プロパンなのに都市ガス用のガスコンロを使用すると、火災や一酸化炭素中毒の原因になってしまうのです。

また、異常点火し、火傷してしまったり、機械の故障にも繋がります。

これでは、新たな入居者に迷惑が掛かってしまいます。

導入するときは、注意しましょう。

【ガスの種類を確認する】

経営している物件がひとつなら、契約しているガスが、都市ガスなのかプロパンなのか、すぐに分かるかもしれません。

しかし、確実に間違わないためにも、ガスの種類を確認しましょう。

何件もアパート経営している方は特に、注意しましょう。

直接ガス会社に問い合わせてみるのが確実ですが、ガスボンベの有無でも判断ができます。

ガスボンベがあれば、プロパンガスです。

都市ガスは、ガス管が地中に埋まっているので、ガスボンベはありません。

ガス警報器の位置でも、見分けられます。

都市ガスは天井など、上に溜まる性質のため、ガス警報器は天井に取り付けられています。

反対に、プロパンガスは下に溜まる性質のため、警報器も下に付いているのです。

ガス機器が都市ガスに対応か、プロパン対応なのかを確認

契約しているガス会社が分かったら、そのガスに合うガスコンロを購入しましょう。

ガスコンロなどのガス機器には、型番などが書かれたラベルが貼られています。

そのラベルに、都市ガス用などと、ガスの種類が記載されています。

ラベルが見つかれば、このようにすぐ分かるのですが、ネット通販などで購入するときなど、確かめられないこともあります。

そんなときは、ガスの別名で判断しましょう。

都市ガスは、「天然ガス」や「12A・13A」という別名があります。

プロパンガスは、「LP」や「LPG」と言われています。

ネット通販のほうが安く買えることもありますので、こうした別名で都市ガス用なのか、プロパンガス用なのかを判断してみてください。

ただ、大手の都市ガスの場合は「12A・13A」なのですが、これ以外のガス会社と契約している場合もあります。

その場合は、ガス会社に一度、問い合わせてみてから、ガスコンロを購入しましょう。

都市ガス用・プロパン用のガスコンロを購入するときに共通する選び方

ガスコンロの選び方のポイントをお伝えします。

都市ガス用でも、プロパン用でも共通しますので、参考にしてみてください。

まず、ガスコンロを購入する前に、設置する場所のサイズを測りましょう。

ガスコンロのサイズですが、コンパクト56cmタイプのサイズと、標準幅59cmタイプがあります。

設置する場所を採寸して、どのタイプなのか確認しましょう。

次に、意外と知られていない、バーナーの位置です。

2口のガスコンロには、標準バーナーと火力の強い強火力バーナーが、ひとつずつ付いています。

強火力バーナーは、右に付いているものと、左に付いているものがあります。

壁側に、強火力バーナーがこないように選びましょう。

ここまで、ガスコンロの導入を提案しましたが、全室にガスコンロを置くとなると、当然ながら費用が掛かります。

これから入居する方も、すでに入居している方も、「要らない」というかもしれません。

慎重に事前調査をしてから、検討してみましょう。

都市ガス用とプロパンで使うものが違う

ガスコンロが決まったら、ガスを通すゴムホースを選びます。

まず、ガス栓の形を見てみましょう。

【ガス栓の形状】

接続口になるガス栓には、「ホースエンド型」と「コンセント型」があります。

ホースエンド型は、ガス栓とゴムホースをバンドで固定しています。

コンセント型は、ゴムホースとバンドの他に、「ソケット」という部品が必要になります。

コンセント型のガス栓の場合は、忘れずにソケットを買いましょう。

そして、ゴムホースにソケットを取り付けてから、ガス栓と繋げていきます。

【ゴムホースの色】

次に、ゴムホースですが、契約しているガスによって、異なります。

都市ガス用(13A・12A)のガステーブルのゴムホースは、ベージュ(数年前までブルー)のゴムホース。

プロパン用は、オレンジのゴムホースです。

どちらのゴムホースについても、それぞれ性能や品質を規定する規格が違います。

供給ガス種に適合するゴム管を使いましょう。

【ゴムホースの長さと寿命】

必要以上に長いゴムホースや、折り曲げたり、ねじれたりしていない長さにしましょう。

また、短すぎて、ピンとゴムホースが張った状態もよくありません。

ゴムホースを取り換える目安ですが、プロパンガスで使用されているオレンジのゴムホース、または都市ガスで使用されているブルーのゴムホースで約3年。

都市ガスで使われているベージュの、ニューソフトゴムホースは約8年とされています。

取り換えの目安に限らず、ひび割れや固くなったゴムホースは、早めに新しいものと交換しましょう。

ガス栓とガスコンロの接続方法

ガスコンロを、ガス栓をゴムホースで接続していきましょう。

万が一を考えて、ガス警報器を設置後、使用開始してからの作業をおすすめします。

設置する際は窓を開けて換気をし、ガス栓がしっかりと閉まっているか、確認してから行います。

ガスが漏れたまま作業をすると、とても危険です。

火種さえあれば、一気に爆発してしまい、火災へと繋がります。

以上をふまえて、作業していきましょう。

都市ガス用はベージュで、プロパン用はオレンジのゴムホースですよ。

【ホースエンド型の接続方法】

先ほどお話したガス栓の形状が、ホースエンド型の場合の手順をご紹介します。

①ゴムホースにバンドを通し、赤いラインまで、しっかりとガス栓に差しこみます。

②バンドで固定しましょう。

③ガスコンロ側にも、赤いラインまでしっかりと差し込み、バンドで固定すれば完了です。

【コンセント型の接続方法】

ゴムホースとバンドの他に、ソケットが必要です。

①ゴムホースにバンドを通し、白い部分が隠れるまで、しっかりゴムホースにソケットを差します。

②バンドで固定しましょう。

③ガス栓に差しこみ、カチッと音がすればOKです。

④ガスコンロ側にも、赤いラインまでしっかりと差し込み、バンドで固定すれば完了です。

ガスコンロを設置したら最終確認

ガスコンロが設置できたら、最後にガス漏れをしていないか、確認しましょう。

都市ガス用のものでも、プロパンガス用のものでも、必ず確認してください。

きちんと、ゴムホースがガス栓の赤いラインまで差し込んであるかどうか。

ガスコンロ側の赤いラインも確認してください。

ガス栓から、ガスが漏れていないかどうか確かめる方法を見てみましょう。

おすすめは、泡状の洗剤を接続口に付けてみることです。

このとき、泡が膨らんだり動いている様子が見られれば、ガス漏れをしている可能性があります。

ガスは危険を察知しやすいように、においが付いていますが、人間の嗅覚だけで、においを判断することは良くありません。

ガス漏れの確認が終わったら、点火試験を行います。

青い炎が出れば、問題ありません。

ガスは目に見えないものなので、気が付かないうちに、危険な事故に繋がりかねないです。

少しでもおかしいと感じたり、ご自身での設置に自信がない場合は、迷わずガス会社に問い合わせましょう。

また、ガスコンロの設置までしてくれるサービスもあります。

意外と時間の掛かる作業なので、ガスコンロを設置する場合は、頼んだほうが大家さんの体力的には楽になるでしょう。

ガスコンロ設置はご自身で

いかがでしたでしょうか。

きちんと確認さえすれば、ご自身でもガスコンロの設置まで可能です。

ガスコンロ本体とホースなどの部品、設置手数料といった経費が掛かります。

少しでも安くしたい大家さんがいらっしゃいましたら、設置はご自身でやられてみてはいかがでしょうか。

その際は、ガス漏れなどに注意して行ってください。

 - マンション, 建物, 設備