CATEGORY

インフラ

  • 2019年8月10日

有線lanのコンセントが足りない!増設工事はどうする?

コンセントに直接つなぐ有線lanは、無線lanに比べて場所を選ぶデメリットがありますが、高速で安定した通信ができるため、採用している家庭やオフィスは多くあります。しかし、有線lanはケーブルを差し込むコンセントのポート数(口数)に限りがあるため、足りなくなれば増設工事を行う必要があります。そこでこの記事では、有線lanのコンセントを増設することについて詳しくご説明していきます。

  • 2019年8月10日

BS室内アンテナが映らない場合に確認すべき3つのポイント

BS室内アンテナは、屋外アンテナに比べて手軽に設置できるという利点があり、特に一人暮らしの方に利用者が多いです。しかし、BS室内アンテナにした場合、「セッティング中になかなかBS放送が映らない場合がある」「視聴中に突然画面が映らないことがある」などという不具合の声もよく聞きます。さまざまな事情からBS室内アンテナを選ばざるを得ないという人のために、BS室内アンテナの特性や設置方法などをご紹介します。

  • 2019年8月3日

biglobeのプロバイダ解約をする方法と注意点を知っておこう

今の賃貸物件に欠かすことのできないものと言えば、インターネット環境です。その必要性を感じて、数年前から各部屋にインターネット回線を引いているオーナーも多いことでしょう。そういったオーナーの中で、biglobeとのプロバイダ契約を解約して、他のインターネット接続業者と契約をする方が増えてきています、というのは、月々のインターネット代金を節約できる可能性があるからです。

  • 2019年7月27日

b-casカードって何?bs放送やcs放送を見るために必要?

「b-casカード=ビーキャスカード」をご存知ですか。テレビやビデオデッキの横や裏側にあるカードスロットに挿し込まれた、赤や青のカードのことです。大きさは銀行のキャッシュカードと同じくらいで、矢印に「b-cas」と書かれています。挿しっぱなしなので見たことがない方もいるかもしれません。しかし、このb-casカードは、地上デジタル放送をはじめ、bsデジタル放送やcsデジタル放送を見るためには欠かせないものなのです。それでは、b-casカードの役割や機能について見ていきましょう。

  • 2019年4月25日

コミュファ光テレビでもNHKの受信料は払わないとならない?

みなさんは、コミュファ光テレビをご存知でしょうか。これは、中部地方を中心に展開しているインターネットサービスプロバイダーのケーブルテレビです。テレビを見るうえで、NHKの受信料は切っても切れないものです。このコミュファ光テレビはその料金の中にNHKの受信料は含まれているのでしょうか。

  • 2019年1月31日

着信音のベルはどんな音?電話の着信音の歌は使う人の個性

皆さんの家では電話のベルはどんな呼び出しの音がしますか。携帯電話やスマートフォンでは、着信音に歌を利用していますか。それともメロディーや効果音ですか。今は携帯電話やスマートフォンも、色々な着信音や歌があり、時々電車や静かな場所で鳴ってしまい、恥ずかしい思いをしたという人もいますね。今回は電話のベルや、着信音・歌についてのご紹介です。

  • 2019年1月29日

東日本でフレッツ光を解約する際の撤去工事や費用は?

光回線を使っていても、事情が変われば、解約する必要が出てきますよね。しかし、フレッツ光などの光回線の解約については、よくわからないことも多いのが実情ではないでしょうか。今回は、東日本でフレッツ光を解約する方法や、その工事の有無、解約にかかる費用などをご紹介します。東日本にお住まいで、フレッツ光の解約と考えている人は参考にしてみて下さい。

  • 2019年1月25日

コミュファ光を解約したい!手順や機器の返却はどうするの?

中部地方では、コミュファ光というサービスがあります。しかし、コミュファ光は解約についての説明が少ないため、解約する際にレンタル機器の返却が必要なのか、違約金はどのくらいになるのかなど、わからないことも多いと言います。そこで、今回は、「コミュファ光を解約したい!」という人に向けて、その手続き方法をまとめてお伝えします。

  • 2019年1月24日

コミュファ光でWi-Fiを使う方法!ルーターや中継器は必要?

皆さんは、「コミュファ光」というサービスをご存知ですか?関東では利用できないサービスですが、中部地方では多くの方に利用されています。今回は、中部地方でコミュファ光をお使いの方に向けて、コミュファ光でWi-Fiを使う方法をご紹介します。また、その際にルーターや中継器などが必要になるのかといった疑問にもお答えしているので、興味のある人はぜひ読んでみて下さい。

  • 2019年1月23日

不動産はアナログが主流!デジタル化は進むのか?例をご紹介

アナログとデジタルの違いについてみなさんは説明できますでしょうか?多くの人は、新しいか古い、使いやすさ、見やすさなどを挙げて説明するかもしれません。しかし、当然これでは不十分です。今回は、アナログとデジタルについて例を出しながらご説明します。また、アナログとデジタルの不動産との関係などについても詳しくご説明していきます。