ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

軽量鉄骨のアパートでの騒音が気になるならシャーメゾン!

2021.8.16

アパート経営や管理をされている方にとって、最も頭を抱える問題は騒音での苦情やトラブルですよね。

アパートの構造体は主に軽量鉄骨造、重量鉄骨造、木造に分類することできます。

この中で音が響きやすい構造体は軽量鉄骨造か木造ですが、アパートの構造体は軽量鉄骨造か木造が多いのです。

安心してアパート経営を行っていくにはどうにかして騒音によるトラブルの対策を考えていかなければいけませんよね。

この騒音が起こりやすい構造体である軽量鉄骨において、他の軽量鉄骨造のアパートと比較しても音が響きにくいものがあるのです。

今回は、積水ハウス株式会社が施工するシャーメゾンというブランドの、軽量鉄骨造だけれども音が響きにくいアパートをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

軽量鉄骨造アパートを建てたい!建物の寿命は何年くらい?

アパートを経営するともなれば、気になるポイントの一つは「アパートの寿命」ではないでしょうか。 ...

1kの意味は?意外と知らない間取りの種類とその意味について

一人暮らしのお部屋探しでよく目にする1kについて、「1」「k」それぞれがどういう意味かご存知でし...

軽量鉄骨造のアパートは音が響く?防音性が高い構造はどれ?

賃貸アパートに住む場合、そのアパートの構造が何であるかも重要なポイントです。 なぜなら、アパー...

窓はどのメーカーを選ぶ?国内外で人気の2大メーカーに着目

住宅に欠かせない存在である窓ですが、それを選ぶ際にはどのメーカーがよいのか迷うものですよね。 ...

モルタル仕上げの床にひび割れが!その原因と補修方法とは?

インテリアの印象を決めるといっても過言ではない床や外壁。 ご自身のこだわりが光る部分でもあ...

アパートの巾木の交換やクロス汚れの修繕は自分でする!?

アパートやマンションなどの賃貸物件で、うっかり巾木に大きいものをぶつけてしまって、ひびが入ったり...

増築は可能?サンルームにかかる費用やメリットデメリット

梅雨時期や雨の日が続くと洗濯物の干し場もなく、子供も遊び回れなくて気分が滅入りますよね。 そん...

自宅の改造工事の方法!増築と増設の違いをご紹介!

長く住んだ自宅において、築年数が経ったり、建築時と状況が変わってしまったときに考える改造工事。 ...

コツさえ掴めば簡単にできる!濡縁の作り方をご紹介!

近年、DIYが流行しています。 そのため、壁紙や床材をアレンジしたり、収納棚などを作ったり、庭...

窓用エアコンは静かなの?メリットや選び方などを見てみよう

近年、とても暑い夏、とても寒い冬と体に堪える気候ですよね。 そんな時に役立つ家電といえば「エアコ...

簡単モルタルの塗り方!モルタルで床のイメージチェンジ!

近年、注目されつつある「モルタル」はご存知でしょうか。 モルタルはコンクリートにそっくりなもの...

木造などの構造で変わる!?賃貸アパート等の壁の厚さの違い

賃貸物件を検討している場合、気になるポイントの一つには「防音性」もあるのではないでしょうか。 ...

家の内装を自分でカスタム!DIYをやってみよう!

近頃よく「DIY」という言葉を耳にするようになってきました。 DIYとは「Do It Yours...

木造メゾネットアパートは要注意!騒音トラブルになることも

賃貸アパートには、メゾネットタイプのアパートもあります。 アパートではあるのですが、一戸建ての...

1間って何メートル?部屋の広さでもう迷わないために

お部屋探しで気になるポイントと言えば、お部屋の広さですよね。 しかし、お部屋探しの中で出てくる単...

スポンサーリンク

軽量鉄骨造とは何か

冒頭では、アパートの構造体は軽量鉄骨造、重量鉄骨造、木造に分類できるとお伝えしました。

また、音が響きやすいため騒音トラブルが起きやすい構造体は軽量鉄骨造か木造であることもご紹介しました。

木造はその名の通り、木でできた物件であることが分かりますが、軽量鉄骨造や重量鉄骨造は名前を見てもその違いは分かりにくいですよね。

ここでは、軽量鉄骨と重量鉄骨の違いをご紹介します。

まず、軽量鉄骨造も重量鉄骨造も鉄骨造というグループに仕分けることができます。

この鉄骨造の建物では、柱や鋼材などに使われる部材が鉄骨であることが最大の特徴です。

鋼材や柱の寸法が6mm以上のものは重量鉄骨造、6mm以下のものは軽量鉄骨造と言われています。

鉄骨造では木造の建物よりも良い点がいくつかあります。

まず、法定耐用年数が長いです。

また、地震の揺れを吸収したり、鉄骨によってしっかりと支えられているため、耐震性も信頼できる構造になっています。

ちなみに、多くのハウスメーカーでは鉄骨造と言えば軽量鉄骨を採用しています。

しかし、シャーメゾンでは軽量鉄骨造でも重量鉄骨造でも建築することが可能です。

なぜ軽量鉄骨造では音が響いて騒音トラブルになりやすいのか

先ほどは鉄骨造の紹介と鋼材や柱の寸法によって名称が変わることをご紹介しました。

柱が6mm以上の重量鉄骨造は、その柱などが原因で建物の重量が重くなってしまいます。

そのため、強固な地盤の上に建てなければならないというデメリットがあります。

しかし、建物が重く音が響きにくいため、騒音の問題は起きにくいとされています。

一方軽量鉄骨造は、建築する際には強固な地盤に改良しなければならないということはなく、建築コストも抑えることができます。

しかし、軽量鉄骨造の建物は柱の厚みがないため、壁なども薄くなってしまい、音漏れをしてしまう可能性もあります。

さらに、建物自体が軽いため、振動が伝わりやすいとも言われています。

つまり、軽量鉄骨造には騒音への対策が必要不可欠なのです。

次項では、軽量鉄骨と重量鉄骨どちらにも対応できるシャーメゾンをご紹介します。

シャーメゾンのアパートを建築する積水ハウスとは

積水ハウス株式会社は、本社を大阪に置く大手樹脂加工メーカーであった積水化学工業株式会社ハウス事業部を母体として1960年に設立されたハウスメーカーです。

その後、1963年に積水ハウス株式会社に商号変更をしています。

賃貸住宅では軽量鉄骨でも重量鉄骨でのどちらでも対応できるブランド、シャーメゾンが有名です。

また、騒音や地震へ対策をされた高品質の建物、高い施工力、美しいデザイン性は多くの方々より支持されています。

さらにMASTでお馴染みの積和不動産株式会社が一括借り上げを行うことによって、安心安定したアパート経営を実現しています。

デザイン性や品質は勿論のこと、建築した後も丁寧で迅速な対応をしてくれる企業なのです。

騒音トラブルが起こりにくい軽量鉄骨造のシャーメゾンとは

先ほどは積水ハウス株式会社についてご紹介しましたが、ここではその積水ハウスが提供する鉄骨造の共同住宅であるシャーメゾンについてご紹介していきます。

多くのハウスメーカーでは鉄骨造と言えば軽量鉄骨を採用しています。

しかし、シャーメゾンでは軽量鉄骨造でも重量鉄骨造でも建築することが可能です。

さらに、軽量鉄骨造は木造よりも音が響きやすいと言われていますが、業界最高水準の遮音性能を誇る「シャイド50」を導入しており、騒音に対する対策もしています。

この「シャイド50」によって上の階からの床衝撃音を一般的な鉄骨造の3分の1にまで低減させているのです。

また、入居者の方にも安心してもらえるような人感センサー付屋外照明や防犯安全ガラスを採用している建物もあり、複数の防犯設備が設置されています。

さらにシャーメゾンはデザイン性も重視しており、遠くから見てもすぐに分かるようなオシャレで清潔感のある建物のデザインは人気があります。

このように、シャーメゾンはアパート経営をする側だけでなく、入所者のことも考えられたブランドなのです。

軽量鉄骨造なのに音が響きにくいシャーメゾンの仕組み

アパートの入居者が感じる不満の多くは上階や隣部屋からの騒音です。

さらにその騒音でも上階からの足音の響く音が特にトラブルの原因になっているのです。

そして、軽量鉄骨造では音が響きやすく、足音や物を落とした時の音が反響してしまうことは多々あります。

ここでは、軽量鉄骨造が抱える騒音の問題に対して、シャーメゾンがどのような対策を行ったかについてご紹介します。

シャーメゾンでは遮音のために「シャイド50」と「シャイド55」を導入しています。

「シャイド50」は業界最高水準の遮音性能を誇り、床衝撃音を軽減させ、RC造とのマンションレベルにまで音を響かなくさせることに成功しました。

また、もう一方の「シャイド55」では上階からの床衝撃音を一般的な鉄骨造の半分に低減させることができます。

さらにこれに加えて「遮音カラーフロア」のシステムでさらに床衝撃音を4分の1にまで軽減させることができるのです。

「シャイド55」はすでに10万戸を超える実績を誇るほど人気なのです。

これらの遮音を実現させるために床への工夫がされているのです。

まず、シェルシャットスラブと呼ばれる高い剛性の押し出し成型セメント板と、充填剤が床への衝撃を吸収します。

次に、天井吊り金具に防振ゴムを取り付けることによって、下階天井への震動を伝えにくくしています。

そして、先ほどご紹介した遮音カラーフロアによってさらに衝撃を吸収し、それに加えて床の歩き心地にも配慮した設計になっています。

さらには床に吸音材やせっこうボードを2重張りにするなど、徹底的に音への対策がされているのです。

そのため、物件によってはペット入居可能なものもあるのです。

積水ハウスが施工する軽量鉄骨造のシャーメゾンの騒音対策以外の魅力

ここまでは軽量鉄骨造のシャーメゾンにおける騒音対策についてご紹介してきました。

ここでは騒音対策以外の魅力についてご紹介します。

まずは空気環境です。

シャーメゾンでは「シャーメゾン エアキス」と呼ばれる仕様があります。

これは新築時にエチルベンゼンやトルエンなどの化学物質の室内濃度を低減させる仕様です。

そのため、これらの化学物質によって引き起こされるシックハウス症候群への対策がされているのです。

さらに空気だけでなく耐震性でも信頼できるのです。

建物は震度7クラスの地震を想定した揺れでの実験を行っており、賃貸住宅において住宅性能表示制度の最高等級である「耐震等級3」を採用しています。

そのため、住み心地は勿論のこと、健康にも安全にも対策が何重にもされているブランドなのです。

人気ブランドのシャーメゾン

街を歩くと積水ハウス株式会社の建物が多く見られ、テレビでは毎日のようにCMが流れています。

現在の日本では最も有名な会社の1つである積水ハウス株式会社は、それだけ他社とは違う工夫と施工力があるのです。

そのため、軽量鉄骨造でも騒音や地震への対策、住みやすさの工夫がされているシャーメゾンは常に人気のブランドです。

また、軽量鉄骨造も重量鉄骨造にも対応できる商品力も魅力の1つです。

もしも今後、アパートの建築を考える場合は、シャーメゾンも候補の1つとしてご検討いただけることをオススメします。

 - 建物, 構造