礼金は交渉次第で値下げができる!?新築でも交渉可能?

引っ越しには多くの費用がかかります。

その中でも比較的大きな割合を占めるのが「敷金・礼金」です。

敷金は退去時の原状回復にかかる修繕費用を賄うものなので支払いは仕方ありませんが、礼金となると「なんだか納得のいかない支払いだな」と感じている方も多いことだと思います。

礼金は、交渉次第では値下げできるかもしれません。

しかし、それがたとえ新築物件だとしても可能なのでしょうか。

ここでは、礼金の値下げ交渉についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

瑕疵担保責任!売主の責任とは?個人と法人のちがいについて

不動産の取引では、瑕疵担保責任という言葉が必ず出てきます。それは、物件の瑕疵(外部から容易に発...

窓に雨よけを付けて快適に過ごそう!DIYで後付けも可能

窓は通風や採光のため、住宅になくてはならないものです。その窓に設置するものとして、「雨よけ」...

窓の網戸を簡単に取り付けたい!コツってあるの?

窓についている網戸は、穴が開いた時や大掃除の際、張替えをすることがありますよね。網戸は外す時...

家賃を自動引き落としで支払う方必見!停止の際はどうする?

賃貸を契約している方にとって、家計の大きな割合を占めるのが家賃です。家賃は毎月支払うもののた...

賃貸を退去する時に知っておきたいこと!家賃は日割り可能?

賃貸物件を借りた場合、家賃は通常1ヶ月単位で金額が設定されています。しかしながら、退去する際...

JR東日本の福利厚生が気になる!社宅の家賃はどのくらい?

突然ですが、皆さんの会社の福利厚生にはどんなものがありますか?「社宅」がある会社の場合、そこ...

ガラス窓のタイプは遮熱と断熱が存在?使い分け方法も必見!

夏場などの暑い時期でよくきかれるのが、ガラス窓の遮熱の重要性でしょう。ですが、年間を通して室...

家の建築時にセットバックは必要?その道路は誰が舗装する?

家を建てる際には、いろいろなことが建築基準法で定められています。そのひとつに「セットバック」...

不動産登記をする意味とは?登記の重要性を簡単に解説!

新築を建てる際や土地名義の変更など、「登記」にまつわる手続きは一般的にあまり馴染みがありません。...

契約書に書いてある敷金償却って何?賃貸用語の意味を知ろう

アパートなどを借りるときは、賃貸契約書を交わします。契約書のなかには、専門用語がズラリ。...

窓に貼る様々なシートは簡単に貼れる!貼り方をご紹介!

窓に貼ることのできるシートは、たくさんのものが販売されていますよね。防災・防犯のためのシートや...

管理会社に対するクレームの言い方

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、入居した部屋の設備不良や、他の入居者とのトラ...

クリスマスには窓の装飾を!スノースプレーで雰囲気づくり

クリスマスには、おしゃれな装飾を家中に施すという方も多いのではないでしょうか。特に「ホワイトク...

都市計画法を攻略したい!宅建試験合格のための覚え方とは?

宅建試験の勉強をしている人にとって大きな壁となるのが、都市計画法などの法令上の制限ですよね。...

道路が公道か私道かで土地の価値が変わる?その調べ方は?

新しく土地を買う場合などに注意したいのが、周辺の「道」や「道路」です。舗装の有無や広さな...

スポンサーリンク

礼金は交渉次第で値下げできる!

引っ越しには引っ越し代金をはじめ、家賃の前払いや敷金・礼金の支払い、家具・家電・必要雑貨など、多くの費用がかかります。

誰でも、少しでもその費用は抑えたいものですよね。

その中で「礼金」は引っ越しにかかる費用の中で比較的大きな金額となりますが、実は交渉次第で値下げが可能なのです。

そもそも礼金は、「この物件を貸してくれてありがとうございます」という意味合いで借主側が貸主側に支払うものです。

礼金にはさまざまな説がありますが、その一つをご紹介します。

ひと昔前に、子どもの一人暮らしを心配する親御さんが「これからアパートに住むわが子をどうぞよろしくお願いいたします」という意味で、大家さんに支払っていた慣習でした。

それが礼金として今でも残っていると言われます。

つまり、礼金は法律上支払うべきと定められているわけではありません。

しかも、貸主側からすると礼金より毎月の家賃や空室率を下げることを重視していますから、「礼金を値下げして長く入居してくれるのであれば、それに応じますよ」という場合があるのです。

ですから、交渉次第で礼金の値下げは可能なのです。

それでは、その物件が新築でも値下げ交渉はできるのでしょうか。

新築物件は礼金の値下げ交渉は可能?

貸主側は毎月の家賃や空室率を下げることを重視しているので、交渉次第では礼金を値下げしてくれることがあります。

それが、もしも新築の物件でも可能なのでしょうか?

結論から申し上げると、それは不可能なケースが多いです。

新築物件は、人気物件の条件の一つです。

ですから、わざわざ礼金の値下げをしなくても入居者が現れる可能性が高いので、値下げの交渉に応じてもらえないことが多いのです。

それでは、新築物件のように礼金の値下げ交渉が難しい物件は他にどのようなものがあるのでしょうか。

●築年数が浅い

新築物件と同様、築年数が浅い物件は人気があるので値下げ交渉は難しいです。

●駅近物件

駅近物件は利便性がいいので人気の物件です。

そのため、駅近物件も礼金の値下げ交渉は難しいでしょう。

●物件が人気エリア内にある

JR沿線など、人気エリア内にある物件も値下げ交渉は難しいでしょう。

●周辺環境がいい

物件からコンビニや病院、学校などが近くて周辺環境がいい場合も値下げ交渉は難航することでしょう。

●物件の設備がよく便利

物件の設備が整っていて、ゴミ出しなどいつでもOKというような物件も人気があるので、値下げ交渉は難しいでしょう。

新築・駅近物件など以外で礼金の値下げ交渉できる物件とは?

新築や築年数が浅い物件、駅近などの物件では礼金の値下げ交渉が難しいことはわかりましたが、いったいどのような物件であれば値下げ交渉がしやすいのでしょうか。

●築年数が古い

築年数が浅いと値下げ交渉が難しいのですが、築年数が古ければ交渉の余地があります。

また、リノベーションしている物件も値下げ交渉がしやすいと言われています。

●最寄り駅が遠い

最寄り駅が遠い物件は一般的に人気があまりありません。

ですから、値下げ交渉がしやすい物件でもあります。

●空室が多い

あまりに空室が多いと家賃収入が滞るため、礼金の値下げ交渉に応じてくれる場合があります。

●周辺環境が悪い

夜中まで営業している飲食店が物件のすぐ隣にあったりなど、周辺環境が悪いと借り手がなかなか現れない要因となります。

そのため、礼金の値下げ交渉がしやすい物件とも言えます。

●一階

物件の中でも一階にある部屋は防犯上の問題などで敬遠されやすい傾向にあるため、礼金の値下げ交渉がしやすいです。

礼金の値下げ交渉が可能かどうかは時期も関係ある!?

新築などの礼金の値下げ交渉が難しい物件もあれば、人気があまりない物件であれば交渉が可能であることをおわかりいただけたことと思います。

しかし、人気がないように思える物件で礼金の値下げ交渉を行っても、必ずしも応じてもらえるとは限りません。

礼金の値下げ交渉には「時期」も関係しているのです。

まず、礼金の値下げ交渉の一番いい時期は、5月のGW明けから8月頃です。

1月から3月は、一番人の動きが多い時期です。

その時期は、入学・就職などで引っ越しをする人が多くいるのです。

そのため、物件自体に需要があるので、人気のない物件でも入居者が現れる時期なのです。

9月以降は会社の異動時期に当てはまることが多いため、やはり引っ越しする人が多くいます。

これらのことを考えると、GWが明けて落ち着きを取り戻した5月のGW明けから8月頃までが人の動きがあまりなく、値下げ交渉をしやすい時期と考えられるのです。

ですから、礼金の値下げ交渉が可能かどうかは時期が関係していると言えるのですね。

礼金の値下げ交渉はどう行う?

契約したい物件が決まり、礼金の値下げ交渉に踏み切る際、具体的にはどう行うのでしょうか。

まず、一番最初は値下げの交渉自体が可能かどうかを貸主側に聞く必要があります。

そして、この物件を気に入っていること、入居したら長く住む予定などと、誠実な態度を示してください。

実際に金額交渉をする際は、あいまいな言い方は避けるようにしてください。

例えば、「礼金、いくらか安くなりませんか?」などです。

値下げ交渉をする際は同じような物件と比較して、「ここと同じような条件の物件には礼金がありませんが、この物件も同じようにしてくれませんか?」などです。

このように具体的に例を挙げると、貸主側も交渉に応じてくれることがあります。

先ほども申し上げましたように、新築などの人気物件は値下げ交渉が難しいことが多いですが、空室が続いているような物件は成功率が高いとよく耳にします。

強引な値下げ交渉は避けるべきですが、誠実な対応で交渉に臨むと案外交渉に応じてくれるかもしれません。

やっぱり新築がいい!値下げ交渉不可なら何を節約する?

引っ越すならやっぱり新築がいいという方も多いことでしょう。

しかし、申し上げておりますように新築物件では礼金の値下げ交渉は難航する場合が多いのです。

礼金の値下げ交渉がダメであれば、引っ越しに際して他に何が節約できるでしょうか。

まず、引っ越しは「物件に入居するための費用」と「荷物の引っ越し費用」の大きく二つに分けられます。

物件に入居するための費用を削減できないとしたら、荷物の引っ越し費用を削減するということを考えましょう。

引っ越し業者によっては、見積額が数万円の差が出ることがあります。

ですから、他社と相見積もりをして条件のいい引っ越し業者を探すといいでしょう。

礼金の値下げ交渉がうまくいかなくても、かかる費用をトータルで考えて他で節約できないか検討することをおすすめします。

礼金の値下げ交渉は物件の条件次第!

物件に入居する際にかかる費用で比較的大きな割合を占める礼金ですが、物件の条件次第では値下げ交渉の余地があります。

しかし、交渉しやすい時期というのもあるので、それを踏まえて交渉してみましょう。

さらに、交渉を行う際は誠実な姿勢で臨むようにしてください。

もしも、礼金の値下げができなかったとしても引っ越しにかかる費用はトータルで考えるべきなので、他に削減できるところはないか模索してみましょう。