ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

権利証がないと登記できない!?事前通知制度とその期限は?

2019.8.1

不動産の所有権移転登記には、原則として権利証や登記識別情報などの書類が必要となります。

これは「申請者が真の所有者なのか」「なりすましによる申請ではないか」判断するために重要な事項です。

それでは権利証や登記識別情報などが紛失等で手元にない場合には、登記できないのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

その場合には事前通知制度というものが利用できるのですが、この制度には期限があるため注意が必要となります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

いつの間に!家の中に蜘蛛の巣が多いのはなぜ?予防&対策

昔の言い伝えでは、「家の中に昼間現れる蜘蛛は、神様の使いだから殺さない方がいい」などと言われてい...

窓からの冷気が辛い!防寒ボードで冷気をシャットアウト!

寒さの厳しい季節、暖房をしっかりいれているのに、部屋がなかなか暖まらないということはありませんか...

窓の額縁にカビや腐食が!木枠の傷みは交換して解消する

家の窓の中で部屋の位置によって、結露しやすい窓というものがあります。 主に北側に面した窓で...

一石何鳥!?窓用プチプチを貼ったときの効果がすごい!

寒い冬が訪れると、窓から冷気が入ってきたり、反対に室内の暖かい空気を逃がしてしまうこともあるでし...

建蔽率がオーバー!不動産投資でデメリットになる理由とは?

不動産投資を考えている際、重要な指標となるのが建蔽率の値です。 この数値によって、不動産の価値...

社宅から引っ越しするときは退去理由次第で違約金がかかる?

会社の福利厚生に、借り上げ社宅というものがあります。 この制度を目的に、就職先を決めるかたもい...

少額訴訟の費用は相手負担にできる?弁護士に依頼する場合

賃貸経営で様々なトラブルに対処していくためには、法律の知識は必要です。 少額訴訟などで弁護士に依頼...

窓用のエアコンで部屋が冷えないときの対処方法

夏場は部屋の窓際が特に暑くなります。 そのため、窓付近にエアコンを設置している家がほとんど...

住所の正式な調べ方を知りたい!住所に関するマメ知識

様々な手続きや履歴書、郵便物を出す時、何かと書く機会の多い住所ですが、ご自分の正式な住所をご存知で...

入退去時に覚えておきたい!家賃の日割り計算のルール

賃貸不動産を契約する際、不動産会社から出された見積もりを見ると、その中に『日割り家賃』という項目...

管理会社に対するクレームの言い方

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、入居した部屋の設備不良や、他の入居者とのトラ...

ベランダに置いた洗濯機には雨よけが必要!DIYで費用カット

1人暮らし用のアパートや築年数の経過しているアパートでは、ベランダに洗濯機置き場があることが多い...

テーマのある男性の一人暮らしの部屋づくりとインテリア選び

女性と比べて男性は、好みがはっきりしていて、部屋のインテイリアひとつとっても、こだわりが強いのではな...

家賃の値上げがしたい。入居者に拒否されたときはどうする?

アパートやマンションの経営で、頭を悩ませるのが家賃です。 高くもなく、安くもなく、ちょうど良い金額...

冷暖房効率を上げたい人必見!窓に正しい断熱対策をしよう!

どんな住宅にも窓はありますよね。 窓は室内に熱を取り入れたり、放出したりと、重要な役割を担って...

スポンサーリンク

売却や贈与による所有権移転登記には権利証が必要!?

不動産の売却や贈与の際には所有権移転登記を行いますが、この登記のためにはいわゆる権利証と呼ばれるものが必要となります。

権利証は正式には、「登記済権利証」や「登記識別情報」と言います。

現在発行されているのは12桁の暗号が記載された登記識別情報ですが、それ以前は登記済権利証でした。

登記済権利証や登記識別情報は不動産を売却する際や贈与などで名義変更をする時に、登記名義人の本人確認のための書類として必要となります。

登記済権利証や登記識別情報は有効期限などないので登記の際に提出するのはどちらでも問題ありませんが、どちらも紛失や破損したとしても再発行はできません。

では、必ず必要となる登記済権利証や登記識別情報が提出できないと所有権移転登記できないのかと言うと、そうでもありません。

その際に利用できるものの1つが「事前通知制度」です。

紛失の場合には事前通知制度で登記ができる!

所有権移転登記の際に、登記済権利証や登記識別情報を紛失し登記情報が変更できないとなると、その不動産の売却や贈与などが困難になってしまいます。

そこで利用できるのが「事前通知制度」です。

事前通知制度ではまず法務局より登記義務者に対し「登記申請がされたこと」と「自らが登記申請したことを申し出ること」を通知する書面が郵送されます。

これを登記義務者が受け取り、一定の期限内に間違いがない旨の申し出をします。

この申し出があって初めて登記は実行されます。

この事前通知制度はなりすまし防止のための意味合いが強いと言えます。

そのため書面は本人限定の受取郵便等の確実な方法で行われ、宛先は登記名義人の現住所です。

さらに3ヶ月以内に登記名義人の住所が変更されていれば、事前通知に加えて前住所にも通知が行くこととなっています。

これもなりすましを防止するためで、登記上の住所を移転した上で真の所有者に知られることなく事前通知を受け取ることを防止します。

前住所に登記名義人が住んでいなければ事前通知は法務局に返送され、なりすましにより不正に住所変更がされていれば、真の所有者が通知を受け取り異議を申し立てることができるという仕組みです。

このような段階を踏めば、登記済権利証や登記識別情報がなくても所有権移転登記をすることができます。

事前通知では期限まで登記が保留!?

事前通知制度は登記済権利証や登記識別情報を紛失してしまった場合などに利用できますが、期限内に登記名義人から間違いがない旨の申し出があるまで登記は実行されません。

申し出があって初めて登記申請が受付けられる仕組みです。

通常の登記もそうですが、登記申請が受付けられてから登記審査が行われるので、新たな登記識別情報を受け取るのは2週間程度先です。

事前通知制度を利用すると申し出の期間がプラスされるので、通常の登記申請よりもさらに時間がかかることは間違いありません。

さらに事前通知の申し出期限内に、同一の不動産に対し他の登記申請があったとしても事前通知中の登記の受否が決定するまでは登記申請は保留されてしまいます。

これは矛盾抵触しない登記申請であったとしても同じです。

また事前通知の申し出期間内は、登記にロックがかかっているような状態となります。

そのため登記事項証明書の交付もできなくなってしまいます。

事前通知の申し出には期限がある?

登記済権利証や登記識別情報を紛失した際に利用できる事前通知制度の申し出には、期限があるので注意しましょう。

登記申請に間違いがないことを申し出る期間は、通知が発送された翌日から起算し2週間以内が期限です。

登記名義人の住所が日本国外であれば4週間に伸長されますが、期限が受け取ってからではなく通知発送からであることは注意が必要です。

普通の郵便物とは異なり、本人限定郵便等で送られてくるので本人でなければ受け取ることができません。

家族での代理受け取りもできませんし、別の場所で受け取ることもできません。

受け取るのが遅くなればなるほど、申し出期間は短くなってしまいます。

事前通知の申し出自体は、回答欄に署名・押印し、登記所に持参するか郵送するかなので、さほど大変なことではありませんが、早めに受け取っておくことに越したことはないでしょう。

また受取人不明で事前通知書が返送されてしまっても期限内であれば、再度発送の申請をすることは可能です。

しかしその場合でも、申し出の期限が伸長されるわけではないので注意しましょう。

期限内に申し出をしない場合は?

もし事前通知書を受け取ることができずに返送されてしまったり、受け取るのが遅くなり期限内に申し出ができなかったりするとどうなるのでしょうか?

申し出期限内に申し出がない場合、登記申請自体が却下となるか申請人が取り下げる必要がでてきます。

そうすると当然登記は実行されず、登記をするためにはまた一から手続きをしなおさなければなりません。

さらに事前通知書が受取人不明で返送された場合は申請により再度発送が可能ですが、紛失や盗難などを理由には再送は認められていないので注意しましょう。

こうした場合も一旦登記申請を取り下げ、再度手続きをする必要がでてきます。

しかし登記名義人次第で登記が実行されないという事前通知制度の性質上、売買などでは買主にリスクが大きいため実際にはあまり利用されていないのが現状です。

主に事前通知制度が使われるのは、贈与による所有権移転登記などリスクが少ない場合のみです。

事前通知制度以外にも登記をする方法がある!

では登記済権利証や登記識別情報を提出できない場合、事前通知制度の他にどのような方法があるのでしょうか?

2つの方法があります。

一つめは「資格者代理人による本人確認証明情報の提供」です。

この方法は司法書士が登記名義人と面談し、本人確認を行いその情報をもとに登記を申請します。

これを法務局の登記官が審査し、内容に問題がなければ登記が完了する仕組みです。

もちろん司法書士への依頼が必須となりますから、司法書士への報酬が発生し事前通知制度より費用がかかります。

一般的に司法書士への報酬は5~10万程度となります。

二つめは「公証人による本人確認」です。

こちらは認証文を公証人につけてもらい、その委任状を登記申請書に添付することで登記済権利証の代わりにするという方法になります。

資格者代理人による本人確認に比べれば費用がかからないのが特徴なのですが、公証役場へ行く手間がかかります。

事前通知制度では2週間の期限が設けられ、この期間内は登記が実行されないことなどから買主のリスク軽減のため、売買の場合の所有権移転登記ではほとんど用いられていません。

売買の際には資格者代理人による本人確認で、所有権移転登記の申請されることがほとんどです。

事前通知制度は期限内に!

所有権移転登記の際に登記済権利証や登記識別情報を提出できない場合には、事前通知制度が利用できます。

しかし期限内に申し出がないと登記が実行されない性質上、売買では用いられることなく贈与などで使われることが多いようです。

もし事前通知制度を利用する場合には期限に注意しましょう。

事前通知制度以外には資格者代理人や公証人による本人確認という方法もあり、売買の所有権移転登記では利用されることが多いようです。

 - 暮らし, 登記