家賃を口座振替で支払う!手数料の発生などの注意点とは?

賃貸を契約した場合、切っても切れないのが家賃の支払いです。

家賃の支払いは毎月行うもののため、できれば銀行の口座振替などを利用して手間をかけずに行いたいものです。

しかし、そこで気になるのが手数料は発生するのかということではないでしょうか。

また、もし手数料が発生する場合、少しでも家賃の支払いに関する費用を抑える方法はあるのか、詳しくご説明していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

建蔽率とは?その計算方法は?簡単にご説明!

「家を建てるとき」や「家を購入するとき」に建蔽率(けんぺいりつ)という言葉を聞かれたことがあるの...

容積率がオーバーしていると違反に!何か罰則規定はあるの?

不動産投資用に物件の購入を検討されている方もいるでしょう。その際、重要となるのは「容積率」と...

ldkの雰囲気や住み心地を決めるのは照明の色だった!

住宅においてメインの部屋であるldk(リビングダイニングキッチン)。ldkでは間取りも大切で...

敷金の精算と返還は退去したあといつごろ実施されるのか

賃貸のマンションやアパートあるいは事務所などを解約して退去すると、入居時に預けていた敷金が返還さ...

遠距離恋愛で結婚するときに必要な手続き

遠距離で交際している相手の方と結婚することになったとき、どのような手続きが必要となるのでしょうか...

用途地域の概要と宅建試験に向けての覚え方をご紹介

不動産の仕事をしようと思う人が必ず取得しておいた方が良い資格があります。それが宅建です。...

防衛庁があった六本木の跡地は再開発されて職住近接の街へ!

六本木には、かつて防衛庁があったことをご存知でしょうか。防衛庁の跡地は再開発されて、現在の東...

工事現場の看板にある建築主の名前は必ず書くべきなのか?

近所の空き地に家を建てている場合など、工事現場の道沿いに看板が掲げてあるのをご存知でしょうか。そ...

窓クリーナーを使って簡単に!自動で手軽に窓掃除をしよう!

家の掃除を行うとなると、床などを中心に行いますよね。しかし、少し視線を上げてみてください。...

登記について知りたい!分筆の手続きの流れと必要書類とは?

土地を所有している方の中には、「分筆」を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際にど...

節約したお金を貯金してリフォーム!ブログで副業ができる?

現在の住まいをリフォームしたい場合、費用がかかりますよね。節約をして、リフォームのための資金...

面倒でついさぼりがちな窓のさんの掃除を簡単便利グッズで

窓の掃除というと、皆さんはどの程度の頻度でされていますか。部屋の中はまめに掃除をしても、窓拭...

家賃滞納トラブルを解決したい!督促から裁判までの流れ

賃貸物件のオーナーをしている方は、家賃滞納トラブルに悩まされることもあるのではないでしょうか。...

分筆した土地は評価が下がる?分筆について知識を深めよう

大きな土地を所有していたり、相続するとなった際、頭をよぎるのが「分筆(ぶんぴつ)」でしょう。...

窓の結露対策をしよう!結露防止に便利な100均グッズとは?

寒い時期になると、部屋の窓ガラスに結露がたくさんついてしまったという経験はありませんか。結露...

スポンサーリンク

家賃の高い安いでは計れない!賃貸の価値

私たちが生活する上では、様々な費用がかかります。

食費や光熱費、交際費など、金額の違いはあれど、挙げてみると多くの項目で費用がかかることが分かります。

また、住まいが賃貸の方の場合、それに加えて毎月の家賃の支払いも含まれます。

家賃は、その賃貸の貸主や管理会社などが金額を決めます。

決め方としては、その賃貸周辺の環境はもちろん、建物の築年数や状態などを考慮して行います。

一般的に、家賃が高い賃貸は好条件で、一方安い賃貸は悪条件であるというイメージもあるようです。

しかし、住まいに対し求める条件は借主によっても様々なため、一概にそのようことは言えません。

例えば、駅から遠い場所にある賃貸などは、それを理由に家賃が安いものもあるでしょう。

しかし、自家用車を所有している方であれば、さほど駅から住まいが遠いという点はデメリットには感じないかもしれません。

このように、家賃の高い安いだけではその賃貸の価値は判断できないため、一度見学をして自分の条件に合った賃貸を選ぶことが大切です。

また、いざ賃貸契約を結んだ際、家賃の支払い方法を決めなければなりませんよね。

家賃の支払い方法として口座振替が挙げられますが、手数料は発生するのかなどの疑問も浮かびます。

次項では、この口座振替についてご説明していきましょう。

家賃を口座振替で支払うメリット

家賃の口座振替について、まずはメリットをご説明していきます。

メリットとしては、何といっても口座振替にすることによって自動的に家賃の支払いが行えるということではないでしょうか。

家賃の支払いは、賃貸契約中であれば当然毎月行わなければならないものです。

月に1回といえど、忙しい毎日の中で家賃の支払いのために時間を割くのは案外面倒です。

また、忙しいゆえに思わず家賃の支払いを忘れてしまうということもあり得るでしょう。

それに加え、家賃の口座振替は貸主にとってもメリットになるのです。

家賃が口座振替により自動的に支払われるということは、すなわち家賃の支払いが滞る心配が少ないということが言えます。

家賃の支払いが滞ると、貸主としても非常に困った状況となります。

貸主の収入に影響を及ぼすだけででなく、借主との関係も複雑なものになることは避けられません。

場合によっては、契約更新の時期などを機に、家賃の滞りを理由に借主へ契約の解除を申し出なければならなくなることもあるでしょう。

このような点から見ても、家賃を口座振替にすることは貸主と借主双方にとってメリットがあると言えます。

では一方で、口座振替には手数料発生などのデメリットも存在するのでしょうか。

家賃の口座振替は手数料が発生する!光熱費の手数料との違い

口座振替のデメリットとして挙げられるのが、前項でも触れた手数料の発生です。

述べた通り、口座振替は貸主と借主双方にとってメリットが大きいことから、家賃の支払いを口座振替にしようと考えている方もいるでしょう。

しかし、口座振替には手数料が発生するとなると、いざ家賃を口座振替で支払うことにためらいを感じる方も少なくないのではないでしょうか。

また口座振替といえば、光熱費などの支払いに利用されることが多いものです。

その支払いの際、手数料の記載はなく、光熱費のみの金額が引き落とされていることが通帳を確認してみても分かるでしょう。

これには理由があり、光熱費の手数料は、なにも発生していないわけではないのです。

光熱費の手数料は、契約した電気会社などが契約者の代わりに支払っています。

そのため、発生した手数料を契約者が支払わずに済んでいるのです。

家賃を口座振替で支払う!銀行による手数料の違いを確認

口座振替で家賃を支払う際の手数料は、一般的に借主が利用する銀行などが定めた金額を支払うことになります。

その金額は、銀行などによっても違いがあるため、家賃を口座振替で支払うことを考えている方はよく確認することをおすすめします。

銀行のホームページなどであれば、家賃を口座振替で支払う際の手数料についても詳しく記載があるでしょう。

家賃の手数料は、家賃と合わせて毎月支払うもののため、少しでも金額の安い銀行などを探して家計に負担をかけないようにすることも良いですね。

また一方で、貸主や管理会社が指定する銀行がある場合、そこに家賃を口座振替で支払うこともあります。

もしその銀行の口座を借主が持っていない場合、新しく口座を開設する必要もでてきますので注意しましょう。

このような家賃の支払いに指定の銀行などがある場合、その賃貸の契約書にもそれについて記載がありますのでよく確認してください。

借主と貸主双方の見方・家賃保障会社!事務手数料がネック?

賃貸の中には、家賃保障会社を利用しているものもあります。

この家賃保障会社は、借主の連帯保証人の役割を担ってくれます。

そのため、身寄りのない方などが賃貸を契約する場合、連帯保証人になってもらう方を探す手間も省けます。

それだけではなく、もし借主に家賃の滞りなどが見られる場合、一時的に家賃を借主の代わりに貸主に支払うという役割も担っています。

これは借主はもちろん、貸主にとっても非常に有用といえるため、近年の賃貸において家賃保障会社を利用する傾向が増えつつあります。

しかし、注意が必要なのが事務手数料の存在です。

家賃保障会社を利用していない賃貸であれば、家賃の口座振替による手数料のみが発生します。

一方、家賃保障会社を利用している賃貸の場合、それに加え事務手数料が発生するのです。

また、家賃保障会社を利用している管理会社は、大手の管理会社であることが多いものです。

大手であれば、その信用度はもちろん、様々な物件を取り扱っていますよね。

賃貸を探している方にとっても、多くの物件の中から選ぶことができ、頼もしい存在でしょう。

しかしそれと引き換えに、それなりの事務手数料が発生するということを覚えておくと良いでしょう。

カードでお得に家賃を支払う!手数料は発生しない?

前項でご説明した通り、家賃保障会社を利用している賃貸の場合、事務手数料の発生が懸念されます。

口座振替の手数料に加え事務手数料が発生するとなると、意外に毎月の家計に響くことも考えられます。

そこでおすすめなのが、クレジットカードを利用した口座振替で家賃を支払う方法です。

クレジットカードを利用して家賃を口座振替で支払うには、その管理会社がクレジットカードでの家賃の支払いに対応しているかを確認することがまず大切です。

その確認には、CMなどでもおなじみのアパマンショップを利用することをおすすめします。

アパマンショップのホームページを開くと、簡単な手順を踏めば家賃の支払いがクレジットカードで行える物件を閲覧することができます。

また、アパマンショップは他の会社に比べ、様々なカード会社と提携しているという点も特徴です。

買い物などに利用しているカードで、家賃の支払いができれば大変便利と言えるでしょう。

それに加え、手数料も発生せず、また口座振替で家賃を支払うごとにポイントがつくものもあることを考えると、さらにお得と言えますね。

家賃の支払いは手数料も考慮する

家賃を銀行などで口座振替により支払う場合、それに加え手数料が発生することが分かりました。

一回あたりに発生する手数料はそれほどでもないとしても、長期的に見ると結構な額になるかもしれません。

賃貸は長い間契約することが多いため、より手数料がかからない銀行などを探すのも良いでしょう。