ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

家賃を口座振替で支払う!手数料の発生などの注意点とは?

2019.9.4

賃貸を契約した場合、切っても切れないのが家賃の支払いです。

家賃の支払いは毎月行うもののため、できれば銀行の口座振替などを利用して手間をかけずに行いたいものです。

しかし、そこで気になるのが手数料は発生するのかということではないでしょうか。

また、もし手数料が発生する場合、少しでも家賃の支払いに関する費用を抑える方法はあるのか、詳しくご説明していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

息子夫婦と母親の関係も良好!結婚生活を壊さない二世帯住宅

結婚してから相手の両親と同居となると、気になるのは生活のしやすさです。 相手の父親や、最も気に...

建築基準法での床面積の計算に吹き抜け部分はどうなるのか?

建築基準法の中で、重要な部分になるひとつに「床面積」があります。 建ぺい率や容積率などとい...

見落としがちな共同住宅の階段の蹴上や踏み面をチェック!

役所、駅、病院、共同住宅、戸建てに設けられている階段で蹴上や踏み面の大きさの違いに、違和感を覚え...

窓には「遮熱フィルム」と「ペアガラス」どちらが有効?

冷暖房の効率を上げるには、「窓」の見直しが重要です。 家の壁には断熱材を使って断熱対策がで...

マンションやアパートの家賃の大半は前払い!退去時は要注意

賃貸でマンションやアパートあるいは事務所などを借りていると、毎月決まった期日までに家賃を支払いま...

賃貸物件の連帯保証人にかかる責任や解除の範囲を検証!

賃貸アパートを契約する時に必要になってくるのが、連帯保証人です。 普通は、自分の親や成人した自...

礼金に消費税がかからないのは居住用賃貸物件だけなのか

新たに賃貸物件を借りる際に初期費用として礼金を支払う場合があります。 マンションやアパート...

窓と扉の違いはどんなところにある?その種類について解説!

窓と扉の違いについて聞かれたとき、皆さんはどうお答えするでしょうか? 基本的には、家の玄関が扉...

登記申請の方法とは?税金の納め方や収入印紙の貼り方を解説

土地や建物を取得した場合、登記申請しておくことが重要です。 この申請は自分でも行うことができる...

窓を支えるゴムパッキンとは?劣化を遅らせる方法も必見!

窓の構造上、大きな役割を果たしているのがゴムパッキンの存在でしょう。 また、その役割を大いに果...

家庭にあるものを使って!窓ガラスについた水垢の落とし方

ふと窓ガラスを見たときに、うろこ状のような水垢がついているのを発見したことはありませんか? 発...

地絡と漏電の違いって何?火災保険で補償はされるの?

アパートなどは、貸主にとっては大事な資産ですよね。 そんな大事な資産が、不運なことによって、火災に...

署名捺印の正しい位置はあるの?失敗した時の訂正方法

賃貸契約書や口座振替依頼書など、さまざまな契約書を作成する際に署名捺印をすることになりますが、「ど...

親と同居している人が渡している生活費の相場は?

親元を離れて一人暮らしをしている人、結婚している人、二世帯住宅にお住まいの人、実家で親と同居して...

窓の結露対策をしよう!結露防止に便利な100均グッズとは?

寒い時期になると、部屋の窓ガラスに結露がたくさんついてしまったという経験はありませんか。 結露...

スポンサーリンク

家賃の高い安いでは計れない!賃貸の価値

私たちが生活する上では、様々な費用がかかります。

食費や光熱費、交際費など、金額の違いはあれど、挙げてみると多くの項目で費用がかかることが分かります。

また、住まいが賃貸の方の場合、それに加えて毎月の家賃の支払いも含まれます。

家賃は、その賃貸の貸主や管理会社などが金額を決めます。

決め方としては、その賃貸周辺の環境はもちろん、建物の築年数や状態などを考慮して行います。

一般的に、家賃が高い賃貸は好条件で、一方安い賃貸は悪条件であるというイメージもあるようです。

しかし、住まいに対し求める条件は借主によっても様々なため、一概にそのようことは言えません。

例えば、駅から遠い場所にある賃貸などは、それを理由に家賃が安いものもあるでしょう。

しかし、自家用車を所有している方であれば、さほど駅から住まいが遠いという点はデメリットには感じないかもしれません。

このように、家賃の高い安いだけではその賃貸の価値は判断できないため、一度見学をして自分の条件に合った賃貸を選ぶことが大切です。

また、いざ賃貸契約を結んだ際、家賃の支払い方法を決めなければなりませんよね。

家賃の支払い方法として口座振替が挙げられますが、手数料は発生するのかなどの疑問も浮かびます。

次項では、この口座振替についてご説明していきましょう。

家賃を口座振替で支払うメリット

家賃の口座振替について、まずはメリットをご説明していきます。

メリットとしては、何といっても口座振替にすることによって自動的に家賃の支払いが行えるということではないでしょうか。

家賃の支払いは、賃貸契約中であれば当然毎月行わなければならないものです。

月に1回といえど、忙しい毎日の中で家賃の支払いのために時間を割くのは案外面倒です。

また、忙しいゆえに思わず家賃の支払いを忘れてしまうということもあり得るでしょう。

それに加え、家賃の口座振替は貸主にとってもメリットになるのです。

家賃が口座振替により自動的に支払われるということは、すなわち家賃の支払いが滞る心配が少ないということが言えます。

家賃の支払いが滞ると、貸主としても非常に困った状況となります。

貸主の収入に影響を及ぼすだけででなく、借主との関係も複雑なものになることは避けられません。

場合によっては、契約更新の時期などを機に、家賃の滞りを理由に借主へ契約の解除を申し出なければならなくなることもあるでしょう。

このような点から見ても、家賃を口座振替にすることは貸主と借主双方にとってメリットがあると言えます。

では一方で、口座振替には手数料発生などのデメリットも存在するのでしょうか。

家賃の口座振替は手数料が発生する!光熱費の手数料との違い

口座振替のデメリットとして挙げられるのが、前項でも触れた手数料の発生です。

述べた通り、口座振替は貸主と借主双方にとってメリットが大きいことから、家賃の支払いを口座振替にしようと考えている方もいるでしょう。

しかし、口座振替には手数料が発生するとなると、いざ家賃を口座振替で支払うことにためらいを感じる方も少なくないのではないでしょうか。

また口座振替といえば、光熱費などの支払いに利用されることが多いものです。

その支払いの際、手数料の記載はなく、光熱費のみの金額が引き落とされていることが通帳を確認してみても分かるでしょう。

これには理由があり、光熱費の手数料は、なにも発生していないわけではないのです。

光熱費の手数料は、契約した電気会社などが契約者の代わりに支払っています。

そのため、発生した手数料を契約者が支払わずに済んでいるのです。

家賃を口座振替で支払う!銀行による手数料の違いを確認

口座振替で家賃を支払う際の手数料は、一般的に借主が利用する銀行などが定めた金額を支払うことになります。

その金額は、銀行などによっても違いがあるため、家賃を口座振替で支払うことを考えている方はよく確認することをおすすめします。

銀行のホームページなどであれば、家賃を口座振替で支払う際の手数料についても詳しく記載があるでしょう。

家賃の手数料は、家賃と合わせて毎月支払うもののため、少しでも金額の安い銀行などを探して家計に負担をかけないようにすることも良いですね。

また一方で、貸主や管理会社が指定する銀行がある場合、そこに家賃を口座振替で支払うこともあります。

もしその銀行の口座を借主が持っていない場合、新しく口座を開設する必要もでてきますので注意しましょう。

このような家賃の支払いに指定の銀行などがある場合、その賃貸の契約書にもそれについて記載がありますのでよく確認してください。

借主と貸主双方の見方・家賃保障会社!事務手数料がネック?

賃貸の中には、家賃保障会社を利用しているものもあります。

この家賃保障会社は、借主の連帯保証人の役割を担ってくれます。

そのため、身寄りのない方などが賃貸を契約する場合、連帯保証人になってもらう方を探す手間も省けます。

それだけではなく、もし借主に家賃の滞りなどが見られる場合、一時的に家賃を借主の代わりに貸主に支払うという役割も担っています。

これは借主はもちろん、貸主にとっても非常に有用といえるため、近年の賃貸において家賃保障会社を利用する傾向が増えつつあります。

しかし、注意が必要なのが事務手数料の存在です。

家賃保障会社を利用していない賃貸であれば、家賃の口座振替による手数料のみが発生します。

一方、家賃保障会社を利用している賃貸の場合、それに加え事務手数料が発生するのです。

また、家賃保障会社を利用している管理会社は、大手の管理会社であることが多いものです。

大手であれば、その信用度はもちろん、様々な物件を取り扱っていますよね。

賃貸を探している方にとっても、多くの物件の中から選ぶことができ、頼もしい存在でしょう。

しかしそれと引き換えに、それなりの事務手数料が発生するということを覚えておくと良いでしょう。

カードでお得に家賃を支払う!手数料は発生しない?

前項でご説明した通り、家賃保障会社を利用している賃貸の場合、事務手数料の発生が懸念されます。

口座振替の手数料に加え事務手数料が発生するとなると、意外に毎月の家計に響くことも考えられます。

そこでおすすめなのが、クレジットカードを利用した口座振替で家賃を支払う方法です。

クレジットカードを利用して家賃を口座振替で支払うには、その管理会社がクレジットカードでの家賃の支払いに対応しているかを確認することがまず大切です。

その確認には、CMなどでもおなじみのアパマンショップを利用することをおすすめします。

アパマンショップのホームページを開くと、簡単な手順を踏めば家賃の支払いがクレジットカードで行える物件を閲覧することができます。

また、アパマンショップは他の会社に比べ、様々なカード会社と提携しているという点も特徴です。

買い物などに利用しているカードで、家賃の支払いができれば大変便利と言えるでしょう。

それに加え、手数料も発生せず、また口座振替で家賃を支払うごとにポイントがつくものもあることを考えると、さらにお得と言えますね。

家賃の支払いは手数料も考慮する

家賃を銀行などで口座振替により支払う場合、それに加え手数料が発生することが分かりました。

一回あたりに発生する手数料はそれほどでもないとしても、長期的に見ると結構な額になるかもしれません。

賃貸は長い間契約することが多いため、より手数料がかからない銀行などを探すのも良いでしょう。

 - 契約, 暮らし