ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

自然災害から家を守るには地目に注目!「畑」の地盤は弱い?

2019.8.5

いつどこで起こるか分からない自然災害。

家を地震などの自然災害から守るには、家の重要な部分でもある「土地」に重点を置きたいものです。

土地にはそれぞれ「地目」というものがあります。

今回は地目の中でも「畑」に焦点をあてて、地盤の強度や改良工事のことなどを解説していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

住所の正式な調べ方を知りたい!住所に関するマメ知識

様々な手続きや履歴書、郵便物を出す時、何かと書く機会の多い住所ですが、ご自分の正式な住所をご存知で...

土地の地番の調べ方は?無料で調べる方法をご紹介

「所有する不動産に関する書類を紛失してしまったせいで地番がわからない」と困ったことがある人もいる...

地目が田や畑の土地の活用方法は?家を建てることはできる?

家を建てるためには多額の費用を必要としますが、土地代が抑えられるとしたら当然費用を抑えることがで...

境界をめぐる塀の設置トラブル!その注意点や予防策を知ろう

新居を構え、新たな生活をスタートする中で、隣人関係には特に配慮したいものです。 しかし、新築後...

地番と住所は異なる!?それぞれの違いと異なる理由は?

普段郵便物や身分証明等に使用している住所ですが、不動産売買の時には住所ではなく地番を尋ねられるこ...

地目変更しないと田畑を駐車場にできない?その手続きとは?

田畑として使っていた土地を駐車場に変えて活用したい場合、農地である田畑は、農地法で守られています...

地目変更登記の費用はどのくらい?宅地に変更する際の流れ

土地の種類を現す言葉として、「地目」というものがあります。 もし、家を建てる予定の土地が「宅地...

盛土の造成地に安定した家を建てるなら!ポイントは「期間」

造成地には地盤の安定性などに関して心配であるという声を耳にすることもあります。 それには、その...

地目が畑の土地に建物を建てる!地目変更の方法とタイミング

新築予定の土地の地目が「畑」になっていることもあるでしょう。 地目が畑のままだと建物を建てるこ...

地目変更で畑を宅地へ!農地転用にかかる費用と登記の流れ

これから新築予定の方は、土地はもうお決まりですか。 すでに家族が所有している土地を譲り受けたり...

農地転用をする場合注意すべきことは?開発許可の順序とは?

自分が持っている田んぼや畑に、家を建てたり、駐車場として利用したい場合、どのような順序で手続きを...

新築で外構!境界はコストの安いブロックフェンスがおすすめ

新築したら、それと同時に外構工事も必要となります。 特に、隣家の土地と自分の土地を分ける境界に...

農地転用の手続きは難しい?費用や調整区域について知ろう!

憧れのマイホームを建てる際に、土地を購入して建てるケースも多いですよね。 しかし、農地だった場...

擁壁施工・補修の費用の相場は?2m未満の高さは申請不要?

土砂などの崩れを防ぐ目的で設置される擁壁。 擁壁の施工・補修費用の相場はどれぐらいなのでしょう...

私道の道路では通行料を請求されることも!相場はいくら?

購入しようか検討している土地の中に、まれに私道を通らざる負えない土地もあります。 その場合...

スポンサーリンク

地目が「畑」の土地は地盤が弱い?

家を新築する際、土地を探していると地目が「宅地」「畑」「田」などを目にする機会があるでしょう。

それぞれ土地には地目が定められています。

例えば、

●宅地:建物の敷地、およびその維持、もしくは効用を果たすための土地

●畑:農耕地で用水を利用せずに耕作する土地

●田:農耕地で用水を利用して耕作する土地

と、具体的に項目が分けられているのです。

一般的には、「水」が近くにある土地、つまり河川や沼などが近くにあるような土地は地盤が弱いと言われています。

また、その土地の地名に「水」に関する文字が含まれていると、もともと沼だったような場所を埋め立てた土地であるという場合もあります。

その他に、耕作用の土地であった地目が「畑」や「田」も地盤が弱いことが多いようなのです。

地盤が弱いとされる地目が「畑」の土地に家を建てるには?

それでは、周辺環境や価格などが気に入った土地が「畑」である場合、家を建てても大丈夫なのでしょうか。

土地の地盤が弱ければ、大きな地震が起きることを想定するととても心配ですよね。

しかし、例えば地目が「宅地」の土地でも、もともとは「畑」や「田」であったということもあるのです。

ですから、いずれにせよ「地盤調査」が必要になるのです。

家を建てる場合、地盤調査をするケースがほとんどです。

その調査の結果が思わしくないと、地盤を強固にするために改良が必要になります。

地盤の改良がきちんと行われていないままに家を建ててしまうと、暮らし始めてしばらくしてから問題が出てきてしまうことにつながります。

事前にしっかりと行うべき地盤調査の方法は、一般的に2種類あります。

「スウェーデン式サウンディング試験」と「ボーリング調査」というものです。

次の項では、地盤調査についてもう少し掘り下げていきます。

地盤調査はどう行う?

家を建てる際は地盤調査を行うことになりますが、調査方法は先述したように一般的には2種類あります。

●スウェーデン式サウンディング試験

鉄でできている棒の先にネジのようなものを取り付け、それを土地に垂直に立てて回転させながら地中に入れていきます。

その際の沈み方で、地盤の状態を調査します。

つまり、棒がスムーズに沈んでいく場合はその土地の地盤が弱いということになるのです。

ただし、土質の調査ができないのが難点です。

●ボーリング調査

土地に円柱状の穴を開けて、そこに鉄の部品を入れて土を掘っていきます。

その鉄の部品の上からハンマーを打ち、それをどれぐらい行ったかで地盤の強度を調査します。

その際に、土を採取することで、地盤の強度とともに土質の調査をすることができます。

データの信頼性が高いのが特徴ですが、その分費用が高いことが難点です。

土地の地目が「宅地」や「畑」にかかわらず、これらの調査を行うことで、その土地の地盤の強度を測る必要があるのです。

地盤改良はどう行う?

土地の地目が「宅地」や「畑」にかかわらず、地盤調査を行って改良が必要という結果が出れば地盤改良工事をしなくてはなりません。

改良工事には費用が多くかかるので、「本当に必要なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、家自体相当な重量がありますので、地盤が軟弱であるといずれ何らかの問題が起こってしまう可能性があるのです。

さらに、大地震が起きてしまうと、その土地の状態によっては液状化が発生してしまうことも十分に考えられます。

ですから、地盤調査で改良が必要と出たならば、自分の家を守るためにも地盤改良工事を行うようにしましょう。

地盤改良工事の工法は主に下記の三つあります。

●表層改良工法

●柱状改良工法

●鋼管杭工法

それでは、それぞれの工法についてもう少し詳しく解説していきましょう。

地盤改良工事のそれぞれの工法の違いとは?

地盤改良工事を行うには、主に三つの工法があります。

それぞれの工法の違いをみていきましょう。

●表層改良工法

その土地の土とセメント系の固形材を混ぜて転圧し、地盤を強化します。

地盤改良工事の中では費用が安いことが特徴です。

しかし、その土地の地表から2m以内の深さまでしか対応できないのがデメリットです。

また、勾配がある地盤では施工が難しいことがあります。

●柱状改良工法

一般的な戸建住宅の地盤改良工事で一番多く採用されていると言われています。

セメント系の固形材を地盤に入れてその土地の土と混ぜ合わせ、柱状の地盤を造ります。

それにより、地盤を強固にするという工法です。

ただし、その土地の地表から2~8mくらいの深さ以上にも軟弱な地盤があれば、対応は難しくなります。

また、土地に杭が残ってしまうことから、土地を売却するときに価格が下がってしまうことがあります。

●鋼管杭工法

表層改良工法や柱状改良工法とは大きく異なる点が、地表から30m以内の範囲であれば地盤改良できるというところです。

この工法はその名のとおり、強固な地盤に達した金属製の鋼管で建物を支えるというものです。

強度が高いのが特徴ですが、他の工法より費用が高くなります。

地目が「畑」や「田」の場合は地盤が軟弱というケースがよくありますから、地盤調査により改良が必要という結果が出れば、やはり地盤改良工事が必要となります。

地目が「畑」の土地を購入する前に知っておきたいこととは?

家の新築には、もともと土地を持っている場合を除き、土地代と建物代がかかります。

土地を購入する際、特に地目が「畑」である場合は、地盤改良工事が必要になることケースが多くあります。

(地目が「畑」でも、改良工事が不要のケースももちろんあります。)

そのため、その地盤改良工事の費用も予算に入れておく必要があるのです。

もちろん、その他にも地鎮祭費用や火災保険の加入費用、住宅ローンにかかわる銀行の保証料などの諸費用はたくさんあります。

しかし、地盤改良工事の費用は、地盤調査を行ってからでなければ金額が分からないのが難点なのです。

さらには、地盤調査を行うには、その土地を購入してからでなければならないので、土地の購入は一か八かとも言えます。

「地盤改良」は実際に目で見てはっきりとわかる類のものではないので、そこに費用をかけることに納得がいかないこともあるかもしれません。

しかし、たびたびお伝えしていますように、土地の地盤を強固にすることは建物を守ることにもつながります。

もしも、地盤調査で改良しなくてはならないということであれば、しっかりと改良工事を行ってもらうようにしましょう。

家の土台部分である地盤の強度は重要!

それぞれの土地には「地目」が定められています。

その地目が「畑」である場合は、地盤が軟弱であることがあります。

もちろん、地目が「宅地」でも、もともとは畑だったということはよくあるので、どのような地目だとしても地盤調査は必要だと言えるでしょう。

いつ起こるかわからない自然災害に備えるという意味でも、地盤調査で改良工事が必要という結果が出たならばそれに従うようにしましょう。

 - 土地, 地目