ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

新築のカーテンはどう選ぶ?おすすめの機能で生活を豊かに

2019.6.21

新築でカーテンを設置する場合、どのようなものを選べば良いのか迷うものです。

一般的に、カーテンは新築入居前に準備することが望ましいため、いざ入居した後に後悔しないよう良く考慮して決めることが大切です。

そこで今回は、カーテンに備わっていると便利なおすすめ機能に加え、設置の際の注意点やお手入れ方法などについてもご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【アパートの騒音トラブル】苦情を言う前に苦情を言われたら

生活するスタイルが違えば、音の感じ方も違います。 アパートは、そんな「違う」が集まって生活をする場...

憧れの新築住宅をおしゃれなデザインの外観にするには?

長い人生の中でも大きな買い物の1つの住宅購入は、内装だけでなく外観のデザインにもこだわりたいです...

アパートの住人から苦情!ドライヤーの音と時間帯トラブル!

アパートなどの集合住宅では、ドライヤーの音も問題になることがあります。 ドライヤーは使用し...

アパートの更新料が高い!賃貸物件に更新料はなぜ必要なの?

アパートに住んでいる方はご存知かと思いますが、賃貸住宅は2年に1度、更新手続きをとらなければなり...

アパート経営の前に知ろう!駐車場の契約違反・トラブル

アパートの入居者同士のトラブルは、大なり小なり起こることですよね。 今回は、駐車場での問題について...

アパートを借りる時保証会社を利用!緊急連絡先は何のため?

アパートなどの賃貸住宅を借りる際に、保証会社を利用することがあるでしょう。 この保証会社を利用...

賃貸アパートの壁紙を補修!費用を負担するのは誰?

賃貸アパートを借りる時、賃貸契約のための手続きが必要ですが、解約する時には、退去手続きが必要です。 ...

アパートで水漏れが起きてしまった!その原因と対処法は?

アパートに住んでいると、水漏れトラブルに遭うケースも珍しくありません。 帰宅して部屋が水浸しに...

アパートの足音トラブル!管理会社ができる防音対策とは?

アパートの上階の足音は下階の住人を悩ませますが、管理会社にとっても頭が痛い問題です。 なぜなら、上...

正直迷惑!マンションで気になる隣人の声の対処法とは?

マンションは戸建てと違い、壁一枚先に隣の人が住んでいます。 そのため、隣人の声が気になってしまうと...

アパートの隣人がうるさい!騒音を気にしないようにするには

複数の人が生活をしているアパートでは、騒音に悩まされることもあるでしょう。 特に騒音の原因が隣...

高層マンションで地震に遭遇したら!揺れはどれくらい?

高層マンションは、誰もが一度は憧れますよね。 マンションを選ぶ際には、高層か低層かで、値段も大きく...

アパートに郵便受けが無ければ手作りして設置しよう

住んでいるアパートに集合住宅用ポストがないという場合がありますね。 部屋のドアに郵便入れはある...

アパートの更新料に消費税はかかる?居住用と事業用で異なる

アパートを契約すると、多くの場合、2年ごとにやってくるのが「更新」です。 更新には更新料がかか...

隣地との境界の壁はどの位置に設置したら?気になる費用は?

新たに住宅を購入するときに、隣地との境界に壁と作ることもあるでしょう。 実は、この境界の壁を作る...

スポンサーリンク

新築にいざ入居!カーテンなどは事前の準備がおすすめ

新築の一戸建てを購入した場合、以前から使用していたものを引き続き使用する方もいるでしょう。

新築は入居後も何かと費用がかかるため、このようにものを長く大切に使用することは良いことですよね。

しかし、ものによっては新しく買い替えなければならないこともあります。

いざ入居という際に、準備不足で困ることのないよう、新築の方は以下を参考に準備を進めましょう。

ここでは、忘れがちなインテリアアイテムについてまとめました。

【新築に必要なインテリアアイテム】

・カーペット類

新築の床はまだ新しいため、綺麗さを保つためにカーペット類を敷くのもおすすめです。

特に、人気の無垢材を使用した床は、汚れや傷が付きやすいこともあるため、カーペット類を敷いて保護すると良いでしょう。

・時計

意外に忘れがちなのが、リビングなど人が集まる部屋以外に設置する時計です。

将来の子供部屋として空けてあるような部屋であればまだ良いですが、寝室などの毎日使用する部屋には時計がないと不便であることが多いでしょう。

小さな置時計など、1つでもあると便利ですのでおすすめです。

・カーテン

カーテンは建築中に業者などに設置を依頼する方もいます。

しかし、より費用を抑えようと考える方は、自分でお店などで購入し、設置のみを依頼するのも良いでしょう。

新築の窓には何を設置する?用途や費用によって選ぶのがおすすめ

新築での生活にあると便利なインテリアアイテムの中でも、選ぶ際に悩みやすいのがカーテンではないでしょうか。

カーテンは窓に設置するアイテムのため、部屋の中でも大きく、特に目を引くものです。

そのため、どのようなカーテンを設置するかによって、部屋の印象を左右するものとも言えるでしょう。

また、カーテン以外のアイテムを窓に設置する方も増えてきましたよね。

例えばブラインドは、装備された紐などを操作することで、採光の量を調節することができます。

光は、1日のうちで強さや差し込む角度などが違うため、このような機能は嬉しいですよね。

また、ブラウンやグレーなどのシックな色を選べば、重厚感の中にスタイリッシュさが生まれるため、男性にもおすすめです。

無垢材からアルミまで、種類が豊富なのも魅力ですが、カーテンよりも価格が高いものもありますのでよく確認しましょう。

一方、カーテン以外で価格の安いものを設置したいと考えている方には、ロールスリーンがおすすめです。

ロールスクリーンも高機能なものは価格が高い傾向にありますが、価格を抑えたいのであればシンプルなシングルタイプがおすすめです。

カラーも豊富なため、部屋の壁の色などに合わせて選ぶのも良いでしょう。

レースカーテンは新築の方位を考慮して!おすすめな機能

新築の窓にカーテンを設置する場合、どのような素材の生地を選ぶかがポイントになります。

カーテンは主にレースカーテンとドレープカーテンの2つを組み合わせて使用するため、それぞれを吟味して選ばなければなりません。

そこで、まずはレースカーテンを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

まず、日中などまだ明るいうちは、ドレープカーテンは開けたままレースカーテンのみを閉めることが多いものです。

そのため、レースカーテンには透過性の低いものを選ぶのが良いでしょう。

特に、道路側に面している窓などは人目に付きやすいため、透過性の低いレースのカーテンを選ぶのがおすすめです。

また、南側の窓や西側の窓には遮光性が高いレースカーテンを選ぶのも良いです。

南側の窓は、光が差し込む時間が長く、西側の窓は夕方などには強い西日が差し込みます。

あらかじめこのような点を念頭に置いておくと、不便を感じることもないでしょう。

良い眠りのために!新築のドレープカーテンに求められる機能とは

次にご説明するのは、新築の窓に設置するドレープカーテンを選ぶ際のポイントです。

ドレープカーテンを閉めるのは、夜などの暗い時間帯でしょう。

それゆえ、レースカーテン同様遮光性が高いものがおすすめです。

特に寝室などでは、遮光性が低いドレープカーテンの場合、思った以上に部屋が明るいという声も聞きます。

暗い時間帯と言えど、部屋には街灯や車のライトなど、多くの光が差し込むことが考えられます。

人によっては暗くないと眠れないという場合もあるため、ドレープカーテンを選ぶ際には遮光性に注目しましょう。

また、新築を工場や交通量の多い道路の付近に建てた場合、それらから発せられる音にも注意が必要です。

遮音性の高いドレープカーテンを選べば、これらの音を防ぐことが期待できるためおすすめです。

赤ちゃんなどが住む新築でも、遮音性の高いドレープカーテンで外からの音を防ぎ、穏やかな空間を確保することが望ましいと言えます。

事前確認がおすすめ!カーテンレールとエアコンの位置関係

カーテンなどのインテリアアイテムに加え、新築で設置するものの中にはエアコンも含まれるでしょう。

エアコンは1部屋に1台と言われるほど、私たちの生活にとって欠かせないアイテムですよね。

しかし、エアコンの設置は場合によりカーテンレールとの位置関係が重要になります。

窓付近にエアコンが設置されている場合、エアコンがあることによりカーテンレールの設置が困難になることがあるのです。

カーテンレールは、長さや幅などもあるため、このような状態を防ぐためにも事前にエアコンとの位置関係を確認しておくと良いでしょう。

新築を依頼した業者などと、エアコンとカーテンレールの位置関係について事前に相談しておくことをおすすめします。

新築当初の綺麗さを保つ!カーテンのおすすめお手入れ方法

レースかドレープかに限らず、カーテンはよく吟味して選ぶことが大切です。

また、せっかく新築に新しいカーテンを設置したのなら、綺麗な状態で長く愛用したいものですよね。

そこで、カーテンを良い状態に保つためのお手入れ方法をご紹介していきましょう。

まず、カーテンは繊維素材のものが多いため、見た目以上にホコリの付着が多いです。

そのため、日頃からほうきなどで軽く払うことを心掛けると、ホコリの蓄積を防ぐことができますのでおすすめです。

ほうきではなく掃除機でも良いですが、その場合設定モードが強になっていないか確認しましょう。

強い力で吸うことにより、特にレースカーテンの場合、破けてしまうことも考えられますので注意してください。

また、長期休みなど時間が取れる際にはカーテンを洗濯機で洗うようにしましょう。

頻度としては、レースカーテンは年に2、3回ほど洗うのがおすすめです。

レースカーテンは日頃から窓に接しているため、いつの間にかそこから汚れが移っていることもあります。

それに加え、レースカーテンはホワイトやベージュなど淡いカラーが多いため、汚れを目立たせないためにも時々確認すると良いでしょう。

一方、ドレープカーテンは生地の厚さや色の濃さなどから、レースカーテンよりも洗う頻度は少なく済みます。

頻度としては、年に1回くらい洗うと良いでしょう。

このように、カーテンを洗う頻度は年に数回のため、手帳や携帯のカレンダーなどに洗った日付を入れておくのもおすすめです。

新築のカーテンには機能性とインテリア性を兼ねるものがおすすめ

昨今のカーテンは、機能に加えデザインも豊富なため、選ぶ楽しさがあるでしょう。

しかし一方で、種類が多すぎてなかなか選べないという面もあります。

また、カーテンはインテリア性の高いアイテムのため、選ぶ際は部屋とのバランスに注意することも大切です。

壁との相性や求めるインテリアの種類などを考慮し、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

 - 一戸建て, 住宅