ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓からの落下防止もおしゃれにしたい!おしゃれな柵はある?

2019.4.13

近年のニュースなどで、「子供が窓から落下した」という事故を耳にしたことはありませんか。

このようなことを防ぐためにも、落下防止の柵が必要になってくるのです。

しかし、窓に柵をするとなると、部屋の印象が変わってしまうこともありますよね。

部屋に馴染むようなおしゃれな落下防止柵はあるのでしょうか。

今回は窓からの落下防止についてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

汚れが目立つ擁壁を塗装・補修しよう!簡単DIY術のご紹介!

道路より敷地が高い、隣の敷地と高低差がある、もしくは道路からの目線が気になるというような場合は擁...

窓掃除を綺麗にすると入居者が増える!?100均グッズ活用術

内覧者はくるものの、なぜか契約が決まらず入居者が増えないとお困りの大家さんもいるのではないでしょ...

家にあるもので簡単に!窓ガラスのシール跡の剥がし方!

小さな子供がいると、テーブルやテレビなどにシールを貼られてしまうことがありますよね。 気が付い...

農地転用した宅地に家を建てる!注意すべきは家の面積の制限

だれも使う人がおらず雑草が生い茂っているという農地を所有している人もいるでしょう。 税金をただ...

窓やキッチンに柵を設置しよう!大切な赤ちゃんを守るために

賃貸マンションでも、一戸建てであっても、赤ちゃんがいるご家庭では家の中に様々な対策をすることが重...

入退去時に覚えておきたい!家賃の日割り計算のルール

賃貸不動産を契約する際、不動産会社から出された見積もりを見ると、その中に『日割り家賃』という項目...

窓には「遮熱フィルム」と「ペアガラス」どちらが有効?

冷暖房の効率を上げるには、「窓」の見直しが重要です。 家の壁には断熱材を使って断熱対策がで...

家賃5000円下げると起こる収益の差!他の値下げ方法はない?

空室対策として、家賃を5000円下げる交渉に応じることを余儀なくされた大家さん。 収益を計算すると...

遠距離恋愛で結婚するときに必要な手続き

遠距離で交際している相手の方と結婚することになったとき、どのような手続きが必要となるのでしょうか...

ニッチ玄関をディスプレイ!サイズに合った作り方をご紹介!

玄関のちょっとした隙間を使ってディスプレイする「ニッチ玄関」が注目されています。 壁のちょっと...

家賃は自動引き落としの手続きをすると毎月手数料がかかる?

これからアパートなどの部屋探しをする方は、家賃の金額も部屋を決める基準の1つですよね。 アパー...

窓にプラスアルファの効果!ガラスフィルムのきれいな貼り方

ガラスフィルムは、窓ガラスに貼ることで、いろいろな効果が得られるフィルムのことです。 最近では...

家賃滞納による強制退去について!滞納が何ヶ月も続く場合は

家賃滞納者がいると、その分家賃収入が減ってしまうことになります。 家賃滞納をする人は、様々な理由が...

礼金に消費税がかからないのは居住用賃貸物件だけなのか

新たに賃貸物件を借りる際に初期費用として礼金を支払う場合があります。 マンションやアパート...

窓から入る冷気を防ぐには?窓の防寒対策について解説!

冬場になると、外の気温と同じく家の中の室温も下がります。 冬に室温が下がる主な原因は、「窓から...

スポンサーリンク

おしゃれなものにしたい!窓に落下防止の柵をつける必要性

ニュースで耳にすることのある「窓から子供が落下してしまう事故」ですが、一体なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

このような事故に遭ってしまう多くは、小さな子供です。

まだ、歩いたりつかまり立ちもしないようなくらいであれば、親も油断してしまいがちでしょう。

しかし、特に注意が必要なのが、歩き始めたくらいの子供です。

立ち上がって、見たものすべてが気になって仕方がありません。

また、足場となるような家具が窓の近くにある場合にも注意が必要になります。

そのようなものがあると、よじ登ってしまう可能性があるためです。

ベランダやバルコニーであれば柵があるので、そのように足場になってしまうようなものを置かなければ問題ありません。

しかし、部屋の窓から身を乗り出されてしまうのであれば、何らかの対策をしなければなりません。

「窓にカギをしておけばいいのでは」とも思いますが、子供が開け方を知っている場合や何かの拍子に開いてしまうことも考えられます。

そのため、窓に落下防止の柵をつける必要があるのです。

とはいえ、柵をつけることで、部屋の雰囲気を壊してしまうのが嫌な方もいらっしゃるかもしれません。

おしゃれに安全な柵をつける方法と、柵をつけるタイミングについて、次項からご説明していきます。

窓にいつつける?落下防止柵設置のタイミング

窓にもともと落下防止柵があるのでしたら心配は少ないですが、柵が設置されていないお宅も多くあることでしょう。

では、小さな子供のいるご家庭での落下防止柵を設置するタイミングはいつ頃がいいのでしょうか。

【窓に手が届く】

子供の身長は窓の高さに比べ、低いことがほとんどではないでしょうか。

しかし、毎日子供の姿を見ているため実感しづらいかもしれませんが、子供は日々成長をしています。

するといつの間にか、窓に手が届いてしまっているということもあります。

注意深く子供の成長を見ておきましょう。

【外に興味が出てきた】

子供は成長していくにつれて「音」と「物」を関連づけて考えることができるようになってきます。

このようになってくると、気になる音が聞こえたら外をのぞき込みたくなってしまいます。

窓から身を乗り出してのぞき込むこともありますので、窓から落下してしまう危険もあります。

【物に乗ることを覚えた】

先ほどご説明したように、外に興味を持つようになると「のぞき込みたい!」という欲求が出てきます。

そのため、窓の近くに子供の足場になるようなものを置かないのも方法の1つではあります。

しかし、自分で足場になりそうなイスなどを持ってきて、乗るということも考えられます。

このようなことができるようになったら、早めに落下防止柵の設置をするのがいいでしょう。

既製品でおしゃれなものは数少ないですが、命には変えられないですよね。

おしゃれよりも実用性!窓の落下防止の柵をDIY①

では、窓から落下させないための落下防止柵を簡単に作ることは出来ないのでしょうか。

実は、意外なもので簡単に作ることができるのです。

【用意するもの】

・窓枠用洗濯物干し

・ワイヤーネット

・結束バンド

窓枠用洗濯物干しは約2000円ほどで以下のようなものを購入することが可能です。

【アイリスオーヤマ 物干し 窓枠物干し 】

・参考価格:2731円

・サイズ:幅約110~190cm×奥行約37cm×高さ約110~190cm

また、ワイヤーネットと結束バンドは100均でも購入することができます。

これらを使った落下防止柵の作り方はいたって簡単です。

【作り方】

①窓枠に合うようにして、洗濯物干しを取り付ける。

②ワイヤーネットを洗濯物干しの下部分に結束バンドで横一列に取り付ける。

これだけで、落下防止柵の役割を果たします。

おしゃれな見た目ではありませんが、雨の日に洗濯物も干せるので実用的です。

また、ワイヤーネットを使っているため、子供も外をのぞき込むことなく眺めることができます。

おしゃれよりも実用性!窓の落下防止の柵をDIY②

先ほどご紹介した窓の落下防止柵は、少し高さのある窓に取り付けると使いやすさも効果もあるでしょう。

では、低い窓ではどうしたらいいのでしょうか。

低い窓で子供がやりがちな行動は「網戸に寄りかかる」という行動です。

窓が閉まっているときによりかかるならまだいいのですが、網戸にしているときでは、網戸が破れてしまうことが考えられます。

また、もう1つやりがちなのが、「網戸を舐める」ということです。

これは衛生的にもよくないですよね。

このような場合にも、100均で購入できるワイヤーネットが役に立ちます。

【用意するもの】

・ワイヤーネット

・結束バンド

・フック(スチール製)

こちらも作り方はいたってシンプルです。

【作り方】

①窓の幅に合うように、ワイヤーネットを重ねて結束バンドで固定する。

②窓枠にフックを取り付ける。

③結束バンドで固定したワイヤーネットをフックに引っ掛ける。

これで、落下防止柵の完成です。

先ほどのものと同様に、おしゃれではありませんが、柵があるため網戸に寄りかかることはありません。

おしゃれな落下防止の柵おすすめ2選!

ここまで、自分で作ることができる窓の落下防止柵についてご紹介してきました。

それらはおしゃれとは言えないものでしたが、ここからは市販されているおしゃれな窓の落下防止柵についてご紹介していきます。

では、それをご紹介します。

【室内格子 アルミ面格子】

参考価格:24793円

こちらは、オーダーメイドの柵になります。

サイズやカラーバリエーションが豊富ですので、部屋に馴染むものを選ぶことができます。

また、格子のデザインも4種類あり、以下のようなデザインがそろえてあります。

・クロスタイプ

・井桁タイプ

・たて格子タイプ

・よこ格子タイプ

子供の落下防止にも役立ちますが、防犯対策としても役立ちます。

続いてもう一つご紹介しましょう。

【ガーディアンエンジェル ウインドウガード】

参考価格:41700円

こちらは、アメリカで開発された窓の落下防止柵になります。

ボタンを押しながら引くようにすることで、取り外しを行うこともできるため、掃除を行うときに便利です。

窓に設置すると、おしゃれな格子窓のようになります。

窓からの落下防止に大切なこと

いくらおしゃれな窓の落下防止柵をつけていたとしても、「万が一」ということがあるので「柵を付けたから絶対に落下しない」ということではありません。

では、落下防止柵をつける以外に何が大切になるのでしょうか。

それは、「窓からのぞき込むのは危ないんだ」ということを子供に教えることです。

これは、手作りのものでも市販のものでも変わりはありません。

大人は「身を乗り出してのぞき込むのは危ない」というが分かっていますから、落下することはほぼありませんよね。

しかし、子供もそうであるとは限りません。

子供は危険であることよりも興味が勝ってしまいます。

そのため、「危ないんだ」ということを教えてあげる必要があるのです。

教えるのも、頭ごなしに「ダメ!」といってしまいがちですが、「なぜダメなのか」を子供が理解できるように教えてあげましょう。

工夫をして安全な窓に

子供の窓からの落下事故は、事前に対策を行っておくことで防ぐことができます。

そのために役立つ落下防止柵も、自分で作ることが可能です。

また、「どうせつけるのであれば、おしゃれなものを」と考える方は、既製品のもの使ってみたり、リフォームを行うなども1つの方法でしょう。

安全に過ごすためにも、あれこれ工夫をしてみることをおすすめします。

 - 住まい, 安全対策, 暮らし