アパートに洗濯機が置けない?排水溝が室内に無い時の対処法

アパートやマンションへの初めての引っ越しの時には、どこをチェックしたらいいのか分からず、大事なことを見落としてしまうこともあります。

洗濯機の排水溝も、家事などをしたことがないと、見落としてしまう部分です。

今回は、もし契約した部屋に洗濯機の排水を行える排水溝が無かったらどうすればいいのかご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

二世帯住宅を建てると補助金が!東京都では様々な制度もある

近年、二世帯住宅にするご家族が増えており、実家をリフォームがてら建て直すという方もいます。二...

新築にも発生する害虫への対策!発生する理由と撃退方法は?

新築であれば、害虫は発生しないと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、必ずしもそう...

旗竿地購入検討の方必見!後悔しないためにはブログを見よ!

新築するにあたって、「お手頃な土地を発見!」と思っても、その土地が「旗竿地」であれば、購入前に熟...

アパートの駐車場で子供が遊ぶ!どうやって注意すればいい?

アパートの駐車場で子供が遊ぶ光景を見かけたことはありますか。出入りする車にとって接触しないか...

アパート暮らしで気になるドアの開閉音!どうしたら良い?

アパートのような集合住宅では、生活音が気になりますよね。音を出している本人はそれほどでもない...

新築のエアコン探しでお悩みの方!おすすめエアコンをご紹介

新築すると、家電製品や家具を1から揃えなければなりません。家電製品の中でも、生活の中で特に重...

契約書に書いてある敷金償却って何?賃貸用語の意味を知ろう

アパートなどを借りるときは、賃貸契約書を交わします。契約書のなかには、専門用語がズラリ。...

アパートの雪かきはどこまで?ポイントと注意したい放置場所

冬場特有の悩みの種と言えば、降雪です。降雪により、歩行も困難になることが考えられます。そ...

家賃と管理費に消費税はかかるのか?

賃貸物件を借りる際に、物件によっては家賃と別に管理費や共益費を支払うことがあります。その場合...

軽量鉄骨のアパート・戸建ての耐用年数はどのくらいなの?

現在、引っ越しや新築をお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。新しく住む家は、耐久性があり、防...

アパートのレイアウトで広く見せるには?1kでも使えるコツ

アパートの部屋が1kで狭いから、レイアウトやインテリアを諦めているという方いませんか?そんな...

賃貸の窓のゴムパッキンが劣化!交換費用は誰が負担するの?

日頃の掃除でも、年末の大掃除でも見落としがちなのが、窓のゴムパッキンではないでしょうか。窓の...

木造メゾネット住宅で注意すべき騒音!子育て世帯は不向き?

賃貸物件の中に、「メゾネット」というタイプの住宅があります。メゾネット住宅はその多くが木造や...

アパートやマンションの駐車場で2台目は借りられるのか

若者の自動車離れがメディアで取り上げられることもありますが、逆に複数台の自動車を保有している家族...

住まいづくりの参考に!新築ブログ内覧会で得られる情報は?

新築ブログ内覧会というのは、新築した自宅などの間取りやこだわった点などを公開するというものです。...

スポンサーリンク

洗濯機の排水溝が無いアパートもある!事前確認が大切

洗濯機は室内に置けるもの、だということは常識のような気もしますが、一昔前は、外に置いている場合も多く、今でも古い団地などでは室内に排水溝が無い場合があります。

共同の洗濯機を使っているアパートも、まだありますね。

排水溝があるはずだと思い込んで、内見時に見逃してしまい、いざ契約して引っ越したらどこにも無かった、なんてこともあるかもしれません。

間取りや場所、家賃も重要ですが、設備を細かくチェックすることも大切ですね。

洗濯機の設置場所に困ってしまうと、生活には大きな支障をきたします。

コインランドリーでも洗濯はできますが、月々の出費がかさんでしまいます。

もし、入居してから排水溝が無いことに気が付いたら、どうすればいいのでしょうか。

洗濯機を買っても、使うことができないのでしょうか。

アパートに洗濯機の排水溝が無かったらどうする?

洗濯機の排水溝が無いアパートやマンションでも、排水ができれば使うことはできます。

ですが、排水溝を自分で作るなんてことは、もちろんNG行為です。

では、どうすればいいのかというと、洗い場やお風呂場の排水溝、洗面台の排水溝などに、流さなければいけません。

洗面所のスペースが広く、洗濯機を置けるのなら、排水ホースをお風呂の方に伸ばして流すのが一番、楽な方法ですね。

ただ、汚れた水がしょっちゅうお風呂場に流れ込むので、掃除をこまめにしないと、どんどん汚れていってしまいます。

ぬるぬるする汚い床のお風呂場なんて、入りたくなくなってしまいますよね。

ですから、お風呂場に流す場合は、排水溝の近くまでホースを引っ張って流すことが正解です。

髪の毛やくずが詰まらないように、工夫しましょう。

また、どうしても場所的にお風呂場に流でない場合や、流したくない場合は、ホースを延長して洗面台の排水溝や洗い場に流すこともできます。

しかし、ホースを上に伸ばすことになるので、流れにくくなる可能性も、もちろんあります。

その場合は、排水圧送ポンプなどを使うこともできますが、お値段は高いです。

アパートのお風呂場に排水!洗濯機を高くする

アパートに洗濯機の排水溝が無い場合は、お風呂場へ流すことになる、ということをお伝えしました。

洗濯機を置く場所が、お風呂場よりも低い場合は、洗濯機に防水パンをセットすると、位置が若干高くなります。

また、100均でも買えるようなブロックでも持ち上げることはできますね。

そして、ホースは少し振動したり暴れることもあるので、そこら中に汚水が飛び散らないように固定しておきましょう。

固定する器具も売っていますが、ドアなどに挟んでも大丈夫です。

排水溝が付いていても、詰まってしまったり、水漏れが起きてしまうのなら、やはりお風呂場に排水することになりますね。

その場合は、管理会社に連絡してから行いましょう。

排水溝が無かったことに気が付いた場合でも、管理会社か大家さんに「前の住人はどのように選択していたのか」ということを聞くことができます。

もしかしたら、「ベランダに置いていた」なんて答えが返ってくるかもしれません。

もしベランダに排水溝と蛇口があるのなら、その可能性は高いです。

アパートのベランダに排水溝がある!外に洗濯機を置くデメリット

アパートの室内に排水溝が見つからず、「どうもベランダに置けるらしい...。」と分かった場合に、そこに置こうかどうしようか、迷うこともありますよね。

ベランダに置くと、干しやすいというメリットはありますが、困ってしまうこともたくさんあります。

外に洗濯物を運ぶには、多少見られても大丈夫なように身だしなみに注意する必要があります。

ベランダが建物の影にあるような場合は別として、人が行きかうような場所だったり、近所の家の庭が近かったりすると、寝起き姿で出るのは恥ずかしいですよね。

ただ洗濯するだけなのに、鏡を見てチェックしてから行わないといけないのは面倒です。

ましてや、寒かったり暑かったりすると、外に出たくなくなりますよね。

また、雨や雪で室内干ししようと思って洗濯機を回そうにも、外に出なくてはいけません。

しかも、想像できるかもしれませんが、汚れやすく故障しやすくなってしまいます。

ホコリをかぶり、雨風にさらされるのですから、当然と言えば当然ですが、決して安いものではないので、もったいないですよね。

外側だけではなく、内側にも細菌や虫、ホコリは侵入してきます。

ベランダに洗濯機を置く時の注意点

アパートのベランダに洗濯機を置くことのデメリットは、それだけではありません。

寒い冬は、凍結して使えなくなります。

盗まれてしまうリスクもあります。

洗濯物もそうですが、洗濯機本体も盗まれることがあるんです。

それでも、仕方がなくベランダで洗濯することにしたのなら、以下のことに注意してください。

〇洗濯物を放置しない
〇洗濯機を使わない時はカバーをかけておく
〇女性の場合は特に、薄着でベランダに出な
〇洗濯機の内部やホース、排水溝の掃除を行う
〇洗濯機を回す時間帯に注意する

すべて今までご説明したことと関係することですが、最後の点については苦情の原因になるので、注意が必要です。

室内の洗濯機もそうですが、外にある洗濯機の場合は特に、夜に回すと騒音になります。

近所の家から苦情がくるかもしれません。

夏場などで早めに洗濯したくても忙しい場合は、コインランドリーに行きましょう。

アパートで洗濯機を使う時に起こるトラブル例

アパートの部屋に排水溝があったとしても、排水溝の部品が無かった、というケースもあります。

前の住人が間違えて持ち去ってしまった、などの場合です。

洗濯機があっても、これでは使うことができませんよね。

そんな場合は、管理会社に早急に連絡を取りましょう。

洗濯機が置ける、という情報があったのに実際に使えないというのは、貸主側の落ち度です。

対応が遅れるようなら、「その分のコインランドリー代を請求する」「部品をこちらで買ってその分を請求する」ということも考えることができます。

また、賃貸物件に住むのが始めてで、洗濯機をどのように設置したらいいのか、分からないこともあるかと思います。

給水栓と給水ホースはしっかりと接続し、給水ホースは排水溝にきちんと合わせ、水漏れが起こらないようにしましょう。

2階以上のアパートの場合は下の部屋に漏水してしまうこともあります。

そうすると、損害賠償金を請求されるかもしれません。

室外に洗濯機を置く場合も同様ですが、洗濯中はなるべく外出しないようにして、異変にはすぐ気が付くようにしましょう。

アパート契約の前にはしっかり確認!

室内に置いてお風呂場に流すにせよ、ベランダや屋外で洗濯機を使うにせよ、いろいろと不便な点が多いです。
お風呂場に流す場合はいちいちホースを伸ばす手間がありますし、掃除も必要です。

ベランダに置くと故障しやすくなりますし、盗難される可能性もあります。

しかし、その分家賃が安くなっているものですし、一人暮らしで洗濯物の量が少ない場合は慣れていくかもしれません。

今回、ご紹介した注意点を忘れずに、洗濯するようにしましょう。