ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓にできる寒さ対策!プチプチなどの100均アイテムで試そう

2018.12.9

賃貸アパートに住みはじめて、はじめての冬。

外出から帰ってくると、室内はすっかり冷えていて、暖房をつけてもなかなか暖まらないことも多いでしょう。

暖房効率を高めたり、冷気を室内に入り込まないようにするには、窓に対策をすることが重要です。

ここでは、賃貸物件にお住みの方にもできる、窓の寒さ対策についてご紹介していきます。

プチプチなどの100均アイテムでもできますので、ぜひ寒い冬を乗り切れるように対策してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの窓にできる防音グッズ!プチプチシートは効果的?

アパートに住んでいると気になるのが、やはり音。 窓から入ってくる様々な音に悩まされることもあり...

フローリングを張り替えてみよう!diyはどうやって行う?

家でくつろいでいるとき、「フローリングがだいぶ傷ついてきたな」とふと気がつくこともあるでしょう。...

アパートの入居日の変更は契約前か後かにより注意点も違う!

アパートへの入居を決めた場合、多くの方が大家さんと約束した入居日に入居するものです。 しかし、...

入退去時に覚えておきたい!家賃の日割り計算のルール

賃貸不動産を契約する際、不動産会社から出された見積もりを見ると、その中に『日割り家賃』という項目...

アパートを魅力的に紹介!お部屋の画像はどこを見られる?

賃貸住宅情報サイトに載せるアパートのお部屋や外観の画像は、その物件に興味があるなら必ず見られるもので...

アパート生活、初のガスコンロ購入!ポイントと値段の相場!

契約したアパートにガスコンロが無い場合、自分で購入して設置する必要があります。 せっかく買った...

アパートの立ち退きを円滑に行うには?補償はどこまで必要?

アパート経営をしていると、さまざまな理由からやむを得ず、入居者に立ち退きをお願いすることがありま...

木造賃貸は騒音トラブルが起きやすい!物件選びのポイント

木造の賃貸住宅は、比較的家賃が安いことから選ぶ方が多いのではないでしょうか。 しかし、木造の賃...

家賃支払日は変更できる?支払いが苦しいなら考えるべきこと

毎月の家賃は、延滞せずに支払わないといけません。 延滞記録が残ってしまうと、その後のローンの際や...

窓の外から虫が入ってくる!もしかして隙間が開いているの?

窓を開けて部屋に風を取り込むと気持ちいいですよね。 しかし、窓を開けるといつの間にか虫が部屋に...

礼金敷金は消費税がかかるの?契約内容を確認しよう

近年、日本政府は消費税を現状の8%から10%への増税を検討しています。 その時期は2018年6...

オーナーに朗報!窓の防寒グッズはニトリで手軽に揃えられる

オーナーの皆さん、入居者からの「窓際が寒い!」という言葉を聞いたことはありませんか。 特に寒く...

窓だけじゃない!?隙間風の原因を探ってその不快な音を防ぐ

風の強い日などに気になるのが、隙間風の音ですよね。 それは、私たちにとってとても耳障りなため、...

窓からの隙間風で寒い!そんなときはテープで簡単解決!

寒く、強い風が吹くことが多い冬に、窓から「ピーピー」と音が鳴っていることはありませんか。 音の正...

部屋の空気をきれいに換気したい!窓用換気扇をDIYしよう!

キッチンや浴室、トイレなど、換気扇はさまざまな場所に設置されています。 しかし、自宅の部屋や納...

スポンサーリンク

寒さ対策をするなら窓!それはなぜ?

秋が終わり冬に入れば、どんどん気温も冷え込んできますよね。

当然室内も冷気で満ちており、外出から帰ってきたときに「部屋が寒い!」ということはよくあることでしょう。

そして部屋を暖かくするために、真っ先に暖房をつける方も多いと思います。

ところが、暖房から暖かい空気を出しても、窓から外へ逃げてしまうことが多いのです。

窓は約6割もの空気を外に逃がしているともいわれています。

ですから、暖房の空気も窓から外へ出て行ってしまい、同時に外の冷気を室内に入れてしまっているのです。

そのため、窓に何か寒さ対策をすることが重要になります。

自己所有の一戸建てであれば何をしても問題はないでしょうが、賃貸にお住みの方ですと慎重に対策しなければなりません。

アパートなどの規則違反になることはできませんし、何より窓を傷つけずに対策しなければならないからです。

そこでこの記事では、賃貸にお住みの方でもできる寒さ対策をご紹介していきます。

また、あまりコストをかけずに対策したいという方もいると思いますので、寒さ対策の中でも100均アイテムでできる対策をご紹介しましょう。

まずはじめにご紹介するのはプチプチです。

窓の寒さ対策にプチプチがおすすめな理由

100均アイテムでできる窓への寒さ対策で、なぜ窓用プチプチがおすすめなのかピンとこない方もいるかと思います。

そこで、窓用プチプチが寒さ対策におすすめな理由をご説明します。

窓用のプチプチの特徴としては、2枚のポリエチレンシートの間にプチプチがあることです。

一般的なプチプチですと、プチプチの面と平らな面が裏表でありますが、窓用プチプチは両面とも平らで、その間にプチプチが挟まれたようなものになっています。

これにより、空気の層が多くできるので、熱を通しにくくしてくれるようになるのです。

そのため、外の冷気も入りにくくなれば、室内の暖かい空気も逃げることがないので、高い断熱効果が期待できます。

断熱効果が発揮されれば、暖房効率もよくなり電気代の節約にも活躍します。

さらに、一人暮らしの方であれば、プチプチが曇りガラスのようになってくれるので、プライバシーを守ることにも一役買いそうです。

以上のような活躍が期待できることから、窓の寒さ対策には窓用プチプチがおすすめといえるのです。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!①窓用プチプチ

こちらでは、先程お伝えした窓用プチプチを使った寒さ対策をご紹介します。

プチプチというと、多くの方は、引っ越しのときなどの緩衝材の印象が強いかと思いますが、窓用のプチプチも存在するのです。

このプチプチはホームセンターはもちろんですが、100均ショップでも取り扱いがあります。

100均ショップによっては、「プチプチ」という名前ではなく、「窓ガラス用断熱シート」や「窓用バブルシート」と表記されているかもしれません。

中には、水で貼りつけるタイプもありますので、賃貸にお住みの方には特におすすめです。

貼り方もとても簡単で、窓に汚れ等があればふき取り、霧吹きで窓を濡らして、窓用プチプチを窓に合わせて貼りつければ完了です。

両面テープなどの接着剤を用いると、剥がしたときにテープ跡が残ったり、窓ガラスを傷つけてしまう恐れがあります。

そのため、賃貸にお住みの方には両面テープで貼りつけるタイプのプチプチはおすすめしません。

しかし、水で貼れるものであれば、窓にテープ跡が残ることもなければ、窓ガラスも傷つけにくいので安心して使用できます。

さらに、ノルディック柄などにプリントされた窓用プチプチもありますから、お洒落な窓にすることもできますよ。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!②冷気防止シート

プチプチのほかにも、100均で取り扱っている寒さ対策のアイテムがあります。

つぎにご紹介するものは、冷気防止シートです。

一般的には断熱シートと呼ばれており、断熱シートを窓に貼ることで、空気の出入りをしずらくしてくれるのです。

そのため、暖房の暖かい空気が外に出て行かないようにしてくれます。

貼るのはとても簡単で、賃貸にお住みの方にも嬉しい、水で貼れるタイプのシートです。

張り方はプチプチと同様に、霧吹き等を使って窓を水で濡らし、シートを貼りつければ完了です。

実際に使用した人でも、「さすがにポカポカまではいきませんが、前より寒さが緩和した」という声がありました。

100均の断熱シートで断熱効果を得られた方もいますので、気軽な気持ちで試してみてはいかがでしょう。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!③隙間テープ

プチプチと冷気防止シートのほかにもう一つ、100均アイテムでご紹介するものは、隙間テープです。

室内を寒くさせる原因には、隙間風も当てはまります。

隙間風が室内に入ってくるのは、窓のサッシや隙間からとされています。

実は、窓を閉めていても、窓にはわずかに隙間があることがあるのです。

そのため、そこから隙間風が入ってきて、室内に冷気として伝わってくるのです。

そこにこの隙間テープを使用することで、窓のわずかな隙間も埋めてしまうので、室内に隙間風をもたらしにくくなります。

そうなれば、室内に冷気が入りにくくなるため、寒さ対策につながります。

ちなみに100均ショップだけでも、隙間テープの種類は多くありますから、お住まいの窓の幅と合うサイズの隙間テープを選ぶようにしてください。

サイズが合わない場合でも、隙間風は入ってきてしまいますから注意してくださいね。

隙間テープも賃貸アパートでお使いいただけますが、ものによってはシール跡が残ってしまうこともあります。

その際は剥がし液などを使って、シール跡が取り除けるようにしておきましょう。

より効果を出すために!プチプチなどを併用しよう

ここまで、プチプチなど3つの100均アイテムでの、窓にできる寒さ対策についてご紹介してきました。

特に一人暮らしでワンルームのアパートに住んでいる方ですと、少しでもコストを抑えて対策したいと思うでしょうから、100均でできるとなれば嬉しいですよね。

もちろん、単品でも寒さ対策の効果は期待できますが、より効果を出すのであればこれらのアイテムを併用することをおすすめします。

例えば、プチプチと隙間テープの両方を使用する、ということです。

プチプチと隙間テープから期待できる2つの効果が合わさることで、より寒さを室内に入り込ませないようにしてくれます。

冷気をシャットアウトできれば暖房効果も高まり、余分な電気代をかけずに暖かい部屋にもしてくれるでしょう。

2つそろえても200円(プラス消費税)ですから、コストをあまりかけずに、寒さ対策への高い効果を発揮できるようにしてみてください。

寒さを対策するなら窓!アイテムを併用して高い効果を!

窓に行う寒さ対策として、窓用プチプチなどのアイテムをご紹介しました。

より高い寒さ対策への効果を出すのであれば、複数のアイテムを併用することがおすすめです。

特に一人暮らしの方であれば、あまりお金をかけたくない方もいるでしょう。

ここでご紹介したものは100均ショップでも取り扱いがあるものですので、100均をうまく利用して、低いコストで寒い冬を乗り切れるように対策してみてください。

 - アパート, 住まい, 快適