ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓にできる寒さ対策!プチプチなどの100均アイテムで試そう

2018.12.9

賃貸アパートに住みはじめて、はじめての冬。

外出から帰ってくると、室内はすっかり冷えていて、暖房をつけてもなかなか暖まらないことも多いでしょう。

暖房効率を高めたり、冷気を室内に入り込まないようにするには、窓に対策をすることが重要です。

ここでは、賃貸物件にお住みの方にもできる、窓の寒さ対策についてご紹介していきます。

プチプチなどの100均アイテムでもできますので、ぜひ寒い冬を乗り切れるように対策してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートでインターネットを楽しもう!個人契約の注意点

アパートには、インターネットを個人で契約しなければいけないところと、ネット環境が整っているところ...

空室が続いているのはアパートの駐車場が狭いことが原因?!

アパートなどの賃貸物件に入居を決めるポイントは、家賃や部屋の雰囲気だけではありません。 車を所有し...

気になるアパートの退去費用!10年以上住むと費用はどうなる

アパートを退去するとき、気になるのが退去費用ですよね。 特に、10年以上住んでいると、どうして...

入退去時に覚えておきたい!家賃の日割り計算のルール

賃貸不動産を契約する際、不動産会社から出された見積もりを見ると、その中に『日割り家賃』という項目...

アパートでBS放送を見るためにはBSアンテナの設置が必要?

BS放送を見るためには、BSアンテナの設置が必要ですよね。 しかし、そのBSアンテナの設置が面...

アパートのロフトに布団を敷いて寝室として使うのはアリ?

ロフト付きの間取りは、1人暮らし用のアパートでも見かけることが増えつつあります。 さほど広さもな...

アパートから立ち退きをしてもらうには老朽化は理由になる?

新築の頃を思い出すと、懐かしく感じるかと思いますが、時と共に、物件も年をとっていきます。 所有して...

アパートに洗濯機を置きたい!サイズを測るポイントとは?

住んでいるアパートに洗濯機を購入したり、新居に引っ越しをするために搬入しようとしている方もいらっ...

アパートが暑いのはなぜ!?熱帯夜はどうやって乗り切る!?

アパートに住んでいる方で、暑さに悩んでいる方はいませんか? 部屋の中がモワっとする特有の暑さに、...

アパートの郵便受けの種類!ダイヤル式の開け方って?

アパートの郵便受けは、時代のニーズを反映して、鍵のついたものや大型のものが増えてきています。 し...

アパートの音が響く理由~お部屋の構造について知ろう~

アパートで暮らしている人には、音が響くということで悩みを持っている人が少なくありません。 なぜ...

窓用換気扇の取り付け方法と窓の隙間対策

一人暮らし用のワンルームでも一軒家でも、家のサイズにかかわらず部屋の定期的な換気は必ず必要です。...

アパートに光回線を引き込みたい!大切な大家さんの許可

アパートなどの賃貸物件で暮らしている方でも、光回線で気軽にインターネットを楽したいと考える方もい...

暑い日差しは窓から!遮光におすすめな100均グッズをご紹介

夏の暑い季節には、帰宅すると「部屋の中が外よりも暑い」なんてことも多いですよね。 これは、窓か...

アパートの騒音トラブル!その原因と防音・苦情対策について

アパートに住んでいると、いろいろな音が気になることがあります。 また、あなたの出す音が気になる...

スポンサーリンク

寒さ対策をするなら窓!それはなぜ?

秋が終わり冬に入れば、どんどん気温も冷え込んできますよね。

当然室内も冷気で満ちており、外出から帰ってきたときに「部屋が寒い!」ということはよくあることでしょう。

そして部屋を暖かくするために、真っ先に暖房をつける方も多いと思います。

ところが、暖房から暖かい空気を出しても、窓から外へ逃げてしまうことが多いのです。

窓は約6割もの空気を外に逃がしているともいわれています。

ですから、暖房の空気も窓から外へ出て行ってしまい、同時に外の冷気を室内に入れてしまっているのです。

そのため、窓に何か寒さ対策をすることが重要になります。

自己所有の一戸建てであれば何をしても問題はないでしょうが、賃貸にお住みの方ですと慎重に対策しなければなりません。

アパートなどの規則違反になることはできませんし、何より窓を傷つけずに対策しなければならないからです。

そこでこの記事では、賃貸にお住みの方でもできる寒さ対策をご紹介していきます。

また、あまりコストをかけずに対策したいという方もいると思いますので、寒さ対策の中でも100均アイテムでできる対策をご紹介しましょう。

まずはじめにご紹介するのはプチプチです。

窓の寒さ対策にプチプチがおすすめな理由

100均アイテムでできる窓への寒さ対策で、なぜ窓用プチプチがおすすめなのかピンとこない方もいるかと思います。

そこで、窓用プチプチが寒さ対策におすすめな理由をご説明します。

窓用のプチプチの特徴としては、2枚のポリエチレンシートの間にプチプチがあることです。

一般的なプチプチですと、プチプチの面と平らな面が裏表でありますが、窓用プチプチは両面とも平らで、その間にプチプチが挟まれたようなものになっています。

これにより、空気の層が多くできるので、熱を通しにくくしてくれるようになるのです。

そのため、外の冷気も入りにくくなれば、室内の暖かい空気も逃げることがないので、高い断熱効果が期待できます。

断熱効果が発揮されれば、暖房効率もよくなり電気代の節約にも活躍します。

さらに、一人暮らしの方であれば、プチプチが曇りガラスのようになってくれるので、プライバシーを守ることにも一役買いそうです。

以上のような活躍が期待できることから、窓の寒さ対策には窓用プチプチがおすすめといえるのです。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!①窓用プチプチ

こちらでは、先程お伝えした窓用プチプチを使った寒さ対策をご紹介します。

プチプチというと、多くの方は、引っ越しのときなどの緩衝材の印象が強いかと思いますが、窓用のプチプチも存在するのです。

このプチプチはホームセンターはもちろんですが、100均ショップでも取り扱いがあります。

100均ショップによっては、「プチプチ」という名前ではなく、「窓ガラス用断熱シート」や「窓用バブルシート」と表記されているかもしれません。

中には、水で貼りつけるタイプもありますので、賃貸にお住みの方には特におすすめです。

貼り方もとても簡単で、窓に汚れ等があればふき取り、霧吹きで窓を濡らして、窓用プチプチを窓に合わせて貼りつければ完了です。

両面テープなどの接着剤を用いると、剥がしたときにテープ跡が残ったり、窓ガラスを傷つけてしまう恐れがあります。

そのため、賃貸にお住みの方には両面テープで貼りつけるタイプのプチプチはおすすめしません。

しかし、水で貼れるものであれば、窓にテープ跡が残ることもなければ、窓ガラスも傷つけにくいので安心して使用できます。

さらに、ノルディック柄などにプリントされた窓用プチプチもありますから、お洒落な窓にすることもできますよ。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!②冷気防止シート

プチプチのほかにも、100均で取り扱っている寒さ対策のアイテムがあります。

つぎにご紹介するものは、冷気防止シートです。

一般的には断熱シートと呼ばれており、断熱シートを窓に貼ることで、空気の出入りをしずらくしてくれるのです。

そのため、暖房の暖かい空気が外に出て行かないようにしてくれます。

貼るのはとても簡単で、賃貸にお住みの方にも嬉しい、水で貼れるタイプのシートです。

張り方はプチプチと同様に、霧吹き等を使って窓を水で濡らし、シートを貼りつければ完了です。

実際に使用した人でも、「さすがにポカポカまではいきませんが、前より寒さが緩和した」という声がありました。

100均の断熱シートで断熱効果を得られた方もいますので、気軽な気持ちで試してみてはいかがでしょう。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!③隙間テープ

プチプチと冷気防止シートのほかにもう一つ、100均アイテムでご紹介するものは、隙間テープです。

室内を寒くさせる原因には、隙間風も当てはまります。

隙間風が室内に入ってくるのは、窓のサッシや隙間からとされています。

実は、窓を閉めていても、窓にはわずかに隙間があることがあるのです。

そのため、そこから隙間風が入ってきて、室内に冷気として伝わってくるのです。

そこにこの隙間テープを使用することで、窓のわずかな隙間も埋めてしまうので、室内に隙間風をもたらしにくくなります。

そうなれば、室内に冷気が入りにくくなるため、寒さ対策につながります。

ちなみに100均ショップだけでも、隙間テープの種類は多くありますから、お住まいの窓の幅と合うサイズの隙間テープを選ぶようにしてください。

サイズが合わない場合でも、隙間風は入ってきてしまいますから注意してくださいね。

隙間テープも賃貸アパートでお使いいただけますが、ものによってはシール跡が残ってしまうこともあります。

その際は剥がし液などを使って、シール跡が取り除けるようにしておきましょう。

より効果を出すために!プチプチなどを併用しよう

ここまで、プチプチなど3つの100均アイテムでの、窓にできる寒さ対策についてご紹介してきました。

特に一人暮らしでワンルームのアパートに住んでいる方ですと、少しでもコストを抑えて対策したいと思うでしょうから、100均でできるとなれば嬉しいですよね。

もちろん、単品でも寒さ対策の効果は期待できますが、より効果を出すのであればこれらのアイテムを併用することをおすすめします。

例えば、プチプチと隙間テープの両方を使用する、ということです。

プチプチと隙間テープから期待できる2つの効果が合わさることで、より寒さを室内に入り込ませないようにしてくれます。

冷気をシャットアウトできれば暖房効果も高まり、余分な電気代をかけずに暖かい部屋にもしてくれるでしょう。

2つそろえても200円(プラス消費税)ですから、コストをあまりかけずに、寒さ対策への高い効果を発揮できるようにしてみてください。

寒さを対策するなら窓!アイテムを併用して高い効果を!

窓に行う寒さ対策として、窓用プチプチなどのアイテムをご紹介しました。

より高い寒さ対策への効果を出すのであれば、複数のアイテムを併用することがおすすめです。

特に一人暮らしの方であれば、あまりお金をかけたくない方もいるでしょう。

ここでご紹介したものは100均ショップでも取り扱いがあるものですので、100均をうまく利用して、低いコストで寒い冬を乗り切れるように対策してみてください。

 - アパート