ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

窓にできる寒さ対策!プチプチなどの100均アイテムで試そう

2018.12.9

賃貸アパートに住みはじめて、はじめての冬。

外出から帰ってくると、室内はすっかり冷えていて、暖房をつけてもなかなか暖まらないことも多いでしょう。

暖房効率を高めたり、冷気を室内に入り込まないようにするには、窓に対策をすることが重要です。

ここでは、賃貸物件にお住みの方にもできる、窓の寒さ対策についてご紹介していきます。

プチプチなどの100均アイテムでもできますので、ぜひ寒い冬を乗り切れるように対策してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートで猫を飼っている人の退去費用は?日々の生活で対策

現在賃貸アパートにお住まいの方で、ペットに猫を飼っている方も多くいらっしゃるでしょう。 ペット...

窓の防犯対策は重要!夜開けたまま寝たいときはどうすれば?

夏が近づいてくると夜でも気温が高い日もありますね。 昼間はつけていても、寝るときまでエアコンを...

アパートの契約前後で違う?キャンセル料の発生や他の懸念

好条件のアパートが見つかった際、契約に向けて様々な準備を進めます。 しかし、中には様々な事情に...

簡単にできる窓の防寒対策にDIYでチャレンジしてみよう!

バスや電車の窓際の座席などに座っていて、「窓に近い方の手足がやけに冷えるな」と思ったことはないでし...

礼金敷金は消費税がかかるの?契約内容を確認しよう

近年、日本政府は消費税を現状の8%から10%への増税を検討しています。 その時期は2018年6...

アパートやマンションの駐車場で2台目は借りられるのか

若者の自動車離れがメディアで取り上げられることもありますが、逆に複数台の自動車を保有している家族...

賃貸でのオシャレなインテリア!アイデアはブログから学ぼう

オシャレなインテリアに憧れてはいるものの、アパートやマンションなどの賃貸住宅は借りているものだか...

無機質なアルミサッシ窓の枠をDIYで木の枠に作り変えよう!

なかなか借り手が見つからない不動産をお持ちで、悩んでいる方はいらっしゃいませんか? もしかした...

防犯と換気を同時に!窓に隙間を開けながら施錠できる鍵とは

部屋の空気の入れ替えなどをするために、換気は重要ですよね。 換気するには窓を開けることが多いと...

部屋干しのにおい対策!窓付近に室内物干しを取り付けよう

賃貸住宅を探している際、ベランダがない物件が目に付くでしょう。 そのような物件は、室内の窓付近...

窓の落下防止用の手すりは後付けできる!事故の前に対策を!

時たま、自宅の窓から子供が転落してしまったという痛ましい事故を耳にします。 それらは、窓に落下...

アパートでも大丈夫!赤ちゃんが快適に過ごせるリビング作り

今まで夫婦で二人暮らしをしていたアパートに、「生まれたばかりの赤ちゃんがやってくる!」というご家...

アパートの外壁に地震などでヒビが入ったらどうする?

日本は地震が多い国ですから、建物も地震による影響を免れることはできません。 大きな地震が起きた後、...

窓に取り付けたカーテンが閉まらない?あれの修理が必要かも

窓にカーテンを取り付ける際に重要となるのが、カーテンレールの存在ですよね。 カーテンレール...

窓から入る蚊やハエ!虫を寄せ付けないためにできることは?

気温が上がってくると、家の窓を開け放ち、風を通すお宅が増えますよね。 そんな時、どうしても気に...

スポンサーリンク

寒さ対策をするなら窓!それはなぜ?

秋が終わり冬に入れば、どんどん気温も冷え込んできますよね。

当然室内も冷気で満ちており、外出から帰ってきたときに「部屋が寒い!」ということはよくあることでしょう。

そして部屋を暖かくするために、真っ先に暖房をつける方も多いと思います。

ところが、暖房から暖かい空気を出しても、窓から外へ逃げてしまうことが多いのです。

窓は約6割もの空気を外に逃がしているともいわれています。

ですから、暖房の空気も窓から外へ出て行ってしまい、同時に外の冷気を室内に入れてしまっているのです。

そのため、窓に何か寒さ対策をすることが重要になります。

自己所有の一戸建てであれば何をしても問題はないでしょうが、賃貸にお住みの方ですと慎重に対策しなければなりません。

アパートなどの規則違反になることはできませんし、何より窓を傷つけずに対策しなければならないからです。

そこでこの記事では、賃貸にお住みの方でもできる寒さ対策をご紹介していきます。

また、あまりコストをかけずに対策したいという方もいると思いますので、寒さ対策の中でも100均アイテムでできる対策をご紹介しましょう。

まずはじめにご紹介するのはプチプチです。

窓の寒さ対策にプチプチがおすすめな理由

100均アイテムでできる窓への寒さ対策で、なぜ窓用プチプチがおすすめなのかピンとこない方もいるかと思います。

そこで、窓用プチプチが寒さ対策におすすめな理由をご説明します。

窓用のプチプチの特徴としては、2枚のポリエチレンシートの間にプチプチがあることです。

一般的なプチプチですと、プチプチの面と平らな面が裏表でありますが、窓用プチプチは両面とも平らで、その間にプチプチが挟まれたようなものになっています。

これにより、空気の層が多くできるので、熱を通しにくくしてくれるようになるのです。

そのため、外の冷気も入りにくくなれば、室内の暖かい空気も逃げることがないので、高い断熱効果が期待できます。

断熱効果が発揮されれば、暖房効率もよくなり電気代の節約にも活躍します。

さらに、一人暮らしの方であれば、プチプチが曇りガラスのようになってくれるので、プライバシーを守ることにも一役買いそうです。

以上のような活躍が期待できることから、窓の寒さ対策には窓用プチプチがおすすめといえるのです。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!①窓用プチプチ

こちらでは、先程お伝えした窓用プチプチを使った寒さ対策をご紹介します。

プチプチというと、多くの方は、引っ越しのときなどの緩衝材の印象が強いかと思いますが、窓用のプチプチも存在するのです。

このプチプチはホームセンターはもちろんですが、100均ショップでも取り扱いがあります。

100均ショップによっては、「プチプチ」という名前ではなく、「窓ガラス用断熱シート」や「窓用バブルシート」と表記されているかもしれません。

中には、水で貼りつけるタイプもありますので、賃貸にお住みの方には特におすすめです。

貼り方もとても簡単で、窓に汚れ等があればふき取り、霧吹きで窓を濡らして、窓用プチプチを窓に合わせて貼りつければ完了です。

両面テープなどの接着剤を用いると、剥がしたときにテープ跡が残ったり、窓ガラスを傷つけてしまう恐れがあります。

そのため、賃貸にお住みの方には両面テープで貼りつけるタイプのプチプチはおすすめしません。

しかし、水で貼れるものであれば、窓にテープ跡が残ることもなければ、窓ガラスも傷つけにくいので安心して使用できます。

さらに、ノルディック柄などにプリントされた窓用プチプチもありますから、お洒落な窓にすることもできますよ。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!②冷気防止シート

プチプチのほかにも、100均で取り扱っている寒さ対策のアイテムがあります。

つぎにご紹介するものは、冷気防止シートです。

一般的には断熱シートと呼ばれており、断熱シートを窓に貼ることで、空気の出入りをしずらくしてくれるのです。

そのため、暖房の暖かい空気が外に出て行かないようにしてくれます。

貼るのはとても簡単で、賃貸にお住みの方にも嬉しい、水で貼れるタイプのシートです。

張り方はプチプチと同様に、霧吹き等を使って窓を水で濡らし、シートを貼りつければ完了です。

実際に使用した人でも、「さすがにポカポカまではいきませんが、前より寒さが緩和した」という声がありました。

100均の断熱シートで断熱効果を得られた方もいますので、気軽な気持ちで試してみてはいかがでしょう。

100均アイテムを使って窓に対策しよう!③隙間テープ

プチプチと冷気防止シートのほかにもう一つ、100均アイテムでご紹介するものは、隙間テープです。

室内を寒くさせる原因には、隙間風も当てはまります。

隙間風が室内に入ってくるのは、窓のサッシや隙間からとされています。

実は、窓を閉めていても、窓にはわずかに隙間があることがあるのです。

そのため、そこから隙間風が入ってきて、室内に冷気として伝わってくるのです。

そこにこの隙間テープを使用することで、窓のわずかな隙間も埋めてしまうので、室内に隙間風をもたらしにくくなります。

そうなれば、室内に冷気が入りにくくなるため、寒さ対策につながります。

ちなみに100均ショップだけでも、隙間テープの種類は多くありますから、お住まいの窓の幅と合うサイズの隙間テープを選ぶようにしてください。

サイズが合わない場合でも、隙間風は入ってきてしまいますから注意してくださいね。

隙間テープも賃貸アパートでお使いいただけますが、ものによってはシール跡が残ってしまうこともあります。

その際は剥がし液などを使って、シール跡が取り除けるようにしておきましょう。

より効果を出すために!プチプチなどを併用しよう

ここまで、プチプチなど3つの100均アイテムでの、窓にできる寒さ対策についてご紹介してきました。

特に一人暮らしでワンルームのアパートに住んでいる方ですと、少しでもコストを抑えて対策したいと思うでしょうから、100均でできるとなれば嬉しいですよね。

もちろん、単品でも寒さ対策の効果は期待できますが、より効果を出すのであればこれらのアイテムを併用することをおすすめします。

例えば、プチプチと隙間テープの両方を使用する、ということです。

プチプチと隙間テープから期待できる2つの効果が合わさることで、より寒さを室内に入り込ませないようにしてくれます。

冷気をシャットアウトできれば暖房効果も高まり、余分な電気代をかけずに暖かい部屋にもしてくれるでしょう。

2つそろえても200円(プラス消費税)ですから、コストをあまりかけずに、寒さ対策への高い効果を発揮できるようにしてみてください。

寒さを対策するなら窓!アイテムを併用して高い効果を!

窓に行う寒さ対策として、窓用プチプチなどのアイテムをご紹介しました。

より高い寒さ対策への効果を出すのであれば、複数のアイテムを併用することがおすすめです。

特に一人暮らしの方であれば、あまりお金をかけたくない方もいるでしょう。

ここでご紹介したものは100均ショップでも取り扱いがあるものですので、100均をうまく利用して、低いコストで寒い冬を乗り切れるように対策してみてください。

 - アパート, 住まい, 快適