殺風景な窓や壁をDIYでおしゃれに!今すぐトライ!簡単DIY術

賃貸物件にお住まいであれば、いわゆるデザイナーズ物件でもない限り、窓や壁は殺風景であることがほとんどではないでしょうか。

しかし、ここ最近はファッションにも増して、インテリアに気をつかう人が多くなってきましたよね。

そんな中、窓や壁が殺風景のままであると、流行に乗り遅れている感じがすることと思います。

そこで、DIYをして窓や壁をおしゃれに変えてみるのはいかがでしょうか。

それではさっそく、窓や壁のDIY術をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの雪かきはどこまで?ポイントと注意したい放置場所

冬場特有の悩みの種と言えば、降雪です。降雪により、歩行も困難になることが考えられます。そ...

アパートでの水漏れが起こった場合の修理費や責任の所在は?

アパートに住んでいると、思いもよらないでき事に出くわすことがあります。アパートの1階に住んで...

アパートの管理費とは?家賃や管理費に消費税はかかる?

賃貸アパートに入居するため物件を探していると、物件によっては家賃の他に支払う項目として管理費・共...

入居者が窓に防犯フィルムを貼ったまま退去!はがす方法は?

なにかと物騒な世の中ですから、防犯のために、自ら対策をしている入居者も多いのではないでしょうか。...

賃貸アパートの保証会社にはどれくらいの金額を支払うの?

アパートなどの賃貸物件を借りる際、保証会社の利用を義務付ける物件が増えてきました。保証会社を利用...

窓のクレセント錠は鍵ではない?防犯効果を高める方法は?

窓の防犯が重要と言われていますが、どう対策したらよいか分からないという人も多いのではないでしょう...

サッシ窓が閉まらない!引っかかる!自分で直す方法は?

サッシ窓を閉めようとしたら、引っかかる感じがして、よく閉まらないという経験はありませんか?引...

我が家の窓に最適な結露防止シートを100均で探してみよう

日本全国には、多くの100均のお店があり、私たちの生活をより便利にしてくれます。100均が始...

アパートのドア交換にかかる費用や知っておくと便利なこと

賃貸アパートのドアには、「穴が空いた」「傷が付いた」「台風の影響で歪んでしまった」など、数々のトラブ...

アパートでお湯が出ない時のガス関連トラブルの対処方法

アパートなどの賃貸で起こるトラブルの一つに、お湯が出ないというトラブルがあります。すぐにガス...

窓をお洒落にDIY!100均グッズを使った簡単DIYをご紹介!

部屋の中を自分好みのインテリアで統一させても、窓だけはそのままの状態で、カーテンがついているだけ...

窓の網戸サッシが原因!?虫の侵入を防ぐ方法とは?

暑い夏、風が気持ちいい日には窓を開けたくなりますよね。ですが、網戸をしっかりと閉めて窓を開け...

窓の種類と取り付け編!DIYでの小屋作り役立ち情報

DIY中級者以上の方々の中には、経験や知識がかなり蓄積され、自宅敷地内に離れの小屋を作ってみよう...

賃貸アパートの壁紙を補修!費用を負担するのは誰?

賃貸アパートを借りる時、賃貸契約のための手続きが必要ですが、解約する時には、退去手続きが必要です。...

アパートから退去者!新たな入居のために掃除するのはだれ?

集合住宅のアパートなどは、人の入れ替えがあります。住人が退去した際、生活していた部屋のままで...

スポンサーリンク

窓をおしゃれに!簡単DIY術

一般的なよく見かける窓は、サッシの色がシルバーやブラウンなどが多いですよね。

自宅が注文住宅で自分の好きなように設計をしているならば話は別ですが、建売住宅や賃貸物件などにお住まいの方であれば大半がそのような窓でしょう。

しかし、よく見かけるサッシがシルバーやブラウンの窓は、殺風景に感じますよね。

そこで、そのような殺風景な窓をおしゃれに変えてみましょう。

材料費もそんなにかからず、原状復帰が原則の賃貸物件でもOKな方法ですので、ぜひDIYしてみてくださいね。

【準備するもの】

・木製の写真フレーム(100均で購入可能)
・ボンド
・やすり
・ガラスフィルム

【作り方】

①写真フレームについている透明なフィルムなどの付属品をはずします。

②窓枠の大きさに合わせて写真フレームをボンドで接着します。

③窓枠にきっちりおさまらなければ、やすりで削って大きさを調節します。

④窓ガラスにガラスフィルムを貼ります。

⑤最後に、③の窓枠を窓にはめこめば完成です。

木製の写真フレームを複数接着することで、簡単に格子状の窓枠を作ることができます。

また、ガラスフィルムは水で簡単に貼り付けられるものが多く、簡単にはがすこともできます。

そのため、賃貸でも安心して使用することができます。

さらに、ガラスフィルムを貼ることでUVカットの効果があったり、台風などの災害時に窓ガラスが大きく飛散するのを防ぐ効果も期待できるのです。

いろいろなデザインのものがあるので、ガラスフィルムを使うことは見た目にも機能的にもおすすめです。

窓をおしゃれなインダストリアル風に!お手軽DIY術

他にも、100均アイテムを使って窓をおしゃれに、かつ、手軽にDIYできる方法がありますのでご紹介していきます。

このDIY術も部屋の中を傷つけることがないので、賃貸の窓でも大丈夫ですよ。

【準備するもの】

・カラーボード(100均で購入可能)
・カッター
・マスキングテープ
・両面テープ
・ホッチキスの芯
・タッカー

【作り方】

~窓枠編~

①窓枠の大きさに合わせて、カラーボードをカッターでカットします。

窓枠の四隅に当たる部分は、それぞれ角度が45度になるようにカットしてください。

②窓枠全体にマスキングテープを貼ります。

③マスキングテープの上に、両面テープを貼ります。

④カットしたカラーボードを③に接着します。

~格子編~

⑤カラーボードを、窓枠用にカットしたものより細めにカットします。

⑥⑤を格子状に配置し、厚みの少ない部分はホッチキス本体は使用せずにホッチキスの芯だけを指でさし込みます。

厚みのある部分はタッカーを使用して接着するようにしましょう。

ホッチキスの芯やタッカーだけでは不安定な場合、ボンドなどを併用するといいですよ。

このように、簡単に窓枠をDIYすることができます。

また、インダストリアル風にするには、カラーボードは黒がおすすめですよ。

フレンチシックやカントリー風がお好みであれば、カラーボードの色は白がおすすめです。

DIYが苦手でもOK!窓をおしゃれに変える方法

簡単にDIYすることができると言っても、手先が不器用でDIYが苦手だという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方でも、窓を簡単におしゃれに変えることができる方法をご紹介しましょう。

ちなみに、この方法も賃貸の窓でも大丈夫です。

【準備するもの】

・幅広のマスキングテープ
・カッター

【貼り方】

①まず、窓枠を綺麗に掃除しましょう。

埃などがついたままですと、マスキングテープの接着力が弱まってしまいます。

②窓枠の太い部分から、マスキングテープを貼っていきます。

③最後に、細い部分にマスキングテープを貼ったら完成です。

マスキングテープは貼るのを失敗しても、簡単に貼りなおすことができます。

そのため、DIYが苦手な人におすすめの方法なのです。

また、マスキングテープは窓枠を傷つけることがないので、賃貸の窓にも安心して使用することができます。

ただし、マスキングテープを長期間貼りっぱなしにしてしまうと、はがしにくくなってしまうことも考えられます。

模様替えの一環として、たまにマスキングテープを貼り替えることをおすすめします。

本格的DIY!棚を自作しておしゃれなカフェ風に

殺風景に感じている窓が出窓のように奥行きが多少あるなら、思い切ってそこに棚を作ってしまうという方法はいかがでしょうか。

ものを置くことを考えて、棚は木材でしっかりと作る必要があるので、やや本格的なDIYとなります。

DIYが得意な方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【準備するもの】

・木材
・ビス
・ドリル
・ドライバー
・補強金具
・サンダーかやすり
・塗料

【作り方】

①まず、窓枠の大きさをしっかりと計測し、どのような棚にするか簡単でいいので設計図を描きます。

②設計図が完成したら、必要な大きさの木材を用意します。

木材はホームセンターで買うことができ、その場で必要な大きさにカットしてもらうことができますよ。

③ビスを入れる部分に印をつけます。

このとき、左右のバランスがとれるように印をつけるようにしましょう。

④印をつけたところに、ドリルで穴を開けます。

⑤④にビスを打ちます。

⑥補強金具をつけて、棚全体を補強します。

⑦棚全体をサンダーかやすりで研磨します。

⑧最後に、お好きな色の塗料で塗装して完成です。

窓枠きっちりに作る棚なので、この方法でも窓枠を傷つけることがありません。

棚に雑貨や植物などを置くと、おしゃれなカフェのような雰囲気になりますよ。

真っ白な壁をおしゃれに変えるDIY術

窓と同様に、多くのお宅の壁は何の変哲もない白やアイボリーなどの壁紙であることが多いですよね。

そこで、壁もDIYでおしゃれに変えてしまいましょう。

もちろん、壁も傷つけることなくおしゃれにする方法があります。

それは、「はがせる壁紙」を貼ることです。

最近、壁の一部を黒板のようにしているおしゃれなお宅を目にすることが多いと思いませんか。

その黒板壁紙の中には簡単にはがせるものがあるので、賃貸でも気軽に壁紙を変えることができるのです。

黒板壁紙を貼ったら、さっそくチョークで文字や絵を描いてみましょう。

文字や絵を描くのが苦手であれば、パソコンで好きなデザインを作って拡大印刷して貼りつけてもおしゃれですよ。

もしくは、お好きなデザインの文字をパソコンで作って拡大印刷後、その文字部分をカッターで切り取り、ステンシルのように使用すると、チョークで簡単にお好きな文字を書くことができますね。

ただの壁をおしゃれな板壁にDIY!

窓のDIY術でもご紹介しましたが、殺風景な場所に棚があると雰囲気ががらりと変わります。

壁にもあるものを使用することで簡単におしゃれな板壁を作ることができ、その一部を棚として使うことができるのです。

そのあるものとは、「ディアウォール」という壁に傷をつけることなく柱を作れるというものです。

ディアウォールとは、簡単に言うと「つっぱり棒」です。

ですから、賃貸でも安心して使用することができます。

さっそく板壁の作り方をご紹介しましょう。

【準備するもの】

・ディアウォール
・板(細めで長いものと飾り棚用のものを用意)
・釘
・ドライバー

【作り方】

①板壁を作りたい壁にディアウォール2本をたてます。

②ディアウォールに、細めで長い板を順番に釘で貼りつけていきます。

このとき、板と板の間は、飾り棚用の板が入るくらいの隙間をあけるようにしてください。

これだけで完成です。

ディアウォールに貼りつけた細い板と板の間に、飾り棚用の板をお好きな場所にさし込みます。

そうすると、そこに雑貨を置くことができますよ。

飾り棚用の板は簡単に移動することができるので、飽きたらすぐ場所を変えられます。

また、貼りつけた細い板には直接釘を打つことができるので、そこに絵を飾ったりすることもできるのです。

案外簡単に壁もおしゃれにDIYすることができるので、部屋が殺風景だなと思われていた方はぜひ試してみてくださいね。

賃貸でも大丈夫!簡単DIYでおしゃれな部屋に!

窓や壁が殺風景だと、部屋全体も殺風景な印象がありますよね。

しかし、DIYすることで窓や壁はおしゃれにすることができるのです。

また、ここでご紹介した方法はどれも部屋に傷をつけることがないので賃貸でも安心です。

おしゃれな部屋にしたいと思われている方は、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。