ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

投資で重要なインフレとデフレ!意味や覚え方を理解しよう!

2018.10.1

株式投資を行ううえで、重要な判断材料ともなるインフレとデフレ。

学生時代に学んだことでもありますが、どちらがどのような状態か覚えていますか?

投資で成功するためには、こういった単語を理解しておくことも大切ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

この記事では、インフレとデフレの意味と覚え方についてご説明していきます。

また、混乱しやすい円安・円高についても解説しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

リーマンショックの引き金は韓国にあった?本当の原因とは?

2008年に起こったリーマンショックは、ほとんどの方がご存知だと思います。 その恐慌を生んだの...

なぜリーマンショックが円高に?金融危機の円買いの理由とは

2008年、アメリカで起きたリーマンショックによって、世界経済は大打撃を受けることになりました。...

高層マンションは窓が開かない?高層マンションの換気は?

高層マンションでの生活に憧れたことのある人は多いはず。 街の景色を一望できる非日常的な生活は、...

家屋調査での固定資産税対策ってあるの?税金を安く払う方法

新築の物件を建てたら、家屋調査への心構えが必要です。 固定資産税を決めるために調査するのですが...

住所の正式名称を検索する方法や書き方をご紹介!

日常で自分の住所を書いたり答えたりする場面はあまりありません。 おそらく、店などで簡単なア...

GDPから経済成長率を知るには?計算方法をおさらいしよう!

ニュースや新聞では、「GDP」や「経済成長率」といった言葉が盛んに飛び交い、その国の成長率を知るため...

円安は輸出に有利!投資のタイミングは円高・円安?

「円安になると輸出に有利になる」と聞いたことはありませんか? 円安か円高かによって貿易の業績は大き...

通貨発行権を日本政府へ戻す?政府紙幣における議論とは?

2013年8月、通貨発行権を持つ中央銀行に対し、ハンガリーが反旗を翻したことは、世界にとって衝撃...

GDP(国内総生産)とGDP成長率の求め方について復習しよう!

新聞やニュースなどでGDPという言葉を目にされたことはないでしょうか。 これは、「Gross ...

円安・円高が輸出や輸入に与える有利な点と不利な点

通貨の価値は、毎日変動しています。 円安や円高などという言葉を聞いたことがありますよね。 円安、...

個人事業主向け!所得税の納付書の入手方法や書き方を知ろう

納税は国民の義務です。 そして、それには所得税も含まれます。 会社員であれば、所得税は天引き...

円安になるほど輸出企業はなぜ儲かるのか?その仕組みとは?

円安になると、なぜ輸出企業にとって利益になるのかご存知でしょうか? テレビを見ていると、そうい...

家賃がもったいない!と思いがちな一人暮らしの実態は?

家賃は毎月の支出の中で、かなりの割り合いを占める費用です。 特に一人暮らしだとどうしても高額になり...

アベノミクスは失敗か?私たち国民の生活は今後どうなるの?

2012年12月に安倍晋三氏が内閣総理大臣に返り咲いてから、「アベノミクス」と呼ばれる改革が始まり...

仕事は多種多様!不動産業界の事務職の仕事とその給料は?

不動産業界と言うと、主に営業職がその多くを取り仕切っているイメージを思い浮かべる方が多いのではないで...

スポンサーリンク

インフレ・デフレってどんな意味?

投資をおこなううえで重要な要素の一つに、「景気」があります。

景気は常に一定というわけではなく、「インフレ→好景気→デフレ→不景気」といった流れを繰り返されています。

そしてこの景気が今どの状態かによって、投資するかどうかの判断材料となるのです。

さらに、インフレとデフレの意味を理解していないと、投資どころの問題ではなくなってしまいますから、あやふやに覚えている方も、まずは意味を理解することからはじめましょう。

はじめに、インフレについてご説明します。

インフレとはインフレーションの略で、「物価が上昇し、お金の価値が下がっている状態」のことをいいます。

トマトを1個50円で売っていることを例として考えてみます。

50円という安さにお客さんが次から次へとトマトを買ってしまえば、トマトの在庫がどんどん減っていくことがうかがえますね。

在庫を確保するために、トマトを1個100円に値上げしました。

ここで、お金の価値について考えてみましょう。

はじめは、50円で買えたトマトが、次は50円玉が2枚(つまり100円)でないとトマトを買うことはできません。

このときの状態のことを、「お金の価値が下がった状態」と表すのです。

つまり、お客さんの需要よりも商品の供給が少なくなってしまうと、商品の価値が上がり(物価が上昇)お金の価値が下がるという仕組みです。

反対にデフレは、物価が下落し、お金の価値が上がっている状態を示しています。

考え方もインフレとは逆で、お客さんが買い控えすることで商品は売れなくなり、お店側は少しでも売れるように価格を下げていきます。

このとき、商品に対してのお金の価値は上がるようになるのです。

覚え方についても後程ご説明しますので、頭に入れておくようにしてくださいね。

インフレとデフレが投資で重要な理由

ではなぜ、インフレとデフレが投資を行ううえでは重要になるのでしょうか。

株式投資を行ううえでは、景気と株価が大きく関わってくるのです。

例えば、インフレになれば金利も上昇しはじめ、株価も上昇傾向になります。

そして、好景気を迎えた後はデフレになります。

そうすると、金利は下降していき、あわせて株価も下落していくのです。

ですから、日本経済がどのような状態なのかによって、株価が今後上がるか下がるかも変わりますので、投資を行ううえで重要な要素となるわけです。

好景気を迎えているのも知らずに株式投資してしまえば、その後はしばらく株価も下落傾向にあるので損失になりかねません。

損を増やさないためにも、インフレとデフレの意味をきちんと理解しておくことがやはり重要です。

インフレ・デフレが投資に重要なことがわかったところで、今後忘れないようにインフレとデフレの覚え方の例をご紹介しましょう。

基準を決めよう!インフレとデフレの覚え方

この後もきちんと覚えておくためにも、インフレとデフレの意味を覚えておくことは大切です。

ここでは、インフレとデフレの覚え方の例をご紹介していきます。

例として、基準を決めることをおすすめします。

投資で活用するので、「物価」を基準にしましょう。

ちなみに、インフレとデフレの本来の意味はこちらです。

・インフレ(=インフレーション)…膨張(大きくなっている)

・デフレ(=デフレーション)…収縮(小さくなっている)

景気におけるインフレは「物価は上昇し、お金の価値は下落」で、デフレは「物価は下落し、お金の価値は上昇」でしたね。

当てはめれば、「物価が高くなっている(大きくなっている)=インフレ」で、「物価が安くなっている(小さくなっている)=デフレ」となります。

お金の価値は逆ということも頭に入れておくことも忘れずにしましょう。

あくまでも例ですので、覚えやすいという方は参考にしてください。

投資で重要!円高・円安の覚え方もつかんでおこう

投資で重要となるのは、インフレとデフレだけではありません。

円高・円安も重要な要素の一つです。

こちらも意味と覚え方についてご説明しましょう。

まず、前日が1ドル100円で本日が1ドル110円を例に考えてみます。

この場合、この日は円安になります。

こちらも意味を理解していないと、本日が円高なのか円安なのか把握できなくなってしまいます。

円高・円安は投資においての損益にも影響が出ますから、きちんと理解しておくことが大切です。

単に円の数字が大きくなったから円高というわけではなく、円の価値が上がったか下がったかで判断します。

先ほどの例でみていくと、手持ちの財布の10,000円をドルに両替してみるとわかりやすいかもしれません。

前日ですと、10,000円÷100円=100ドルに両替できますね。

本日の場合は、10,000円÷110円=約90ドルに両替できます。

これを見れば一目瞭然ですが、本日のほうが両替額が少なくなっていますよね。

このとき、円の価値が他国の通貨より下がった状態にいるので、「円安」だといえます。

もし翌日、1ドル90円になれば、10,000円÷90円=約111ドルとなり、円の価値が上がったこと(円高)になります。

つまり、円高は他国通貨よりも円の価値が高くなることをいい、円安は他国通貨よりも円の価値が低くなることをいうのです。

覚え方としては、「他国通貨」より円が高いのか安いのかで判断します。

円高・円安も投資で重要な理由とは?

円高・円安の覚え方についてもお伝えしたところで、なぜこれらも投資で重要なのかをお話ししていきましょう。

なぜ投資で需要な要素になるかというと、円高・円安は海外との輸出入に関わってくるからです。

日本は輸出でも輸入でも外国に頼っているため、円高・円安で経済の流れに左右されやすいのです。

特に輸出産業が強い国なので、円高が進めば経済の流れも大きく変わってきます。

先ほどもお話ししましたとおり、円高は他国通貨よりも円の価値が高くなるため、海外で日本製の商品が売れにくくなります。

自動車など輸出に力をおく産業は特に苦戦を強いられることになりますので、結果日本の景気が悪くなってしまうのです。

景気が悪くなれば、株価も下落傾向に陥ります。

現在の日本の時価総額ランキングのトップはトヨタです。

ほかにも上位に自動車会社は多数ランクインしていますので、日本経済の流れを左右してしまうのは当然なのかもしれません。

ですから、円高・円安は日本経済の流れを変え、景気の良し悪しにもつながりますので、投資においても重要な要素といえるのです。

インフレ・デフレにあわせて、こちらもおさえておきましょう。

覚え方をつかんだら!投資に役立ててみよう

インフレ・デフレ、円高・円安についてお話をしてきました。

ここでは最後に、投資への役立て方をご紹介していきます。

まず、今の日本が円安にあるとします。

円安では他国の通貨が高いため、外国製の商品を買う際、今までよりもお金がかかることになります。

私たちの生活のなかで影響を受けやすいのが、ガソリンです。

車を使うために、多くの自動車はガソリンで動かしますよね。

ガソリンを含めた石油系燃料は、ほぼ海外から輸入しているため、円安状態では仕入れ価格が高くなので、販売価格も高くなってしまうのです。

このとき、物価が上昇していけばインフレ傾向になるので、景気の回復が見込まれます。

そうなれば、今後株価の上昇にもつながってくるので、ここをねらって投資を行うのも手です。

ただし、給与が上がらないまま物価ばかりが上昇すると、財布のひもがまずまず固くなり、経済は収縮し続けます。

そうなれば、景気の回復が遠のいてしまうので、投資しても損をしてしまう可能性もあります。

円安やインフレと一緒に、経済がどのような状況なのかをよく把握したうえで、投資をするのが賢明です。

覚え方の例もご紹介しましたので、これらの要素を今後の投資に役立ててみてくださいね。

まずはインフレ・デフレなどの用語を覚えよう

投資において重要となるインフレ・デフレ、そして円高・円安についてお話をしてきました。

実際は、ほかにも覚えるべきことが投資ではたくさんあるので大変なことが多いでしょう。

しかし、基礎となるこれらの用語を理解しなくては、元も子もありません。

しっかりと理解し、投資にうまく役立てるようにしてください。

 - 経済