FXで有り金を溶かす人の特徴とは?失敗から見える成功法!

FX

ネット上のSNSやブログを見ていると、FXで有り金を溶かす失敗談が少なくありません。

有り金を全て溶かしてしまう人には、共通したいくつかの特徴があることが分かります。

FXで失敗しないためには、それらの特徴を知り、そのためのリスク回避をする必要があります。

そこで、この記事では、FXで有り金を溶かす人の特徴についてご説明していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「株」の意味がわからない方必見!株について簡単に解説!

テレビや雑誌などで目にしたり耳にすることも多い「株」という言葉。そもそも「株」の意味がわから...

投資初心者は長期で投資するべき?ブログで情報を集めよう

近年、投資を始める人が増えてきました。SNSやブログなどでも、投資家の記事は人気です。投資と...

金ETFをはじめるなら「チャート」の見方を覚えよう!

ご自分の資産を運用したいとお考えなら、金ETFをおすすめします。金ETFとは、金価格に連動し...

本物の金には必ず刻印がある!750の意味と価値とは

金の価値を決めるのはその含有量にあります。金でできたジュエリーなどには、K18、K24、750や...

人生最大の買い物で失敗したくない!大きな金額だから慎重に

人生最大の買い物といえば、もちろん「家」ですよね。多くの人は、マイホームにあこがれを持っています...

金投資を始めたい!金ETFと純金積立それぞれの特徴は?

投資の初心者にとって、いきなり株やFXに手を出すことはとても難しく、リスクの高いことです。ハ...

サービサーと交渉するためにはサービサーを知ることが大切

住宅を購入する際、多くの人が住宅ローンを利用していると思います。しかし、さまざま事情で住宅ローン...

失敗がネタに!?株の大損経験をまとめサイトで調べてみた

株で大損するなんて、まさか自分に起こるとは思いたくないものですが、得する人もいれば損する人もいるの...

FXでよく目にする追証とは?その仕組みと注意点を徹底紹介!

FXを始めようとしている方にとって、FXに関する多くの用語を覚えることは、最初のうちは難しいです...

歴史から知る為替取引き!24時間動く市場には休みはあるの?

投資にご興味のあるかたは、為替市場に休みがあるのか気になりますよね。いったい、いつが休みにな...

金の刻印「916」の意味は何か?金製品の刻印はなぜ必要?

金製品は、ほとんどの場合、「K18/750」「K22/916」「K24/999」などの刻印が打た...

誰でもできる1000万円貯金して銀行預金以外で増やす方法とは

「貯金1000万円」というと、別世界のことのように感じている人が多いのではないでしょうか。もちろ...

投資未経験者必見!金ETFを始めるならNISAを活用しよう!

金は「安全資産」とも呼ばれ、貨幣同様に、もしくはそれ以上に「価値があるもの」といわれてきました。...

株取引において注意が必要な寄り天!予測や対策は出来る?

超低金利時代の昨今、銀行預金の利息はほとんど意味のないものとなってしまいました。そこで、株な...

ゴールド投資をはじめたい!現物取引から金ETFなどを比較!

最近注目されている投資の一つに、ゴールド投資があります。これは名前のとおり、金で投資する手法...

スポンサーリンク

有り金を溶かしてしまう可能性も!そもそもFXとは

まず、FXとはどのようなものでしょうが。

FXとは、日本では「外国為替証拠金取引」と呼ばれており、外貨を売買しながら利益を得る為替取引です。

つまり、24時間変動する相場を見ながら、「投機的」に通貨を両替して利益を生み出していきます。

ネット上の広告や書店の書籍などでは、「FXで簡単に稼げる」といったフレーズをしばしば見かけることがありますし、実際に億単位の資産を形成されている人も存在します。

しかしながら、実際はそう簡単に稼ぐことができないのが現状で、特にFXの知識が伴わない人達が安直に手を出し、大失敗してしまうことも少なくありません。

と言いますのも、FXの世界にはハイレベルなプロトレーダーの集団もいるために、一個人の投資家の多くが、その資金を吸い上げられてしまうのです。

その中には、有り金を全て溶かしてしまう人も存在し、FXを退場せざるを得なくなることも珍しくなく、そこにはいくつかの共通する特徴が見られます。

では、その共通する特徴について、次項から詳しくご説明していきましょう。

FXで有り金を溶かしてしまう特徴!その①ハイレバレッジ

FXで有り金を溶かす人の特徴として、「ハイレバレッジ」が挙げられます。

FXの最大の特徴は、現物取引とは違い、運用資金以上のお金を動かせる「レバレッジ」取引ができる点です。

つまり、自分の資金を証拠金として預け入れるだけで、証拠金の何倍もの資金を運用することが可能なのです。

日本のFXにおいては、最大25倍までのレバレッジをかけることができるのですが、これが返って有り金を溶かす原因に繋がっています。

FXがハイリスク・ハイリターンと言われているように、このレバレッジがそれを意味しています。

FXを始めた最初のうちは、損失の恐ろしさ故に、大きいレバレッジをかけることはありません。

しかし、初心者が持ち得る「ビギナーズラック」を、自分の実力であると過信することで、ハイレバレッジという大きな賭けに出てしまうことがあります。

これが有り金を溶かしてしまうケースに繋がってしまうのです。

FXで有り金を溶かしてしまう特徴!その②含み損の放置

FXで有り金を溶かしてしまう2つ目の特徴は、「含み損の放置」です。

この「含み損」とは、まだ売買を確定していない状態での損失のことを言います。

FXにおいて、為替は上がるか下がるかの2択になりますが、予想に反した相場になったとき、損切りができるか否かで損失の大きさが変わってきます。

損切りできないトレーダーの多くは、「いつか戻るだろう」「損失を出したくない」などの理由から、含み損を放置することによって、返って含み損が大きくなってしまうケースがあります。

更に、我慢してポジションを持ち続けてしまうと、強制ロスカットの可能性もあり、有り金を全て溶かしてしまうことも否定できません。

できることなら損切りは避けたいものですが、損切りはリスクヘッジでもあります。

損切りの見極めは誰にとっても難しいものですが、含み損が大きくなる前に損切りする勇気を持ちましょう。

この損切りの見極めが、FXの成功に大きく関わっているとも言えますね。

FXで有り金を溶かしてしまう特徴!その③ストップロス注文の未設定

FXで有り金を溶かしてしまう3つ目の特徴は、「ストップロス注文」を設定していないことです。

「ストップロス注文」とは、「逆指値注文」とも呼ばれており、現在のレートより不利なレートを指定して、売買する注文方法です。

つまり、「上がったら買う」「下がったら売る」というように、指値注文とは逆の注文方法ですが、以下のようなメリットがあります。

・相場の上昇トレンドに乗りやすい
・損切りを設定できる
・一定の利益が確保できる

上記のように、3つのメリットが挙げられますが、主に損失を抑えるリスクヘッジとして用いられています。

しかし、実力の過信によって、このストップロス注文の設定をしなくなるケースも少なくなく、最終的にロスカットで有り金を溶かすケースもあります。

ストップロス注文は何かあったときの「保険」でもありますから、この機能をうまく使うことが、FXで生き残っていく鍵となります。

有り金を溶かすどころか借金にも!FXは余剰資金だけで行おう

これまでに、FXで有り金を溶かしてしまう人の特徴をご紹介してきました。

有り金を溶かす理由には、共通している中で様々なパターンに分かれますが、自分の過信によるものが大きいことが分かります。

しかし、更に悪いケースとして、有り金を溶かしてしまうどころか、余剰資金以外のお金に手をつけてしまう投資者も少なくありません。

FXなどの投資をする際は、生活に支障を与えない余剰資金を運用することが定石で、この運用資金が底を付いたら、潔く撤退することが資産を守るためのルールです。

例えば、損失したお金を取り戻そうと、余剰資金だけではなく、借りたお金を運用して、大失敗をしてしまう惨事も実際に存在します。

FXは投資と言いますが、ここまできてしまうと「ギャンブル」に他ならず、借金まで背負ってしまうのは最悪のケースです。

FXは投資者の心次第でギャンブルにもなりえます。

必ず余剰資金を計画的に運用し、必要な資産を守るように行いましょう。

FXで稼ぐには?成功に繋がる3つのポイント

では、FXで成功させるためには、どのようなことを意識していけばよいのでしょうか?

これまでの失敗パターンを参考に、成功に繋がる3つのポイントについてご説明していきましょう。

①勝てるルールを見つける

FXで負けるパターンには、過去の失敗を学習しない、合理性を欠いた感情的なトレードがほとんどです。

FXで勝っていくには、過去の失敗や成功から、勝てるルールを導き出すことで、合理的なトレードに繋げていきます。

トレードのスタイルは、投資者によって十人十色で、自分なりの勝てるルールを見つけることが大切です。

②損切りと利確の即決

特に、FX初心者のよくある失敗として、ポジションを常に持ちたがる傾向があります。

例えば、損切りが必要なときに、その見極めができず含み損が拡大してしまうことです。

これは利確にも同じことが言えて、根拠もないポジションの保持は、最終的に大損に繋がるケースもあります。

プロのトレーダーは、勝てる根拠がある場合にしかポジションを持ちません。

相場が予想に反して動いた場合、一か八かのお祈りは、できるだけ避けるようにしましょう。

③資金の管理の徹底

前項で述べましたが、FXで大失敗してしまう原因として、余剰資金以上のお金に手を出すことが挙げられます。

FXにおける資金管理とリスクヘッジは、投資する上での大前提となるものなので、これができなければFXで有り金を溶かすどころか、借金を背負うことに繋がります。

資金管理は徹底して行い、計画的なFXを行いましょう。

以上が、FXの成功に繋がる3つのポイントです。

FXで勝つためには、上記以外にも様々な要素が必要ですが、少なくともこの3つは意識するようにしましょう。

FXで成功するために

FXで大損してしまう原因には、いくつかの共通した特徴がつきまとっていることが分かりました。

特に、「実力の過信」や「損失したくない」などの感情的なトレードが、最終的には有り金を溶かす原因になっています。

FXで成功するためには、計画的な運用資金を決めた上で、冷静で合理的なトレードをしていくことが重要と言えますね。