ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

1kのキッチンは狭いもの?間取りについて考えよう!

2018.8.23

1kというと、狭いのが当たり前、と思っていませんか?

たしかに全体的な広さは限られますが、キッチンの広さやバスルームの広さなどの間取りは様々ですし、収納スペースにも差があります。

今回は1kでどんな間取りがあるのか、ご紹介していきます。

料理が好きな人におすすめの賃貸物件についても取り上げますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの玄関をおしゃれにしたら入居率が上がるかも!?

玄関は、家に入って、最初に目に入る場所です。 いわば、「顔」と言っても良いですよね。 それは、アパ...

ロフトへ上がるはしごが無い!?DIYではしごを作る方法

ロフトは住まいの憧れですよね! ですが、マンション等の賃貸住宅では、「ロフトはあってもそこへ上が...

アパートの壁に穴を開けてしまった!修理費は支払うの?

アパートなどの賃貸の壁に、うっかり大きな穴を開けてしまった経験をしたことがある人もいるでしょう。 ...

アパートのガス給湯器の電源はつけっぱなし?切るべき?

ガス給湯器には、ガス代と電気代がかかります。 ガス給湯器のリモコンの電源は、「つけっぱなしにす...

どっちが得?アパートの給湯器の電源は切る派?切らない派?

蛇口からお湯を出すために、水をガスで温めてお湯に変える機械である給湯器。 アパートの台所やお風...

必見!木造アパートでトラブルにならないための騒音対策

集合住宅において起こり得るトラブルの一つに、騒音トラブルがあります。 中でも木造アパートは、音が...

アパートの郵便受けが開かないときの対処方法

アパートやマンションなどの集合住宅は、主に入口やエントランスに郵便受けが設置されています。 し...

窓に補助鍵をつけて防犯効果を上げる!おすすめの補助鍵は?

窓を閉め切っている時、備え付けの鍵をかけて過ごすことが一般的ですよね。 しかし、鍵を閉めた...

窓からの侵入を防ぐ!防犯フィルムを貼るのは効果的なの?

持ち家であっても賃貸であっても、防犯対策をしておくことは欠かせません。 今回は、空き巣の侵入経...

コレで不安解消!アパートの家賃が安い理由を解き明かす

賃貸物件の中でも、特に家賃が安い条件と言えば、アパートタイプ。 新築で部屋も広いのに家賃が安い...

賃貸でのオシャレなインテリア!アイデアはブログから学ぼう

オシャレなインテリアに憧れてはいるものの、アパートやマンションなどの賃貸住宅は借りているものだか...

窓もインテリアの一部に!防犯なども備えたおしゃれな飾り方

家であっても賃貸物件であっても、必ずあるのが窓。 賃貸ですと壁に制限があるため、シェルフなどを...

ロフト部分が暑いときや下のフロアが寒いときなどの温度対策

限られた空間のなかで有効活用できるロフト。 その活用方法は実にさまざまです。 しかし、ロフト...

アパートの駐車場に無断で駐車されたら!?適切な対処法とは

アパートのような集合住宅は、トラブルが発生してしまうことも多いです。 駐車場に、まったく知らない...

アパート経営への道。一棟の建築費をどのように決めるか

アパート経営は、資産運用のひとつとして、人気を集めています。 しかし、アパート経営するためには...

スポンサーリンク

1kってやっぱり狭い?ワンルームや1dkとの違い

1kは、ワンルームにキッチンがついた賃貸物件のことで、主に1~2人暮らしの場合に、家賃が安いため、好まれる間取りです。

サイズは必ずしも狭いかというとそうでもなく、中には10畳ほどある場合もあります。

ただ、細長かったり収納スペースが少なかったりして、狭く感じることもあるでしょう。

また、キッチンには、ガスコンロが一つ分しか置けなかったり、大きな冷蔵庫を置くスペースが無いこともあります。

ワンルームや1dkと間違いやすいので、簡単な違いを挙げておきますね。

・キッチンと部屋との間に仕切りが無ければワンルーム
・キッチンにダイニングスペースもあり、部屋が分かれているのが1dk

1kの場合、内見の際に電化製品を置くことを想定してイメージし、契約してから後悔しないようにしましょう。

狭い1kを選ぶ時に必ずチェックしたい収納スペース

キッチンスペースだけに限った話ではありませんが、1kの場合は狭い分、収納スペースがあるかないかのチェックも大切です。

押し入れは十分な広さがあるか、ロフトなどはあるか、運び込む家具が中に入るか、きちんと確認しましょう。

場合によっては、家具のサイズをはかって内見に行くのがいいでしょう。

窓やコンセントの位置にも注目です。

1kの場合は、ダイニングスペースはありませんので、ダイニングテーブルや椅子は、どうしても置きたいなら部屋に置くしかありません。

ですが、部屋にはベッドやタンス、デスク、ソファなども置くかもしれませんので、「食べるためだけのスペース」を確保するのは難しいことでしょう。

また、キッチン収納も工夫しなければいけません。

つっぱりや冷蔵庫に付けられるアイテムを利用して見せる収納にしたり、棚の大きさを考慮したりして、料理しやすいスペースにしないと、自炊は難しくなります。

外食費は高くなる一方ですし、栄養バランスを考えても、家で料理ができないというのは不便ですよね。

1kの選び方!バスルームやトイレも確認

1kを選ぶ時に確認したいポイントは、キッチンが広いか狭いか、ということだけではありません。

ユニットバスか別々か、ということも意外と重要です。

トイレがお風呂や洗面台と同じスペースの場合、誰かを泊める時に困ることもありますし、細かい部分で言えば歯ブラシや小物をトイレと同じスペースに置くことも、あまりおすすめできません。

きちんと掃除していれば大丈夫ですが、臭いの問題もありますよね。

古いアパートの場合、掃除していても雨の日などにトイレが臭うこともあり、お風呂好きな場合は特に、よく考えて選んだ方がいいでしょう。

ただ、ユニットバスは人気がないため家賃が安い場合がありますので、こだわらないという場合にはメリットも大きい、と言えます。

また、脱衣スペースがあるかないかでも、便利さは違ってきます。

洗濯機をしっかり置ける余裕があれば、洗濯物が部屋にまで散らかることは防げます。

このように、お風呂場やトイレ部分にスペースを割いている1kもあれば、ユニットバスでキッチンが広い1kもありますので、自分の生活スタイルを考えて選ぶことができます。

1kだからキッチンが狭いとは限らない!住みやすくする工夫

1kといっても、間取りは色々あり、少し変わったものも見受けられます。

キッチンが2畳以下でかなり狭い分、部屋が広かったり、キッチンの床に昔ながらのシートが敷いてあったり、ユニットバスが狭い分、キッチンと部屋がゆったりしている部屋もあります。

中には、部屋と同じくらい広いキッチンスペースをとっている間取りもあります。

「1k=キッチンが狭い」というわけではないのです。

キッチンが5畳くらいあれば、冷蔵庫や棚などを置いても広々と使えますよね。

趣味が料理という人は、こうした物件に巡り合えれば、最高かもしれません。

また、部屋が広い場合は、部屋の隅にカウンターテーブルに見立てたものを作ってもいいかもしれませんね。

カラーボックスを2つか3つ買ってつなげて、上に棚板を置けば簡単カウンターテーブルのでき上がりです。

もちろん収納することもできますし、カラーボックスの裏側に黒板などを貼れば、メモとしても使えて便利です。

また、レトロな床が気に入らずスタイリッシュにしたい場合は、はがせるシートなどを敷いてイメージチェンジすることもできますね。

一見、好みに合わない部屋でも、工夫しだいで変えていくことはできます。

キッチンの間取りが風変わりな1kも

1kの部屋の中には、キッチンが完全に部屋から見えないようになっていたりする間取りもあります。

壁で遮られていて、ドアで行き来するようになっているのです。

生活感を隠せるので、使い方によっては意外とおしゃれに住めるかもしれませんね。

ただ、おそらく季節によっては、仕切られていると蒸し暑いとは思います。

窓や換気扇が付いていても、冷暖房が届かないのはデメリットと言えるでしょう。

特にキッチンでは火を使うことも多いですし、食材も置いておくので、料理好きな場合は選ばない方がいいですね。

また、玄関から入るとすぐキッチンがある間取りも意外と多いです。

導線を考えると狭いと感じることが多いですが、お買い物帰りにすぐ片付けられるので、便利と言えば便利です。

キッチンをきれいに片づけておけたり、あまり料理をすることがないのなら、おすすめの間取りですね。

誰かを家に呼んだ時には、キッチンをしっかり見られてしまいます。

ですが、こうした間取りではなくても、水回りの掃除はこまめに行いましょう。

臭いが発生するかもしれないですし、排水口は詰まってしまうかもしれません。

また、ゴミは分別して片付けて、生ごみを放置しないようにしましょう。

キッチンが狭い、不便、そんな悩みに応える賃貸物件

1kを探していて「キッチンが狭いところしかない…。」と思って決断できない人には、カウンターキッチン付きの賃貸物件がおすすめです。

1kという条件では見つけにくいですが、料理好きな人にとって、しっかりと料理スペースが取れるのは大きなメリットになります。

準備や後片付けも楽ですし、作った場所で椅子に座って食べる、という使い方もできますよね。

家族や同棲相手がいれば、料理を作りながら団らんできますし、テレビだって見ることができます。

洗い物の手伝いも、してもらいやすいかもしれません。

また、収納スペースも多いので棚を置かなくてもいい分、広く使えますし、きれいに整理整頓しやすいです。

料理レシピを動画に撮影してネットで公開したり、料理ブログなどをしている場合にも、カウンターがあると重宝します。

賃貸物件検索サイトで「カウンターキッチン付き」と入力して検索すると簡単に探すことができるので、試してみてくださいね。

1kでも間取りによって違う

1kで探そうと思ったときに、当然のようにキッチンスペースを犠牲にしなければいけないわけではありません。

間取りや工夫によっては、料理しやすい部屋にすることもできるんです。

また、住んでいる間に自炊が好きになったり、誰かと同居し始めたりしたら、キッチンが狭いと何かと不便ですよね。

引っ越しを考えているのなら、カウンターキッチンのある賃貸物件はいかがでしょうか。

 - アパート