ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

「アパートのオシャレな画像」の魅せ方を知る5つのポイント

2018.7.27

概要
現在では、お部屋探しをする際にインターネットを使用することが多くなりました。

賃貸アパートも例外ではありませんね。

ホームページで物件の写真を見れば、図面よりもわかりやすく、現地に行く手間も省けます。

また、同じ物件でもホームページに載せる写真1つで、見てもらえる件数がかなり変わってきます。

そのため、今回は、アクセス数を伸ばすための、アパートをオシャレに見せる画像の作り方を5つご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【アパート経営】エアコン等・設備の修理代は絶対貸主負担?

アパート経営を始めてまもない新米オーナーさんにとって、高額な設備の修理代や交換費用などの出費は悩まし...

瑕疵の読み方と意味は?物件を探す際に気をつけること

どのような方法で物件を探していますか? ほとんどの方がインターネットを使ったり、不動産屋さんに資料...

アパートを建てるときに気にしてほしい値段とそのリスク

アパート経営は、安定した収入が得られるとして人気が高まっています。 そのためにはアパートの...

会社の相談役はどんな仕事をしている?役割や給与を調査!

会社員といて働いている人は、仕事内容や給与に不満を持つことも多いですよね。 しかし、会社内には...

建築構造のRC造ってなに?壁厚に注目しよう

賃貸物件などでは、構造欄に「RC造」や「木造」など記載されています。 一体これらは何を表しているの...

所得税を支払う個人事業主は減価償却が強制!なぜ法人と違う

確定申告と言えば、事業をする上で最も大切なことの一つですね。 確定申告は個人の事業主と、法...

簿記で使用する現金過不足勘定は精算表でどう処理するべきか

お店や会社では、日々現金が動いており、それを経理担当者などが管理しています。 しかし、何かの加減...

家賃の更新料の帳簿記入!金額によって科目が変わる?

現代人にとって、お金の管理はとても重要ですよね。 そして、それは賃貸物件の借り主も同じです。 ...

賃貸住まいの方必見!火災保険の加入と更新が重要な理由

賃貸物件の契約時に、加入を求められるのが火災保険です。 勧められるまま加入して、あまり内容を覚えて...

大家さんと不動産会社の関係は?様々な契約の内容で異なる?

本業としても、副業としても、アパートやマンション経営をお考えになっている人は、いらっしゃるかと思いま...

家屋の評価額はいくら?築年数によってどのくらい変わるの?

家屋の評価額というと、思い浮かぶのは売却査定や固定資産税ではないでしょうか。 売買経験のある方なら...

家賃滞納している!連帯保証人に連絡するタイミングとは?

毎月の家賃を入居者が納めてくれれば問題はないですが、中には家賃滞納が発生してしまうトラブルもあります...

窓の隙間は隙間テープで塞ごう!虫や隙間風をシャットアウト

気が付くと部屋の中を小さな虫が飛んでいた、というご経験はありませんか。 窓が閉まっているのにど...

アパート経営で管理会社に支払う費用はどれくらい?

アパート経営というものは、自宅にいるだけで、家賃が入ってくるというわけにはいきません。 いろいろな...

鉄骨造の柱には耐火被覆を!目的と工法について知ろう!

所有する土地にアパートを建てるときに、その構造次第で柱に施す工法に違いがあります。 もし、鉄骨...

スポンサーリンク

「アパートのオシャレな画像」に見せるにはカメラを低い位置から撮影する

では、ホームページ等に載せるアパートの写真をオシャレなものにする方法を、早速ご紹介しましょう。

オシャレに見えるアパートの写真を撮影する場合、普通に立ったまま撮影したのでは、空間が狭く見えてしまいます。

そのため、低い位置から撮影するのがおすすめです。

低く撮影することで奥行きが広くなり、広々としたアパートに見せることができます。

これは、リビングなどを撮影するときに、最も画像に効果が現れます。

そして、撮影するときは、必ずしゃがんで撮影しましょう。

この方法で撮影するだけで、多くの人の目に止まりやすくなります。

ただ、カメラの視点を下げすぎると不自然さが出てくるので、子供の目線ぐらいがちょうどいいかもしれません。

また広々とした空間を撮影するときは、ピントがちゃんと合っているかを確認するのも大切です。

広い空間を撮影したときは、意外と手前側のピントがズレていることがあるので、しっかり確認しましょう。

「アパートのオシャレな画像」に見せるには角度を変えて撮る

「アパートのオシャレな画像」を撮るには、角度をつけて撮影しましょう。

その際、一眼レフカメラなどで撮影していてレンズを変えられる場合には、広角で撮影した方がいいです。

広角で撮ることによって部屋が広く見え、圧迫感がなくなります。

正面から撮ってしまうと、画像上に見せる床が少なくなり、狭く感じます。

角度をつけて横から撮影すると、床を広く見せることが可能です。

ただ、奥の正面窓を撮影したいときには、正面から撮影することもあると思います。

その場合は、奥行きの窓が真四角に撮影できるようにしましょう。

そうすることで画像の歪みがなくなり、見栄えがよくなります。

また、カメラの向きですが、基本的には高さは変更したとしても向きは水平垂直がいいでしょう。

カメラが変な方向を向いていると奥行きがおかしくなり、見づらくなってしまいます。

「アパートのオシャレな画像」に見せるには余分なものは撮らない

「アパートのオシャレな画像」を撮る際には、余分なものは撮らないことです。

せっかく広く写したとしても、切り抜けば小さくなってしまいます。

それに、同じような写真がたくさんあっても使いみちがありません。

余分な画像は掲載しないようにする勇気も必要です。

トイレなどを撮影するときにも、いくつかポイントはあります。

ストロボなどの照明を使って撮影すると思いますが、ストロボの角度によっても画像が変わってきます。

正面からあてずに、角度をつけて間接照明のような使い方をすると汚れなどが目立ちにくくなります。

これは、トイレだけでなくお風呂でも使える撮影方法なので、ぜひ使っていきましょう。

トイレなどの狭い入り口から撮影するときは、カメラを頭の上に置いて上から撮影する方法もありです。

ただし、照明が少ないところで撮影するときは、手ブレに注意して脇をしっかり締めて撮影してください。

また、光が欲しくて感度を上げすぎると、ノイズが目立ったりしてしまうので気をつけましょう。

「アパートのオシャレな画像」づくり

「アパートのオシャレな画像」に見せるためには画像の加工も大きなポイントです。

外観などを撮影する際に電線や看板などは写真の角度によってはどうしても写り込んでしまう場合があります。

その際に、画像を加工して写り込んだ余計なものを消してしまいましょう。

撮影した後、建物の角度などがズレていたことに気づくことはよくあります。

画像加工でこれもあとから修正が可能です。

adobeのphotoshop lightroomでレンズ補正の自動ボタンを押すと、歪んだ家などがまっすぐ訂正されます。

他にも画像の露出を修正したり、ノイズを除去したり、色温度を補正したりできたりします。

こういった機能がある画像処理ソフトを使うと便利なので使っていきましょう。

写真の撮り方を工夫することも大事ですが、キッチンなどを撮影するときは清潔さが第一です。

キッチンやシンクに汚れがある場合は、非常に目立ってしまい画像を加工する手間もかかるので、なるべく予め清掃しておくことがポイントです。

汚れや水滴は、光が反射して清潔さが失われるので気をつけましょう。

撮影時にはキッチン洗剤やスポンジたわし、キッチンペーパーなどを持っていくといいでしょう。

清潔感を出すときには3つ撮影するときのポイントがあります。

・汚れがないように撮影する

・写真を明るめに撮影する

・壁や柱などをまっすぐ撮影する

以上のポイントに気をつけると清潔さがでてきます。

「アパートのオシャレな画像」づくり その2

「アパートのオシャレな画像」づくりをしていると、ついつい過度な装飾をしてしまいがちです。

しかし、見栄えをよくするためとはいえ、誤解を招く可能性がありますので注意しましょう。

また、駐輪場を撮影するときにもポイントがあります。

できる限り望遠にすると広く撮れるので、広角レンズで撮影しましょう。

駐輪場の場合は、外を撮影することがほとんどなので、太陽の光で画像が白飛びすることや、レンズの反射の光が映り込むことがあります。

逆光や、順光なども見えにくくなる原因なので、気をつけるポイントです。

画像加工が面倒なため、この場合はどうしても太陽の場所によって撮影位置を考慮する必要がでてきます。

高感度カメラを使用するなど工夫しましょう。

外のゴミ置き場、物置などがある場合も同様です。

物置も上下左右のバランスも合わせましょう。

立ったまま撮影すると上下のバランスが悪いので、少ししゃがんで撮影するとバランスを取りやすいです。

そして、欠かせないのは外観写真です。

外観写真は全体が映るようにと、なるべく遠くから撮影しがちですが、周囲の邪魔なものを撮影しないように注意しましょう。

撮影をするときはできる限り望遠でバランスを取り、逆光を避けて撮影するのがポイントです。

また正面よりすこし斜めに撮影すると見栄えがいいです。

アパートの写真だけでなく、周辺環境の写真も載せよう!

ここまで、「アパートのオシャレな画像」を作るための写真の撮り方や加工の方法についてご紹介しました。

しかし、アパートの室内という似たような画像ばかりを掲載しても、物件を探している人には参考にならない場合もあります。

近場のコンビニ、スーパーなども掲載するように心がけるといいでしょう。

よく行くような商店でも撮影しておけば見る人の参考になりますので、大切なポイントです。

画像の作り方とはあまり関係ないですが、撮影する順番も大事です。

例えば

外観→玄関→下駄箱→キッチン→キッチン周り→リビング→バルコニー→展望→エアコン→収納→洗面所→脱衣所→浴室→トイレ

というように、撮影する順番を決めるなど、ルール作りなどはしておいたほうがいいでしょう。

統一しておくと管理しやすいですし、見る人からも見やすくなるので抑えておきたいですね。

物件の写真をオシャレにして、空き室対策をしよう!

多くの物件紹介サイトでは、貸したい物件の写真を掲載するのが主流です。

「オシャレなアパート」に見えるように写真を掲載するだけで、沢山の人の目に留まるようになるはずです。

また、これからの時代は、アパートにも空き室が増えていくと予想されています。

空き室を出さないよう、色々と工夫をしていく必要がありますね。

オシャレな画像を作ることは比較的簡単なので、ぜひ、試してみてください。

 - 経営