ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

「アパートのオシャレな画像」の魅せ方を知る5つのポイント

2018.7.27

概要
現在では、お部屋探しをする際にインターネットを使用することが多くなりました。

賃貸アパートも例外ではありませんね。

ホームページで物件の写真を見れば、図面よりもわかりやすく、現地に行く手間も省けます。

また、同じ物件でもホームページに載せる写真1つで、見てもらえる件数がかなり変わってきます。

そのため、今回は、アクセス数を伸ばすための、アパートをオシャレに見せる画像の作り方を5つご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートへ大型家具を搬入する際のドアのサイズの注意点

アパートに引っ越す時、新しい家具・家電を購入する人は多くいらっしゃいます。 その反面、愛着のあ...

借地借家法等の法律は宅建に必須!わかりやすい覚え方を解説

アパートの大家さんの中には、宅建の資格を取るかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 ...

窓のアクセントにシールを貼ろう!人気はステンドグラス風!

殺風景に感じやすい窓。 シールを貼って、おしゃれな窓にしてみませんか? 人気があるのは「ステ...

ロフトに布団を敷いて寝る場合、すのこを敷いてからが鉄則!

ワンルームにロフトが付いていると、1DKのようで少し得した気分になりますよね。 例えば、ロフトは...

アパートの契約書がもらえない!?賃貸借契約書の必要性とは?

引っ越しをするために見つけたアパートなどの賃貸物件。 大家さんと賃貸借契約書を交わしたのに...

アパートで洗濯機を使うマナーは?騒音対策をとることが重要

お住まいのアパートで、周りのお宅の生活音が聞こえてくることはありませんか。 特に気になるのは「...

窓ガラスや家具にシールが!きれいな剥がし方が知りたい!

窓ガラスに貼ったシールは、剥がそうとしてもうまく取れないですよね。 無理に剥がしてベタベタした...

アパートでギターの練習はNG?ギタリストのための賃貸術!

アパート暮らしのギタリストにとって、自分が住んでいる部屋でギターを練習することはもはや当たり前の...

宅建の勉強のためのテキストを無料で手に入れる方法

宅建の正しい知識 まず初めに宅建とは?という方のためにも、宅建の基礎知識をご紹介します。 宅建とは、...

窓からの冷気をシャットアウト!ダンボールで節約防寒対策!

寒い時期には窓を閉めていても、室内は冷気で満ちてしまいます。 その原因の多くが窓になりますので...

窓にできる寒さ対策!プチプチなどの100均アイテムで試そう

賃貸アパートに住みはじめて、はじめての冬。 外出から帰ってくると、室内はすっかり冷えていて、暖...

なかなか厄介!アパートの契約更新時の保証人の取り扱い

近年、家賃滞納のリスクが多いことからアパート契約時の審査が厳しくなっています。 中でも最も厄介なの...

憧れの新築住宅をおしゃれなデザインの外観にするには?

長い人生の中でも大きな買い物の1つの住宅購入は、内装だけでなく外観のデザインにもこだわりたいです...

アパートの住人から苦情!ドライヤーの音と時間帯トラブル!

アパートなどの集合住宅では、ドライヤーの音も問題になることがあります。 ドライヤーは使用し...

どっちが得?アパートの給湯器の電源は切る派?切らない派?

蛇口からお湯を出すために、水をガスで温めてお湯に変える機械である給湯器。 アパートの台所やお風...

スポンサーリンク

「アパートのオシャレな画像」に見せるにはカメラを低い位置から撮影する

では、ホームページ等に載せるアパートの写真をオシャレなものにする方法を、早速ご紹介しましょう。

オシャレに見えるアパートの写真を撮影する場合、普通に立ったまま撮影したのでは、空間が狭く見えてしまいます。

そのため、低い位置から撮影するのがおすすめです。

低く撮影することで奥行きが広くなり、広々としたアパートに見せることができます。

これは、リビングなどを撮影するときに、最も画像に効果が現れます。

そして、撮影するときは、必ずしゃがんで撮影しましょう。

この方法で撮影するだけで、多くの人の目に止まりやすくなります。

ただ、カメラの視点を下げすぎると不自然さが出てくるので、子供の目線ぐらいがちょうどいいかもしれません。

また広々とした空間を撮影するときは、ピントがちゃんと合っているかを確認するのも大切です。

広い空間を撮影したときは、意外と手前側のピントがズレていることがあるので、しっかり確認しましょう。

「アパートのオシャレな画像」に見せるには角度を変えて撮る

「アパートのオシャレな画像」を撮るには、角度をつけて撮影しましょう。

その際、一眼レフカメラなどで撮影していてレンズを変えられる場合には、広角で撮影した方がいいです。

広角で撮ることによって部屋が広く見え、圧迫感がなくなります。

正面から撮ってしまうと、画像上に見せる床が少なくなり、狭く感じます。

角度をつけて横から撮影すると、床を広く見せることが可能です。

ただ、奥の正面窓を撮影したいときには、正面から撮影することもあると思います。

その場合は、奥行きの窓が真四角に撮影できるようにしましょう。

そうすることで画像の歪みがなくなり、見栄えがよくなります。

また、カメラの向きですが、基本的には高さは変更したとしても向きは水平垂直がいいでしょう。

カメラが変な方向を向いていると奥行きがおかしくなり、見づらくなってしまいます。

「アパートのオシャレな画像」に見せるには余分なものは撮らない

「アパートのオシャレな画像」を撮る際には、余分なものは撮らないことです。

せっかく広く写したとしても、切り抜けば小さくなってしまいます。

それに、同じような写真がたくさんあっても使いみちがありません。

余分な画像は掲載しないようにする勇気も必要です。

トイレなどを撮影するときにも、いくつかポイントはあります。

ストロボなどの照明を使って撮影すると思いますが、ストロボの角度によっても画像が変わってきます。

正面からあてずに、角度をつけて間接照明のような使い方をすると汚れなどが目立ちにくくなります。

これは、トイレだけでなくお風呂でも使える撮影方法なので、ぜひ使っていきましょう。

トイレなどの狭い入り口から撮影するときは、カメラを頭の上に置いて上から撮影する方法もありです。

ただし、照明が少ないところで撮影するときは、手ブレに注意して脇をしっかり締めて撮影してください。

また、光が欲しくて感度を上げすぎると、ノイズが目立ったりしてしまうので気をつけましょう。

「アパートのオシャレな画像」づくり

「アパートのオシャレな画像」に見せるためには画像の加工も大きなポイントです。

外観などを撮影する際に電線や看板などは写真の角度によってはどうしても写り込んでしまう場合があります。

その際に、画像を加工して写り込んだ余計なものを消してしまいましょう。

撮影した後、建物の角度などがズレていたことに気づくことはよくあります。

画像加工でこれもあとから修正が可能です。

adobeのphotoshop lightroomでレンズ補正の自動ボタンを押すと、歪んだ家などがまっすぐ訂正されます。

他にも画像の露出を修正したり、ノイズを除去したり、色温度を補正したりできたりします。

こういった機能がある画像処理ソフトを使うと便利なので使っていきましょう。

写真の撮り方を工夫することも大事ですが、キッチンなどを撮影するときは清潔さが第一です。

キッチンやシンクに汚れがある場合は、非常に目立ってしまい画像を加工する手間もかかるので、なるべく予め清掃しておくことがポイントです。

汚れや水滴は、光が反射して清潔さが失われるので気をつけましょう。

撮影時にはキッチン洗剤やスポンジたわし、キッチンペーパーなどを持っていくといいでしょう。

清潔感を出すときには3つ撮影するときのポイントがあります。

・汚れがないように撮影する

・写真を明るめに撮影する

・壁や柱などをまっすぐ撮影する

以上のポイントに気をつけると清潔さがでてきます。

「アパートのオシャレな画像」づくり その2

「アパートのオシャレな画像」づくりをしていると、ついつい過度な装飾をしてしまいがちです。

しかし、見栄えをよくするためとはいえ、誤解を招く可能性がありますので注意しましょう。

また、駐輪場を撮影するときにもポイントがあります。

できる限り望遠にすると広く撮れるので、広角レンズで撮影しましょう。

駐輪場の場合は、外を撮影することがほとんどなので、太陽の光で画像が白飛びすることや、レンズの反射の光が映り込むことがあります。

逆光や、順光なども見えにくくなる原因なので、気をつけるポイントです。

画像加工が面倒なため、この場合はどうしても太陽の場所によって撮影位置を考慮する必要がでてきます。

高感度カメラを使用するなど工夫しましょう。

外のゴミ置き場、物置などがある場合も同様です。

物置も上下左右のバランスも合わせましょう。

立ったまま撮影すると上下のバランスが悪いので、少ししゃがんで撮影するとバランスを取りやすいです。

そして、欠かせないのは外観写真です。

外観写真は全体が映るようにと、なるべく遠くから撮影しがちですが、周囲の邪魔なものを撮影しないように注意しましょう。

撮影をするときはできる限り望遠でバランスを取り、逆光を避けて撮影するのがポイントです。

また正面よりすこし斜めに撮影すると見栄えがいいです。

アパートの写真だけでなく、周辺環境の写真も載せよう!

ここまで、「アパートのオシャレな画像」を作るための写真の撮り方や加工の方法についてご紹介しました。

しかし、アパートの室内という似たような画像ばかりを掲載しても、物件を探している人には参考にならない場合もあります。

近場のコンビニ、スーパーなども掲載するように心がけるといいでしょう。

よく行くような商店でも撮影しておけば見る人の参考になりますので、大切なポイントです。

画像の作り方とはあまり関係ないですが、撮影する順番も大事です。

例えば

外観→玄関→下駄箱→キッチン→キッチン周り→リビング→バルコニー→展望→エアコン→収納→洗面所→脱衣所→浴室→トイレ

というように、撮影する順番を決めるなど、ルール作りなどはしておいたほうがいいでしょう。

統一しておくと管理しやすいですし、見る人からも見やすくなるので抑えておきたいですね。

物件の写真をオシャレにして、空き室対策をしよう!

多くの物件紹介サイトでは、貸したい物件の写真を掲載するのが主流です。

「オシャレなアパート」に見えるように写真を掲載するだけで、沢山の人の目に留まるようになるはずです。

また、これからの時代は、アパートにも空き室が増えていくと予想されています。

空き室を出さないよう、色々と工夫をしていく必要がありますね。

オシャレな画像を作ることは比較的簡単なので、ぜひ、試してみてください。

 - アパート, 住宅, 経営