ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY

SOCIAL MEDIA

ALTERNATIVE INVESTMENT UNIVERSITY│オルタナティブ投資の大学

田園調布に豪邸を建てて優雅に住みたい!狙い目は何丁目?

2018.6.18

田園調布という地名を聞いて、どんなイメージがありますか?

やはり、「豪邸」や「高級住宅街」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

有名人なども多く住むこの街に、「いつか自分も豪邸を建てるのが夢」という人もいることでしょう。

今回は、田園調布という街の魅力から、田園調布に豪邸を建てるなら、何丁目が狙い目なのかまでをお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

進化した窓の「雪囲い」!取付も簡単!金具はもういらない?

「雪囲い」は、公園などの樹木が雪や寒さに負けないように、コモを巻いて守るもので、樹木の冬支度とし...

家賃滞納による強制退去!状況次第で大家が費用を負担する?

繰り返される家賃滞納で大家と賃借人の信頼関係が破綻した時、最終的には強制退去させることとなります...

家の建築時にセットバックは必要?その道路は誰が舗装する?

家を建てる際には、いろいろなことが建築基準法で定められています。 そのひとつに「セットバック」...

家賃を自動引き落としで支払う方必見!停止の際はどうする?

賃貸を契約している方にとって、家計の大きな割合を占めるのが家賃です。 家賃は毎月支払うもののた...

猛暑の夏!窓の開け方で風通しを良くしエコで涼しい暮らしを

昨今は、少し前まで異常気象と言われていたものが、異常とは言えなくなってきています。 例えば、ゲリ...

家賃滞納で裁判になった場合、費用は誰の負担になるの?

世の中いつどんなことがあるかわかりません。 万が一、不本意にも収入の道が断たれ、家賃滞納してし...

農地転用で分筆すると費用や期間はどのくらいかかるのか?

農地に家を建てる場合には、「農地転用」の手続きが必要です。 また、土地を分けるには「分筆」しな...

窓シャッターとブラインドの融合・ブラインドシャッターとは

新築する際、窓にシャッターを取り付ける予定の方もいらっしゃるでしょう。 シャッターは台風などの...

家賃滞納して退去!分割してでも滞納金を完済しよう

家賃を滞納していると、いずれその家を強制的に退去させられることになります。 しかし、退去をした...

管理会社と契約を直接結ぶと仲介手数料は払わずに済む?

新しく賃貸アパートなどを借りるときは、家賃の他にも様々な費用がかかりますよね。 そのひとつであ...

引っ越しトラブル!家賃の口座振替の中止・解約は忘れずに

引っ越しの際に何よりも注意したいのはお金が絡む手続きです。 「家賃が引っ越し後も引き落とされ続け...

アパートのドアにある郵便受けにトラブルがつきものな理由

賃貸経営には思いがけないトラブルが発生します。 アパートのドアの郵便受けに溜まっていく郵便物、...

窓に雨よけを付けて快適に過ごそう!DIYで後付けも可能

窓は通風や採光のため、住宅になくてはならないものです。 その窓に設置するものとして、「雨よけ」...

ガラス窓のタイプは遮熱と断熱が存在?使い分け方法も必見!

夏場などの暑い時期でよくきかれるのが、ガラス窓の遮熱の重要性でしょう。 ですが、年間を通して室...

防衛庁があった六本木の跡地は再開発されて職住近接の街へ!

六本木には、かつて防衛庁があったことをご存知でしょうか。 防衛庁の跡地は再開発されて、現在の東...

スポンサーリンク

田園調布はどんな街?何丁目から何丁目まであるの?

まずは、豪邸で有名な田園調布という街が、どんな街なのか見てみましょう。

田園調布は、東京都大田区にある街です。

その広さは63万坪と言われています。

63万坪は、約205平方メートルですね。

そして、田園調布の住宅地としての起源は、大正12年に田園都市会社がこの地に「田園都市多摩川台」として住宅街を作り、分譲を始めたのがそのきっかけと言われています。

また、同じ年に「調布駅」が開業されたことで、多くの人が集まってくるようになりました。

この「調布駅」は、大正15年には「田園調布駅」となり、現在まで続いています。

なぜ東京の地名に「田園」と付くのかというと、それには街作りの理念が関係しています。

実は、田園調布は、イギリスの都市構想をモデルに作られた街です。

交通渋滞のない住環境のよい都市にすることを目的に開発され、街の外を田園や緑で囲んでいるので田園という言葉が付くのです。

もちろん、住宅地だけでなく企業も誘致しています。

そして、田園調布と付く地域は何丁目から何丁目まであるのかというと、一丁目から五丁目まであります。

この地域(田園調布一丁目から五丁目)の人口を合わせると、19,100人ほどになります。

かなり多くの人が住んでいることがわかりますね。

豪邸で有名なのは田園調布の何丁目?

先ほど、田園調布は、イギリスの都市構想をモデルに作られた街であるとお伝えしました。
その理念の通り、都会的な生活ができる一方、田園の風景や田園生活の良さも楽しむことができる街です。

大正時代に、当時のホワイトカラー(エリート層)に向けて作られた街なので、緑地や広場の他、道路も幅を広く取ってあります。

そして、住環境が良いだけでなく地盤が強いということも、田園調布が高級住宅街として広く知られるようになった理由です。

田園調布自体が高級住宅街なわけですが、その中でも、特に豪邸が目立つのは何丁目なのか、気になりますよね。

田園調布では一般的に、三丁目~五丁目が高級住宅街と言われています。

そしてそれにふさわしく、三丁目~五丁目には、有名人の豪邸が多く建っています。

つまり、田園調布は、実業家や元政治家、歌手・俳優などの芸能人、スポーツ選手などが住んでいる街ということになります。

お金のある実業家や、成功している有名人が多く住む住宅街なので、「豪邸」と呼ばれるような立派な家が多く建っているのも頷けますね。

有名人が田園調布に豪邸を建てる理由は?

ここまでのお話で、田園調布がどんな経緯で作られた街であるかや、田園調布の何丁目に豪邸が多く建っているのかは分かりましたね。

では、実業家や芸能人、スポーツ選手などの有名人が田園調布に豪邸を建てる理由はどこにあるのでしょうか。

それには、以下のことが考えられます。

・田園調布のブランド力
・美しい街並みに惹かれる有名人が多い
・優雅に暮らしたい人にピッタリ

戦前から高級住宅街として有名だった田園調布には、戦前から建つ大邸宅も残っているので、そこに魅力を感じて、住みたいと思う人もいるでしょう。

また、駅の近くに噴水があるというのも、日本では珍しい特徴的な作りです。

先ほど、田園調布という街は、イギリスの都市構造をモデルにして作られたとお伝えしました。

この噴水は、フランスのパリにあるエトワール式の道路をイメージして作られたようです。

地盤が強く、地震に対する安全性が高いことや、自然が豊かなこと、それでいて都心に近いことなど住環境が良いのは間違いないので、ゆったりした生活をしたい人に人気です。

住まいにこだわる有名人が、田園調布に豪邸を建てたくなるのもわかりますね。

田園調布で豪邸を建てるなら何丁目?注意点は?

では、田園調布に豪邸を建てるなら何丁目が狙い目でしょうか。

資金をどれだけ用意できるかにもよりますが、やはり三~五丁目辺りがおすすめです。

住んでいる人の質も高いので、溶け込めれば過ごしやすいのではないでしょうか。

しかし、田園調布に家を建てるには、注意するべき点があります。

それが、「街の景観を守る」ということです。

田園調布には、「田園調布憲章」と呼ばれる協定があります。

これは、開発を始めた当初の理念に基づいて作られ、受け継がれてきた、紳士協定です。

この憲章によって、敷地の面積や家の高さなどが定められているので、新しく家を建てる際には、この基準に合わせて設計する必要があるのです。

田園調布は「歴史のある高級住宅街」なので、ここに家を建てる場合には、こうしたことをきちんと守っていくことが求められるのですね。

「豪邸を建てられるだけの資金があるから、好きなように建てられる」というわけではないのが、田園調布なのです。

田園調布で豪邸を建てるのに必要な金額はいくら?

ここまで、田園調布という街や何丁目が狙い目なのかについてお伝えしました。

こちらでは、豪邸と呼ばれる住宅の定義や、田園調布に豪邸を建てる場合にいくら必要なのかについてお話していきます。

高級住宅街に建っている家を「豪邸」と呼びますが、どんな家が豪邸と呼ばれるのでしょうか。

辞書によると、豪邸とは

・大きくて立派な家
・大邸宅

と定義されています。

大きな家を建てるには広い土地が必要ですが、豪邸には、土地の広さだけでなく金額的なことも関係してきます。

いくら土地が広くても、家の管理が行き届かない家は豪邸とは呼べないからです。

田園調布は高級住宅街なので、購入すると、数坪でもかなりの金額になります。

1億程度では、田園調布に豪邸は建てられません。

しかし、いくらから豪邸と呼ぶかについては、人によって色々な考えがあります。

そして、土地の値段は、その時の土地の価値によるので一概には言えません。

田園調布の高級住宅街に豪邸を建てている有名人は、最低でも、土地に4億以上、家にも1億以上はかけているのではないでしょうか。

やはり、見た目や作りの良い豪邸を建てるには、それなりのデザイナーに依頼したりするので、お金がかかります。

豪邸は、誰でも建てられるものではないので、成功者のステータスであり日本人の夢なのですね。

高級住宅街に住めば幸せになれる?失敗しない選び方!

ここまで、田園調布や豪邸についてお伝えしてきました。

「高級住宅街に豪邸を建てて住むことへの憧れが、さらに強まった」という人もきっといることでしょう。

しかし、田園調布などの高級住宅街に豪邸を建てても、自分に合った生活でなければ、幸せは遠のいてしまいます。

そこで、最後は、自分に合う高級住宅街の選び方をお伝えします。

先ほども少し触れましたが、「高級住宅街」にも様々な特徴があります。

田園調布の高級住宅街と他の高級住宅街では、街の作りも住む人の性質も違います。

自分が何を優先して暮らしたいのかによって、選ぶ高級住宅街に違いが出るでしょう。

例えば、小さい子供と住むならば、子育てに適している高級住宅街が良いですし、静かな環境を望むなら、校外にある高級住宅街が良いですよね。

また、高級住宅街ならではの雰囲気に溶け込めるかどうかも重要ですが、自分に合う街に住み、そこでのルールを守れれば、自然に溶け込めるはずです。

せっかく高級住宅街に豪邸を建てて住むなら、自分の思い描く生活がしたいですよね。

自分の理想や希望をよく考え、それを叶えることができる場所は何丁目なのかをよく検討して、選びましょう。

昔からの高級住宅街である田園調布で優雅に暮らそう!

今回は、有名人の豪邸が多く建っていることで知られる田園調布という街についてお伝えしました。

田園調布は、大正時代から続く高級住宅街で、今もその当時の協定が守られているのですね。

「都心の近くで、ゆったり生活できる場所に豪邸を建てて住みたい」という人には、田園調布がおすすめです。

いつか住みたいのであれば、何丁目に建てるか、今から想像しても面白いかもしれません。

 - 暮らし, 物件探し, 経営