【アパートの騒音トラブル】苦情を言う前に苦情を言われたら

生活するスタイルが違えば、音の感じ方も違います。

アパートは、そんな「違う」が集まって生活をする場所です。

生活する中で、音に関する問題が起きてしまったら…。

苦情を言いたい、苦情が来てしまった。

どちらの立場になっても、非常に困るものです。

予防できること・改善できること・対処できることなど、騒音トラブルに悩み、心が疲れてしまう前に、できることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃と管理費・共益費の違いとは?仕訳はどうなるか?

家賃については理解していても、管理費と共益費の違いについては知らない人もいるのではないでしょうか。...

持ち家やアパートなどの地震保険の概要と保険料控除について

地震保険は、万が一持ち家やアパートなどの建物や家財が地震により損害を受けた場合、それを補償する保険...

一戸建て?マンション?購入した経験者が綴るブログで学ぼう

現在、賃貸物件に住んでいるかたは、いずれ一戸建てか、マンションに住もうと考えているかたもいらっしゃる...

アパートのキッチンが不評で空室続き?主婦の収納術から学ぶ

アパートなどの不動産を長年所有している人にとって、空室が続くことは本意ではないでしょう。その空室...

賃貸マンションのベランダでもガーデニングは楽しめるのか

賃貸マンションで広いベランダがあると、ガーデニングをしてみようと考える方はいませんか?毎...

アパートの大家の心構え!入居者に連絡先を教えないケース

アパート経営をしていると、管理会社に入居者から「大家さんの連絡先を知りたい」という要望が入ること...

台所のシンク下から臭いにおいがする?!対処する方法とは

食べものを扱う台所は、毎日のように使う場所です。ここから臭いにおいがしていたら、住んでいる人は困...

アパートの給湯器に不具合!修理の前に知っておきたい事

アパートに設置されている重要な設備の一つに給湯器があります。給湯器が存在することで、欲しい時にお...

アパートで猫を飼っている人の退去費用は?日々の生活で対策

現在賃貸アパートにお住まいの方で、ペットに猫を飼っている方も多くいらっしゃるでしょう。ペット...

アパート暮らしで気になるドアの開閉音!どうしたら良い?

アパートのような集合住宅では、生活音が気になりますよね。音を出している本人はそれほどでもない...

木造などの構造で変わる!?賃貸アパート等の壁の厚さの違い

賃貸物件を検討している場合、気になるポイントの一つには「防音性」もあるのではないでしょうか。...

殺風景な窓をDIYでお洒落棚へ!アイデア満載のDIY棚をご紹介

部屋のインテリアを自分好みに変えても、窓はカーテンを付けているだけ…そんな人も多いのではないでし...

受信料絶対払うの?BS契約対応マンションでの心得・相談窓口

BSチャンネルを見ていないのに、衛生契約の受信料を支払わなければいけないというのは、納得できない...

アパートの保証人がいない!保証会社の料金と審査方法は?

賃貸アパートの契約で大きな壁となるのが連帯保証人の有無です。親が高齢、兄弟とは疎遠で頼みづらい...

マンションの火災報知器は点検しないといけない!?

管理会社目線で、今回は皆さんの周りに必ずある、火災報知器についてご紹介します。マンションの火災報...

スポンサーリンク

その苦情は本当に騒音?そもそも騒音とは

アパートは、複数の世帯がひとつの建物で生活する場所です。

契約書に記載されていなくても、基本的には配慮する義務を負っています。

アパートの騒音と言えば、生活音。

足音、ドアの開閉、掃除機やお風呂など、さまざまです。

生活音は、いったい、どのくらいの大きさなのでしょうか。

・ステレオ(昼間) 71~88
・犬の鳴き声(正面5m) 88~100
・子供の足音(上階の足音) 50~67
・洗濯機(正面1m) 53~66
・掃除機(横1m) 59~72
・バス(給水音) 58~76

*単位:dBデシベル ()内計測点

おおよそ日常生活上、45dBまでが一般的に静かなレベルだと言われています。

生活音や騒音が、どのくらいのレベルか測れるアイテムがあります。

・Decibel X – dBA デシベルテスター(iOSのみ)

こちらのアプリでは騒音計測ができます。

・騒音計/振動計

多くの市役所や区役所では、騒音計・振動計の貸し出しを実施しています。

期間は1週間ほどの予約制というところが多いようです。

苦情の予防策として、一度試してみるのも良いかもしれません。

アパートの騒音「受忍限度」とは

客観的にレベルがわかったとしても、不快の感じ方は人それぞれです。

音の大きさ・音の高さ・音色、これらの組み合わせ次第で、聞こえ方に違いが出てきます。

騒音トラブルで、よく目にする「受忍限度」という言葉があります。

「受忍限度」を超えたと裁判で認められた場合、相手には騒音停止や賠償が命じられます。

具体的に、どのようなレベルから「受忍限度」を超えるのでしょうか。

飲食業など深夜営業に対して、条例で規制がなされています。

住居系の規制地域内の深夜営業は、午後10時~午前6時までの間、40~55デシベルで規制されています。

アパートではなく、マンションですが、カラオケスナック騒音トラブルの例です。

音が隣に漏れていることを承知で、深夜営業していたこの店。

再三の苦情を無視していたため、損害賠償を命じられたという事例があります。

雑音の中で集中できる人もいれば、水滴の音にイライラする人もいます。

基準が『個人の我慢の限界値』だけでは、判断がつきかねると思われます。

人の体に被害があるかどうか、音の大きさ・時間帯・頻度・継続期間・対応の有無。

実害があるか、「受忍限度」を超えたかどうか。

これらを第三者からみて、総合的に判断されるのです。

アパート内、近所の騒音には苦情だけでなく改善申し入れを!

眠れないし、他のことが手につかない。

ずっと我慢してきたけど、もう限界。

それほどまで我慢せずに、貸主もしくは管理会社に相談しましょう。

第三者を介し、申し入れたほうがトラブルになりづらいと言われています。

まずは、貸主や管理会社に申し入れましょう。

基本的に苦情対応は、アパートの貸主の義務だと考えられています。

また、管理会社はこの道のプロですから、何かしらの対応をとられると思われます。

その際、できるならば騒音の証拠となるものを提示できれば、単なる苦情ではないことが伝わるはずです。

録音、ビデオなどに撮るなどし、具体的に改善策を求めましょう。

そうすることで、貸主、管理会社も対処がしやすいのではないでしょうか。

通常の処置は確認後、状況によっては直接、掲示物などで注意を促します。

それでも騒音が収まらない場合、再度、貸主・管理会社へ伝えましょう。

再三の注意も聞き入られない場合、相手はかなり手強そうです。

貸主・管理会社へ調停などの措置をとるよう、働きかけてみてはいかがでしょうか。

アパートの騒音。苦情を自分で申し入れに行く場合

アパートの貸主、管理会社が非協力的なこともあるかと思われます。

自身で騒音宅へ申し入れる場合、十分に確証を得てから実行に移しましょう。

騒音元がその部屋なのか、慎重に確定をしましょう。

実際にあった話です。

階下の住人から騒音の苦情がきたが、本人はまったく身に覚えがない。

調べてみると、もう1階上の住人が音源だった、ということがありました。

苦情を言われた真ん中の住人は、普段から不在がちで騒音を知らなかったそうです。

また、独居の老人宅から漏れ聞こえる、テレビの大音量。

これは、老人性の難聴のせいかもしれません。

ケアする人に伝えるなどで、対策ができるかもしれません。

通常の生活音に関しては、騒音だと認識している人は、ほぼいないと思われます。

自分が人に不快感を与えているとは、夢にも思っていないのです。

よく、壁をノックして「静かにして」のサインを送る、という話を聞きます。

下の階から傘などでドン、なんていうのも聞きます。

これらの行為は、たとえ、そのように意図していなくとも、「怒っている」というサインとして相手に受け取られます。

大きな音を立てていた、という自覚のない人は、そのサインに不快感を感じます。

そこから、さらに壁や床を叩き合って、こじれていく…悪循環となってしまいます。

直接相手に伝えに行く場合「あなたが気付いていないことをお知らせします」。

このくらいの冷静さが、相手には伝わりやすいのかもしれません。

苦情を言っても改善の見込みがない場合

アパートの貸主や管理会社に苦情を言っても、対処してもらえない。

騒音元への直談判も通じない、騒音は嫌がらせのようで悪質。

こうなってしまっては、手に負えません。

最終手段で専門家、公的機関を利用しましょう。

・法テラス

どのような法的措置を取ればよいか、アドバイスを受けられる窓口の紹介なども、してもらえます。

・ADR(裁判外紛争解決手続機関)調停/仲裁

司法機関(裁判所)や日本弁護士会(民間)、国民生活センター(行政)などがあります。

・警察の相談窓口

相手が暴力的であったり、身に危険が及ぶ恐れがあれば、相談しましょう。

・市区町村公害苦情相談窓口

アパート外の騒音には、こちらの窓口が良いかもしれません。

悩んでいても解決しません。

まずは、相談してみましょう。

アパートの住人から騒音苦情を受けた場合

騒音苦情を受けた場合、冷静に対処をしましょう。

可能ならば、騒音の時間帯や音の種類などを聞いてみましょう。

身に覚えが全くない、その時間帯は室内にいないことが明らかな場合、疑われることは気分の悪いことですが、相手はこちらが騒音元だと思い込んでいます。

すぐに貸主、管理会社へ相談し、その旨を説明しましょう。

心当たりはないけれど、気付かなかっただけだったかもしれない。

そんなときは気付かなかったことを認めて、謝罪し、早速改善しましょう。

苦情の内容によって、自分で改善できること、できないことがあると思われます。

ドアの防音テープ、椅子の足カバー、防音ラグなどは、比較的簡単ではないでしょうか。

壁に遮音シートや吸音ボードを取り付ける場合は、壁を傷つけないものであっても、貸主または管理会社へ施工確認をおすすめします。

アパートの構造上やむを得ない場合、貸主からその旨説明してもらいましょう。

アパートは、近隣の音を通しやすい建物です。

常に自分が苦情を言う側、言われる側、どちらにもなる可能性があります。

トラブルに直面したとき、お互いの感情がもつれる前に、できることがあるはずです。

これらの改善策は、騒音予防にも効果が期待できるのではないでしょうか。

アパートの騒音、苦情を言うとき、言われたときの対処

<苦情を申し入れる前に>
・騒音を判定し、録画、録音の記録を残す
・騒音元の確定を慎重にする

<苦情を申し入れるとき>
・貸主・管理会社へ対処を依頼する
・直接騒音元へ行く場合、時間帯や音の種類、改善してもらいたいことなど具体的に伝える
→改善不可能な騒音の場合は、法・公的機関に相談し、法的措置を考慮する

<苦情を言われたら>
・貸主・管理会社へ相談する
・改善策を講じ、相手もしくは貸主・管理会社へ報告する