エアコンを取り付けたい!室外機の設置場所はどこにする?

近年は、エアコンが付いた状態で、アパートやマンションを貸している物件がほとんどです。

なぜなら、エアコンの有無が、入居率にも関わってくるからです。

そんなエアコンを取り付けるためには、室外機の設置場所の確保が必要になってきます。

これからエアコンの導入をお考えの方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

内装をインダストリアル風に!レザーや木材でDIY!

ここ最近、部屋の内装を「インダストリアル風」に仕上げたいという方が多くなってきています。しか...

窓の面格子は外側か内側か?木製など素材別の適性とは!?

多くの住宅でよくみかける面格子には、窓の外側に取り付けるものと内側に取り付けるものがあります。...

窓も節電につながる!クーラーの電気代を節約する方法とは?

暑い夏、欠かせない存在となるのはクーラーをはじめとする冷房ですね。しかしずっと使い続ければ、...

マンションの火災報知器は点検しないといけない!?

管理会社目線で、今回は皆さんの周りに必ずある、火災報知器についてご紹介します。マンションの火災報...

固定資産税は必要経費になる!?名義は自分でなくても可能?

個人事業主ですと、自宅兼事業所であることも多いでしょう。その場合、自宅の固定資産税が確定申告...

内装の印象を変える!クロスの役割と貼り方は?

部屋の内装の大部分を占めるクロスには、お部屋の印象を決める大事な役割があります。クロスが貼り...

窓が大きいと寒い!冷暖房効率をあげるにはどうしたらいい?

あなたのご自宅の窓はどのくらいの大きさですか?リビングの窓が大きいと家の見栄えがよく、光もた...

ベランダに洗濯機を置く場合の排水の方法をご紹介

ベランダに洗濯機を置いたことがある人は経験したこともあるかと思いますが、意外にトラブルが多いのは洗濯...

木造住宅の外壁の厚さってどれくらい?工法ごとに違いがある!

木造住宅を建てるときは、設計図を見ながら施工会社と密な打ち合せをします。その段階になり、日頃...

窓の防音対策はどうやって行う?賃貸でも可能な方法とは?

家の中でくつろいでいるときに窓の外から聞こえてくる騒音は、迷惑なものですよね。どうにか防音対...

憧れの新築!窓の格子を木材にしてお洒落に防犯対策しよう!

窓に格子を設置すると防犯対策になります。しかし格子の素材によっては、家の表情がまったく違って...

窓用換気扇で強力排気!空気のきれいなお部屋にしよう

換気扇のイメージは「台所やお風呂に取り付けられているもの」と思われがちです。しかし、リビ...

無駄の無い間取りを実現!階段下トイレのデメリットと対策法

新築などで間取りを決める際、階段下などのデッドスペースをトイレにしようと考える方もいるでしょう。...

畳の上にフローリングマットは危険?カビ対策おすすめ5選!

畳をフローリングに変えたいとは思うけど、工事を考えると、費用と時間が掛かりますよね。そんなときは...

alcの外壁に補修が必要になってしまったときの対処方法

家の外壁に補修が必要になったことがある、という経験をした人もいるのではないでしょうか?外壁という...

スポンサーリンク

物件にエアコンがついていると入居者が集まりやすい?

冒頭でもお伝えしたように、エアコンの有無で、物件に対する入居予定者の関心度が変わってきます。

アパートを建てるときや、入居率が低迷状態の場合、エアコンなどの導入を考えると思います。

必要経費とも言えますが、エアコンを設置することは決して安くありません。

エアコン1台あたりの値段は、5~15万円と幅があります。

仮に、10戸建てのアパート1室ごとに、5万円するエアコンを2台入れたとすると、エアコン自体の価格で100万円掛かります。

いくら入居者が入りやすい環境を作る費用であっても、経営を圧迫してしまう可能性もあります。

ここでご提案するのは、1室に1台のエアコン設置です。

すると、掛かる費用は1/2に削減できて、新たな入居者のイメージも良くすることができます。

部屋の間取り次第では、エアコン1台でも快適に過ごせる空間にもなります。

エアコンの導入は入居者率アップにも繋がりやすいですが、最低限の費用に抑える工夫も考えて計画しましょう。

次項では、エアコンの室外機の設置場所について、お話します。

室外機の設置場所の条件とは

エアコンは、部屋の中に設置する室内機と、部屋の外に設置する室外機がセットになっています。

夏なら部屋を涼しくしてくれるエアコンですが、エアコン自体が冷風を作っているのではありません。

部屋に充満している空気中の熱が多いと、私たちは「暑い」と感じます。

この熱の量を減らすことで、暑さをしのげるというわけです。

そして、熱を減らしてくれるのが、室外機の役割りなのです。

とても重要な室外機ですが、設置場所によって、エアコンの効き具合や騒音の原因になってしまいます。

正しい室外機の設置場所について、見ていきましょう。

【室外機の設置場所】

●水平に据え付け

室外機が傾いていたり、安定しない場所に設置してしまうと、騒音や振動といったことを引き起こす可能性があります。

集合住宅でそういった問題は、言語道断ですよね。

こういった事態を招かないためにも、水平な場所に室外機を置きましょう。

傾斜のあるところは、専用の架台を使用して、水平を保てるようにします。

●周りに通気スペースがある

部屋を涼しくするためには、効率的に熱を逃がす必要があります。

空気の循環を良くするためにも、取り扱い説明書に記載されている、通気スペースを確保したうえで、設置しましょう。

室外機の設置場所が入居者や家主の今後に関わってくる

引き続き、室外機の設置場所について、お伝えします。

●室内機と室外機の距離が近い

エアコンの室内機と、室外機の距離が離れてしまうと、それらを繋ぐ配管が長くなってしまいます。

配管が長いと室外機で作った冷たい風は、配管を通る間に空気が温まってしまい、効率が下がります。

入居者から「エアコンの効きが悪い」といった苦情が来ないようにするためにも、なるべく室内機と室外機の距離は、近くに置くようにしましょう。

●雨ざらしにしない

室外機は外に設置するものなので、基本、雨に強い構造ではあります。

しかし、長い期間雨ざらしになっていると錆びやすくなり、錆びから内部に雨水が侵入して故障の原因になります。

せっかく設備投資したのに、壊れてしまったら、元も子もないです。

導入したエアコンを長く使うためにも、雨ざらしにならないところに、設置しましょう。

ベランダがないときはエアコンの室外機をどう置く?

アパートやマンションなら、ベランダにエアコンの室外機を設置するケースが多いでしょうか。

エアコンの室外機が置けるスペースのあるベランダなら問題ないですが、スペースの確保が難しい物件もありますよね。

ベランダ自体、ない物件もあります。

室内機と室外機はセットなので、室外機が置けないとエアコンは作動しません。

しかし、安心してください。

室外機の設置場所の確保が難しくても、いくつか方法はあります。

特徴をふまえながら、ひとつずつ見ていきしょう。

▼壁掛け

ベランダがない物件で行える方法です。

外壁に金具を使って架台を取り付け、室外機の設置場所を作ります。

脚立を使って工事をしていくので、地面から2~3メートルの高さでなければ、取り付けられないなどの条件があります。

メリットは、やはり、ベランダがないところでも、室外機を置けることです。

デメリットは、通気スペースの確保が難しいので、電力効率が落ちてしまいます。

エアコンの室外機の設置場所

▼天吊り

ベランダはあるけれど、スペースがない場合に有効です。

架台をベランダの天井に取り付けて、室外機の設置場所を作ります。

この方法は、天吊り用のボルトが4本、取り付けられている部屋のみ使用できます。

メリットは、室外機の周りを囲う壁がないので、十分な通気スペースが確保できます。

デメリットは、南向きのベランダの場合、直射日光が当たるので、電力効率が落ちてしまいます。

▼2段置き

1台分の室外機が置けているのであれば、そのうえに架台を載せて、室外機を重ねて設置する方法です。

メリットとしては、エアコンの室外機1台分で2台置くことができるので、場所を取らずに設置できます。

デメリットは、下に置いてある室外機の上部が通気できなくなるため、電力効率が劣ってしまいます。

▼立ちおろし

1階である地面に室外機の設置場所を確保できるのであれば、そこから上層階まで配管を通せば設置可能です。

しかし、配管距離が長くなればなるほど、電力効率が落ちてしまいます。

室外機なしの窓用エアコン

ここまでお伝えしてきたエアコンは、室外機ありのエアコンでした。

どうしても室外機を置けない物件の場合は、窓用のエアコンはいかがでしょうか。

この窓用エアコンは、室内機と室外機が一緒になっているので、室外機の設置場所を確保しなくても良いのです。

ベランダから離れた部屋でも、窓枠があれば、取り付けできます。

しかし、窓用エアコンもデメリットはあります。

室外機と一緒になっているので、運転音が部屋の中まで聞こえます。

例えるならば、一般的な扇風機の強風ぐらいの音です。

日中は良いですが、寝るときとなると、気になる人もいるかもしれません。

検討するときは、こういったデメリットも把握しておきましょう。

窓用のエアコンを取り付けるためには、条件があります。

メーカーによって条件は異なりますので、取り付ける窓のサイズに条件が満たされるか、確認しましょう。

掛かる費用を明確にして検討してみよう

エアコンの設置には、費用が掛かります。

それを踏まえたうえで、今後のために導入するのかどうか考えましょう。

また、設置方法で工事の内容も変わってきます。

エアコン自体の費用と併せて、工事費の見積もりを出し、検討しましょう。

物件に室外機が問題なく置けるかどうかも、確認してみてくださいね。